Ignore:
Timestamp:
Jun 10, 2015, 8:40:31 PM (8 years ago)
Author:
coas-nagasima
Message:

SHIFT_JISのコードにcharsetプロパティを付けた

File:
1 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • uKadecot/trunk/ssp/include/t_syslog.h

    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=SHIFT_JIS
    r101 r107  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  ã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚́CˆÈ‰º‚Ì(1)`(4)‚ÌðŒ‚ð–ž‚½‚·ê‡‚ÉŒÀ‚èC–{ƒ\ƒtƒgƒEƒF
    12  *  ƒAi–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ð‰ü•Ï‚µ‚½‚à‚Ì‚ðŠÜ‚ށDˆÈ‰º“¯‚¶j‚ðŽg—pE•¡»E‰ü
    13  *  •ÏEÄ”z•ziˆÈ‰ºC—˜—p‚ƌĂԁj‚·‚邱‚Ƃ𖳏ž‚Å‹–‘ø‚·‚éD
    14  *  (1) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðƒ\[ƒXƒR[ƒh‚ÌŒ`‚Å—˜—p‚·‚éê‡‚ɂ́Cã‹L‚Ì’˜ì
    15  *      Œ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L‚Ì–³•ÛØ‹K’肪C‚»‚Ì‚Ü‚Ü‚ÌŒ`‚Ń\[
    16  *      ƒXƒR[ƒh’†‚ÉŠÜ‚Ü‚ê‚Ä‚¢‚邱‚ƁD
    17  *  (2) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðCƒ‰ƒCƒuƒ‰ƒŠŒ`Ž®‚ȂǁC‘¼‚̃\ƒtƒgƒEƒFƒAŠJ”­‚ÉŽg
    18  *      —p‚Å‚«‚éŒ`‚ōĔz•z‚·‚éê‡‚ɂ́CÄ”z•z‚É”º‚¤ƒhƒLƒ
    19 ƒƒ“ƒgi—˜—p
    20  *      ŽÒƒ}ƒjƒ
    21 ƒAƒ‹‚Ȃǁj‚ɁCã‹L‚Ì’˜ìŒ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L
    22  *      ‚Ì–³•ÛØ‹K’è‚ðŒfÚ‚·‚邱‚ƁD
    23  *  (3) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðC‹@Ší‚É‘g‚ݍž‚ނȂǁC‘¼‚̃\ƒtƒgƒEƒFƒAŠJ”­‚ÉŽg
    24  *      —p‚Å‚«‚È‚¢Œ`‚ōĔz•z‚·‚éê‡‚ɂ́CŽŸ‚Ì‚¢‚¸‚ê‚©‚ÌðŒ‚ð–ž‚½‚·‚±
    25  *      ‚ƁD
    26  *    (a) Ä”z•z‚É”º‚¤ƒhƒLƒ
    27 ƒƒ“ƒgi—˜—pŽÒƒ}ƒjƒ
    28 ƒAƒ‹‚Ȃǁj‚ɁCã‹L‚Ì’˜
    29  *        ìŒ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L‚Ì–³•ÛØ‹K’è‚ðŒfÚ‚·‚邱‚ƁD
    30  *    (b) Ä”z•z‚ÌŒ`‘Ô‚ðC•Ê‚É’è‚ß‚é•û–@‚É‚æ‚Á‚āCTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚É
    31  *        •ñ‚·‚邱‚ƁD
    32  *  (4) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚Ì—˜—p‚É‚æ‚è’¼Ú“I‚Ü‚½‚͊ԐړI‚ɐ¶‚¶‚é‚¢‚©‚Ȃ鑹
    33  *      ŠQ‚©‚ç‚àCã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚ð–Ɛӂ·‚邱‚ƁD
    34  *      ‚Ü‚½C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚̃†[ƒU‚Ü‚½‚̓Gƒ“ƒhƒ†[ƒU‚©‚ç‚Ì‚¢‚©‚Ȃ闝
    35  *      —R‚ÉŠî‚­¿‹‚©‚ç‚àCã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚ð
    36  *      –Ɛӂ·‚邱‚ƁD
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)〜(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    3733 *
    38  *  –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚́C–³•ÛØ‚Å’ñ‹Ÿ‚³‚ê‚Ä‚¢‚é‚à‚Ì‚Å‚ ‚éDã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨
    39  *  ‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚́C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ÉŠÖ‚µ‚āC“Á’è‚ÌŽg—p–Ú“I
    40  *  ‚ɑ΂·‚é“K‡«‚àŠÜ‚߂āC‚¢‚©‚È‚é•ÛØ‚às‚í‚È‚¢D‚Ü‚½C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒF
    41  *  ƒA‚Ì—˜—p‚É‚æ‚è’¼Ú“I‚Ü‚½‚͊ԐړI‚ɐ¶‚¶‚½‚¢‚©‚Ȃ鑹ŠQ‚ÉŠÖ‚µ‚Ä‚àC‚»
    42  *  ‚̐ӔC‚𕉂í‚È‚¢D
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    4339 *
    4440 *  @(#) $Id$
     
    4642
    4743/*
    48  *              ƒVƒXƒeƒ€ƒƒOo—Í‚ðs‚¤‚½‚ß‚Ì’è‹`
    49  *
    50  *  ƒVƒXƒeƒ€ƒƒOƒT[ƒrƒX‚́CƒVƒXƒeƒ€‚̃ƒOî•ñ‚ðo—Í‚·‚邽‚߂̃T[ƒrƒX
    51  *  ‚Å‚ ‚éDƒJ[ƒlƒ‹‚©‚ç‚̃ƒOî•ñ‚̏o—Í‚É‚à—p‚¢‚邽‚߁C“à•”‚Å‘Ò‚¿ó‘Ô
    52  *  ‚É‚Í‚¢‚邱‚Æ‚Í‚È‚¢D
    53  *
    54  *  ƒƒOî•ñ‚́CƒJ[ƒlƒ‹“à‚̃ƒOƒoƒbƒtƒ@‚ɏ‘‚«ž‚Þ‚©C’჌ƒxƒ‹‚Ì•¶Žšo
    55  *  —͊֐”‚ð—p‚¢‚ďo—Í‚·‚éD‚Ç‚¿‚ç‚ðŽg‚¤‚©‚́CŠg’£ƒT[ƒrƒXƒR[ƒ‹‚Ő؂è
    56  *  Š·‚¦‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚éD
    57  *
    58  *  ƒƒOƒoƒbƒtƒ@—̈悪ƒI[ƒoƒtƒ[‚µ‚½ê‡‚ɂ́CŒÃ‚¢ƒƒOî•ñ‚ðÁ‚µ‚ďã
    59  *  ‘‚«‚·‚éD
    60  *
    61  *  ƒAƒZƒ“ƒuƒŠŒ¾Œê‚̃\[ƒXƒtƒ@ƒCƒ‹‚©‚炱‚̃tƒ@ƒCƒ‹‚ðƒCƒ“ƒNƒ‹[ƒh‚·‚鎞
    62  *  ‚́CTOPPERS_MACRO_ONLY‚ð’è‹`‚µ‚Ä‚¨‚­‚±‚ƂŁCƒ}ƒNƒ’è‹`ˆÈŠO‚Ì‹Lq‚ð
    63  *  œ‚­‚±‚Æ‚ª‚Å‚«‚éD
    64  *
    65  *  ‚±‚̃tƒ@ƒCƒ‹‚ðƒCƒ“ƒNƒ‹[ƒh‚·‚é‘O‚ɁCt_stddef.h‚ðƒCƒ“ƒNƒ‹[ƒh‚µ‚Ä‚¨
    66  *  ‚­‚±‚Æ‚ª•K—v‚Å‚ ‚éD
     44 *              システムログ出力を行うための定義
     45 *
     46 *  システムログサービスは,システムのログ情報を出力するためのサービス
     47 *  である.カーネルからのログ情報の出力にも用いるため,内部で待ち状態
     48 *  にはいることはない.
     49 *
     50 *  ログ情報は,カーネル内のログバッファに書き込むか,低レベルの文字出
     51 *  力関数を用いて出力する.どちらを使うかは,拡張サービスコールで切り
     52 *  換えることができる.
     53 *
     54 *  ログバッファ領域がオーバフローした場合には,古いログ情報を消して上
     55 *  書きする.
     56 *
     57 *  アセンブリ言語のソースファイルからこのファイルをインクルードする時
     58 *  は,TOPPERS_MACRO_ONLYを定義しておくことで,マクロ定義以外の記述を
     59 *  除くことができる.
     60 *
     61 *  このファイルをインクルードする前に,t_stddef.hをインクルードしてお
     62 *  くことが必要である.
    6763 */
    6864
     
    7571
    7672/*
    77  *  ƒƒOî•ñ‚ÌŽí•Ê‚Ì’è‹`
    78  */
    79 #define LOG_TYPE_COMMENT        UINT_C(0x01)    /* ƒRƒƒ“ƒg */
    80 #define LOG_TYPE_ASSERT         UINT_C(0x02)    /* ƒAƒT[ƒVƒ‡ƒ“‚ÌŽ¸”s */
    81 
    82 #define LOG_TYPE_INH            UINT_C(0x11)    /* Š„ž‚݃nƒ“ƒhƒ‰ */
    83 #define LOG_TYPE_ISR            UINT_C(0x12)    /* Š„ž‚݃T[ƒrƒXƒ‹[ƒ`ƒ“ */
    84 #define LOG_TYPE_CYC            UINT_C(0x13)    /* ŽüŠúƒnƒ“ƒhƒ‰ */
    85 #define LOG_TYPE_ALM            UINT_C(0x14)    /* ƒAƒ‰[ƒ€ƒnƒ“ƒhƒ‰ */
    86 #define LOG_TYPE_OVR            UINT_C(0x15)    /* ƒI[ƒoƒ‰ƒ“ƒnƒ“ƒhƒ‰ */
    87 #define LOG_TYPE_EXC            UINT_C(0x16)    /* CPU—áŠOƒnƒ“ƒhƒ‰ */
    88 #define LOG_TYPE_TEX            UINT_C(0x17)    /* ƒ^ƒXƒN—áŠOˆ—ƒ‹[ƒ`ƒ“ */
    89 #define LOG_TYPE_TSKSTAT        UINT_C(0x18)    /* ƒ^ƒXƒNó‘ԕω» */
    90 #define LOG_TYPE_DSP            UINT_C(0x19)    /* ƒfƒBƒXƒpƒbƒ`ƒƒ */
    91 #define LOG_TYPE_SVC            UINT_C(0x1a)    /* ƒT[ƒrƒXƒR[ƒ‹ */
    92 
    93 #define LOG_ENTER                       UINT_C(0x00)    /* “üŒû^ŠJŽn */
    94 #define LOG_LEAVE                       UINT_C(0x80)    /* oŒû^I—¹ */
    95 
    96 /*
    97  *  ƒƒOî•ñ‚̏d—v“x‚Ì’è‹`
    98  */
    99 #define LOG_EMERG                       UINT_C(0)               /* ƒVƒƒƒbƒgƒ_ƒEƒ“‚É’l‚·‚éƒGƒ‰[ */
     73 *  ログ情報の種別の定義
     74 */
     75#define LOG_TYPE_COMMENT        UINT_C(0x01)    /* コメント */
     76#define LOG_TYPE_ASSERT         UINT_C(0x02)    /* アサーションの失敗 */
     77
     78#define LOG_TYPE_INH            UINT_C(0x11)    /* 割込みハンドラ */
     79#define LOG_TYPE_ISR            UINT_C(0x12)    /* 割込みサービスルーチン */
     80#define LOG_TYPE_CYC            UINT_C(0x13)    /* 周期ハンドラ */
     81#define LOG_TYPE_ALM            UINT_C(0x14)    /* アラームハンドラ */
     82#define LOG_TYPE_OVR            UINT_C(0x15)    /* オーバランハンドラ */
     83#define LOG_TYPE_EXC            UINT_C(0x16)    /* CPU例外ハンドラ */
     84#define LOG_TYPE_TEX            UINT_C(0x17)    /* タスク例外処理ルーチン */
     85#define LOG_TYPE_TSKSTAT        UINT_C(0x18)    /* タスク状態変化 */
     86#define LOG_TYPE_DSP            UINT_C(0x19)    /* ディスパッチャ */
     87#define LOG_TYPE_SVC            UINT_C(0x1a)    /* サービスコール */
     88
     89#define LOG_ENTER                       UINT_C(0x00)    /* 入口/開始 */
     90#define LOG_LEAVE                       UINT_C(0x80)    /* 出口/終了 */
     91
     92/*
     93 *  ログ情報の重要度の定義
     94 */
     95#define LOG_EMERG                       UINT_C(0)               /* シャットダウンに値するエラー */
    10096#define LOG_ALERT                       UINT_C(1)
    10197#define LOG_CRIT                        UINT_C(2)
    102 #define LOG_ERROR                       UINT_C(3)               /* ƒVƒXƒeƒ€ƒGƒ‰[ */
    103 #define LOG_WARNING                     UINT_C(4)               /* ŒxƒƒbƒZ[ƒW */
     98#define LOG_ERROR                       UINT_C(3)               /* システムエラー */
     99#define LOG_WARNING                     UINT_C(4)               /* 警告メッセージ */
    104100#define LOG_NOTICE                      UINT_C(5)
    105101#define LOG_INFO                        UINT_C(6)
    106 #define LOG_DEBUG                       UINT_C(7)               /* ƒfƒoƒbƒO—pƒƒbƒZ[ƒW */
     102#define LOG_DEBUG                       UINT_C(7)               /* デバッグ用メッセージ */
    107103
    108104#ifndef TOPPERS_MACRO_ONLY
    109105
    110106/*
    111  *  ƒƒOî•ñ‚̃f[ƒ^\‘¢
     107 *  ログ情報のデータ構造
    112108 */
    113109
     
    115111
    116112typedef struct {
    117         uint_t          logtype;                                /* ƒƒOî•ñ‚ÌŽí•Ê */
    118         SYSTIM          logtim;                                 /* ƒƒOŽž */
    119         intptr_t        loginfo[TMAX_LOGINFO];  /* ‚»‚Ì‘¼‚̃ƒOî•ñ */
     113        uint_t          logtype;                                /* ログ情報の種別 */
     114        SYSTIM          logtim;                                 /* ログ時刻 */
     115        intptr_t        loginfo[TMAX_LOGINFO];  /* その他のログ情報 */
    120116} SYSLOG;
    121117
    122118/*
    123  *  ƒƒOî•ñ‚̏d—v“x‚̃rƒbƒgƒ}ƒbƒv‚ðì‚邽‚߂̃}ƒNƒ
     119 *  ログ情報の重要度のビットマップを作るためのマクロ
    124120 */
    125121#define LOG_MASK(prio)          (1U << (prio))
     
    127123
    128124/*
    129  *  ƒƒOî•ñ‚ðo—Í‚·‚邽‚߂̃‰ƒCƒuƒ‰ƒŠŠÖ”
     125 *  ログ情報を出力するためのライブラリ関数
    130126 */
    131127
     
    223219
    224220/*
    225  *  ƒƒOî•ñiƒRƒƒ“ƒgj‚ðo—Í‚·‚邽‚߂̃‰ƒCƒuƒ‰ƒŠŠÖ”ivasyslog.cj
     221 *  ログ情報(コメント)を出力するためのライブラリ関数(vasyslog.c)
    226222 */
    227223extern void     syslog(uint_t prio, const char *format, ...) throw();
     
    230226
    231227/*
    232  *  ƒVƒXƒeƒ€ƒƒOo—Í‚ð—}Ž~‚·‚éê‡
     228 *  システムログ出力を抑止する場合
    233229 */
    234230
     
    280276
    281277/*
    282  *  ƒƒOî•ñiƒRƒƒ“ƒgj‚ðo—Í‚·‚邽‚߂̃}ƒNƒ
    283  *
    284  *  format‚¨‚æ‚ь㑱‚̈ø”‚©‚çì¬‚µ‚½ƒƒbƒZ[ƒW‚ðCd‘å“xprio‚эƒOî
    285  *  •ñ‚Æ‚µ‚ďo—Í‚·‚邽‚߂̃}ƒNƒDarg1`argn‚Íintptr_tŒ^‚ɃLƒƒƒXƒg‚·‚é
    286  *  ‚½‚߁Cintptr_tŒ^‚ÉŒ^•ÏŠ·‚Å‚«‚é”CˆÓ‚ÌŒ^‚Å‚æ‚¢D
     278 *  ログ情報(コメント)を出力するためのマクロ
     279 *
     280 *  formatおよび後続の引数から作成したメッセージを,重大度prioでログ情
     281 *  報として出力するためのマクロ.arg1〜argnはintptr_t型にキャストする
     282 *  ため,intptr_t型に型変換できる任意の型でよい.
    287283 */
    288284
     
    313309
    314310/*
    315  *  ƒƒOî•ñiƒAƒT[ƒVƒ‡ƒ“‚ÌŽ¸”sj‚ðo—Í‚·‚邽‚߂̃}ƒNƒ
     311 *  ログ情報(アサーションの失敗)を出力するためのマクロ
    316312 */
    317313#ifndef TOPPERS_assert_fail
Note: See TracChangeset for help on using the changeset viewer.