source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/armv4/cq_frk_nxp_arm_sram/sys_config.c@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 5.7 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 * Copyright (C) 2003 by Advanced Data Controls, Corp
9 * Copyright (C) 2004 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
10 * Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
11 * 2009 by Suikan
12 *
13 * 上記著作権者
14は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
15 * によってå…
16¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
17 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
18 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
19å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
20 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
21 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
22 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
23 * スコード中に含まれていること.
24 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
25 * 用できる形で再é…
26å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
27å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
28 * 者
29マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
30 * の無保証規定を掲載すること.
31 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
32 * 用できない形で再é…
33å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
34 * と.
35 * (a) 再é…
36å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
37マニュアルなど)に,上記の著
38 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
39 * (b) 再é…
40å¸ƒã®å½¢æ…
41‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
42 * 報告すること.
43 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
44 * 害からも,上記著作権者
45およびTOPPERSプロジェクトをå…
46è²¬ã™ã‚‹ã“と.
47 *
48 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
49お
50 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
51 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
52 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
53 *
54 */
55
56/*
57 * ターゲットシステム依存モジュール(CQ-FRK-NXP-ARM)
58 */
59
60#include "jsp_kernel.h"
61#include <lpc2388.h>
62
63
64
65/*
66 * OSCの初期化(システム固有). 4MHz の内
67部オシレータを使う
68 */
69static void
70init_clock()
71{
72 /* 1. もしPLLを使用しているなら、ディスコネクトし、フィード・シーケンスを踏む */
73 PLLCON &= 0xFFFFFFFD; /* Clear bit 1, PLL bypassed */
74 PLLFEED = 0xAA;
75 PLLFEED = 0x55;
76
77 /* 2. PLLをディセーブルし、フィード・シーケンスを踏む。 */
78 PLLCON = 0; /* Disable PLL */
79 PLLFEED = 0xAA;
80 PLLFEED = 0x55;
81
82 /* 3. CPUクロック・ディバイダの設定を、PLLなしでも遅
83くなりすぎないように設定する。 */
84 CCLKCFG = 0; /* CCLK = PCLK / 1 */
85
86 /* 4. PLLのクロックソースを変更する。 */
87 CLKSRCSEL = 0; /* Select 4MHz internal oscillator*/
88// CLKSRCSEL = 1; /* Select 12MHz main oscillator*/
89
90 /* 5. PLLCFGへの書き込みを行い、フィード・シーケンスを踏んで有効化する。
91 * PLLCFGは、PLLがディセーブルのときにだけ変更できる。 */
92 PLLCFG = 35; /* Divide by 1, Multiply by 72, PCLK = 4*72 = 288MHz */
93// PLLCFG = 11; /* Divide by 1, Multiply by 24, PCLK = 12*24 = 288MHz */
94 PLLFEED = 0xAA;
95 PLLFEED = 0x55;
96
97 /* 6. PLLをイネーブルにし、フィード・シーケンスを踏む. */
98 PLLCON = 1; /* Enable PLL */
99 PLLFEED = 0xAA;
100 PLLFEED = 0x55;
101
102 /* 7. CPUクロック・ディバイダの値を、PLL動作用に変更する。
103 * これは必
104ず、PLLをクロック源として接続する前に行う。 */
105 CCLKCFG = 3; /* CCLK = PCLK/4 = 288/4 = 72MHz */
106
107 /* 8. PLLSTATレジスタのPLOCK bitを調べて、PLLがロックするまで待
108つ。
109 * あるいはPLOCK割り込みを使用してもいい。あるいは、PLLのå…
110¥åŠ›ã‚¯ãƒ­ãƒƒã‚¯ãŒå°ã•ã„(32kHzなど)なら、
111 * 単純にウェイト・ループを回してもいい。*/
112 while ( !(PLLSTAT & (1<<26)))
113 ;
114
115 /* 9. PLLをシステムに接続し、フィードシーケンスを実行する */
116 PLLCON = 3; /* Select PLL as CPU clock source */
117 PLLFEED = 0xAA;
118 PLLFEED = 0x55;
119}
120
121
122
123
124/*
125 * ターゲットシステム依存の初期化
126 */
127void
128sys_initialize()
129{
130 int i;
131
132 init_vector(); /* SRAMのリマップ。LPC2388å…
133±é€š */
134
135 init_clock(); /* PLLの設定。システム固有 */
136
137 init_uart0(); /* UART0の初期化。システム固有 */
138
139 init_IRQ(); /* VICを初期化する。LPC2388å…
140±é€š */
141
142 /* 必
143要なペリフェラルの電源をå…
144¥ã‚Œã‚‹(システム固有) */
145 /* なお、UART0とTIMER3はLPC2388å…
146±é€šã§å¿…
147要 */
148 PCONP |= 0x00800008; /* bit3:UART0, bit23:TIMER3 */
149
150 /* UART0のピンを設定 (LPC2388å…
151±é€š) */
152 PINSEL0 &= ~0xF0; /* bit 4-7だけをクリア */
153 PINSEL0 |= 0x50; /* UARTå…
154¥å‡ºåŠ›ã‚’割り当て */
155
156 /*
157 * ARMのベクタテーブルへ割込みハンドラを登録(どのARMv4システムでも要求される)
158 */
159 arm_install_handler(IRQ_Number,IRQ_Handler);
160
161}
162
163
164
165
166
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.