wiki:OSC2020Hokkaido

OSC2020 Online / Hokkaido - TOPPERS 展示のご案内

このページでは、OSC2020 Online / Hokkaido の TOPPERSプロジェクト 展示企画について紹介します。

OSC2020 Online / Hokkaido については OSC2020 Online / Hokkaidoのページhttps://event.ospn.jp/osc2020-online-doをご参照ください。

展示に参加するには、OSC2020 Online / Hokkaidoへの事前申し込み(6月26日(金) 13:00締切)が必要になります。
(事前申し込みをした方に視聴用URLが送付されるしくみです)
申し込みはこちらhttps://ospn.connpass.com/event/177262/から

TOPPERS特別企画会場
11:00~12:00

TOPPERSプロジェクトの概要と最新活動成果

TOPPERS プロジェクトは、ITRONを出発点として、組込みシステム開発に有用な 各種の高品質なオープンソースソフトウェアや技術者育成のための教育コンテンツを開発し、 組込みシステム技術と産業の振興を図ることを目的としています。
本セッションでは、TOPPERSプロジェクトの概要と最新の活動成果について、TOPPERS 会長 高田広章より紹介します。
また、講演のあとに質疑・意見交換の時間を用意しています。TOPPERSや組込みシステム全般について質問やご意見をお持ちのかた、 議論されたい方は、ぜひご参加ください。

講師:NPO法人TOPPERSプロジェクト会長 高田 広章(名古屋大学 未来社会創造機構 教授)
(進行:堀 武司 / TOPPERS プロジェクト)

13:00~14:00

Arduino スケッチからステップアップ! 電子工作趣味者のためのTOPPERS 入門

内容:電子工作の定番 Arduino マイコン(Arduino M0)を用いて、Arduino スケッチ感覚で簡単にマルチタスク処理が実現できるTOPPERS のリアルタイムOS の始め方、使い方を紹介します。
対象者:そろそろ arduino では満足できなくなった電子工作趣味者のみなさま
講師: 堀 武司 / TOPPERS プロジェクト
資料   

14:00~15:00

TOPPERS BASE PLATFORMで組込みソフトを学ぶ準備をしよう

内容:TOPPERS BASE PLATFORMをビルドする環境を作って、組込みソフトとリアルタイムOSを使ったアプリを作成する準備をする手順を説明します。ソースコードをサイトからダウンロードするところから、Visual Studio Codeでビルドできるところまで。
対象者:対象者:リアルタイムOSを使った電子工作を始めたい人
講師: 長島 宏明 / TOPPERS プロジェクト
資料

15:00~16:00

Nucleo F401RE 上の ASP3 で mrubyを動かす

内容:このマイコンボードではメモリオーバーフローで起動できなかったmrubyですが、ダイエットに成功し、起動するようになりました。
これまで課題の一つであった、mrubyが動く、TOPPERSが移植されているお手頃価格のマイコンボードがない問題が解消され、より多くの方に使っていただけるようになることを期待しています。
本セッションの前半では、TOPPERS上で動かすために行ったことを中心に紹介します。
後半では、Matzをはじめとするmrubyの中の人たちとともに「RTOS上でmrubyを動かすこと」をキーワードに議論したいと思います。
TOPPERSだけでなく、mrubyに対して要望がある方もお待ちしています。
講師:山根ゆりえ/TOPPERSプロジェクト
協力:軽量Rubyフォーラム(まつもと ゆきひろ、石井 宏昌、三牧 弘司)
資料   

16:15~17:00

TOPPERS BASE PLATFORMを使ってAzure IoTに接続しよう

内容:TOPPERS BASE PLATFORMを使ったIoTを構築するため、クラウドサービスのAzure IoT Centralに接続して、機器から送ったテレメトリを表示したり、LEDのON/OFFしたりするまでの手順を説明します。
対象者:リアルタイムOSを使って、IoT機器を作ってみたい方
講師:長島 宏明 / TOPPERSプロジェクト
資料

Last modified 12 days ago Last modified on Jun 30, 2020, 3:04:15 AM

Attachments (5)

Note: See TracWiki for help on using the wiki.