wiki:TECS-DOCS

Version 3 (modified by okuma-top, 6 years ago) ( diff )

--

TECS 仕様書等

TECS ジェネレータ V1.5 の新機能、変更

TECS ジェネレータ V1.5 の新規機能と MrubyBridgePlugin のマルチプラグイン化

マルチプラグイン
新しいプラグインの指定方法
複合セルタイプ(composite) プラグイン
MrubyBridgePlugin のマルチプラグイン化

2017.6.11 TOPPERS プロジェクト TECS WG

TLSF アロケータと mruby のマルチVM対応

mruby-on-ev3rt+tecs_package-beta2.0.0.tar.gz, mruby-on-ev3rt+tecs_package-beta2.0.1.tar.gz には、TECS ジェネレータ V1.5.A (β版) が同梱されています。 MrubyBridgePlugin は、オプションの大部分がサポートされていません。 複合セルタイププラグインに対応していません。

TECS 仕様書

TECS 仕様書 V1.3.0.1 暫定版は、TECS リファレンスマニュアル よりも古い内容となっています。
この仕様書では「TECS コンポーネント実装」と呼んでいますが、TECS リファレンスマニュアル では「TECS コンポーネント実装モデル」に戻しています。
また、TECS リファレンスマニュアルでは、ユーザー実装モデルとシステム実装モデルを導入しています。

なお、TECS リファレンスマニュアル (wiki版)は、先のリファレンスより古い内容となります。

Note: See TracWiki for help on using the wiki.