Ignore:
Timestamp:
Aug 23, 2017, 9:27:43 AM (7 years ago)
Author:
coas-nagasima
Message:

文字コードを設定

Location:
EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet
Files:
182 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/Makefile.config

    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/x-makefile;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55#                    Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66#
    7 #   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9 #   ã«ã‚ˆã£ã¦å
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11 #   è¿°ã•ã‚Œã¦ã„る条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12 #   ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14 #   åˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    15 #   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16 #       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17 #       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    18 #   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19 #       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22 #       è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24 #       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    25 #   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26 #       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28 #     (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31 #         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32 #   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33 #       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7#   上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8#   によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9#   述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10#   を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11#   利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12#   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13#       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14#       スコード中に含まれていること.
     15#   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16#       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17#       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18#       の無保証規定を掲載すること.
     19#   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20#       用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21#     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22#         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23#   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24#       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625#
    37 #   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39 #   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40 #   å«ã‚ã¦ï¼Œã„かなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41 #   æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26#   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27#   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28#   含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29#   接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230
    43 #   @(#) $Id: Makefile.config 497 2014-06-26 01:50:14Z coas-nagasima $
     31#   @(#) $Id$
    4432#
    4533
    4634#
    47 ã€Œã‚½ãƒ¼ã‚¹ãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒ«ã®ãƒ‡ã‚£ãƒ¬ã‚¯ãƒˆãƒªã®å®šç¾©ã€ã®å¾Œã«è¿½åŠ ã™ã‚‹ã€‚
     35「ソースファイルのディレクトリの定義」の後に追加する。
    4836#
    4937
    5038#
    51 #  TINET ソースファイルのディレクトリの定義
     39#  TINET ソースファイルのディレクトリの定義
    5240#
    5341TINET_ROOT = $(SRCDIR)/tinet
    5442
    5543#
    56 #  TINET 1.1 との互換性のための定義
     44#  TINET 1.1 との互換性のための定義
    5745#
    5846ifndef SUPPORT_INET4
     
    6351
    6452#
    65 ãƒãƒƒãƒˆãƒ¯ãƒ¼ã‚¯ã‚µãƒ¼ãƒ“スに関する定義
     53ネットワークサービスに関する定義
    6654#
    6755TINET_DIR = $(TINET_ROOT)/net:$(TINET_ROOT)/netinet
     
    117105ifeq ($(NET_IF),ether)
    118106
    119         #  ターゲット依存の定義のインクルード
     107        #  ターゲット依存の定義のインクルード
    120108
    121109        ifdef TOOL
     
    166154
    167155#
    168 #  å
    169 ±é€šã‚³ãƒ³ãƒ‘イルオプションの定義への追加
     156#  共通コンパイルオプションの定義への追加
    170157#
    171158CDEFS := $(CDEFS) $(TINET_CDEFS)
     
    173160
    174161#
    175 ã‚¢ãƒ—リケーションプログラムに関する定義への追加
     162アプリケーションプログラムに関する定義への追加
    176163#
    177164TINET_UTASK_CFG = tinet_$(UNAME).cfg
    178165
    179166#
    180 ã‚·ã‚¹ãƒ†ãƒ ã‚µãƒ¼ãƒ“スに関する定義への追加
     167システムサービスに関する定義への追加
    181168#
    182169STASK_DIR := $(STASK_DIR):$(TINET_DIR)
     
    185172
    186173#
    187 #  TINET コンフィギュレーションファイルの生成
     174#  TINET コンフィギュレーションファイルの生成
    188175#
    189176tinet:
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/Makefile.tinet

    • Property svn:mime-type changed from text/x-makefile to text/x-makefile;charset=UTF-8
    r270 r321  
    66#   Copyright (C) 2008-2009 by Hokkaido Industrial Research Institute, JAPAN
    77#
    8 #   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    9 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    10 #   ã«ã‚ˆã£ã¦å
    11 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    12 #   è¿°ã•ã‚Œã¦ã„る条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    13 #   ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    14 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    15 #   åˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    16 #   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    17 #       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    18 #       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    19 #   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    20 #       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    21 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    22 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    23 #       è€
    24 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    25 #       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    26 #   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    27 #       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    28 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    29 #     (a) 再é
    30 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    31 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    32 #         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    33 #   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    34 #       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    35 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    36 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     8#   上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     9#   によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     10#   述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     11#   を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     12#   利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     13#   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     14#       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     15#       スコード中に含まれていること.
     16#   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     17#       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     18#       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     19#       の無保証規定を掲載すること.
     20#   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     21#       用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     22#     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     23#         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     24#   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25#       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3726#
    38 #   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    39 ãŠ
    40 #   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    41 #   å«ã‚ã¦ï¼Œã„かなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    42 #   æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     27#   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     28#   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     29#   含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     30#   接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4331
    44 #   @(#) $Id: Makefile.tinet 497 2014-06-26 01:50:14Z coas-nagasima $
    45 #
    46 
    47 #
    48 ã€ŒãƒŸãƒ‰ãƒ«ã‚¦ã‚§ã‚¢ã® Makefile のインクルード」に追加する。
    49 #
    50 
    51 #
    52 ã‚«ãƒ¼ãƒãƒ«ã®è­˜åˆ¥
     32#   @(#) $Id$
     33#
     34
     35#
     36「ミドルウェアの Makefile のインクルード」に追加する。
     37#
     38
     39#
     40カーネルの識別
    5341#
    5442ifdef SRCLANG
     
    6149
    6250#
    63 #  TINET ソースファイルのディレクトリの定義
     51#  TINET ソースファイルのディレクトリの定義
    6452#
    6553TINET_ROOT = $(SRCDIR)/tinet
    6654
    6755#
    68 #  TINET 1.1 との互換性のための定義
     56#  TINET 1.1 との互換性のための定義
    6957#
    7058ifndef SUPPORT_INET4
     
    7563
    7664#
    77 ãƒãƒƒãƒˆãƒ¯ãƒ¼ã‚¯ã‚µãƒ¼ãƒ“スに関する定義
     65ネットワークサービスに関する定義
    7866#
    7967TINET_DIR = $(TINET_ROOT)/net:$(TINET_ROOT)/netinet
     
    131119endif
    132120
    133 ã‚¿ãƒ¼ã‚²ãƒƒãƒˆä¾å­˜ã®å®šç¾©ã®ã‚¤ãƒ³ã‚¯ãƒ«ãƒ¼ãƒ‰
     121ターゲット依存の定義のインクルード
    134122
    135123ifeq ($(TARGET_KERNEL),ASP)
     
    199187
    200188#
    201 #  TINET ライブラリの定義
     189#  TINET ライブラリの定義
    202190#
    203191
     
    245233
    246234#
    247 ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリ化するソースファイルから生成される
    248 ã‚ªãƒ–ジェクトファイルの定義
     235ライブラリ化するソースファイルから生成される
     236オブジェクトファイルの定義
    249237#
    250238TINET_LCOBJS = $(foreach file,$(TINET_LCSRCS),$($(file:.c=)))
     
    266254
    267255#
    268 ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリ化するソースファイルから生成される
    269 ã‚ªãƒ–ジェクトファイルの依存関係の定義
     256ライブラリ化するソースファイルから生成される
     257オブジェクトファイルの依存関係の定義
    270258#
    271259$(tcp_usrreq) $(tcp_usrreq:.o=.s) $(tcp_usrreq:.o=.d): tcp_usrreq.c
     
    273261
    274262#
    275 #  TINET ライブラリの定義
     263#  TINET ライブラリの定義
    276264#
    277265TINET_LIB_OBJS = $(TINET_LCOBJS)
    278266
    279267#
    280 #  TINET コンフィギュレーションファイルの定義
     268#  TINET コンフィギュレーションファイルの定義
    281269#
    282270
     
    301289
    302290#
    303 #  å
    304 ±é€šã‚³ãƒ³ãƒ‘イルオプションの定義への追加
     291#  共通コンパイルオプションの定義への追加
    305292#
    306293CDEFS := $(CDEFS) $(TINET_CDEFS)
     
    308295
    309296#
    310 #  TINET コンパイルオプションの定義への追加
     297#  TINET コンパイルオプションの定義への追加
    311298#
    312299TINET_CFLAGS := $(TINET_CFLAGS) -fno-strict-aliasing
    313300
    314301#
    315 ã‚·ã‚¹ãƒ†ãƒ ã‚µãƒ¼ãƒ“ス、ミドルウェアに関する定義
     302システムサービス、ミドルウェアに関する定義
    316303#
    317304
     
    348335
    349336#
    350 #  TINET ライブラリファイルの生成
     337#  TINET ライブラリファイルの生成
    351338#
    352339libtinet.a: $(TINET_LIB_OBJS)
     
    356343
    357344#
    358 ã‚³ãƒ³ãƒ‘イルルールの定義
     345コンパイルルールの定義
    359346#
    360347
     
    377364
    378365#
    379 ã‚³ãƒ³ãƒ‘イル結果の消去
     366コンパイル結果の消去
    380367#
    381368cleantinet:
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/ether_var.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    5038
    5139/*
    52  *  Ethernet 処理タスク
     40 *  Ethernet 処理タスク
    5341 */
    5442
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/ethernet.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    4533
    4634/*
    47  *  Ethernet 処理タスクの本体
     35 *  Ethernet 処理タスクの本体
    4836 */
    4937
     
    9280
    9381/*
    94  *  変数
     82 *  変数
    9583 */
    9684
     
    10593
    10694/*
    107  *  変数
    108  */
    109 
    110 /* ネットワークインタフェース構造体 */
     95 *  変数
     96 */
     97
     98/* ネットワークインタフェース構造体 */
    11199
    112100#if defined(SUPPORT_INET4)
    113101
    114102static T_IFNET ether_ifnet = {
    115         NULL,                   /* ネットワークインタフェースのソフトウェアæƒ
    116 å ±     */
     103        NULL,                   /* ネットワークインタフェースのソフトウェア情報       */
    117104        {
    118                 IPV4_ADDR_LOCAL,        /* IPv4 アドレス            */
    119                 IPV4_ADDR_LOCAL_MASK,   /* サブネットマスク             */
     105                IPV4_ADDR_LOCAL,        /* IPv4 アドレス            */
     106                IPV4_ADDR_LOCAL_MASK,   /* サブネットマスク             */
    120107                },
    121108        };
     
    126113
    127114static T_IFNET ether_ifnet = {
    128         NULL,                   /* ネットワークインタフェースのソフトウェアæƒ
    129 å ±     */
    130         {0},                    /* IPv6 アドレスæƒ
    131 å ±                             */
    132         {0},                    /* マルチキャスト IPv6 アドレス                      */
    133         0,                              /* フラグ                                    */
     115        NULL,                   /* ネットワークインタフェースのソフトウェア情報       */
     116        {0},                    /* IPv6 アドレス情報                          */
     117        {0},                    /* マルチキャスト IPv6 アドレス                    */
     118        0,                              /* フラグ                                  */
    134119        };
    135120
     
    139124
    140125/*
    141  *  SNMP の 管理æƒ
    142 å ±ãƒ™ãƒ¼ã‚¹ (MIB)
     126 *  SNMP の 管理情報ベース (MIB)
    143127 */
    144128
     
    150134
    151135/*
    152  *  関数
     136 *  関数
    153137 */
    154138
     
    156140
    157141/*
    158  *  ieee_802_input -- IEEE 802.3 å
    159 ¥åŠ›å‡¦ç†
     142 *  ieee_802_input -- IEEE 802.3 入力処理
    160143 */
    161144
     
    175158
    176159/*
    177  *  ether_get_ifnet -- ネットワークインタフェース構造体を返す。
     160 *  ether_get_ifnet -- ネットワークインタフェース構造体を返す。
    178161 */
    179162
     
    187170
    188171/*
    189  *  ether_in6_resolve_multicast -- イーサネットのマルチキャストアドレスへの変換
     172 *  ether_in6_resolve_multicast -- イーサネットのマルチキャストアドレスへの変換
    190173 */
    191174
     
    193176ether_in6_resolve_multicast (T_ETHER_ADDR *ifaddr, T_IN6_ADDR *maddr)
    194177{
    195         /* マルチキャストアドレスかチェックする。*/
     178        /* マルチキャストアドレスかチェックする。*/
    196179        if (!IN6_IS_ADDR_MULTICAST(maddr))
    197180                return E_PAR;
    198181
    199         /* イーサネットのマルチキャストアドレスへの変換 */
     182        /* イーサネットのマルチキャストアドレスへの変換 */
    200183        ether_map_ipv6_multicast(ifaddr, maddr);
    201184
     
    249232
    250233/*
    251  *  ether_raw_output -- Ethernet インタフェースの出力関数、MAC アドレス解決無し
     234 *  ether_raw_output -- Ethernet インタフェースの出力関数、MAC アドレス解決無し
    252235 */
    253236
     
    257240        ER error = E_OK;
    258241
    259         /* Ethernet 出力キューに投å
    260 ¥ã™ã‚‹ã€‚*/
     242        /* Ethernet 出力キューに投入する。*/
    261243        if ((error = tsnd_dtq(DTQ_ETHER_OUTPUT, (intptr_t)output, tmout)) != E_OK) {
    262244                NET_COUNT_ETHER(net_count_ether.out_err_packets, 1);
    263245                NET_COUNT_MIB(if_stats.ifOutDiscards, 1);
    264246
    265                 /* IF でネットワークバッファを開放しないフラグをチェックする。*/
     247                /* IF でネットワークバッファを開放しないフラグをチェックする。*/
    266248                if ((output->flags & NB_FLG_NOREL_IFOUT) == 0) {
    267249                        syscall(rel_net_buf(output));
     
    276258
    277259/*
    278  *  ether_output -- Ethernet インタフェースの出力関数、MAC アドレス解決有り
     260 *  ether_output -- Ethernet インタフェースの出力関数、MAC アドレス解決有り
    279261 */
    280262
     
    286268        T_ETHER_HDR *eth;
    287269
    288         /* 送信å
    289 ƒ MAC アドレスを設定する。*/
     270        /* 送信元 MAC アドレスを設定する。*/
    290271        ic = IF_ETHER_NIC_GET_SOFTC();
    291272        eth = GET_ETHER_HDR(output);
     
    298279        case ETHER_TYPE_IP:             /* IPv4 */
    299280#ifdef ETHER_CFG_MULTICAST
    300                 /* マルチキャストアドレスの場合 */
     281                /* マルチキャストアドレスの場合 */
    301282                if(IN4_IS_ADDR_MULTICAST(*(uint32_t*)dst)){
    302                         /* イーサネットのマルチキャストアドレスへの変換 */
     283                        /* イーサネットのマルチキャストアドレスへの変換 */
    303284                        ether_map_ipv4_multicast((T_ETHER_ADDR *)&eth->dhost, *(T_IN4_ADDR*)dst);
    304285                        error = ether_raw_output(output, tmout);
     
    306287                        }
    307288#endif
    308                 if (arp_resolve(&ic->ifaddr, output, *(uint32_t*)dst)) {        /* true ならアドレス解決済 */
     289                if (arp_resolve(&ic->ifaddr, output, *(uint32_t*)dst)) {        /* true ならアドレス解決済 */
    309290                        error = ether_raw_output(output, tmout);
    310291                        }
     
    321302                        error = ether_raw_output(output, tmout);
    322303
    323                 /* IF でネットワークバッファを開放しないフラグをチェックする。*/
     304                /* IF でネットワークバッファを開放しないフラグをチェックする。*/
    324305                else if ((output->flags & NB_FLG_NOREL_IFOUT) == 0) {
    325306                        syscall(rel_net_buf(output));
     
    335316                NET_COUNT_MIB(if_stats.ifOutErrors, 1);
    336317
    337                 /* IF でネットワークバッファを開放しないフラグをチェックする。*/
     318                /* IF でネットワークバッファを開放しないフラグをチェックする。*/
    338319                if ((output->flags & NB_FLG_NOREL_IFOUT) == 0) {
    339320                        syscall(rel_net_buf(output));
     
    352333
    353334/*
    354  *  Ethernet 出力タスク
     335 *  Ethernet 出力タスク
    355336 */
    356337
     
    406387
    407388/*
    408  *  Ethernet å
    409 ¥åŠ›ã‚¿ã‚¹ã‚¯
     389 *  Ethernet 入力タスク
    410390 */
    411391
     
    419399        uint16_t        proto;
    420400
    421         /* ネットワークインタフェース管理を初期化する。*/
     401        /* ネットワークインタフェース管理を初期化する。*/
    422402        ifinit();
    423403
    424         /* NIC を初期化する。*/
     404        /* NIC を初期化する。*/
    425405        ic = IF_ETHER_NIC_GET_SOFTC();
    426406        IF_ETHER_NIC_PROBE(ic);
    427407        IF_ETHER_NIC_INIT(ic);
    428408
    429         /* Ethernet 出力タスクを起動する */
     409        /* Ethernet 出力タスクを起動する */
    430410        syscall(act_tsk(ETHER_OUTPUT_TASK));
    431411
    432         /* ネットワークタイマタスクを起動する */
     412        /* ネットワークタイマタスクを起動する */
    433413        syscall(act_tsk(NET_TIMER_TASK));
    434414
     
    440420#if defined(SUPPORT_INET4)
    441421
    442         /* ARP を初期化する。*/
     422        /* ARP を初期化する。*/
    443423        arp_init();
    444424
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/ethernet.cfg

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    4533
    4634/*
    47  *  Ethernet コンフィギュレーションファイル
     35 *  Ethernet コンフィギュレーションファイル
    4836 */
    4937
     
    5543CRE_DTQ(DTQ_ETHER_OUTPUT,  { TA_TFIFO, NUM_DTQ_ETHER_OUTPUT,  NULL });
    5644
    57 /* サポート関数 max2str 用セマフォ */
     45/* サポート関数 max2str 用セマフォ */
    5846
    5947CRE_SEM(SEM_MAC2STR_BUFF_LOCK,  { TA_TPRI, 1, 1 });
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/ethernet.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    36  *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     25 *
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8876
    8977/*
    90  *  フィールド長
     78 *  フィールド長
    9179 */
    9280
     
    9684
    9785/*
    98  *  フレーム長 (Ethernet ヘッダと CRC を含む)
     86 *  フレーム長 (Ethernet ヘッダと CRC を含む)
    9987 */
    10088
     
    10391
    10492/*
    105  *  Ethernet ヘッダ
     93 *  Ethernet ヘッダ
    10694 */
    10795
     
    114102#if IF_ETHER_NIC_HDR_ALIGN != 0
    115103
    116         uint8_t         align[IF_ETHER_NIC_HDR_ALIGN];  /* アライン調整 */
     104        uint8_t         align[IF_ETHER_NIC_HDR_ALIGN];  /* アライン調整 */
    117105
    118106#endif  /* of #if IF_ETHER_NIC_HDR_ALIGN != 0 */
     
    126114
    127115/*
    128  *  MAC アドレスの定義
    129  */
    130 
    131 #define ETHER_MCAST_ADDR        UINT_C(0x01)    /* マルチキャスト・アドレス */
    132 #define ETHER_LOCAL_ADDR        UINT_C(0x02)    /* ローカル・アドレス          */
     116 *  MAC アドレスの定義
     117 */
     118
     119#define ETHER_MCAST_ADDR        UINT_C(0x01)    /* マルチキャスト・アドレス */
     120#define ETHER_LOCAL_ADDR        UINT_C(0x02)    /* ローカル・アドレス            */
    133121
    134122typedef struct t_ether_addr {
     
    137125
    138126/*
    139  *  Type フィールド
     127 *  Type フィールド
    140128 */
    141129
     
    145133
    146134/*
    147  *  インタフェースの選択マクロ
    148  */
    149 
    150 #define T_IF_HDR                T_ETHER_HDR             /* インタフェースのヘッダ                            */
    151 #define T_IF_ADDR               T_ETHER_ADDR            /* インタフェースのアドレス                 */
    152 #define IF_HDR_ALIGN            2                       /* ヘッダのアライン単位                               */
    153 #define IF_MTU                  1500                    /* インタフェースの MTU                         */
    154 
    155 #define IF_OUTPUT(o,d,g,t)      ether_output(o,d,g,t)   /* インタフェースの出力関数                 */
    156 #define IF_RAW_OUTPUT(o,t)      ether_raw_output(o,t)   /* インタフェースの出力関数、アドレス解決無し      */
     135 *  インタフェースの選択マクロ
     136 */
     137
     138#define T_IF_HDR                T_ETHER_HDR             /* インタフェースのヘッダ                          */
     139#define T_IF_ADDR               T_ETHER_ADDR            /* インタフェースのアドレス                 */
     140#define IF_HDR_ALIGN            2                       /* ヘッダのアライン単位                           */
     141#define IF_MTU                  1500                    /* インタフェースの MTU                         */
     142
     143#define IF_OUTPUT(o,d,g,t)      ether_output(o,d,g,t)   /* インタフェースの出力関数                 */
     144#define IF_RAW_OUTPUT(o,t)      ether_raw_output(o,t)   /* インタフェースの出力関数、アドレス解決無し        */
    157145#define IF_SET_PROTO(b,p)       (GET_ETHER_HDR(b)->type = htons(p))
    158                                                         /* インタフェースのプロトコル設定関数          */
     146                                                        /* インタフェースのプロトコル設定関数            */
    159147#define IF_SOFTC_TO_IFADDR(s)   ((T_IF_ADDR*)(s)->ifaddr.lladdr)
    160                                                         /* ソフトウェアæƒ
    161 å ±ã‹ã‚‰ MAC アドレスを取り出す       */
    162 #define IF_GET_IFNET()          ether_get_ifnet()       /* ネットワークインタフェース構造体を返す。         */
    163 #define IF_TYPE                 IFT_ETHER               /* インターフェースの型                               */
    164 
    165 /* IPv4 関係 */
    166 
    167 #define IF_PROTO_IP             ETHER_TYPE_IP           /* インタフェースの IP プロトコル指定            */
    168 #define IF_PROTO_ARP            ETHER_TYPE_ARP          /* インタフェースの ARP プロトコル指定           */
    169 
    170 /* IPv6 関係 */
    171 
    172 #define MAX_IF_MADDR_CNT        2                       /* インタフェースのマルチキャストアドレスé
    173 åˆ—の最大サイズ  */
     148                                                        /* ソフトウェア情報から MAC アドレスを取り出す     */
     149#define IF_GET_IFNET()          ether_get_ifnet()       /* ネットワークインタフェース構造体を返す。         */
     150#define IF_TYPE                 IFT_ETHER               /* インターフェースの型                           */
     151
     152/* IPv4 関係 */
     153
     154#define IF_PROTO_IP             ETHER_TYPE_IP           /* インタフェースの IP プロトコル指定          */
     155#define IF_PROTO_ARP            ETHER_TYPE_ARP          /* インタフェースの ARP プロトコル指定         */
     156
     157/* IPv6 関係 */
     158
     159#define MAX_IF_MADDR_CNT        2                       /* インタフェースのマルチキャストアドレス配列の最大サイズ  */
    174160#define IF_MADDR_INIT           { { { 0, 0, 0, 0, 0, 0 } }, { { 0, 0, 0, 0, 0, 0 } } }
    175                                                         /* インタフェースのマルチキャストアドレスé
    176 åˆ—の初期化        */
    177 #define IF_PROTO_IPV6           ETHER_TYPE_IPV6         /* インタフェースの IP プロトコル指定                    */
     161                                                        /* インタフェースのマルチキャストアドレス配列の初期化    */
     162#define IF_PROTO_IPV6           ETHER_TYPE_IPV6         /* インタフェースの IP プロトコル指定                  */
    178163#define IF_ADDMULTI(s)          IF_ETHER_NIC_ADDMULTI(s)
    179                                                         /* マルチキャストアドレスの登録                           */
    180 #define IF_IN6_NEED_CACHE(i)    (true)                  /* 近隣探索キャッシュを使用する。                                */
     164                                                        /* マルチキャストアドレスの登録                               */
     165#define IF_IN6_NEED_CACHE(i)    (true)                  /* 近隣探索キャッシュを使用する。                              */
    181166#define IF_IN6_IFID(i,a)        IF_ETHER_NIC_IN6_IFID(i,a)
    182                                                         /* インタフェース識別子の設定                              */
     167                                                        /* インタフェース識別子の設定                                */
    183168#define IF_IN6_RESOLVE_MULTICAST(i,m)   \
    184169                                ether_in6_resolve_multicast(i,m)
    185                                                         /* インタフェースのマルチキャストアドレスへの変換                */
    186 
    187 /*
    188  *  前方参ç
    189 §
     170                                                        /* インタフェースのマルチキャストアドレスへの変換              */
     171
     172/*
     173 *  前方参照
    190174 */
    191175
     
    223207
    224208/*
    225  *  ネットワークインタフェースに依存しないソフトウェアæƒ
    226 å ±
     209 *  ネットワークインタフェースに依存しないソフトウェア情報
    227210 */
    228211
     
    230213
    231214struct t_if_softc {
    232         T_IF_ADDR               ifaddr;                 /* ネットワークインタフェースのアドレス       */
    233         uint16_t                timer;                  /* 送信タイムアウト                     */
    234         T_IF_ETHER_NIC_SOFTC    *sc;    /* ディバイス依存のソフトウェアæƒ
    235 å ±     */
    236         ID                      semid_txb_ready;        /* 送信セマフォ                           */
    237         ID                      semid_rxb_ready;        /* 受信セマフォ                           */
     215        T_IF_ADDR               ifaddr;                 /* ネットワークインタフェースのアドレス   */
     216        uint16_t                timer;                  /* 送信タイムアウト                     */
     217        T_IF_ETHER_NIC_SOFTC    *sc;    /* ディバイス依存のソフトウェア情報     */
     218        ID                      semid_txb_ready;        /* 送信セマフォ                               */
     219        ID                      semid_rxb_ready;        /* 受信セマフォ                               */
    238220
    239221#ifdef SUPPORT_INET6
    240222
    241         T_IF_ADDR       maddrs[MAX_IF_MADDR_CNT];       /* マルチキャストアドレスリスト   */
     223        T_IF_ADDR       maddrs[MAX_IF_MADDR_CNT];       /* マルチキャストアドレスリスト       */
    242224
    243225#endif  /* of #ifdef SUPPORT_INET6 */
     
    251233#ifdef SUPPORT_INET6
    252234
    253 /* 前方参ç
    254 § */
     235/* 前方参照 */
    255236
    256237#ifndef T_IN6_ADDR_DEFINED
     
    263244
    264245/*
    265  *  関数
     246 *  関数
    266247 */
    267248
     
    271252
    272253/*
    273  *  関数
     254 *  関数
    274255 */
    275256
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/fcstab.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/genfcstab.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/if.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    11199
    112100/*
    113  *  関数
     101 *  関数
    114102 */
    115103
     
    117105
    118106/*
    119  *  if_slowtimo -- インタフェースのワッチドッグタイマ制御
     107 *  if_slowtimo -- インタフェースのワッチドッグタイマ制御
    120108 */
    121109
     
    136124
    137125/*
    138  *  ifinit -- インタフェース管理の初期化
     126 *  ifinit -- インタフェース管理の初期化
    139127 */
    140128
     
    148136
    149137/*
    150  *  if_addmulti -- マルチキャストアドレスの登録
     138 *  if_addmulti -- マルチキャストアドレスの登録
    151139 */
    152140
     
    163151                        return E_PAR;
    164152
    165                 /* IPv6 マルチキャストアドレスを登録する。*/
     153                /* IPv6 マルチキャストアドレスを登録する。*/
    166154                ifp->in_maddrs[ix] = *(T_IN6_ADDR*)maddr;
    167155
    168                 /* インタフェースのアドレスに変換し、登録する。*/
     156                /* インタフェースのアドレスに変換し、登録する。*/
    169157                error = IF_IN6_RESOLVE_MULTICAST(&llmaddr, (T_IN6_ADDR*)maddr);
    170158                if (error != E_OK)
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/if.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8472
    8573/*
    86  *  ネットワークインタフェース用タイマの定義
     74 *  ネットワークインタフェース用タイマの定義
    8775 */
    8876
    89 #define IF_TIMER_TMO            NET_TIMER_HZ    /* タイムアウト、1 [s]   */
    90 #define IF_TIMER_HZ             1               /* タイマの周波数、1 [s]        */
     77#define IF_TIMER_TMO            NET_TIMER_HZ    /* タイムアウト、1 [s] */
     78#define IF_TIMER_HZ             1               /* タイマの周波数、1 [s]        */
    9179
    9280/*
    93  *  ネットワークインタフェースのフラグ
     81 *  ネットワークインタフェースのフラグ
    9482 */
    9583
    96 #define IFF_UP                  UINT_C(0x0001)  /* 起動済み         */
    97 #define IFF_RUNNING             UINT_C(0x0002)  /* 動作中            */
     84#define IFF_UP                  UINT_C(0x0001)  /* 起動済み         */
     85#define IFF_RUNNING             UINT_C(0x0002)  /* 動作中          */
    9886
    9987/*
    100  *  汎用定義
     88 *  汎用定義
    10189 */
    10290
     
    10593
    10694/*
    107  *  関数
     95 *  関数
    10896 */
    10997
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/if6_var.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8371
    8472/*
    85  *  ネットワークインタフェース構造体
     73 *  ネットワークインタフェース構造体
    8674 */
    8775
    8876struct t_ifnet {
    89         T_IF_SOFTC      *ic;            /* ネットワークインタフェースのソフトウェアæƒ
    90 å ±     */
     77        T_IF_SOFTC      *ic;            /* ネットワークインタフェースのソフトウェア情報       */
    9178        T_IN6_IFADDR    in_ifaddrs[NUM_IN6_IFADDR_ENTRY];
    92                                         /* IPv6 アドレスæƒ
    93 å ±                             */
     79                                        /* IPv6 アドレス情報                          */
    9480        T_IN6_ADDR      in_maddrs [MAX_IN6_MADDR_CNT];
    95                                         /* マルチキャスト IPv6 アドレス                      */
    96         uint8_t         flags;          /* フラグ                                    */
     81                                        /* マルチキャスト IPv6 アドレス                    */
     82        uint8_t         flags;          /* フラグ                                  */
    9783        };
    9884
     
    10692
    10793/*
    108  *  関数シミュレーションマクロ
     94 *  関数シミュレーションマクロ
    10995 */
    11096
     
    11298
    11399/*
    114  *  関数
     100 *  関数
    115101 */
    116102
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/if_arp.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8876 *  Address Resolution Protocol.
    8977 *
    90  *  RFC 826 参ç
    91 §
     78 *  RFC 826 参照
    9279 */
    9380
    9481/*
    95  *  構造体
     82 *  構造体
    9683 */
    9784
    98 /* ARP ヘッダ */
     85/* ARP ヘッダ */
    9986
    10087typedef struct t_arp_hdr {
    101         uint16_t        hrd_addr;       /* 物理アドレスフォーマット */
    102         uint16_t        proto;          /* プロトコル                      */
    103         uint8_t         hdr_len;        /* 物理アドレス長                */
    104         uint8_t         proto_len;      /* プロトコル長                   */
    105         uint16_t        opcode;         /* 命令コード                      */
     88        uint16_t        hrd_addr;       /* 物理アドレスフォーマット */
     89        uint16_t        proto;          /* プロトコル                        */
     90        uint8_t         hdr_len;        /* 物理アドレス長              */
     91        uint8_t         proto_len;      /* プロトコル長                       */
     92        uint16_t        opcode;         /* 命令コード                        */
    10693        } __attribute__((packed, aligned(2)))T_ARP_HDR;
    10794
     
    113100#define GET_IF_ARP_HDR_SIZE(nbuf)       (IF_HDR_SIZE + ARP_HDR_SIZE)
    114101
    115 /* hrd_addr、物理アドレスフォーマットの値 */
     102/* hrd_addr、物理アドレスフォーマットの値 */
    116103
    117104#define ARPHRD_ETHER    1       /* Ethernet     */
    118105
    119 /* opcode, 命令コードの値 */
     106/* opcode, 命令コードの値 */
    120107
    121 #define ARPOP_REQUEST           UINT_C(1)       /* アドレス解決要求             */
    122 #define ARPOP_REPLY             UINT_C(2)       /* アドレス解決応答             */
    123 #define ARPOP_REV_REQUEST       UINT_C(3)       /* プロトコル・アドレス解決要求   */
    124 #define ARPOP_REV_REPLY         UINT_C(4)       /* プロトコル・アドレス解決要求   */
    125 #define ARPOP_INV_REQUEST       UINT_C(8)       /* 終端識別要求                   */
    126 #define ARPOP_INV_REPLY         UINT_C(9)       /* 終端識別要求                   */
     108#define ARPOP_REQUEST           UINT_C(1)       /* アドレス解決要求             */
     109#define ARPOP_REPLY             UINT_C(2)       /* アドレス解決応答             */
     110#define ARPOP_REV_REQUEST       UINT_C(3)       /* プロトコル・アドレス解決要求       */
     111#define ARPOP_REV_REPLY         UINT_C(4)       /* プロトコル・アドレス解決要求       */
     112#define ARPOP_INV_REQUEST       UINT_C(8)       /* 終端識別要求                       */
     113#define ARPOP_INV_REPLY         UINT_C(9)       /* 終端識別要求                       */
    127114
    128115/*
    129  *  イーサネットドライバモジュールで使用される ARP æƒ
    130 å ±
     116 *  イーサネットドライバモジュールで使用される ARP 情報
    131117 */
    132118
     
    136122
    137123/*
    138  *  ARP キャッシュ更新タイマの定義
     124 *  ARP キャッシュ更新タイマの定義
    139125 */
    140126
    141 #define ARP_TIMER_TMO           (60*NET_TIMER_HZ)       /* タイムアウト、60 [s]  */
     127#define ARP_TIMER_TMO           (60*NET_TIMER_HZ)       /* タイムアウト、60 [s]        */
    142128
    143129/*
    144  *  変数
     130 *  変数
    145131 */
    146132
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/if_llc.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8674
    8775/*
    88  *  長さの定義
     76 *  長さの定義
    8977 */
    9078
     
    9381
    9482/*
    95  *  802.3 ヘッダ
     83 *  802.3 ヘッダ
    9684 */
    9785
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/if_loop.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    36  *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     25 *
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    121109
    122110/*
    123  *  ローカルループバックインタフェース
    124  */
    125 
    126 /*
    127  *  外部関数の定義
     111 *  ローカルループバックインタフェース
     112 */
     113
     114/*
     115 *  外部関数の定義
    128116 */
    129117
     
    131119
    132120/*
    133  *  変数
    134  */
    135 
    136 /* ネットワークインタフェース構造体 */
     121 *  変数
     122 */
     123
     124/* ネットワークインタフェース構造体 */
    137125
    138126#if defined(SUPPORT_INET4)
    139127
    140128static T_IFNET loop_ifnet = {
    141         NULL,                   /* ネットワークインタフェースのソフトウェアæƒ
    142 å ±     */
     129        NULL,                   /* ネットワークインタフェースのソフトウェア情報       */
    143130        {
    144                 IPV4_ADDR_LOOPBACK,             /* IPv4 アドレス                    */
    145                 IPV4_ADDR_LOOPBACK_MASK,        /* サブネットマスク                     */
     131                IPV4_ADDR_LOOPBACK,             /* IPv4 アドレス                    */
     132                IPV4_ADDR_LOOPBACK_MASK,        /* サブネットマスク                     */
    146133                },
    147134        };
     
    152139
    153140static T_IFNET loop_ifnet = {
    154         NULL,                   /* ネットワークインタフェースのソフトウェアæƒ
    155 å ±     */
    156         {},                     /* IPv6 アドレスæƒ
    157 å ±                             */
    158         {},                     /* マルチキャスト IPv6 アドレス                      */
     141        NULL,                   /* ネットワークインタフェースのソフトウェア情報       */
     142        {},                     /* IPv6 アドレス情報                          */
     143        {},                     /* マルチキャスト IPv6 アドレス                    */
    159144        };
    160145
     
    162147
    163148/*
    164  *  loop_get_ifnet -- ネットワークインタフェース構造体を返す。
     149 *  loop_get_ifnet -- ネットワークインタフェース構造体を返す。
    165150 */
    166151
     
    172157
    173158/*
    174  *  looutput -- ローカルループバックインタフェースの出力関数
     159 *  looutput -- ローカルループバックインタフェースの出力関数
    175160 */
    176161
     
    189174
    190175/*
    191  *  ローカルループバックインタフェース・出力タスク
     176 *  ローカルループバックインタフェース・出力タスク
    192177 */
    193178
     
    212197
    213198/*
    214  *  ローカルループバックインタフェース・å
    215 ¥åŠ›ã‚¿ã‚¹ã‚¯
     199 *  ローカルループバックインタフェース・入力タスク
    216200 */
    217201
     
    231215#if defined(SUPPORT_INET4)
    232216
    233                         /* IPv4 å
    234 ¥åŠ›é–¢æ•°ã‚’呼び出す */
     217                        /* IPv4 入力関数を呼び出す */
    235218                        if (IP4_VHL_V(GET_IP4_HDR(input)->vhl) == IPV4_VERSION)
    236219                                ip_input(input);
     
    240223#if defined(SUPPORT_INET6)
    241224
    242                         /* IPv6 å
    243 ¥åŠ›é–¢æ•°ã‚’呼び出す */
     225                        /* IPv6 入力関数を呼び出す */
    244226                        if (IP6_VCF_V(ntohl(GET_IP6_HDR(input)->vcf)) == IPV6_VERSION)
    245227                                ip6_input(input);
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/if_loop.cfg

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    4533
    4634/*
    47  *  ループバックインタフェース・コンフィギュレーションファイル
     35 *  ループバックインタフェース・コンフィギュレーションファイル
    4836 */
    4937
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/if_loop.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8472
    8573/*
    86  *  ローカルループバックインタフェース・ヘッダとアドレス
     74 *  ローカルループバックインタフェース・ヘッダとアドレス
    8775 */
    8876
     
    9179
    9280/*
    93  *  インタフェースの選択マクロ
     81 *  インタフェースの選択マクロ
    9482 */
    9583
    96 #define T_IF_HDR                T_LOOP_HDR              /* インタフェースのヘッダ    */
    97 #define T_IF_ADDR               T_LOOP_ADDR             /* インタフェースのアドレス */
    98 #define IF_HDR_ALIGN            4                       /* ヘッダのアライン単位               */
    99 #define IF_MTU                  LOMTU                   /* インタフェースの MTU         */
     84#define T_IF_HDR                T_LOOP_HDR              /* インタフェースのヘッダ  */
     85#define T_IF_ADDR               T_LOOP_ADDR             /* インタフェースのアドレス */
     86#define IF_HDR_ALIGN            4                       /* ヘッダのアライン単位           */
     87#define IF_MTU                  LOMTU                   /* インタフェースの MTU         */
    10088
    101 #define IF_OUTPUT(o,d,g,t)      looutput(o,t)           /* インタフェースの出力関数 */
    102 #define IF_RAW_OUTPUT(o,t)      looutput(o,t)           /* インタフェースの出力関数、アドレス解決無し*/
    103 #define IF_SET_PROTO(b,p)                               /* インタフェースのプロトコル設定関数  */
    104 #define IF_GET_IFNET()          loop_get_ifnet()        /* ネットワークインタフェース構造体を返す。         */
     89#define IF_OUTPUT(o,d,g,t)      looutput(o,t)           /* インタフェースの出力関数 */
     90#define IF_RAW_OUTPUT(o,t)      looutput(o,t)           /* インタフェースの出力関数、アドレス解決無し*/
     91#define IF_SET_PROTO(b,p)                               /* インタフェースのプロトコル設定関数    */
     92#define IF_GET_IFNET()          loop_get_ifnet()        /* ネットワークインタフェース構造体を返す。         */
    10593
    106 /* IPv4 関係 */
     94/* IPv4 関係 */
    10795
    108 #define IF_PROTO_IP             0                       /* インタフェースの IP プロトコル指定            */
     96#define IF_PROTO_IP             0                       /* インタフェースの IP プロトコル指定          */
    10997
    110 /* IPv6 関係 */
     98/* IPv6 関係 */
    11199
    112 #define MAX_IF_MADDR_CNT        0                       /* インタフェースのマルチキャストアドレスé
    113 åˆ—の最大サイズ  */
    114 #define IF_IN6_NEED_CACHE(i)    (false)                 /* 近隣探索キャッシュを使用する。                                */
     100#define MAX_IF_MADDR_CNT        0                       /* インタフェースのマルチキャストアドレス配列の最大サイズ  */
     101#define IF_IN6_NEED_CACHE(i)    (false)                 /* 近隣探索キャッシュを使用する。                              */
    115102
    116103/*
    117  *  前方参ç
    118 §
     104 *  前方参照
    119105 */
    120106
     
    144130
    145131/*
    146  *  ネットワークインタフェースに依存しないソフトウェアæƒ
    147 å ±
     132 *  ネットワークインタフェースに依存しないソフトウェア情報
    148133 */
    149134
     
    151136
    152137/*
    153  *  関数
     138 *  関数
    154139 */
    155140
     
    158143
    159144/*
    160  *  ローカルループバックインタフェース・処理タスク
     145 *  ローカルループバックインタフェース・処理タスク
    161146 */
    162147
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/if_ppp.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    7159
    7260/*
    73  *  インタフェースの選択マクロ
     61 *  インタフェースの選択マクロ
    7462 */
    7563
    76 #define T_IF_HDR                T_PPP_HDR       /* インタフェースのヘッダ                    */
    77 #define IF_HDR_ALIGN            2               /* ヘッダのアライン単位                       */
    78 #define IF_MTU                  DEF_PPP_MTU     /* インタフェースの MTU                 */
    79                                                 /* インタフェースの IPv4 アドレス           */
    80 #define IF_PROTO_IP             PPP_IP          /* インタフェースの IP プロトコル指定    */
     64#define T_IF_HDR                T_PPP_HDR       /* インタフェースのヘッダ                  */
     65#define IF_HDR_ALIGN            2               /* ヘッダのアライン単位                   */
     66#define IF_MTU                  DEF_PPP_MTU     /* インタフェースの MTU                 */
     67                                                /* インタフェースの IPv4 アドレス           */
     68#define IF_PROTO_IP             PPP_IP          /* インタフェースの IP プロトコル指定  */
    8169
    82 #define IF_OUTPUT(o,d,g,t)      ppp_output(o,t)         /* インタフェースの出力関数         */
    83 #define IF_RAW_OUTPUT(o,t)      ppp_output(o,t)         /* インタフェースの出力関数、アドレス解決無し*/
    84                                                         /* インタフェースのプロトコル設定関数  */
     70#define IF_OUTPUT(o,d,g,t)      ppp_output(o,t)         /* インタフェースの出力関数         */
     71#define IF_RAW_OUTPUT(o,t)      ppp_output(o,t)         /* インタフェースの出力関数、アドレス解決無し*/
     72                                                        /* インタフェースのプロトコル設定関数    */
    8573#define IF_SET_PROTO(b,p)       (*GET_PPP_HDR(b) = htons(p))
    86 #define IF_GET_IFNET()          ppp_get_ifnet()         /* ネットワークインタフェース構造体を返す。         */
     74#define IF_GET_IFNET()          ppp_get_ifnet()         /* ネットワークインタフェース構造体を返す。         */
    8775
    8876/*
    89  *  MTU (MRU) に関する定義
     77 *  MTU (MRU) に関する定義
    9078 */
    9179
    92 #define DEF_PPP_MTU             1500    /* PPP の 標準 MTU   */
    93 #define MAX_PPP_MTU             16384   /* PPP の 最大 MTU   */
    94 #define MIN_PPP_MTU             128     /* PPP の 最小 MTU   */
     80#define DEF_PPP_MTU             1500    /* PPP の 標準 MTU */
     81#define MAX_PPP_MTU             16384   /* PPP の 最大 MTU */
     82#define MIN_PPP_MTU             128     /* PPP の 最小 MTU */
    9583
    9684/*
    97  *  PPP ヘッダ
     85 *  PPP ヘッダ
    9886 */
    9987
    100 typedef uint16_t T_PPP_HDR;                             /* 上位プロトコル                */
     88typedef uint16_t T_PPP_HDR;                             /* 上位プロトコル              */
    10189
    10290/*
    103  *  前方参ç
    104 §
     91 *  前方参照
    10592 */
    10693
     
    130117
    131118/*
    132  *  ネットワークインタフェースに依存しないソフトウェアæƒ
    133 å ±
     119 *  ネットワークインタフェースに依存しないソフトウェア情報
    134120 */
    135121
     
    137123
    138124/*
    139  *  関数
     125 *  関数
    140126 */
    141127
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/if_types.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8068
    8169/*
    82  *  インタフェースの型の定義
     70 *  インタフェースの型の定義
    8371 */
    8472
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/if_var.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8371
    8472/*
    85  *  ネットワークインタフェース構造体
     73 *  ネットワークインタフェース構造体
    8674 */
    8775
    8876struct t_ifnet {
    89         T_IF_SOFTC      *ic;            /* ネットワークインタフェースのソフトウェアæƒ
    90 å ±     */
    91         T_IN4_IFADDR    in_ifaddr;      /* IPv4 アドレスæƒ
    92 å ±                             */
     77        T_IF_SOFTC      *ic;            /* ネットワークインタフェースのソフトウェア情報       */
     78        T_IN4_IFADDR    in_ifaddr;      /* IPv4 アドレス情報                          */
    9379        ether_status_callback_fn link_callback;
    94         uint8_t         flags;          /* フラグ                                    */
     80        uint8_t         flags;          /* フラグ                                  */
    9581        };
    9682
     
    10894
    10995/*
    110  *  SNMP の 管理æƒ
    111 å ±ãƒ™ãƒ¼ã‚¹ (MIB)
     96 *  SNMP の 管理情報ベース (MIB)
    11297 */
    11398
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/net.cfg

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    4533
    4634/*
    47  *  å
    48 ±é€š 汎用ネットワークコンフィギュレーションファイル
     35 *  共通 汎用ネットワークコンフィギュレーションファイル
    4936 */
    5037
    5138/*
    52  * ネットワークタイマ
     39 * ネットワークタイマ
    5340 */
    5441
     
    6956                });
    7057
    71 /* ネットワークタイマの呼出しエントリ用セマフォ */
     58/* ネットワークタイマの呼出しエントリ用セマフォ */
    7259
    7360CRE_SEM(SEM_CALL_OUT_LOCK,      { TA_TPRI, 1, 1 });
    7461CRE_SEM(SEM_CALL_OUT_TIMEOUT,   { TA_TPRI, 0, NUM_NET_CALLOUT });
    7562
    76 /* サポート関数 ip2str、ipv62str 用セマフォ */
     63/* サポート関数 ip2str、ipv62str 用セマフォ */
    7764
    7865CRE_SEM(SEM_IP2STR_BUFF_LOCK,   { TA_TPRI, 1, 1 });
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/net.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    36  *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     25 *
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8169
    8270/*
    83  *  バイトオーダの定義
     71 *  バイトオーダの定義
    8472 */
    8573
     
    124112
    125113/*
    126  *  バイトオーダ変換の定義
     114 *  バイトオーダ変換の定義
    127115 */
    128116
     
    140128
    141129/*
    142  *  注意: IPヘッダ以降は、4 バイト境界にアラインされている事を
    143  *        前提としているが、4 バイト境界でアクセスする
    144  *        プロセッサで、ネットワーク側のデータが、4 バイト境界にアライン
    145  *        されていない場合は、ntoahl、ahtonl、nahcmpl を使用すること。
     130 *  注意: IPヘッダ以降は、4 バイト境界にアラインされている事を
     131 *        前提としているが、4 バイト境界でアクセスする
     132 *        プロセッサで、ネットワーク側のデータが、4 バイト境界にアライン
     133 *        されていない場合は、ntoahl、ahtonl、nahcmpl を使用すること。
    146134 */
    147135
     
    177165
    178166/*
    179  *  注意: IPヘッダ以降は、4 バイト境界にアラインされている事を
    180  *        前提としているが、4 バイト境界でアクセスする
    181  *        プロセッサで、ネットワーク側のデータが、4 バイト境界にアライン
    182  *        されていない場合は、ntoahl、ahtonl、nahcmpl を使用すること。
     167 *  注意: IPヘッダ以降は、4 バイト境界にアラインされている事を
     168 *        前提としているが、4 バイト境界でアクセスする
     169 *        プロセッサで、ネットワーク側のデータが、4 バイト境界にアライン
     170 *        されていない場合は、ntoahl、ahtonl、nahcmpl を使用すること。
    183171 */
    184172
     
    201189
    202190/*
    203  *  プロトコルを識別するフラグに関する定義
    204  *
    205  *    ・統計æƒ
    206 å ±
     191 *  プロトコルを識別するフラグに関する定義
     192 *
     193 *    ・統計情報
    207194 */
    208195
     
    242229
    243230/*
    244  *  アドレス形式の定義
    245  */
    246 
    247 #define AT_ETHER                UINT_C(0x01)            /* イーサネット           */
    248 #define AT_INET4                UINT_C(0x10)            /* IPv4 アドレス    */
    249 #define AT_INET6                UINT_C(0x20)            /* IPv6 アドレス    */
     231 *  アドレス形式の定義
     232 */
     233
     234#define AT_ETHER                UINT_C(0x01)            /* イーサネット               */
     235#define AT_INET4                UINT_C(0x10)            /* IPv4 アドレス    */
     236#define AT_INET6                UINT_C(0x20)            /* IPv6 アドレス    */
    250237
    251238#if !defined(TOPPERS_MACRO_ONLY) && !defined(_MACRO_ONLY)
    252239
    253240/*
    254  *  TINET 独自関数
     241 *  TINET 独自関数
    255242 */
    256243
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/net_asp.cfg

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    4533
    4634/*
    47  *  ASP用 汎用ネットワークコンフィギュレーションファイル
     35 *  ASP用 汎用ネットワークコンフィギュレーションファイル
    4836 */
    4937
    5038/*
    51  *  å
    52 ±é€š 汎用ネットワークコンフィギュレーションファイルのインクルード
     39 *  共通 汎用ネットワークコンフィギュレーションファイルのインクルード
    5340 */
    5441
     
    5643
    5744/*
    58  * ネットワークバッファ
     45 * ネットワークバッファ
    5946 */
    6047
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/net_buf.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8472
    8573/*
    86  *  関数
     74 *  関数
    8775 */
    8876
     
    9078
    9179/*
    92  *  変数
     80 *  変数
    9381 */
    9482
     
    272260
    273261/*
    274  *  nbuf_get_tbl -- ネットワークバッファ管理表を獲得する。
     262 *  nbuf_get_tbl -- ネットワークバッファ管理表を獲得する。
    275263 *
    276  *    注意: ネットワーク統計æƒ
    277 å ±ã®è¨ˆæ¸¬ç”¨
     264 *    注意: ネットワーク統計情報の計測用
    278265 */
    279266
     
    285272
    286273/*
    287  *  nbuf_get_tbl_size -- ネットワークバッファ管理エントリ数を獲得する。
     274 *  nbuf_get_tbl_size -- ネットワークバッファ管理エントリ数を獲得する。
    288275 *
    289  *    注意: ネットワーク統計æƒ
    290 å ±ã®è¨ˆæ¸¬ç”¨
     276 *    注意: ネットワーク統計情報の計測用
    291277 */
    292278
     
    300286
    301287/*
    302  *  tget_net_buf_up -- 大きなサイズの方向に探索して、ネットワークバッファを獲得する。
     288 *  tget_net_buf_up -- 大きなサイズの方向に探索して、ネットワークバッファを獲得する。
    303289 */
    304290
     
    309295        ER      error = E_OK;
    310296
    311         /* 最適なサイズの固定長メモリプールを探す。*/
     297        /* 最適なサイズの固定長メモリプールを探す。*/
    312298        ix = sizeof(net_buf_table) / sizeof(T_NET_BUF_ENTRY);
    313299        while (ix -- > 0 && minlen > net_buf_table[ix].size)
     
    337323
    338324/*
    339  *  tget_net_buf_down -- 小さなサイズの方向に探索して、ネットワークバッファを獲得する。
     325 *  tget_net_buf_down -- 小さなサイズの方向に探索して、ネットワークバッファを獲得する。
    340326 */
    341327
     
    346332        ER      error = E_OK;
    347333
    348         /* 最適なサイズの固定長メモリプールを探す。*/
     334        /* 最適なサイズの固定長メモリプールを探す。*/
    349335        ix = sizeof(net_buf_table) / sizeof(T_NET_BUF_ENTRY);
    350336        while (ix -- > 0 && maxlen > net_buf_table[ix].size)
     
    375361
    376362/*
    377  *  tget_net_buf_ex -- ネットワークバッファを獲得する(拡張機能)。
     363 *  tget_net_buf_ex -- ネットワークバッファを獲得する(拡張機能)。
    378364 */
    379365
     
    381367tget_net_buf_ex (T_NET_BUF **buf, uint_t minlen, uint_t maxlen, ATR nbatr, TMO tmout)
    382368{
    383         /* 最小サイズが最大サイズをè¶
    384 ãˆã¦ã„たらエラー */
     369        /* 最小サイズが最大サイズを超えていたらエラー */
    385370        if ((nbatr & NBA_SEARCH_DESCENT) != 0 && minlen > maxlen) {
    386371                syslog(LOG_WARNING, "[NET BUF] E_PAR, minlen=%4d > maxlen=%4d.", minlen, maxlen);
     
    388373                }
    389374
    390         /* 割当て可能な最大のサイズをè¶
    391 ãˆã¦ã„たらエラー */
     375        /* 割当て可能な最大のサイズを超えていたらエラー */
    392376        if (minlen > net_buf_table[0].size || maxlen > net_buf_table[0].size) {
    393377                syslog(LOG_WARNING, "[NET BUF] E_PAR, minlen=%4d or maxlen=%4d > %4d",
     
    396380                }
    397381
    398         /* TCP で予約したネットワークバッファを取り出す。*/
     382        /* TCP で予約したネットワークバッファを取り出す。*/
    399383        if ((nbatr & NBA_RESERVE_TCP) != 0) {
    400384                if ((*buf = TCP_PULL_RES_NBUF(nbatr)) != NULL) {
     
    414398
    415399/*
    416  *  tget_net_buf -- ネットワークバッファを獲得する(互換)。
     400 *  tget_net_buf -- ネットワークバッファを獲得する(互換)。
    417401 */
    418402
     
    424408
    425409/*
    426  * rel_net_buf -- ネットワークバッファを返却する。
     410 * rel_net_buf -- ネットワークバッファを返却する。
    427411 */
    428412
     
    432416        ER      error = E_OK;
    433417
    434         /* ネットワークバッファの ID の正当性を検証する。*/
     418        /* ネットワークバッファの ID の正当性を検証する。*/
    435419        if ((int_t)buf->idix >= (int_t)(sizeof(net_buf_table) / sizeof(T_NET_BUF_ENTRY))) {
    436420                syslog(LOG_WARNING, "[NET BUF] E_ID, ID=%d.", buf->idix);
     
    439423        else {
    440424
    441                 /* TCP で、ネットワークバッファを予約する。*/
     425                /* TCP で、ネットワークバッファを予約する。*/
    442426                if (TCP_PUSH_RES_NBUF(buf) == NULL)
    443427                        return E_OK;
    444428
    445                 /* 固定メモリプールに返す。*/
     429                /* 固定メモリプールに返す。*/
    446430                if ((error = rel_mpf((ID)net_buf_table[buf->idix].index, buf)) != E_OK)
    447431                        syslog(LOG_WARNING, "[NET BUF] %s, ID=%d.", itron_strerror(error), buf->idix);
     
    451435
    452436/*
    453  * rus_net_buf -- ネットワークバッファを再利用する。
     437 * rus_net_buf -- ネットワークバッファを再利用する。
    454438 */
    455439
     
    472456
    473457/*
    474  * net_buf_siz -- ネットワークバッファのサイズを返す。
     458 * net_buf_siz -- ネットワークバッファのサイズを返す。
    475459 */
    476460
     
    487471
    488472/*
    489  * net_buf_max_siz -- ネットワークバッファの最大サイズを返す。
     473 * net_buf_max_siz -- ネットワークバッファの最大サイズを返す。
    490474 */
    491475
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/net_buf.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    4836
    4937/*
    50  *  ネットワークバッファ
     38 *  ネットワークバッファ
    5139 *
    52  *    4 オクテットでアラインするå¿
    53 è¦ã®ã‚るプロセッサを考æ
    54 ®ã—て、
    55  *    IF ヘッダサイズが 4 オクテット境界でないの場合、
    56  *    IP ヘッダ以降を 4 オクテット境界に調整する。
     40 *    4 オクテットでアラインする必要のあるプロセッサを考慮して、
     41 *    IF ヘッダサイズが 4 オクテット境界でないの場合、
     42 *    IP ヘッダ以降を 4 オクテット境界に調整する。
    5743 */
    5844
     
    6248
    6349/*
    64  *  テンプレート
     50 *  テンプレート
    6551 */
    6652
    6753struct t_net_buf {
    68         uint16_t        len;    /* データの長さ           */
    69         uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス  */
    70         uint8_t         flags;  /* フラグ            */
    71 #ifdef IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN
    72         uint8_t         nalign[IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN];
    73 #endif
    74 #if CPU_NET_ALIGN == 4 && IF_HDR_ALIGN != 4
    75         uint8_t         halign[4 - IF_HDR_ALIGN];
    76 #endif
    77         uint8_t         buf[4]; /* バッファ本体           */
     54        uint16_t        len;    /* データの長さ               */
     55        uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス        */
     56        uint8_t         flags;  /* フラグ          */
     57#ifdef IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN
     58        uint8_t         nalign[IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN];
     59#endif
     60#if CPU_NET_ALIGN == 4 && IF_HDR_ALIGN != 4
     61        uint8_t         halign[4 - IF_HDR_ALIGN];
     62#endif
     63        uint8_t         buf[4]; /* バッファ本体               */
    7864        };
    7965
     
    8672#endif  /* of #ifndef T_NET_BUF_DEFINED */
    8773/*
    88  *  64 オクテット
     74 *  64 オクテット
    8975 */
    9076
    9177typedef struct t_net_buf_64 {
    92         uint16_t        len;    /* データの長さ           */
    93         uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス  */
    94         uint8_t         flags;  /* フラグ            */
    95 #ifdef IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN
    96         uint8_t         nalign[IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN];
    97 #endif
    98 #if CPU_NET_ALIGN == 4 && IF_HDR_ALIGN != 4
    99         uint8_t         halign[4 - IF_HDR_ALIGN];
    100 #endif
    101         uint8_t         buf[64]; /* バッファ本体  */
     78        uint16_t        len;    /* データの長さ               */
     79        uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス        */
     80        uint8_t         flags;  /* フラグ          */
     81#ifdef IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN
     82        uint8_t         nalign[IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN];
     83#endif
     84#if CPU_NET_ALIGN == 4 && IF_HDR_ALIGN != 4
     85        uint8_t         halign[4 - IF_HDR_ALIGN];
     86#endif
     87        uint8_t         buf[64]; /* バッファ本体      */
    10288        } T_NET_BUF_64;
    10389
    10490/*
    105  *  128 オクテット
     91 *  128 オクテット
    10692 */
    10793
    10894typedef struct t_net_buf_128 {
    109         uint16_t        len;    /* データの長さ           */
    110         uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス  */
    111         uint8_t         flags;  /* フラグ            */
    112 #ifdef IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN
    113         uint8_t         nalign[IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN];
    114 #endif
    115 #if CPU_NET_ALIGN == 4 && IF_HDR_ALIGN != 4
    116         uint8_t         halign[4 - IF_HDR_ALIGN];
    117 #endif
    118         uint8_t         buf[128]; /* バッファ本体 */
     95        uint16_t        len;    /* データの長さ               */
     96        uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス        */
     97        uint8_t         flags;  /* フラグ          */
     98#ifdef IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN
     99        uint8_t         nalign[IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN];
     100#endif
     101#if CPU_NET_ALIGN == 4 && IF_HDR_ALIGN != 4
     102        uint8_t         halign[4 - IF_HDR_ALIGN];
     103#endif
     104        uint8_t         buf[128]; /* バッファ本体     */
    119105        } T_NET_BUF_128;
    120106
    121107/*
    122  *  256 オクテット
     108 *  256 オクテット
    123109 */
    124110
    125111typedef struct t_net_buf_256 {
    126         uint16_t        len;    /* データの長さ           */
    127         uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス  */
    128         uint8_t         flags;  /* フラグ            */
    129 #ifdef IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN
    130         uint8_t         nalign[IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN];
    131 #endif
    132 #if CPU_NET_ALIGN == 4 && IF_HDR_ALIGN != 4
    133         uint8_t         halign[4 - IF_HDR_ALIGN];
    134 #endif
    135         uint8_t         buf[256]; /* バッファ本体 */
     112        uint16_t        len;    /* データの長さ               */
     113        uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス        */
     114        uint8_t         flags;  /* フラグ          */
     115#ifdef IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN
     116        uint8_t         nalign[IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN];
     117#endif
     118#if CPU_NET_ALIGN == 4 && IF_HDR_ALIGN != 4
     119        uint8_t         halign[4 - IF_HDR_ALIGN];
     120#endif
     121        uint8_t         buf[256]; /* バッファ本体     */
    136122        } T_NET_BUF_256;
    137123
    138124/*
    139  *  512 オクテット
     125 *  512 オクテット
    140126 */
    141127
    142128typedef struct t_net_buf_512 {
    143         uint16_t        len;    /* データの長さ           */
    144         uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス  */
    145         uint8_t         flags;  /* フラグ            */
    146 #ifdef IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN
    147         uint8_t         nalign[IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN];
    148 #endif
    149 #if CPU_NET_ALIGN == 4 && IF_HDR_ALIGN != 4
    150         uint8_t         halign[4 - IF_HDR_ALIGN];
    151 #endif
    152         uint8_t         buf[512];/* バッファ本体  */
     129        uint16_t        len;    /* データの長さ               */
     130        uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス        */
     131        uint8_t         flags;  /* フラグ          */
     132#ifdef IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN
     133        uint8_t         nalign[IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN];
     134#endif
     135#if CPU_NET_ALIGN == 4 && IF_HDR_ALIGN != 4
     136        uint8_t         halign[4 - IF_HDR_ALIGN];
     137#endif
     138        uint8_t         buf[512];/* バッファ本体      */
    153139        } T_NET_BUF_512;
    154140
    155141/*
    156  *  1024 オクテット
     142 *  1024 オクテット
    157143 */
    158144
    159145typedef struct t_net_buf_1024 {
    160         uint16_t        len;    /* データの長さ           */
    161         uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス  */
    162         uint8_t         flags;  /* フラグ            */
    163 #ifdef IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN
    164         uint8_t         nalign[IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN];
    165 #endif
    166 #if CPU_NET_ALIGN == 4 && IF_HDR_ALIGN != 4
    167         uint8_t         halign[4 - IF_HDR_ALIGN];
    168 #endif
    169         uint8_t         buf[1024]; /* バッファ本体        */
     146        uint16_t        len;    /* データの長さ               */
     147        uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス        */
     148        uint8_t         flags;  /* フラグ          */
     149#ifdef IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN
     150        uint8_t         nalign[IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN];
     151#endif
     152#if CPU_NET_ALIGN == 4 && IF_HDR_ALIGN != 4
     153        uint8_t         halign[4 - IF_HDR_ALIGN];
     154#endif
     155        uint8_t         buf[1024]; /* バッファ本体    */
    170156        } T_NET_BUF_1024;
    171157
    172158/*
    173  *  ネットワークインタフェースの最大 PDU サイズ
     159 *  ネットワークインタフェースの最大 PDU サイズ
    174160 */
    175161
    176162typedef struct t_net_buf_if_pdu {
    177         uint16_t        len;    /* データの長さ           */
    178         uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス  */
    179         uint8_t         flags;  /* フラグ            */
     163        uint16_t        len;    /* データの長さ               */
     164        uint8_t         idix;   /* mpfid のインデックス        */
     165        uint8_t         flags;  /* フラグ          */
    180166#ifdef IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN
    181167        uint8_t         nalign[IF_ETHER_NIC_NET_BUF_ALIGN];
     
    185171#endif
    186172        uint8_t         buf[IF_PDU_SIZE];
    187                                 /* バッファ本体           */
     173                                /* バッファ本体               */
    188174#if defined(IF_PDU_HDR_PADDING)
    189175        uint8_t         padding[IF_PDU_HDR_PADDING];
    190 #endif                          /* ヘッダの余分           */
     176#endif                          /* ヘッダの余分               */
    191177        } T_NET_BUF_IF_PDU;
    192178
    193179/*
    194  *  ネットワークバッファ表
     180 *  ネットワークバッファ表
    195181 */
    196182
     
    212198
    213199/*
    214  *  ネットワークバッファ・フラグ 
    215  */
    216 
    217 /*
    218  *  ネットワークインタフェース出力後にネットワークバッファを開放しない。
    219  *  注意: 出力後にこのフラグはクリアされる。
     200 *  ネットワークバッファ・フラグ     
     201 */
     202
     203/*
     204 *  ネットワークインタフェース出力後にネットワークバッファを開放しない。
     205 *  注意: 出力後にこのフラグはクリアされる。
    220206 */
    221207#define NB_FLG_NOREL_IFOUT      UINT_C(0x80)
    222208
    223209/*
    224  *  ESP 用フラグ
     210 *  ESP 用フラグ
    225211 */
    226212#define NB_FLG_DECRYPED         UINT_C(0x40)
    227213
    228214/*
    229  *  ネットワークバッファ獲得属性
    230  */
    231 
    232 /* 探索属性 */
    233 
    234 #define NBA_SEARCH_ASCENT       UINT_C(0x1000)  /* 大きなサイズの方向に探索する。        */
    235 #define NBA_SEARCH_DESCENT      UINT_C(0x2000)  /* 小さなサイズの方向に探索する。        */
    236 #define NBA_RESERVE_TCP         UINT_C(0x4000)  /* TCP 用にネットワークバッファを予約する。*/
    237 #define NBA_ID_MASK             UINT_C(0x0fff)  /* 通信端点 ID を渡す場合のマスク値       */
    238 
    239 /*
    240  *  関数シミュレーションマクロ
     215 *  ネットワークバッファ獲得属性
     216 */
     217
     218/* 探索属性 */
     219
     220#define NBA_SEARCH_ASCENT       UINT_C(0x1000)  /* 大きなサイズの方向に探索する。      */
     221#define NBA_SEARCH_DESCENT      UINT_C(0x2000)  /* 小さなサイズの方向に探索する。      */
     222#define NBA_RESERVE_TCP         UINT_C(0x4000)  /* TCP 用にネットワークバッファを予約する。*/
     223#define NBA_ID_MASK             UINT_C(0x0fff)  /* 通信端点 ID を渡す場合のマスク値   */
     224
     225/*
     226 *  関数シミュレーションマクロ
    241227 */
    242228
     
    244230
    245231/*
    246  *  関数
     232 *  関数
    247233 */
    248234
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/net_count.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    36  *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     25 *
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    11199
    112100/*
    113  *  ネットワーク統計æƒ
    114 å ±ã®è¨ˆæ¸¬
     101 *  ネットワーク統計情報の計測
    115102 */
    116103
     
    136123
    137124/*
    138  *  計測用変数
     125 *  計測用変数
    139126 */
    140127
     
    144131
    145132T_NET_COUNT     net_count_ppp;
    146 T_NET_COUNT_VAL net_count_ppp_no_bufs;          /* net_buf 割り当て失敗数        */
     133T_NET_COUNT_VAL net_count_ppp_no_bufs;          /* net_buf 割り当て失敗数      */
    147134
    148135#endif  /* of #if NET_COUNT_ENABLE & PROTO_FLG_PPP */
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/net_count.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8169
    8270/*
    83  *  ネットワーク統計æƒ
    84 å ±ã®è¨ˆæ¸¬
     71 *  ネットワーク統計情報の計測
    8572 */
    8673
     
    9683
    9784typedef struct t_net_count {
    98         T_NET_COUNT_VAL in_octets;              /* 受信オクテット数     */
    99         T_NET_COUNT_VAL out_octets;             /* 送信オクテット数     */
    100         T_NET_COUNT_VAL in_packets;             /* 受信バケット数        */
    101         T_NET_COUNT_VAL out_packets;            /* 送信バケット数        */
    102         T_NET_COUNT_VAL in_err_packets;         /* 受信エラーバケット数       */
    103         T_NET_COUNT_VAL out_err_packets;        /* 送信エラーバケット数       */
     85        T_NET_COUNT_VAL in_octets;              /* 受信オクテット数     */
     86        T_NET_COUNT_VAL out_octets;             /* 送信オクテット数     */
     87        T_NET_COUNT_VAL in_packets;             /* 受信バケット数      */
     88        T_NET_COUNT_VAL out_packets;            /* 送信バケット数      */
     89        T_NET_COUNT_VAL in_err_packets;         /* 受信エラーバケット数   */
     90        T_NET_COUNT_VAL out_err_packets;        /* 送信エラーバケット数   */
    10491        } T_NET_COUNT;
    10592
     
    119106
    120107extern T_NET_COUNT      net_count_ppp;
    121 extern T_NET_COUNT_VAL  net_count_ppp_no_bufs;  /* net_buf 割り当て失敗数        */
    122 
    123 #endif  /* of #ifndef _MACRO_ONLY */
    124 
    125 #define NC_PPP_SIZE     7                       /* カウンタ数 */
     108extern T_NET_COUNT_VAL  net_count_ppp_no_bufs;  /* net_buf 割り当て失敗数      */
     109
     110#endif  /* of #ifndef _MACRO_ONLY */
     111
     112#define NC_PPP_SIZE     7                       /* カウンタ数 */
    126113
    127114#else   /* of #if NET_COUNT_ENABLE & PROTO_FLG_PPP */
     
    229216#ifdef SUPPORT_LOOP
    230217
    231 /* ループバック */
     218/* ループバック */
    232219
    233220#if NET_COUNT_ENABLE & PROTO_FLG_LOOP
     
    273260#if NET_COUNT_ENABLE & PROTO_FLG_ETHER_NIC
    274261
    275 #define NC_ETHER_NIC_RESETS             0       /* リセット数                      */
    276 #define NC_ETHER_NIC_TXB_QOVRS          1       /* 送信セマフォ資源返却上限オーバー数*/
    277 #define NC_ETHER_NIC_TIMEOUTS           2       /* 送信タイムアウト数          */
    278 #define NC_ETHER_NIC_COLS               3       /* コリジョン数                   */
    279 #define NC_ETHER_NIC_OUT_ERR_PACKETS    4       /* 送信エラーバケット数               */
    280 #define NC_ETHER_NIC_OUT_PACKETS        5       /* 送信バケット数                */
    281 #define NC_ETHER_NIC_OUT_OCTETS         6       /* 送信オクテット数             */
    282 #define NC_ETHER_NIC_RXB_QOVRS          7       /* 受信セマフォ資源返却上限オーバー数*/
    283 #define NC_ETHER_NIC_NO_BUFS            8       /* net_buf 割り当て失敗数        */
    284 #define NC_ETHER_NIC_IN_ERR_PACKETS     9       /* 受信エラーバケット数               */
    285 #define NC_ETHER_NIC_IN_PACKETS         10      /* 受信バケット数                */
    286 #define NC_ETHER_NIC_IN_OCTETS          11      /* 受信オクテット数             */
    287 #define NC_ETHER_NIC_SIZE               12      /* カウンタ数                      */
     262#define NC_ETHER_NIC_RESETS             0       /* リセット数                        */
     263#define NC_ETHER_NIC_TXB_QOVRS          1       /* 送信セマフォ資源返却上限オーバー数*/
     264#define NC_ETHER_NIC_TIMEOUTS           2       /* 送信タイムアウト数            */
     265#define NC_ETHER_NIC_COLS               3       /* コリジョン数                       */
     266#define NC_ETHER_NIC_OUT_ERR_PACKETS    4       /* 送信エラーバケット数           */
     267#define NC_ETHER_NIC_OUT_PACKETS        5       /* 送信バケット数              */
     268#define NC_ETHER_NIC_OUT_OCTETS         6       /* 送信オクテット数             */
     269#define NC_ETHER_NIC_RXB_QOVRS          7       /* 受信セマフォ資源返却上限オーバー数*/
     270#define NC_ETHER_NIC_NO_BUFS            8       /* net_buf 割り当て失敗数      */
     271#define NC_ETHER_NIC_IN_ERR_PACKETS     9       /* 受信エラーバケット数           */
     272#define NC_ETHER_NIC_IN_PACKETS         10      /* 受信バケット数              */
     273#define NC_ETHER_NIC_IN_OCTETS          11      /* 受信オクテット数             */
     274#define NC_ETHER_NIC_SIZE               12      /* カウンタ数                        */
    288275
    289276#define NET_COUNT_ETHER_NIC(v,c)        ((v)+=(c))
     
    303290#endif  /* of #ifdef SUPPORT_ETHER */
    304291
    305 /* ネットワークバッファ */
     292/* ネットワークバッファ */
    306293
    307294#if NET_COUNT_ENABLE & PROTO_FLG_NET_BUF
     
    339326#if NET_COUNT_ENABLE & PROTO_FLG_IP4
    340327
    341 #define NC_IP4_FRAG_OUT_FRAGS           0       /* 分割送信、フラグメント数 */
    342 #define NC_IP4_FRAG_OUT                 1       /* 分割送信数                      */
    343 #define NC_IP4_OUT_ERR_PACKETS          2       /* 送信エラーデータグラム数 */
    344 #define NC_IP4_OUT_PACKETS              3       /* 送信データグラム数          */
    345 #define NC_IP4_OUT_OCTETS               4       /* 送信オクテット数             */
    346 #define NC_IP4_FRAG_IN_TMOUT            5       /* 分割受信タイムアウト数            */
    347 #define NC_IP4_FRAG_IN_NO_BUF           6       /* 分割受信バッファり当て失敗数   */
    348 #define NC_IP4_FRAG_IN_DROP             7       /* 分割受信破棄数                */
    349 #define NC_IP4_FRAG_IN_OK               8       /* 分割受信再構成成功数               */
    350 #define NC_IP4_FRAG_IN_FRAGS            9       /* 分割受信フラグメント数            */
    351 #define NC_IP4_FRAG_IN                  10      /* 分割受信数                      */
    352 #define NC_IP4_OPTS                     11      /* オプションå
    353 ¥åŠ›æ•°         */
    354 #define NC_IP4_IN_ERR_PROTO             12      /* プロトコルエラー数          */
    355 #define NC_IP4_IN_ERR_ADDR              13      /* アドレスエラー数             */
    356 #define NC_IP4_IN_ERR_VER               14      /* バージョンエラー数          */
    357 #define NC_IP4_IN_ERR_SHORT             15      /* 長さエラー数                   */
    358 #define NC_IP4_IN_ERR_CKSUM             16      /* チェックサムエラー数               */
    359 #define NC_IP4_IN_ERR_PACKETS           17      /* 受信エラーデータグラム数 */
    360 #define NC_IP4_IN_PACKETS               18      /* 受信データグラム数          */
    361 #define NC_IP4_IN_OCTETS                19      /* 受信オクテット数             */
    362 #define NC_IP4_SIZE                     20      /* カウンタ数                      */
     328#define NC_IP4_FRAG_OUT_FRAGS           0       /* 分割送信、フラグメント数 */
     329#define NC_IP4_FRAG_OUT                 1       /* 分割送信数                        */
     330#define NC_IP4_OUT_ERR_PACKETS          2       /* 送信エラーデータグラム数 */
     331#define NC_IP4_OUT_PACKETS              3       /* 送信データグラム数            */
     332#define NC_IP4_OUT_OCTETS               4       /* 送信オクテット数             */
     333#define NC_IP4_FRAG_IN_TMOUT            5       /* 分割受信タイムアウト数          */
     334#define NC_IP4_FRAG_IN_NO_BUF           6       /* 分割受信バッファり当て失敗数       */
     335#define NC_IP4_FRAG_IN_DROP             7       /* 分割受信破棄数              */
     336#define NC_IP4_FRAG_IN_OK               8       /* 分割受信再構成成功数           */
     337#define NC_IP4_FRAG_IN_FRAGS            9       /* 分割受信フラグメント数          */
     338#define NC_IP4_FRAG_IN                  10      /* 分割受信数                        */
     339#define NC_IP4_OPTS                     11      /* オプション入力数             */
     340#define NC_IP4_IN_ERR_PROTO             12      /* プロトコルエラー数            */
     341#define NC_IP4_IN_ERR_ADDR              13      /* アドレスエラー数             */
     342#define NC_IP4_IN_ERR_VER               14      /* バージョンエラー数            */
     343#define NC_IP4_IN_ERR_SHORT             15      /* 長さエラー数                       */
     344#define NC_IP4_IN_ERR_CKSUM             16      /* チェックサムエラー数           */
     345#define NC_IP4_IN_ERR_PACKETS           17      /* 受信エラーデータグラム数 */
     346#define NC_IP4_IN_PACKETS               18      /* 受信データグラム数            */
     347#define NC_IP4_IN_OCTETS                19      /* 受信オクテット数             */
     348#define NC_IP4_SIZE                     20      /* カウンタ数                        */
    363349
    364350#define NET_COUNT_IP4(v,c)      ((v)+=(c))
     
    402388#if NET_COUNT_ENABLE & PROTO_FLG_IP6
    403389
    404 #define NC_IP6_FRAG_OUT_FRAGS           0       /* 分割送信、フラグメント数 */
    405 #define NC_IP6_FRAG_OUT                 1       /* 分割送信数                      */
    406 #define NC_IP6_OUT_ERR_PACKETS          2       /* 送信エラーデータグラム数 */
    407 #define NC_IP6_OUT_PACKETS              3       /* 送信データグラム数          */
    408 #define NC_IP6_OUT_OCTETS               4       /* 送信オクテット数             */
    409 #define NC_IP6_FRAG_IN_TMOUT            5       /* 分割受信タイムアウト数            */
    410 #define NC_IP6_FRAG_IN_NO_BUF           6       /* 分割受信バッファり当て失敗数   */
    411 #define NC_IP6_FRAG_IN_DROP             7       /* 分割受信破棄数                */
    412 #define NC_IP6_FRAG_IN_OK               8       /* 分割受信再構成成功数               */
    413 #define NC_IP6_FRAG_IN_FRAGS            9       /* 分割受信フラグメント数            */
    414 #define NC_IP6_FRAG_IN                  10      /* 分割受信数                      */
    415 #define NC_IP6_IN_ERR_PROTO             11      /* プロトコルエラー数          */
    416 #define NC_IP6_IN_ERR_ADDR              12      /* アドレスエラー数             */
    417 #define NC_IP6_IN_ERR_VER               13      /* バージョンエラー数          */
    418 #define NC_IP6_IN_ERR_SHORT             14      /* 長さエラー数                   */
    419 #define NC_IP6_IN_ERR_PACKETS           15      /* 受信エラーデータグラム数 */
    420 #define NC_IP6_IN_PACKETS               16      /* 受信データグラム数          */
    421 #define NC_IP6_IN_OCTETS                17      /* 受信オクテット数             */
    422 #define NC_IP6_SIZE                     18      /* カウンタ数                      */
     390#define NC_IP6_FRAG_OUT_FRAGS           0       /* 分割送信、フラグメント数 */
     391#define NC_IP6_FRAG_OUT                 1       /* 分割送信数                        */
     392#define NC_IP6_OUT_ERR_PACKETS          2       /* 送信エラーデータグラム数 */
     393#define NC_IP6_OUT_PACKETS              3       /* 送信データグラム数            */
     394#define NC_IP6_OUT_OCTETS               4       /* 送信オクテット数             */
     395#define NC_IP6_FRAG_IN_TMOUT            5       /* 分割受信タイムアウト数          */
     396#define NC_IP6_FRAG_IN_NO_BUF           6       /* 分割受信バッファり当て失敗数       */
     397#define NC_IP6_FRAG_IN_DROP             7       /* 分割受信破棄数              */
     398#define NC_IP6_FRAG_IN_OK               8       /* 分割受信再構成成功数           */
     399#define NC_IP6_FRAG_IN_FRAGS            9       /* 分割受信フラグメント数          */
     400#define NC_IP6_FRAG_IN                  10      /* 分割受信数                        */
     401#define NC_IP6_IN_ERR_PROTO             11      /* プロトコルエラー数            */
     402#define NC_IP6_IN_ERR_ADDR              12      /* アドレスエラー数             */
     403#define NC_IP6_IN_ERR_VER               13      /* バージョンエラー数            */
     404#define NC_IP6_IN_ERR_SHORT             14      /* 長さエラー数                       */
     405#define NC_IP6_IN_ERR_PACKETS           15      /* 受信エラーデータグラム数 */
     406#define NC_IP6_IN_PACKETS               16      /* 受信データグラム数            */
     407#define NC_IP6_IN_OCTETS                17      /* 受信オクテット数             */
     408#define NC_IP6_SIZE                     18      /* カウンタ数                        */
    423409
    424410#define NET_COUNT_IP6(v,c)      ((v)+=(c))
     
    438424#if NET_COUNT_ENABLE & PROTO_FLG_ICMP6
    439425
    440 #define NC_ICMP6_OUT_ERR_PACKETS        0       /* 送信エラー ICMP データ数    */
    441 #define NC_ICMP6_OUT_PACKETS            1       /* 送信 ICMP データ数             */
    442 #define NC_ICMP6_OUT_OCTETS             2       /* 送信 ICMP オクテット数               */
    443 #define NC_ICMP6_IN_ERR_CKSUM           3       /* 長さエラー数                   */
    444 #define NC_ICMP6_IN_ERR_PACKETS         4       /* 受信エラー ICMP データ数    */
    445 #define NC_ICMP6_IN_PACKETS             5       /* 受信 ICMP データ数             */
    446 #define NC_ICMP6_IN_OCTETS              6       /* 受信 ICMP オクテット数               */
    447 #define NC_ICMP6_SIZE                   7       /* カウンタ数                      */
     426#define NC_ICMP6_OUT_ERR_PACKETS        0       /* 送信エラー ICMP データ数      */
     427#define NC_ICMP6_OUT_PACKETS            1       /* 送信 ICMP データ数         */
     428#define NC_ICMP6_OUT_OCTETS             2       /* 送信 ICMP オクテット数               */
     429#define NC_ICMP6_IN_ERR_CKSUM           3       /* 長さエラー数                       */
     430#define NC_ICMP6_IN_ERR_PACKETS         4       /* 受信エラー ICMP データ数      */
     431#define NC_ICMP6_IN_PACKETS             5       /* 受信 ICMP データ数         */
     432#define NC_ICMP6_IN_OCTETS              6       /* 受信 ICMP オクテット数               */
     433#define NC_ICMP6_SIZE                   7       /* カウンタ数                        */
    448434
    449435#define NET_COUNT_ICMP6(v,c)    ((v)+=(c))
     
    463449#if NET_COUNT_ENABLE & PROTO_FLG_ND6
    464450
    465 #define NC_ND6_DAD_OUT_PACKETS          0       /* 重複アドレス検出送信数            */
    466 #define NC_ND6_NS_OUT_PACKETS           1       /* 近隣要請送信数                */
    467 #define NC_ND6_NS_IN_PACKETS            2       /* 近隣要請受信数                */
    468 #define NC_ND6_NA_OUT_PACKETS           3       /* 近隣通知送信数                */
    469 #define NC_ND6_NA_IN_PACKETS            4       /* 近隣通知受信数                */
    470 #define NC_ND6_RS_OUT_PACKETS           5       /* ルータ要請出力数             */
    471 #define NC_ND6_RA_IN_PACKETS            6       /* ルータ通知受信数             */
    472 #define NC_ND6_SIZE                     7       /* カウンタ数                      */
     451#define NC_ND6_DAD_OUT_PACKETS          0       /* 重複アドレス検出送信数          */
     452#define NC_ND6_NS_OUT_PACKETS           1       /* 近隣要請送信数              */
     453#define NC_ND6_NS_IN_PACKETS            2       /* 近隣要請受信数              */
     454#define NC_ND6_NA_OUT_PACKETS           3       /* 近隣通知送信数              */
     455#define NC_ND6_NA_IN_PACKETS            4       /* 近隣通知受信数              */
     456#define NC_ND6_RS_OUT_PACKETS           5       /* ルータ要請出力数             */
     457#define NC_ND6_RA_IN_PACKETS            6       /* ルータ通知受信数             */
     458#define NC_ND6_SIZE                     7       /* カウンタ数                        */
    473459
    474460#define NET_COUNT_ND6(v,c)      ((v)+=(c))
     
    494480#if NET_COUNT_ENABLE & PROTO_FLG_TCP
    495481
    496 #define NC_TCP_CONNECTS                 0       /* 能動オープン数                */
    497 #define NC_TCP_ACCEPTS                  1       /* 受動オープン数                */
    498 #define NC_TCP_RTT_UPDATES              2       /* RTT 更新数                        */
    499 #define NC_TCP_SEND_RSTS                3       /* 送信、RST 数                     */
    500 #define NC_TCP_SEND_ACKS                4       /* 送信、ACK 数                     */
    501 #define NC_TCP_SEND_URG_SEGS            5       /* 送信、緊急セグメント数    */
    502 #define NC_TCP_SEND_DATA_SEGS           6       /* 送信データセグメント数    */
    503 #define NC_TCP_SEND_REXMIT_SEGS         7       /* 再送信セグメント数          */
    504 #define NC_TCP_SEND_SEGS                8       /* 送信セグメント数             */
    505 #define NC_TCP_SEND_CNTL_SEGS           9       /* 送信制御セグメント数               */
    506 #define NC_TCP_SEND_DATA_OCTETS         10      /* 送信データオクテット数    */
    507 #define NC_TCP_FREE_RCV_QUEUE           11      /* 受信キュー解放数             */
    508 #define NC_TCP_RECV_DUP_SEGS            12      /* 受信、多重数                   */
    509 #define NC_TCP_RECV_DROP_SEGS           13      /* 受信、破棄数                   */
    510 #define NC_TCP_RECV_RSTS                14      /* 受信、RST 数                     */
    511 #define NC_TCP_RECV_DUP_ACKS            15      /* 受信、多重 ACK 数              */
    512 #define NC_TCP_RECV_ACKS                16      /* 受信、ACK 数                     */
    513 #define NC_TCP_RECV_BAD_CKSUMS          17      /* 受信、チェックサム不正数 */
    514 #define NC_TCP_RECV_BAD_HEADERS         18      /* 受信、ヘッダ不正数          */
    515 #define NC_TCP_RECV_URG_SEGS            19      /* 受信、緊急セグメント数    */
    516 #define NC_TCP_RECV_DATA_SEGS           20      /* 受信データセグメント数    */
    517 #define NC_TCP_RECV_SEGS                21      /* 受信セグメント数             */
    518 #define NC_TCP_RECV_DATA_OCTETS         22      /* 受信データオクテット数    */
    519 #define NC_TCP_RECV_OCTETS              23      /* 受信オクテット数             */
    520 #define NC_TCP_SIZE                     24      /* カウンタ数                      */
     482#define NC_TCP_CONNECTS                 0       /* 能動オープン数              */
     483#define NC_TCP_ACCEPTS                  1       /* 受動オープン数              */
     484#define NC_TCP_RTT_UPDATES              2       /* RTT 更新数                      */
     485#define NC_TCP_SEND_RSTS                3       /* 送信、RST 数                     */
     486#define NC_TCP_SEND_ACKS                4       /* 送信、ACK 数                     */
     487#define NC_TCP_SEND_URG_SEGS            5       /* 送信、緊急セグメント数  */
     488#define NC_TCP_SEND_DATA_SEGS           6       /* 送信データセグメント数  */
     489#define NC_TCP_SEND_REXMIT_SEGS         7       /* 再送信セグメント数            */
     490#define NC_TCP_SEND_SEGS                8       /* 送信セグメント数             */
     491#define NC_TCP_SEND_CNTL_SEGS           9       /* 送信制御セグメント数           */
     492#define NC_TCP_SEND_DATA_OCTETS         10      /* 送信データオクテット数  */
     493#define NC_TCP_FREE_RCV_QUEUE           11      /* 受信キュー解放数             */
     494#define NC_TCP_RECV_DUP_SEGS            12      /* 受信、多重数                       */
     495#define NC_TCP_RECV_DROP_SEGS           13      /* 受信、破棄数                       */
     496#define NC_TCP_RECV_RSTS                14      /* 受信、RST 数                     */
     497#define NC_TCP_RECV_DUP_ACKS            15      /* 受信、多重 ACK 数          */
     498#define NC_TCP_RECV_ACKS                16      /* 受信、ACK 数                     */
     499#define NC_TCP_RECV_BAD_CKSUMS          17      /* 受信、チェックサム不正数 */
     500#define NC_TCP_RECV_BAD_HEADERS         18      /* 受信、ヘッダ不正数            */
     501#define NC_TCP_RECV_URG_SEGS            19      /* 受信、緊急セグメント数  */
     502#define NC_TCP_RECV_DATA_SEGS           20      /* 受信データセグメント数  */
     503#define NC_TCP_RECV_SEGS                21      /* 受信セグメント数             */
     504#define NC_TCP_RECV_DATA_OCTETS         22      /* 受信データオクテット数  */
     505#define NC_TCP_RECV_OCTETS              23      /* 受信オクテット数             */
     506#define NC_TCP_SIZE                     24      /* カウンタ数                        */
    521507
    522508#define NET_COUNT_TCP(v,c)      ((v)+=(c))
     
    561547
    562548/*
    563  *  SNMP の 管理æƒ
    564 å ±ãƒ™ãƒ¼ã‚¹ (MIB)
     549 *  SNMP の 管理情報ベース (MIB)
    565550 */
    566551
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/net_jsp.cfg

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    4533
    4634/*
    47  *  JSP用 汎用ネットワークコンフィギュレーションファイル
     35 *  JSP用 汎用ネットワークコンフィギュレーションファイル
    4836 */
    4937
    5038
    5139/*
    52  *  å
    53 ±é€š 汎用ネットワークコンフィギュレーションファイルのインクルード
     40 *  共通 汎用ネットワークコンフィギュレーションファイルのインクルード
    5441 */
    5542
     
    5744
    5845/*
    59  * ネットワークバッファ
     46 * ネットワークバッファ
    6047 */
    6148
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/net_rename.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    4836
    4937/*
    50  *  汎用ネットワークインタフェースå†
    51 éƒ¨åã®ãƒªãƒãƒ¼ãƒ 
     38 *  汎用ネットワークインタフェース内部名のリネーム
    5239 */
    5340
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/net_subr.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    36  *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     25 *
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    7866
    7967/*
    80  *  ネットワーク汎用サポートルーチン
     68 *  ネットワーク汎用サポートルーチン
    8169 */
    8270
     
    10391
    10492/*
    105  *  変数
     93 *  変数
    10694 */
    10795
     
    10997
    11098/*
    111  *  net_rand -- 乱数を返す。
     99 *  net_rand -- 乱数を返す。
    112100 */
    113101
     
    120108
    121109/*
    122  *  srand -- 乱数を初期化する。
     110 *  srand -- 乱数を初期化する。
    123111 */
    124112
     
    130118
    131119/*
    132  *  convert_hexdigit -- 16進数→文字列変換
     120 *  convert_hexdigit -- 16進数→文字列変換
    133121 */
    134122
     
    158146
    159147/*
    160  *  mac2str -- MAC アドレスを文字列に変換する。
     148 *  mac2str -- MAC アドレスを文字列に変換する。
    161149 */
    162150
     
    198186
    199187/*
    200  *  rev_memcpy_word -- 反転メモリコピー(4 バイト)
    201  *
    202  *    バイト単位にアクセスする事により、
    203  *    境界へのアラインの問題を解決する。
     188 *  rev_memcpy_word -- 反転メモリコピー(4 バイト)
     189 *
     190 *    バイト単位にアクセスする事により、
     191 *    境界へのアラインの問題を解決する。
    204192 */
    205193
     
    214202
    215203/*
    216  *  rev_memcmp_word -- 反転メモリ比較(4 バイト)
    217  *
    218  *    バイト単位にアクセスする事により、
    219  *    境界へのアラインの問題を解決する。
     204 *  rev_memcmp_word -- 反転メモリ比較(4 バイト)
     205 *
     206 *    バイト単位にアクセスする事により、
     207 *    境界へのアラインの問題を解決する。
    220208 */
    221209
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/net_timer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    36  *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     25 *
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    113101
    114102/*
    115  *  変数
     103 *  変数
    116104 */
    117105
     
    119107
    120108/*
    121  *  呼出しエントリ登録
     109 *  呼出しエントリ登録
    122110 */
    123111
     
    127115        int_t ix;
    128116
    129         /* 呼出しエントリを獲得する */
     117        /* 呼出しエントリを獲得する */
    130118        syscall(wai_sem(SEM_CALL_OUT_LOCK));
    131119        for (ix = NUM_NET_CALLOUT; callout[-- ix].func != NULL; )
     
    136124                        }
    137125
    138         /* 呼出しエントリを設定する */
     126        /* 呼出しエントリを設定する */
    139127        callout[ix].func        = func;
    140128        callout[ix].arg         = arg;
     
    144132
    145133/*
    146  *  呼出しエントリ削除
     134 *  呼出しエントリ削除
    147135 */
    148136
     
    152140        int_t ix;
    153141
    154         /* エントリを探す */
     142        /* エントリを探す */
    155143        for (ix = NUM_NET_CALLOUT; ix -- > 0; ) {
    156144                syscall(wai_sem(SEM_CALL_OUT_LOCK));
     
    165153
    166154/*
    167  *  ネットワークタイマタスク
    168  *
    169  *    注意: タスクコンテキストで実行するå¿
    170 è¦ãŒã‚るため,
    171  *          周期ハンドラは使用できない。
     155 *  ネットワークタイマタスク
     156 *
     157 *    注意: タスクコンテキストで実行する必要があるため,
     158 *          周期ハンドラは使用できない。
    172159 */
    173160
     
    193180        syslog(LOG_NOTICE, "[NET/TIMER:%d] started.", tskid);
    194181
    195         /* IP を初期化する。*/
     182        /* IP を初期化する。*/
    196183        IP_INIT();
    197184
    198185#ifdef SUPPORT_TCP
    199186
    200         /* TCP 出力タスクを起動する */
     187        /* TCP 出力タスクを起動する */
    201188        syscall(act_tsk(TCP_OUTPUT_TASK));
    202189
     
    205192#if defined(SUPPORT_UDP) && defined(UDP_CFG_NON_BLOCKING)
    206193
    207         /* UDP 出力タスクを起動する */
     194        /* UDP 出力タスクを起動する */
    208195        syscall(act_tsk(UDP_OUTPUT_TASK));
    209196
     
    211198
    212199        while (true) {
    213                 /* タイムアウトしたエントリを呼出す。*/
     200                /* タイムアウトしたエントリを呼出す。*/
    214201                syscall(wai_sem(SEM_CALL_OUT_TIMEOUT));
    215202                for (ix = NUM_NET_CALLOUT; ix -- > 0; ) {
     
    229216
    230217/*
    231  *  ネットワークタイマハンドラ
    232  *
    233  *    NET_TIMER_CYCLE (100ms) 毎に呼出される。
     218 *  ネットワークタイマハンドラ
     219 *
     220 *    NET_TIMER_CYCLE (100ms) 毎に呼出される。
    234221 */
    235222
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/net_timer.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8068#define _NET_TIMER_H_
    8169
    82 #include <tinet_kernel_defs.h>  /* カーネルに関する互換性定義ファイルをインクルードする。*/
     70#include <tinet_kernel_defs.h>  /* カーネルに関する互換性定義ファイルをインクルードする。*/
    8371
    8472/*
    85  *  TOPPERS/JSP カーネル、システム時刻 (SYSTIM) の周波数
     73 *  TOPPERS/JSP カーネル、システム時刻 (SYSTIM) の周波数
    8674 */
    8775
     
    8977
    9078/*
    91  *  ネットワークタイマの定義
     79 *  ネットワークタイマの定義
    9280 */
    9381
    94 #define NET_TIMER_CYCLE         ULONG_C(100)    /* [ms]、fast timeout 使用時の動作周期 */
    95                                                 /* タイマの周波数                        */
     82#define NET_TIMER_CYCLE         ULONG_C(100)    /* [ms]、fast timeout 使用時の動作周期   */
     83                                                /* タイマの周波数                      */
    9684#define NET_TIMER_HZ            (SYSTIM_HZ/NET_TIMER_CYCLE)
    9785
    9886#ifdef SUPPORT_INET6
    99 #define NUM_NET_CALLOUT         12              /* タイムアウト呼出し数、10 以上   */
     87#define NUM_NET_CALLOUT         12              /* タイムアウト呼出し数、10 以上     */
    10088#else
    101 #define NUM_NET_CALLOUT         10              /* タイムアウト呼出し数、10 以上   */
     89#define NUM_NET_CALLOUT         10              /* タイムアウト呼出し数、10 以上     */
    10290#endif
    10391
    10492/*
    105  *  タイムアウト呼出しエントリ
     93 *  タイムアウト呼出しエントリ
    10694 */
    10795
     
    10997
    11098typedef struct t_net_callout {
    111         callout_func    func;           /* 呼出す関数              */
    112         void            *arg;           /* 関数への引数           */
    113         RELTIM          timeout;        /* タイムアウト           */
     99        callout_func    func;           /* 呼出す関数                */
     100        void            *arg;           /* 関数への引数               */
     101        RELTIM          timeout;        /* タイムアウト               */
    114102        } T_NET_CALLOUT;
    115103
    116104/*
    117  *  関数
     105 *  関数
    118106 */
    119107
     
    122110
    123111/*
    124  *  ネットワークタイマタスクと周期ハンドラ
     112 *  ネットワークタイマタスクと周期ハンドラ
    125113 */
    126114
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/net_var.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8169
    8270/*
    83  *  関数
     71 *  関数
    8472 */
    8573
     
    8775
    8876/*
    89  *  関数
     77 *  関数
    9078 */
    9179
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/ppp.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    8068
    8169/*
    82  *  PPP 処理タスクの本体
     70 *  PPP 処理タスクの本体
    8371 */
    8472
     
    10997
    11098/*
    111  *  å
    112 ¨åŸŸå¤‰æ•°
    113  */
    114 
    115 uint8_t ppp_phase = PPP_PHASE_INITIALIZE;       /* リンクの状æ
    116 ‹               */
    117 
    118 /*
    119  *  プロトコル表
     99 *  全域変数
     100 */
     101
     102uint8_t ppp_phase = PPP_PHASE_INITIALIZE;       /* リンクの状態               */
     103
     104/*
     105 *  プロトコル表
    120106 */
    121107
     
    140126
    141127/*
    142  *  変数
     128 *  変数
    143129 */
    144130
     
    150136
    151137/*
    152  *  関数
     138 *  関数
    153139 */
    154140
     
    162148
    163149/*
    164  *  PPP å
    165 ¥åŠ›ã®è§£æž
     150 *  PPP 入力の解析
    166151 */
    167152
     
    176161        NET_COUNT_PPP(net_count_ppp.in_packets, 1);
    177162
    178         /* フレーム長をチェックする */
    179         if (input->len < sizeof(T_PPP_HDR)) {   /* FreeBSD では PPP_HDRLEN は 4 */
     163        /* フレーム長をチェックする */
     164        if (input->len < sizeof(T_PPP_HDR)) {   /* FreeBSD では PPP_HDRLEN は 4 */
    180165                syslog(LOG_NOTICE, "[PPP] recv short frame.");
    181166                goto buf_rel;
     
    184169        proto = ntohs(*GET_PPP_HDR(input));
    185170
    186         /* プロトコルが LCP 以外で、LCP がオープンされていなければエラー */
     171        /* プロトコルが LCP 以外で、LCP がオープンされていなければエラー */
    187172        if (proto != PPP_LCP && lcp_fsm.state != PPP_FSM_OPENED) {
    188173                syslog(LOG_NOTICE, "[PPP] LCP not open.");
     
    190175                }
    191176
    192         /* リンクが認証状æ
    193 ‹ä»¥å‰ã¯ã€LCP、LQR、PAP、CHAP のみ受け付ける */
     177        /* リンクが認証状態以前は、LCP、LQR、PAP、CHAP のみ受け付ける */
    194178        if (ppp_phase <= PPP_PHASE_AUTHENTICATE &&
    195179            !(proto == PPP_LCP || proto == PPP_LQR ||
     
    199183                }
    200184
    201         /* 上位プロトコルのå
    202 ¥åŠ›é–¢æ•°ã‚’呼出す */
     185        /* 上位プロトコルの入力関数を呼出す */
    203186        for (ix = 0; (entry = protocols[ix]) != NULL; ix ++) {
    204187                if (entry->proto == proto && entry->input != NULL) {
     
    222205
    223206/*
    224  *  ppp_output -- PPP インタフェースの出力関数
     207 *  ppp_output -- PPP インタフェースの出力関数
    225208 */
    226209
     
    232215#ifdef PPP_CFG_MODEM
    233216
    234 #if 0   /* 保留 */
    235         /* モデムの接続完了までå¾
    236 ã¤ã€‚*/
     217#if 0   /* 保留 */
     218        /* モデムの接続完了まで待つ。*/
    237219        if ((error = wait_modem()) != E_OK)
    238220                goto buf_ret;
     
    241223#endif  /* of #ifdef PPP_CFG_MODEM */
    242224
    243         /* IPCP の接続完了までå¾
    244 ã¤ã€‚*/
     225        /* IPCP の接続完了まで待つ。*/
    245226        if ((error = wait_ipcp()) != E_OK)
    246227                goto buf_ret;
     
    255236#endif  /* of #ifdef PPP_IDLE_TIMEOUT */
    256237
    257         /* PPP 出力キューに投å
    258 ¥ã™ã‚‹ã€‚*/
     238        /* PPP 出力キューに投入する。*/
    259239        if ((error = tsnd_dtq(DTQ_PPP_OUTPUT, output, tmout)) != E_OK)
    260240                goto buf_ret;
     
    278258
    279259/*
    280  *  ppp_cp_output -- CP フレームの送信
     260 *  ppp_cp_output -- CP フレームの送信
    281261 */
    282262
     
    286266        T_PPP_CP_HDR    *cph;
    287267
    288         /* CP ヘッダを設定する */
     268        /* CP ヘッダを設定する */
    289269        cph = GET_PPP_CP_HDR(output);
    290270        cph->code = code;
     
    292272        cph->len  = htons(output->len - sizeof(T_PPP_HDR));
    293273
    294         /* PPP 出力キューに投å
    295 ¥ã™ã‚‹ã€‚*/
     274        /* PPP 出力キューに投入する。*/
    296275        if (snd_dtq(DTQ_PPP_OUTPUT, output) != E_OK) {
    297276                syscall(rel_net_buf(output));
     
    301280
    302281/*
    303  *  PPP å
    304 ¥åŠ›ã‚¿ã‚¹ã‚¯
     282 *  PPP 入力タスク
    305283 */
    306284
     
    313291        int_t           ix;
    314292
    315         /* ポートを初期設定する */
     293        /* ポートを初期設定する */
    316294        syscall(serial_opn_por(HDLC_PORTID));
    317295        syscall(serial_ctl_por(HDLC_PORTID, IOCTL_FCSND | IOCTL_FCRCV));
     
    330308#endif  /* of #ifdef PPP_CFG_MODEM */
    331309
    332         /* ネットワークタイマタスクを起動する */
     310        /* ネットワークタイマタスクを起動する */
    333311        syscall(act_tsk(NET_TIMER_TASK));
    334312
    335         /* 上位プロトコルを初期化する */
     313        /* 上位プロトコルを初期化する */
    336314        for (ix = 0; (proto = protocols[ix]) != NULL; ix ++)
    337315                if (proto->init != NULL)
     
    341319        lcp_open(PPP_OPEN_PASSIVE);
    342320
    343         /* PPP 出力タスクを起動する */
     321        /* PPP 出力タスクを起動する */
    344322        syscall(act_tsk(PPP_OUTPUT_TASK));
    345323
     
    387365
    388366/*
    389  *  PPP 出力タスク
     367 *  PPP 出力タスク
    390368 */
    391369
     
    412390
    413391/*
    414  *  アイドルタイムアウト処理
     392 *  アイドルタイムアウト処理
    415393 */
    416394
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/tinet/net/ppp.cfg

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的ま