source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/sh1/cpu_config.c@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 9.0 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2004 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 * Copyright (C) 2001-2004 by Industrial Technology Institute,
9 * Miyagi Prefectural Government, JAPAN
10 *
11 * 上記著作権者
12は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
13 * によってå…
14¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
15 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
16 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
17å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
18 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
19 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
20 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
21 * スコード中に含まれていること.
22 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
23 * 用できる形で再é…
24å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
25å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
26 * 者
27マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
28 * の無保証規定を掲載すること.
29 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
30 * 用できない形で再é…
31å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
32 * と.
33 * (a) 再é…
34å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
35マニュアルなど)に,上記の著
36 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
37 * (b) 再é…
38å¸ƒã®å½¢æ…
39‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
40 * 報告すること.
41 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
42 * 害からも,上記著作権者
43およびTOPPERSプロジェクトをå…
44è²¬ã™ã‚‹ã“と.
45 *
46 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
47お
48 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
49 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
50 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
51 *
52 * @(#) $Id: cpu_config.c,v 1.16 2005/11/14 08:00:44 honda Exp $
53 */
54
55/*
56 * プロセッサ依存モジュール(SH1用)
57 *     カーネル内
58部で使用する定義
59 *      C言語関数の実体
60 */
61
62#include "jsp_kernel.h"
63#include "check.h"
64#include "task.h"
65#include <sil.h>
66
67/*
68 * タスクコンテキストでの割込みマスク
69 */
70#ifdef SUPPORT_CHG_IPM
71UW task_intmask;
72#endif /* SUPPORT_CHG_IPM */
73
74/*
75 * 非タスクコンテキストでの割込みマスク
76 */
77UW int_intmask;
78
79/*
80 * 割込み/CPU例外ネストカウンタ
81 */
82UW intnest;
83
84/*
85 * オリジナルのベクタベースレジスタの保存領域
86 */
87#ifdef KERNEL_HAS_A_VECTOR_TABLE
88static VP org_vbr;
89#endif /* KERNEL_HAS_A_VECTOR_TABLE */
90
91#ifdef SUPPORT_CPU_EXC_ENTRY_CHECK
92
93/*
94 * CPU例外の要因数
95 */
96#ifndef NUM_EXC
97#define NUM_EXC (6 + 2)
98#endif /* NUM_EXC */
99
100/*
101 * 登録されたCPU例外の要因数
102 */
103static UW num_exc;
104
105/*
106 * CPU例外のå…
107¥å£å‡¦ç†ã®å…
108ˆé ­ã‚¢ãƒ‰ãƒ¬ã‚¹
109 */
110static FP exc_entries[NUM_EXC];
111
112#endif /* SUPPORT_CPU_EXC_ENTRY_CHECK */
113
114/*
115 * プロセッサ依存の初期化
116 */
117void
118cpu_initialize(void)
119{
120 /*
121 * タスクコンテキストでの割込みマスクの初期化
122 */
123#ifdef SUPPORT_CHG_IPM
124 task_intmask = 0x0000u;
125#endif /* SUPPORT_CHG_IPM */
126
127 /*
128 * 割込み/CPU例外ネストカウンタの初期化
129 */
130 intnest = 1u;
131
132#ifndef GDB_STUB
133
134 /*
135 * 割り込みコントローラの初期化
136 */
137 sil_wrh_mem(IPRA, 0x0000);
138 sil_wrh_mem(IPRB, 0x0000);
139 sil_wrh_mem(IPRC, 0x0000);
140 sil_wrh_mem(IPRD, 0x0000);
141 sil_wrh_mem(IPRE, 0x0000);
142
143#endif /* GDB_STUB */
144
145#ifdef KERNEL_HAS_A_VECTOR_TABLE
146 /*
147 * ベクタテーブルは初期値付き変数(é…
148åˆ—)にしたので、
149 * スタートアップルーチンでdataセクションをコピーする際に
150 * 初期化される。
151 * (ここで初期化する必
152要はない。)
153 */
154
155 /*
156 * ベクタベースレジスタの初期化
157 */
158 org_vbr = current_vbr();
159 set_vbr((VP)vector_table);
160#endif /* KERNEL_HAS_A_VECTOR_TABLE */
161
162#ifdef SUPPORT_CPU_EXC_ENTRY_CHECK
163 num_exc = 0;
164#endif /* SUPPORT_CPU_EXC_ENTRY_CHECK */
165
166}
167
168/*
169 * プロセッサ依存の終了処理
170 */
171void
172cpu_terminate(void)
173{
174#ifdef KERNEL_HAS_A_VECTOR_TABLE
175 set_vbr(org_vbr);
176#endif /* KERNEL_HAS_A_VECTOR_TABLE */
177}
178
179/*
180 * CPU例外ハンドラの設定
181 *
182 * ベクトル番号 excno のCPU例外ハンドラの起動番地を exchdr に設定する.
183 */
184void
185define_exc(EXCNO excno, FP exchdr)
186{
187 /* SH1は割込みもCPU例外も同じ形式 */
188 define_inh((INHNO)excno, exchdr);
189
190#ifdef SUPPORT_CPU_EXC_ENTRY_CHECK
191#if 0
192 CHECK_PAR(num_exc < NUM_EXC);
193#endif
194 exc_entries[num_exc++] = exchdr;
195#endif /* SUPPORT_CPU_EXC_ENTRY_CHECK */
196}
197
198#ifdef SUPPORT_CPU_EXC_ENTRY_CHECK
199/*
200 * CPU例外のå…
201¥å£å‡¦ç†ã§å‰²è¾¼ã¿ç¦æ­¢ã™ã‚‹ã¾ã§ã®å‘½ä»¤æ•°
202 */
203#define NUM_INST_DIS_INT 5
204
205
206/*
207 * 割込みからの戻りå…
208ˆã®ãƒã‚§ãƒƒã‚¯
209 *
210 *  引数
211 *   VP pc:スタック上に積まれた戻り番地
212 *  戻り値
213 *   TRUE:戻りå…
214ˆãŒCPU例外のå…
215¥å£å‡¦ç†ï¼ˆå‰²è¾¼ã¿ç¦æ­¢ã™ã‚‹å‰ï¼‰
216 *   FALSE:戻りå…
217ˆãŒä¸Šè¨˜ä»¥å¤–
218 *  備考
219 *   割込みの出口処理で割込み禁止で呼ばれる。
220 */
221
222/* cpu_support.Sのret_intだけから呼ばれるので */
223/* ヘッダーファイルには含めない。 */
224BOOL check_cpu_exc_entry(VP pc) throw();
225
226BOOL check_cpu_exc_entry(VP pc)
227{
228 UW i;
229 UH *entry; /* 2バイト長命令へのポインタ */
230
231 for(i = 0; i < num_exc; i++) {
232 entry = (UH *)exc_entries[i];
233 if (((UW)entry <= (UW)pc) &&
234 ((UW)pc <= (UW)(entry + NUM_INST_DIS_INT)) ) {
235 return TRUE;
236 }
237 }
238 return FALSE;
239}
240
241
242#endif /* SUPPORT_CPU_EXC_ENTRY_CHECK */
243
244
245
246#ifdef SUPPORT_CHG_IPM
247
248/*
249 * 割込みマスクの変更
250 *
251 * chg_ipm を使って IPM を0xf(NMI 以外のすべての割込みを禁止)に変更
252 * することはできない.NMI 以外のすべての割込みを禁止したい場合には,
253 * loc_cpu によりCPUロック状æ…
254‹ã«ã™ã‚Œã°ã‚ˆã„.
255 * IPM が 0 以外の時にも,タスクディスパッチは保留されない.IPM は,
256 * タスクディスパッチによって,新しく実行状æ…
257‹ã«ãªã£ãŸã‚¿ã‚¹ã‚¯ã¸å¼•ãç¶™ãŒ
258 * れる.そのため,タスクが実行中に,別のタスクによって IPM が変更さ
259 * れる場合がある.JSPカーネルでは,IPM の変更はタスク例外処理ルーチ
260 * ンによっても起こるが,これによって扱いが難しくなる状況は少ないと
261 * 思われる.IPM の値によってタスクディスパッチを禁止したい場合には,
262 * dis_dsp を併用すればよい.
263 */
264SYSCALL ER
265chg_ipm(IPM ipm)
266{
267 ER ercd;
268
269 LOG_CHG_IPM_ENTER(ipm);
270 CHECK_TSKCTX_UNL();
271 CHECK_PAR(0 <= ipm && ipm <= (MAX_IPM - 1) );
272
273 t_lock_cpu();
274 task_intmask = (ipm << 4);
275 ercd = E_OK;
276 t_unlock_cpu();
277
278 exit:
279 LOG_CHG_IPM_LEAVE(ercd);
280 return(ercd);
281}
282
283/*
284 * 割込みマスクの参ç…
285§
286 */
287SYSCALL ER
288get_ipm(IPM *p_ipm)
289{
290 ER ercd;
291
292 LOG_GET_IPM_ENTER(p_ipm);
293 CHECK_TSKCTX_UNL();
294
295 t_lock_cpu();
296 *p_ipm = (task_intmask >> 4);
297 ercd = E_OK;
298 t_unlock_cpu();
299
300 exit:
301 LOG_GET_IPM_LEAVE(ercd, *p_ipm);
302 return(ercd);
303}
304
305#endif /* SUPPORT_CHG_IPM */
306
307/*
308 * 登録されていない例外が発生すると呼び出される
309 */
310void cpu_experr(EXCSTACK *sp)
311{
312 syslog(LOG_EMERG, "Exception error occurs.");
313
314 syslog(LOG_EMERG, "PC = 0x%08x SR = 0x%08x PR = 0x%08x",
315 sp->pc, sp->sr, sp->pr);
316
317 syslog(LOG_EMERG, "r0 = 0x%08x r1 = 0x%08x r2 = 0x%08x",
318 sp->r0, sp->r1, sp->r2);
319 syslog(LOG_EMERG, "r3 = 0x%08x r4 = 0x%08x r5 = 0x%08x",
320 sp->r3, sp->r4, sp->r5);
321 syslog(LOG_EMERG, "r6 = 0x%08x r7 = 0x%08x r8 = 0x%08x",
322 sp->r6, sp->r7, sp->r8);
323 syslog(LOG_EMERG, "r9 = 0x%08x r10 = 0x%08x r11 = 0x%08x",
324 sp->r9, sp->r10, sp->r11);
325 syslog(LOG_EMERG, "r12 = 0x%08x r13 = 0x%08x r14 = 0x%08x",
326 sp->r12, sp->r13, sp->r14);
327 /* 例外発生直前のスタックポインタの値 */
328 syslog(LOG_EMERG, "r15 = 0x%08x", (sp->r15)+19*4);
329
330 while(1);
331}
332
333
334/*
335 * メモリブロック操作ライブラリ
336 * (ItIsからの流用)
337 *
338 * 関数の仕様は,ANSI C ライブラリの仕様と同じ.標準ライブラリのものを
339 * 使った方が効率が良い可能性がある.
340 *
341 */
342void *
343_dummy_memcpy(void *dest, const void *src, size_t len)
344{
345 VB *d = (VB *)dest;
346 VB *s = (VB *)src;
347
348 while (len-- > 0) {
349 *d++ = *s++;
350 }
351 return(dest);
352}
353
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.