wiki:TECS-DOCS

TECS 仕様書等

TECS ジェネレータ V1.5 の新機能、変更

TECS ジェネレータ V1.5 の新規機能と MrubyBridgePlugin? のマルチプラグイン化

マルチプラグイン
新しいプラグインの指定方法
複合セルタイプ(composite) プラグイン
MrubyBridgePlugin? のマルチプラグイン化

TLSF アロケータと mruby のマルチVM対応

mruby-on-ev3rt+tecs_package-beta2.0.0.tar.gz, mruby-on-ev3rt+tecs_package-beta2.0.1.tar.gz には、TECS ジェネレータ V1.5.A (β版) が同梱されています。 MrubyBridgePlugin? は、オプションの大部分がサポートされていません。 複合セルタイププラグインに対応していません。

TECS 仕様書

TECS 仕様書 V1.3.0.1 暫定版は、TECS リファレンスマニュアル よりも古い内容となっています。
この仕様書では「TECS コンポーネント実装」と呼んでいますが、TECS リファレンスマニュアル では「TECS コンポーネント実装モデル」に戻しています。
また、TECS リファレンスマニュアルでは、ユーザー実装モデルとシステム実装モデルを導入しています。

なお、TECS リファレンスマニュアル (wiki版)は、先のリファレンスより古い内容となります。

Last modified 11 months ago Last modified on 11/06/17 21:43:22