wiki:DevEnv

開発環境構築のマニュアル

開発プラットフォームEV3RTのダウンロード&インストール

ダウンロードページからEV3RTのパッケージをダウンロードし、以下の手順に従ってインストールしてください。

① zipファイルを解凍し、プラットフォームのパッケージ(hrp2.tar.xz)を作業フォルダに移動します。

  • 作業フォルダの場所は基本的に自由ですが、パスにスペースや全角文字が含まれている場所は避けてください。

② ターミナルを開いて作業フォルダに移動します(もし、Windows環境でCygwinをインストールしていない方は、先に「開発環境(クロスコンパイラ,ツール)のインストール」を実施してください)。

③ 下記のコマンドでプラットフォームの簡易パッケージを解凍します

  • 注意:解凍ソフトを使用して解凍すると、アーカイブに含まれるシンボリックリンクが壊れてしまうことがありますので、以下のように tar コマンドを使用してください。
    $ tar xvf hrp2.tar.xz
    

作業フォルダに、hrp2 フォルダができたら、プラットフォームのインストールが完了です。

開発環境(クロスコンパイラ,ツール)のインストール

EV3RTは、Windows、Linux、OS Xの各オペレーティングシステム上で使用できます。

正常に動作することが確認できている環境は、以下の通りです。

  • Windows 7/8/8.1 + Cygwin →環境構築方法
    • Windows 7 Professional (64bit) + Cygwin 1.7.31 (64bit)
    • Windows 8.1 (64bit) + Cygwin 1.7.30 (32bit)
    • Windows 8.1 (64bit) + Cygwin 1.7.31 (32bit)
    • Windows 8.1 (64bit) + Cygwin 1.7.31 (64bit)
  • Linux(Ubuntu、Arch Linux等)→環境構築方法
    • Ubuntu Linux 14.04, 14.10, 16.04 (64bit)
    • Arch Linux (64bit)
  • OS X →環境構築方法
    • OS X Version 8.5 Mountain Lion (64bit)
    • OS X Version 10.10.2 Yosemite (64bit)
    • OS X Version 10.11.3 EI Capitan (64bit)

開発環境のインストールが完了した後、サンプルアプリケーションのビルドと実行に進んでください。

Bluetoothの接続

アプリケーションの動的ローディング機能を使用する際には、EV3とパソコンをBluetoothで接続する必要があります。

Bluetooth の接続方法は、お使いの環境によって異なりますので、以下を参考に接続してください。

Last modified 13 months ago Last modified on 25/05/16 16:59:06