wiki:BluetoothWin

Windows でのBluetoothの接続方法

Bluetoothドングルの対応状況

Windowsで開発を行う場合、Bluetoothドングルのドライバ(プロトコルスタック)により、対応状況が異なります。

Windows 7では、以下の表に参照してください。

プロトコルスタック 相性 備考
Broadcom ABE Bluetooth Dongle(レゴ公式販売)、I-O DATA USB-BT40LE、Kinivo BTD-400
Toshiba 販売しているドングルは少ないです(基本はLet’s Noteで搭載)
Windows汎用ドライバ 接続できない時もあります
CSR × CSRのSSPドライバにバグあるらしいので接続は自動的に切断されます
凡例 ◎:正常動作 ○:正常動作する場合が多い ×:動作できない
  • CSRのスタックを利用する多くのドングルはWindows汎用ドライバもサポートします。
  • デフォルトがCSRであるドングルで開発したい場合、Windows汎用ドライバを試してください。

参考情報:株式会社アフレル様が実施された接続テストでは、以下の結果になったと報告されています(2015年2月20日)。

Bluetoothの接続手順(Windows + 汎用ドライバ編)

  • TODO: 汎用ドライバは安定になっているため,説明を追加

Bluetoothの接続手順(Windows + Toshibaスタック編)

① EV3の電源を入れて、アプリケーションを実行します

② 「Bluetooth設定」を開いて、「新しい接続」をクリックします

③ 「カスタムモード」を選択して、「次へ」をクリックします

④ 「Mindstorms EV3」を選択して、「次へ」をクリックします

  • 「Mindstorms EV3」はデフォルトのデバイス名です。「ev3.h」で変更できます。

⑤ 「Serial Port Profile」を選択して、「次へ」をクリックします

⑥ 「デフォルトのCOMポートを使用する」をチェックして、「次へ」をクリックします

⑦ EV3のBluetoothのシリアルポート番号を確認して、「次へ」をクリックします

⑧ 下記の画面が表示されたらEV3の新規接続設定は完成しました

⑨ 追加した「Mindstorms EV3」のアイコンをダブルクリックして接続を行います

  • 失敗の場合はもう一度ダブルクリックしてください
  • 既にこのアイコンが存在している場合、②から⑧までの新規接続の手順は省略できます

⑩ 下記の画面が表示されたらPINコード「0000」を入力します

  • 「0000」はデフォルトのPINコードです。「ev3.h」で変更できます。

⑪ 接続は完成したら、ターミナルエミュレータを開いてEV3のBluetoothのシリアルポートに接続します

  • 図はTera Termの例です

⑫ 以上でBluetoothの接続が完了しました。ターミナルエミュレータでEV3と通信できるようになりました。シリアル端末のボーレートは、115200[bps] に設定しておきましょう。

Last modified 5 months ago Last modified on 29/06/17 19:02:39

Attachments (11)

Download all attachments as: .zip