Changes between Version 1 and Version 2 of UsbWattMeter


Ignore:
Timestamp:
Mar 8, 2016, 8:08:48 PM (6 years ago)
Author:
coas-nagasima
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • UsbWattMeter

    v1 v2  
    11= USB充電器電力計 =
    22
    3 USB充電器電力計は、ECHONET Lite 通信ミドルウェアTOPPERS/ECNLのサンプル アプリケーションです。[[BR]]
    4 GR-SAKURAにECHONET Liteの電力計を6つ実装しています。[[BR]]
     3USB充電器電力計は、ECHONET Lite 通信ミドルウェアTOPPERS/ECNLのサンプル・アプリケーションです。コンセプト・コードであり、実用的に使用する場合は十分な試験が必要です。[[BR]]
     4GR-SAKURAにECHONET Liteの電力計を6つ実装し、アナログPIN0~5の最大入力を2.4Aとして計測しています。電圧は5V固定で電力を算出しています。[[BR]]
    55またHTTPSクライアント機能を持ち、定期的に計測値の履歴をPOSTします。[[BR]]
     6[[http://miconboard.thebase.in/items/409183|NCES TRAINING BOARD]]を使用した場合、7セグにアナログPIN0~7の瞬時値を2秒ごとに切り替えて表示しているのが見えます。[[BR]]
    67
    78= ダウンロード =
     
    1213
    1314いくつかのオープンソースを利用していますので、各ソフトウェアのライセンスに従ってください。
    14 ||ソフトウェア||URL||ライセンス||備考||
     15||ソフトウェア||URL||ライセンス[#come1 ※]||備考||
    1516||TOPPERS/ASP 1.9.2 動的生成版||https://www.toppers.jp/asp-kernel.html||TOPPERSライセンス||RTOS||
    1617||TOPPERS/ECNL lwIP対応β版||https://www.toppers.jp/ecnl.html||TOPPERSライセンス||ECHONET Lite通信ミドルウェア||
    1718||FatFS R0.10b||http://elm-chan.org/fsw/ff/00index_j.html||BSDライクなライセンス||SDカード用ファイルシステム||
    18 ||lwIP 1.4.1||http://savannah.nongnu.org/projects/lwip/||BSD-style license||TCP/IPプロトコルスタック、DHCP、IGMP、SNTP||
     19||lwIP 1.4.1||http://savannah.nongnu.org/projects/lwip/||BSD-style license||TCP/IPプロトコルスタック、DHCPクライアント、DNSクライアント、IGMPクライアント、SNTPクライアント||
    1920||TLSF 3.0||http://tlsf.baisoku.org/||public domain||メモリアロケーター||
    2021||WolfSSL 3.7.0||http://www.wolfssl.jp/wolfsite/||GPLv2 or 商用||SSL/TLSライブラリ||
    21 ||libcurl 7.47.1||https://curl.haxx.se/libcurl/||MIT/X derivate license||HTTPクライアント||
     22||libcurl 7.47.1||https://curl.haxx.se/libcurl/||MIT/X derivate license||HTTP/HTTPSクライアント||
    2223||musl libc||http://www.musl-libc.org/||permissive MIT license||time関数とgmtime関数||
    23 lwIPのASP対応では、[[https://www.toppers.jp/contest.html|「第3回 TOPPERS活用アイデア・アプリケーション開発コンテスト」]]の受賞作、松浦 光洋さんの「lwIP の移植」をベースにさせていただきました。ありがとうございます。[[br]]
     24[=#come1 ※]正確なライセンスは、それぞれの提供サイトで確認してください。[[br]]
     25lwIPのASP対応では、[[https://www.toppers.jp/contest.html|「第3回 TOPPERS活用アイデア・アプリケーション開発コンテスト」]]の受賞作、松浦光洋さんの「lwIP の移植」をベースにさせていただきました。[[br]]
     26それぞれのオープンソース提供者に感謝いたします。
    2427
    25 コンパイルにはCubeSuite+が必要です。サイズ制限のある無償版ではコンパイルできません。[[br]]
    26 HTTPSのPOSTを試すにはSDカードとWebサーバーが必要です。仮のURLとして「www.example.com」となっていますので、変更してください。[[br]]
     28= ビルド方法 =
     29
     30コンパイル/ビルドには、!CubeSuite+が必要です。サイズ制限のある無償版ではビルドできません。[[br]]
     31cspフォルダの下に以下のフォルダがあり、その中にCubeSuite+のプロジェクトがあります。
     32||csp/libasp/libasp.mtpj||TOPPERS/ASPのライブラリ||
     33||csp/liblwip/liblwip.mtpj||lwIPのライブラリ||
     34||csp/libwolfssl/libwolfssl.mtpj||WolfSSLのライブラリ||
     35||csp/libcurl/libcurl.mtpj||libcurlのライブラリ||
     36||csp/usb_watt_meter/usb_watt_meter.mtpj||USB充電器電力計のプログラム||
     37順にビルドして、
     38usb_watt_meter/DefaultBuild/usb_watt_meter.mot
     39が実行プログラムになります。
     40
     41= 注意事項 =
     42
     43HTTPSのPOSTを試すにはSDカードが必要です。履歴ファイルを直下のlogフォルダの中に作成し、そのファイルをPOSTします。[[br]]
     44また、履歴ファイルを受け取るWebサーバーも必要です。JSON形式で書き出していますが、これを処理するサーバーのお手本があるわけではありません。[[br]]
     45サーバーは仮のURLとして「www.example.com」となっていますので、変更してください。[[br]]
     46時刻を取得するためにSNTPクライアントが動いていますが、lwIPで提供されているままのNTPサーバーアドレスですので、変更してください。[[br]]
    2747libcurlのmprintf.cにあるdprintf_formatf関数は、スタックメモリを大量に使用していたので、FatFsのサンプルにあるfprintfを利用して代替えを行っています。通信電文の文字列が正しくフォーマットされない可能性がありますので、注意が必要です。[[br]]
    28