Ignore:
Timestamp:
Jun 11, 2015, 6:37:56 PM (8 years ago)
Author:
coas-nagasima
Message:

MIMEプロパティの変更

File:
1 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • uKadecot/trunk/ssp/configure

    • Property svn:eol-style set to native
    • Property svn:keywords set to Id
    • Property svn:mime-type set to text/x-perl; charset=SHIFT_JIS
    r101 r109  
    99#              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010#
    11 #  ã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚́CˆÈ‰º‚Ì(1)`(4)‚ÌðŒ‚ð–ž‚½‚·ê‡‚ÉŒÀ‚èC–{ƒ\ƒtƒgƒEƒF
    12 #  ƒAi–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ð‰ü•Ï‚µ‚½‚à‚Ì‚ðŠÜ‚ށDˆÈ‰º“¯‚¶j‚ðŽg—pE•¡»E‰ü
    13 #  •ÏEÄ”z•ziˆÈ‰ºC—˜—p‚ƌĂԁj‚·‚邱‚Ƃ𖳏ž‚Å‹–‘ø‚·‚éD
    14 #  (1) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðƒ\[ƒXƒR[ƒh‚ÌŒ`‚Å—˜—p‚·‚éê‡‚ɂ́Cã‹L‚Ì’˜ì
    15 #      Œ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L‚Ì–³•ÛØ‹K’肪C‚»‚Ì‚Ü‚Ü‚ÌŒ`‚Ń\[
    16 #      ƒXƒR[ƒh’†‚ÉŠÜ‚Ü‚ê‚Ä‚¢‚邱‚ƁD
    17 #  (2) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðCƒ‰ƒCƒuƒ‰ƒŠŒ`Ž®‚ȂǁC‘¼‚̃\ƒtƒgƒEƒFƒAŠJ”­‚ÉŽg
    18 #      —p‚Å‚«‚éŒ`‚ōĔz•z‚·‚éê‡‚ɂ́CÄ”z•z‚É”º‚¤ƒhƒLƒ
    19 ƒƒ“ƒgi—˜—p
    20 #      ŽÒƒ}ƒjƒ
    21 ƒAƒ‹‚Ȃǁj‚ɁCã‹L‚Ì’˜ìŒ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L
    22 #      ‚Ì–³•ÛØ‹K’è‚ðŒfÚ‚·‚邱‚ƁD
    23 #  (3) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðC‹@Ší‚É‘g‚ݍž‚ނȂǁC‘¼‚̃\ƒtƒgƒEƒFƒAŠJ”­‚ÉŽg
    24 #      —p‚Å‚«‚È‚¢Œ`‚ōĔz•z‚·‚éê‡‚ɂ́CŽŸ‚Ì‚¢‚¸‚ê‚©‚ÌðŒ‚ð–ž‚½‚·‚±
    25 #      ‚ƁD
    26 #    (a) Ä”z•z‚É”º‚¤ƒhƒLƒ
    27 ƒƒ“ƒgi—˜—pŽÒƒ}ƒjƒ
    28 ƒAƒ‹‚Ȃǁj‚ɁCã‹L‚Ì’˜
    29 #        ìŒ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L‚Ì–³•ÛØ‹K’è‚ðŒfÚ‚·‚邱‚ƁD
    30 #    (b) Ä”z•z‚ÌŒ`‘Ô‚ðC•Ê‚É’è‚ß‚é•û–@‚É‚æ‚Á‚āCTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚É
    31 #        •ñ‚·‚邱‚ƁD
    32 #  (4) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚Ì—˜—p‚É‚æ‚è’¼Ú“I‚Ü‚½‚͊ԐړI‚ɐ¶‚¶‚é‚¢‚©‚Ȃ鑹
    33 #      ŠQ‚©‚ç‚àCã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚ð–Ɛӂ·‚邱‚ƁD
    34 #      ‚Ü‚½C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚̃†[ƒU‚Ü‚½‚̓Gƒ“ƒhƒ†[ƒU‚©‚ç‚Ì‚¢‚©‚Ȃ闝
    35 #      —R‚ÉŠî‚­¿‹‚©‚ç‚àCã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚ð
    36 #      –Ɛӂ·‚邱‚ƁD
    37 #
    38 #  –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚́C–³•ÛØ‚Å’ñ‹Ÿ‚³‚ê‚Ä‚¢‚é‚à‚Ì‚Å‚ ‚éDã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨
    39 #  ‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚́C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ÉŠÖ‚µ‚āC“Á’è‚ÌŽg—p–Ú“I
    40 #  ‚ɑ΂·‚é“K‡«‚àŠÜ‚߂āC‚¢‚©‚È‚é•ÛØ‚às‚í‚È‚¢D‚Ü‚½C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒF
    41 #  ƒA‚Ì—˜—p‚É‚æ‚è’¼Ú“I‚Ü‚½‚͊ԐړI‚ɐ¶‚¶‚½‚¢‚©‚Ȃ鑹ŠQ‚ÉŠÖ‚µ‚Ä‚àC‚»
    42 #  ‚̐ӔC‚𕉂í‚È‚¢D
    43 #
    44 #  @(#) $Id: configure 1733 2010-02-03 03:50:52Z ertl-hiro $
     11#  上記著作権者は,以下の(1)〜(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12#  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13#  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14#  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15#      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16#      スコード中に含まれていること.
     17#  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18#      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19#      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20#      の無保証規定を掲載すること.
     21#  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22#      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23#      と.
     24#    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25#        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26#    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27#        報告すること.
     28#  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29#      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30#      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31#      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32#      免責すること.
     33#
     34#  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35#  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36#  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37#  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38#  の責任を負わない.
     39#
     40#  @(#) $Id$
    4541#
    4642
    4743use Getopt::Std;
    4844
    49 #  ƒIƒvƒVƒ‡ƒ“‚Ì’è‹`
    50 #
    51 #  -T <target>                  ƒ^[ƒQƒbƒg–¼i•K{j
    52 #  -A <applname>                ƒAƒvƒŠƒP[ƒVƒ‡ƒ“ƒvƒƒOƒ‰ƒ€–¼iƒfƒtƒHƒ‹ƒg‚Ísample1j
    53 #  -a <appldir>                 ƒAƒvƒŠƒP[ƒVƒ‡ƒ“‚̃fƒBƒŒƒNƒgƒŠ–¼
    54 #  -U <applobjs>                ‘¼‚̃AƒvƒŠƒP[ƒVƒ‡ƒ“ƒvƒƒOƒ‰ƒ€ƒtƒ@ƒCƒ‹
    55 #                                               i.oƒtƒ@ƒCƒ‹–¼‚ÅŽw’èD•¡”Žw’è‰Âj
    56 #  -L <kernel_lib>              ƒJ[ƒlƒ‹ƒ‰ƒCƒuƒ‰ƒŠilibkernel.aj‚̃fƒBƒŒƒNƒgƒŠ–¼
    57 #                                               iÈ—ª‚µ‚½ê‡CƒJ[ƒlƒ‹ƒ‰ƒCƒuƒ‰ƒŠ‚àmake‚·‚éj
    58 #  -f                                   ƒJ[ƒlƒ‹‚ðŠÖ”’PˆÊ‚ŃRƒ“ƒpƒCƒ‹‚·‚é‚©‚Ç‚¤‚©‚ÌŽw’è
    59 #  -D <srcdir>                  ƒJ[ƒlƒ‹“™‚̃\[ƒX‚Ì’u‚©‚ê‚Ä‚¢‚éƒfƒBƒŒƒNƒgƒŠ
    60 #  -l <srclang>                 ƒvƒƒOƒ‰ƒ~ƒ“ƒOŒ¾ŒêiŒ»Žž“_‚Å‚Íc‚Æc++‚̂݃Tƒ|[ƒgj
    61 #  -t <templatedir>             ƒeƒ“ƒvƒŒ[ƒgƒfƒBƒŒƒNƒgƒŠ‚ÌŽw’èiƒfƒtƒHƒ‹ƒg‚Ísamplej
    62 #  -m <makefile>                ƒeƒ“ƒvƒŒ[ƒgMakefile–¼‚ÌŽw’èiƒfƒtƒHƒ‹ƒg‚ÍMakefilej
    63 #  -d <dbgenv>                  ŽÀsŠÂ‹«‚Ì–¼Ì
    64 #  -r                                   ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‹L˜^‚̃Tƒ“ƒvƒ‹ƒR[ƒh‚ðŽg—p‚·‚é‚©‚Ç‚¤‚©
    65 #                                               ‚ÌŽw’è
    66 #  -p <perl>                    perl‚̃pƒX–¼i–¾Ž¦“I‚ÉŽw’è‚·‚éê‡j
    67 #  -g <cfg>                             ƒRƒ“ƒtƒBƒMƒ
    68 ƒŒ[ƒ^icfgj‚̃pƒX–¼
    69 
    70 #  Žg—p—á(1)
     45#  オプションの定義
     46#
     47#  -T <target>                  ターゲット名(必須)
     48#  -A <applname>                アプリケーションプログラム名(デフォルトはsample1)
     49#  -a <appldir>                 アプリケーションのディレクトリ名
     50#  -U <applobjs>                他のアプリケーションプログラムファイル
     51#                                               (.oファイル名で指定.複数指定可)
     52#  -L <kernel_lib>              カーネルライブラリ(libkernel.a)のディレクトリ名
     53#                                               (省略した場合,カーネルライブラリもmakeする)
     54#  -f                                   カーネルを関数単位でコンパイルするかどうかの指定
     55#  -D <srcdir>                  カーネル等のソースの置かれているディレクトリ
     56#  -l <srclang>                 プログラミング言語(現時点ではcとc++のみサポート)
     57#  -t <templatedir>             テンプレートディレクトリの指定(デフォルトはsample)
     58#  -m <makefile>                テンプレートMakefile名の指定(デフォルトはMakefile)
     59#  -d <dbgenv>                  実行環境の名称
     60#  -r                                   トレースログ記録のサンプルコードを使用するかどうか
     61#                                               の指定
     62#  -p <perl>                    perlのパス名(明示的に指定する場合)
     63#  -g <cfg>                             コンフィギュレータ(cfg)のパス名
     64
     65#  使用例(1)
    7166#
    7267#  % ../configure -T dve68k_gcc -D GDB_STUB -A perf1 -a ../test -U histogram.o
    7368#
    74 Žg—p—á(2)
     69使用例(2)
    7570#
    7671#  % ../configure -T macosx_gcc -L .
    77 #       ƒAƒvƒŠƒP[ƒVƒ‡ƒ“ƒvƒƒOƒ‰ƒ€‚Í sample1 ‚É‚È‚éD
    78 
    79 #
    80 ƒIƒvƒVƒ‡ƒ“‚̏ˆ—
     72#       アプリケーションプログラムは sample1 になる.
     73
     74#
     75オプションの処理
    8176#
    8277getopt("TAaULDltmdpg");
    8378
    8479#
    85 •Ï”‚̏‰Šú‰»
     80変数の初期化
    8681#
    8782
     
    9893
    9994#
    100 ƒIƒuƒWƒFƒNƒgƒtƒ@ƒCƒ‹–¼‚ÌŠg’£Žq‚ð•Ô‚·
     95オブジェクトファイル名の拡張子を返す
    10196#
    10297sub get_objext {
     
    114109
    115110#
    116 ƒvƒƒOƒ‰ƒ€‚̏ꏊ‚ðŒŸõ‚·‚é
     111プログラムの場所を検索する
    117112#
    118113sub get_path {
     
    129124
    130125#
    131 ƒtƒ@ƒCƒ‹‚ð•ÏŠ·‚·‚é
     126ファイルを変換する
    132127#
    133128sub convert {
     
    163158
    164159#
    165 ƒTƒ“ƒvƒ‹‚ðŒ©‚Â‚¯‚ătƒ@ƒCƒ‹‚𐶐¬‚·‚é
     160サンプルを見つけてファイルを生成する
    166161#
    167162sub generate {
     
    196191
    197192#
    198 ƒ\[ƒXƒfƒBƒŒƒNƒgƒŠ–¼‚ðŽæ‚èo‚·
     193ソースディレクトリ名を取り出す
    199194#
    200195$pwd = `pwd`; chop $pwd;
     
    221216
    222217#
    223 #  -TƒIƒvƒVƒ‡ƒ“‚ÌŠm”F
     218#  -Tオプションの確認
    224219#
    225220unless ($opt_T) {
     
    234229
    235230#
    236 •Ï”ƒe[ƒuƒ‹‚̍쐬
     231変数テーブルの作成
    237232#
    238233%vartable = ();
     
    254249
    255250#
    256 ƒ^[ƒQƒbƒgƒfƒBƒŒƒNƒgƒŠ‚̃`ƒFƒbƒN
     251ターゲットディレクトリのチェック
    257252#
    258253
     
    263258
    264259#
    265 #  Makefile ‚ƃAƒvƒŠƒP[ƒVƒ‡ƒ“ƒtƒ@ƒCƒ‹‚̐¶¬
     260#  Makefile とアプリケーションファイルの生成
    266261#
    267262
     
    273268
    274269#
    275 #  cfg ‚ª‚Å‚«‚Ä‚¢‚é‚©‚̃`ƒFƒbƒN
     270#  cfg ができているかのチェック
    276271#
    277272
Note: See TracChangeset for help on using the changeset viewer.