Changes between Version 2 and Version 3 of azure_iot_hub


Ignore:
Timestamp:
May 23, 2019, 8:11:26 PM (15 months ago)
Author:
coas-nagasima
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • azure_iot_hub

    v2 v3  
    44ターゲットデバイスは、[http://gadget.renesas.com/ja/product/sakura.html GR-SAKURA]で、EthernetでHTTP通信します。
    55MQTTも含んでいますが、現在のバージョンでは接続できていません。
     6
     7サンプルを動作させるには、[=#following1 下記]の手順でAzure側にデバイスを追加し、そのデバイスの接続文字列を取得し、ソースコード「proto4_azure_iothub/src/client.c」の以下の個所を書き換える必要があります。
     8
     9{{{#!c
     10static const char* connectionString = "[device connection string]";
     11}}}
    612
    713== ダウンロード ==
     
    3440
    3541== 標準Cライブラリ ==
     42
    3643GCC付属の標準Cライブラリnewlibではなく、muslを使用しています。
    3744付属のnewlibでは、dirent.hやsocket.hがないので、curlやwolfsslのコンパイルに向いていません。
     
    3946ただし、未実装のAPIがあってもリンクが通ってしまいます。
    4047このソフトでは、ntshell/srcに実装がありますが、サンプルを動作させる最小限の実装を行っています。
     48
     49= Azure IoT Hub について = #following1
     50
     51本サンプルの作成には以下のドキュメントを参考にしました。
     52
     53https://github.com/ms-iotkithol-jp/IoTKitHoLV4
     54[[br]]
     55https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-send-telemetry-c
     56
     57Azure側の確認には、上記サイトの「[https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-send-telemetry-c#read-the-telemetry-from-your-hub ハブから利用統計情報を読み取る]」の手順で行いました。
     58
     59Azureの利用は「IoT Hub Free エディション」を使用しました。
     60
     61https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/iot-hub/
     62