Ignore:
Timestamp:
Jun 11, 2015, 6:37:56 PM (8 years ago)
Author:
coas-nagasima
Message:

MIMEプロパティの変更

File:
1 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • uKadecot/trunk/ssp/utils/makedep

    • Property svn:eol-style set to native
    • Property svn:keywords set to Id
    • Property svn:mime-type set to text/x-perl; charset=SHIFT_JIS
    r101 r109  
    99#              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010#
    11 #  ã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚́CˆÈ‰º‚Ì(1)`(4)‚ÌðŒ‚ð–ž‚½‚·ê‡‚ÉŒÀ‚èC–{ƒ\ƒtƒgƒEƒF
    12 #  ƒAi–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ð‰ü•Ï‚µ‚½‚à‚Ì‚ðŠÜ‚ށDˆÈ‰º“¯‚¶j‚ðŽg—pE•¡»E‰ü
    13 #  •ÏEÄ”z•ziˆÈ‰ºC—˜—p‚ƌĂԁj‚·‚邱‚Ƃ𖳏ž‚Å‹–‘ø‚·‚éD
    14 #  (1) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðƒ\[ƒXƒR[ƒh‚ÌŒ`‚Å—˜—p‚·‚éê‡‚ɂ́Cã‹L‚Ì’˜ì
    15 #      Œ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L‚Ì–³•ÛØ‹K’肪C‚»‚Ì‚Ü‚Ü‚ÌŒ`‚Ń\[
    16 #      ƒXƒR[ƒh’†‚ÉŠÜ‚Ü‚ê‚Ä‚¢‚邱‚ƁD
    17 #  (2) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðCƒ‰ƒCƒuƒ‰ƒŠŒ`Ž®‚ȂǁC‘¼‚̃\ƒtƒgƒEƒFƒAŠJ”­‚ÉŽg
    18 #      —p‚Å‚«‚éŒ`‚ōĔz•z‚·‚éê‡‚ɂ́CÄ”z•z‚É”º‚¤ƒhƒLƒ
    19 ƒƒ“ƒgi—˜—p
    20 #      ŽÒƒ}ƒjƒ
    21 ƒAƒ‹‚Ȃǁj‚ɁCã‹L‚Ì’˜ìŒ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L
    22 #      ‚Ì–³•ÛØ‹K’è‚ðŒfÚ‚·‚邱‚ƁD
    23 #  (3) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðC‹@Ší‚É‘g‚ݍž‚ނȂǁC‘¼‚̃\ƒtƒgƒEƒFƒAŠJ”­‚ÉŽg
    24 #      —p‚Å‚«‚È‚¢Œ`‚ōĔz•z‚·‚éê‡‚ɂ́CŽŸ‚Ì‚¢‚¸‚ê‚©‚ÌðŒ‚ð–ž‚½‚·‚±
    25 #      ‚ƁD
    26 #    (a) Ä”z•z‚É”º‚¤ƒhƒLƒ
    27 ƒƒ“ƒgi—˜—pŽÒƒ}ƒjƒ
    28 ƒAƒ‹‚Ȃǁj‚ɁCã‹L‚Ì’˜
    29 #        ìŒ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L‚Ì–³•ÛØ‹K’è‚ðŒfÚ‚·‚邱‚ƁD
    30 #    (b) Ä”z•z‚ÌŒ`‘Ô‚ðC•Ê‚É’è‚ß‚é•û–@‚É‚æ‚Á‚āCTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚É
    31 #        •ñ‚·‚邱‚ƁD
    32 #  (4) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚Ì—˜—p‚É‚æ‚è’¼Ú“I‚Ü‚½‚͊ԐړI‚ɐ¶‚¶‚é‚¢‚©‚Ȃ鑹
    33 #      ŠQ‚©‚ç‚àCã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚ð–Ɛӂ·‚邱‚ƁD
    34 #      ‚Ü‚½C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚̃†[ƒU‚Ü‚½‚̓Gƒ“ƒhƒ†[ƒU‚©‚ç‚Ì‚¢‚©‚Ȃ闝
    35 #      —R‚ÉŠî‚­¿‹‚©‚ç‚àCã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚ð
    36 #      –Ɛӂ·‚邱‚ƁD
     11#  上記著作権者は,以下の(1)〜(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12#  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13#  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14#  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15#      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16#      スコード中に含まれていること.
     17#  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18#      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19#      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20#      の無保証規定を掲載すること.
     21#  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22#      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23#      と.
     24#    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25#        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26#    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27#        報告すること.
     28#  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29#      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30#      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31#      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32#      免責すること.
    3733#
    38 –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚́C–³•ÛØ‚Å’ñ‹Ÿ‚³‚ê‚Ä‚¢‚é‚à‚Ì‚Å‚ ‚éDã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨
    39 ‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚́C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ÉŠÖ‚µ‚āC“Á’è‚ÌŽg—p–Ú“I
    40 ‚ɑ΂·‚é“K‡«‚àŠÜ‚߂āC‚¢‚©‚È‚é•ÛØ‚às‚í‚È‚¢D‚Ü‚½C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒF
    41 ƒA‚Ì—˜—p‚É‚æ‚è’¼Ú“I‚Ü‚½‚͊ԐړI‚ɐ¶‚¶‚½‚¢‚©‚Ȃ鑹ŠQ‚ÉŠÖ‚µ‚Ä‚àC‚»
    42 ‚̐ӔC‚𕉂í‚È‚¢D
     34本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38の責任を負わない.
    4339#
    44 #  @(#) $Id: makedep 2264 2011-10-27 04:22:01Z ertl-hiro $
     40#  @(#) $Id$
    4541#
    4642
    4743use Getopt::Std;
    4844
    49 ƒIƒvƒVƒ‡ƒ“‚Ì’è‹`
     45オプションの定義
    5046#
    51 #  -C <cc_path>         CƒRƒ“ƒpƒCƒ‰‚̃Rƒ}ƒ“ƒh–¼
    52 #  -O <cc_opts>         CƒRƒ“ƒpƒCƒ‰/CPP‚É“n‚·ƒIƒvƒVƒ‡ƒ“
    53 #  -X                           ƒ\[ƒXƒtƒ@ƒCƒ‹‚ð‹­§“I‚ÉCƒwƒbƒ_ƒtƒ@ƒCƒ‹‚ÆŒ©‚È‚·
     47#  -C <cc_path>         Cコンパイラのコマンド名
     48#  -O <cc_opts>         Cコンパイラ/CPPに渡すオプション
     49#  -X                           ソースファイルを強制的にCヘッダファイルと見なす
    5450#
    55 #  -T <target>          ƒ^[ƒQƒbƒg–¼i‚̃ŠƒXƒgj
    56 #  -D <t_dir>           ƒ^[ƒQƒbƒg‚̃fƒBƒŒƒNƒgƒŠ–¼‚ðŽw’è‚·‚éi-T‚ð—p‚¢‚½ê
    57 #                                       ‡‚Í–³Œøj
    58 #  -d                           ƒ^[ƒQƒbƒg‚̃fƒBƒŒƒNƒgƒŠ•”‚ð•ÛŽ‚·‚éi-T‚ð—p‚¢‚½ê
    59 #                                       ‡‚Í–³Œøj
    60 #  -S                           •¡”‚̃^[ƒQƒbƒg‚ª‚ ‚éˆË‘¶ƒ‹[ƒ‹‚ðCƒ^[ƒQƒbƒg–ˆ‚É
    61 #                                       •ªŠ„‚·‚éi‚±‚¤‚µ‚È‚¢‚ƑΉž‚Å‚«‚È‚¢make‚ª‚ ‚é‚炵‚¢j
     51#  -T <target>          ターゲット名(のリスト)
     52#  -D <t_dir>           ターゲットのディレクトリ名を指定する(-Tを用いた場
     53#                                       合は無効)
     54#  -d                           ターゲットのディレクトリ部を保持する(-Tを用いた場
     55#                                       合は無効)
     56#  -S                           複数のターゲットがある依存ルールを,ターゲット毎に
     57#                                       分割する(こうしないと対応できないmakeがあるらしい)
    6258#
    63 #  -R <dirname>         CygwinŠÂ‹«‚É‚¨‚¯‚郋[ƒgƒfƒBƒŒƒNƒgƒŠ–¼‚ðŽw’è‚·‚é
    64 #                                       iƒfƒtƒHƒ‹ƒg‚Ícygdrivej
     59#  -R <dirname>         Cygwin環境におけるルートディレクトリ名を指定する
     60#                                       (デフォルトはcygdrive)
    6561
    6662#
    67 ƒIƒvƒVƒ‡ƒ“‚̏ˆ—
     63オプションの処理
    6864#
    6965getopt("COTDR");
     
    9086
    9187#
    92 #  CygwinŠÂ‹«‚Ì”»•Ê
     88#  Cygwin環境の判別
    9389#
    9490if ($^O eq 'cygwin') {
     
    9793
    9894#
    99 #  %dependlist ‚ɍì‚ç‚ꂽˆË‘¶ŠÖŒW‚ðo—Í‚·‚é
     95#  %dependlist に作られた依存関係を出力する
    10096#
    10197sub output_dependlist {
     
    119115
    120116#
    121 #  $file ‚̈ˑ¶ŠÖŒW‚ð %dependlist ‚ɍì‚é
     117#  $file の依存関係を %dependlist に作る
    122118#
    123119sub makedepend_one {
     
    153149
    154150#
    155 ƒƒCƒ“ƒ‹[ƒ`ƒ“
     151メインルーチン
    156152#
    157153foreach $file (@ARGV) {
Note: See TracChangeset for help on using the changeset viewer.