Ignore:
Timestamp:
Aug 23, 2017, 9:27:43 AM (7 years ago)
Author:
coas-nagasima
Message:

文字コードを設定

Location:
EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample
Files:
16 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/Makefile

    • Property svn:eol-style set to native
    • Property svn:mime-type set to text/x-makefile;charset=UTF-8
    r270 r321  
    99#              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010#
    11 #  上記著作権è€
    12 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    13 #  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    14 #  変・再é
    15 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    16 #   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    17 #       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    18 #       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    19 #   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    20 #       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    21 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    22 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    23 #       è€
    24 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    25 #       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    26 #   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    27 #      用できない形で再é
    28 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    29 #      と.
    30 #     (a) 再é
    31 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    32 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    33 #         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    34 #    (b) 再é
    35 å¸ƒã®å½¢æ
    36 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    37 #        報告すること.
    38 #   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    39 #      害からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    42 #      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    43 #      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    44 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    45 #      å
    46 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     11#  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12#  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13#  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14#   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15#       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16#       スコード中に含まれていること.
     17#   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18#       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19#       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20#       の無保証規定を掲載すること.
     21#   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22#      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23#      と.
     24#     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25#         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26#    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27#        報告すること.
     28#   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29#      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30#      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31#      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32#      免責すること.
    4733#
    48 #  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    49 ãŠ
    50 #  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    51 #  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    52 #  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    53 #  の責任を負わない.
     34#  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35#  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36#  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37#  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38#  の責任を負わない.
    5439#
    55 #  $Id: Makefile 735 2016-04-03 14:11:07Z ertl-hiro $
     40#  $Id$
    5641#
    5742
    5843#
    59 ã‚¿ãƒ¼ã‚²ãƒƒãƒˆã®æŒ‡å®šï¼ˆMakefile.targetで上書きされるのを防ぐため)
     44ターゲットの指定(Makefile.targetで上書きされるのを防ぐため)
    6045#
    6146all:
    6247
    6348#
    64 ã‚¿ãƒ¼ã‚²ãƒƒãƒˆç•¥ç§°ã®å®šç¾©
     49ターゲット略称の定義
    6550#
    6651TARGET = @(TARGET)
    6752
    6853#
    69 ãƒ—ログラミング言語の定義
     54プログラミング言語の定義
    7055#
    7156SRCLANG = @(SRCLANG)
     
    8065
    8166#
    82 ã‚½ãƒ¼ã‚¹ãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒ«ã®ãƒ‡ã‚£ãƒ¬ã‚¯ãƒˆãƒªã®å®šç¾©
     67ソースファイルのディレクトリの定義
    8368#
    8469SRCDIR = @(SRCDIR)
    8570
    8671#
    87 ã‚ªãƒ–ジェクトファイル名の拡張子の設定
     72オブジェクトファイル名の拡張子の設定
    8873#
    8974OBJEXT = @(OBJEXT)
    9075
    9176#
    92 ã‚«ãƒ¼ãƒãƒ«ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリ(libkernel.a)のディレクトリ名
    93 ï¼ˆã‚«ãƒ¼ãƒãƒ«ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリもmake対象にする時は,空に定義する)
     77カーネルライブラリ(libkernel.a)のディレクトリ名
     78(カーネルライブラリもmake対象にする時は,空に定義する)
    9479#
    9580KERNEL_LIB = @(KERNEL_LIB)
    9681
    9782#
    98 ã‚«ãƒ¼ãƒãƒ«ã‚’関数単位でコンパイルするかどうかの定義
     83カーネルを関数単位でコンパイルするかどうかの定義
    9984#
    10085KERNEL_FUNCOBJS = @(KERNEL_FUNCOBJS)
    10186
    10287#
    103 #  TECSを外すかどうかの定義
     88#  TECSを外すかどうかの定義
    10489#
    10590OMIT_TECS = @(OMIT_TECS)
    10691
    10792#
    108 ãƒˆãƒ¬ãƒ¼ã‚¹ãƒ­ã‚°ã‚’取得するかどうかの定義
     93トレースログを取得するかどうかの定義
    10994#
    11095ENABLE_TRACE = @(ENABLE_TRACE)
    11196
    11297#
    113 é–‹ç™ºãƒ„ール(コンパイラ等)のディレクトリの定義
     98開発ツール(コンパイラ等)のディレクトリの定義
    11499#
    115100DEVTOOLDIR = @(DEVTOOLDIR)
    116101
    117102#
    118 ãƒ¦ãƒ¼ãƒ†ã‚£ãƒªãƒ†ã‚£ãƒ—ログラムの名称
     103ユーティリティプログラムの名称
    119104#
    120105CFG = @(CFG)
     
    122107
    123108#
    124 ã‚ªãƒ–ジェクトファイル名の定義
     109オブジェクトファイル名の定義
    125110#
    126111OBJNAME = asp
     
    134119
    135120#
    136 ä¾å­˜é–¢ä¿‚ファイルを置くディレクトリの定義
     121依存関係ファイルを置くディレクトリの定義
    137122#
    138123DEPDIR = @(DEPDIR)
    139124
    140125#
    141 ã‚¿ãƒ¼ã‚²ãƒƒãƒˆä¾å­˜éƒ¨ã®ãƒ‡ã‚£ãƒ¬ã‚¯ãƒˆãƒªã®å®šç¾©
     126ターゲット依存部のディレクトリの定義
    142127#
    143128TARGETDIR = $(SRCDIR)/target/$(TARGET)
    144129
    145130#
    146 ã‚¿ãƒ¼ã‚²ãƒƒãƒˆä¾å­˜ã®å®šç¾©ã®ã‚¤ãƒ³ã‚¯ãƒ«ãƒ¼ãƒ‰
     131ターゲット依存の定義のインクルード
    147132#
    148133include $(TARGETDIR)/Makefile.target
    149134
    150135#
    151 #  TECS生成ファイルのディレクトリの定義
     136#  TECS生成ファイルのディレクトリの定義
    152137#
    153138TECSGENDIR = ./gen
     
    158143
    159144#
    160 #  TECSが生成する定義のインクルード
     145#  TECSが生成する定義のインクルード
    161146#
    162147ifndef OMIT_TECS
     
    166151
    167152#
    168 #  mbedサービスの定義
     153#  mbedサービスの定義
    169154#
    170155
     
    172157
    173158#
    174 #  å
    175 ±é€šã‚³ãƒ³ãƒ‘イルオプションの定義
     159#  共通コンパイルオプションの定義
    176160#
    177161COPTS := -g @(COPTS) $(COPTS)
     
    192176
    193177#
    194 ã‚¢ãƒ—リケーションプログラムに関する定義
     178アプリケーションプログラムに関する定義
    195179#
    196180APPLNAME = @(APPLNAME)
     
    214198
    215199#
    216 ãƒãƒƒãƒˆãƒ¯ãƒ¼ã‚¯ã‚µãƒ¼ãƒ“スの定義
     200ネットワークサービスの定義
    217201#
    218202
    219203NO_USE_TINET_LIBRARY = true
    220204
    221 ãƒãƒƒãƒˆãƒ¯ãƒ¼ã‚¯ã‚¤ãƒ³ã‚¿ãƒ•ã‚§ãƒ¼ã‚¹ã®é¸æŠžã€ä½•ã‚Œã‹ä¸€ã¤é¸æŠžã™ã‚‹ã€‚
     205ネットワークインタフェースの選択、何れか一つ選択する。
    222206
    223207NET_IF = ether
    224208
    225 ã‚¤ãƒ¼ã‚µãƒãƒƒãƒˆãƒ»ãƒ‡ã‚£ãƒã‚¤ã‚¹ãƒ‰ãƒ©ã‚¤ãƒã®é¸æŠž
     209イーサネット・ディバイスドライバの選択
    226210
    227211NET_DEV = if_mbed
    228212
    229 ãƒãƒƒãƒˆãƒ¯ãƒ¼ã‚¯å±¤ã®é¸æŠž
     213ネットワーク層の選択
    230214
    231215#SUPPORT_INET6 = true
    232216SUPPORT_INET4 = true
    233217
    234 #  API に組込む機能の選択
     218#  API に組込む機能の選択
    235219
    236220#API_CFG_IP4MAPPED_ADDR = true
    237221
    238 ãƒˆãƒ©ãƒ³ã‚¹ãƒãƒ¼ãƒˆå±¤ã®é¸æŠž
     222トランスポート層の選択
    239223
    240224SUPPORT_TCP = true
     
    242226
    243227#
    244 ã‚·ã‚¹ãƒ†ãƒ ã‚µãƒ¼ãƒ“スの Makefile のインクルード
     228システムサービスの Makefile のインクルード
    245229#
    246230include $(SRCDIR)/tinet/Makefile.tinet
    247231
    248232#
    249 ã‚·ã‚¹ãƒ†ãƒ ã‚µãƒ¼ãƒ“スに関する定義
     233システムサービスに関する定義
    250234#
    251235SYSSVC_DIRS := $(TECSGENDIR) $(SRCDIR)/tecs_kernel \
     
    258242
    259243#
    260 ã‚¿ãƒ¼ã‚²ãƒƒãƒˆãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒ«
     244ターゲットファイル
    261245#
    262246.PHONY: all
     
    272256endif
    273257
    274 ##### 以下は編集しないこと #####
    275 
    276 #
    277 ã‚³ãƒ³ãƒ•ã‚£ã‚®ãƒ¥ãƒ¬ãƒ¼ã‚¿ã«é–¢ã™ã‚‹å®šç¾©
     258##### 以下は編集しないこと #####
     259
     260#
     261コンフィギュレータに関する定義
    278262#
    279263CFG_TABS := --api-table $(SRCDIR)/tinet/tcpip_api.def:tcpip \
     
    288272
    289273#
    290 ã‚«ãƒ¼ãƒãƒ«ã«é–¢ã™ã‚‹å®šç¾©
    291 #
    292 #  KERNEL_ASMOBJS: カーネルライブラリに含める,ソースがアセンブリ言語の
    293 #                                  オブジェクトファイル.
    294 #  KERNEL_COBJS: カーネルのライブラリに含める,ソースがC言語で,ソース
    295 #                                ファイルと1対1に対応するオブジェクトファイル.
    296 #  KERNEL_LCSRCS: カーネルのライブラリに含めるC言語のソースファイルで,
    297 #                                 1つのソースファイルから複数のオブジェクトファイルを生
    298 #                                 æˆã™ã‚‹ã‚‚の.
    299 #  KERNEL_LCOBJS: 上のソースファイルから生成されるオブジェクトファイル.
     274カーネルに関する定義
     275#
     276#  KERNEL_ASMOBJS: カーネルライブラリに含める,ソースがアセンブリ言語の
     277#                                  オブジェクトファイル.
     278#  KERNEL_COBJS: カーネルのライブラリに含める,ソースがC言語で,ソース
     279#                                ファイルと1対1に対応するオブジェクトファイル.
     280#  KERNEL_LCSRCS: カーネルのライブラリに含めるC言語のソースファイルで,
     281#                                 1つのソースファイルから複数のオブジェクトファイルを生
     282#                                 成するもの.
     283#  KERNEL_LCOBJS: 上のソースファイルから生成されるオブジェクトファイル.
    300284#
    301285KERNEL_DIRS := $(KERNEL_DIRS) $(SRCDIR)/kernel
     
    305289
    306290#
    307 ã‚«ãƒ¼ãƒãƒ«ã®ãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒ«æ§‹æˆã®å®šç¾©
     291カーネルのファイル構成の定義
    308292#
    309293include $(SRCDIR)/kernel/Makefile.kernel
     
    338322
    339323#
    340 ã‚½ãƒ¼ã‚¹ãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒ«ã®ã‚るディレクトリに関する定義
     324ソースファイルのあるディレクトリに関する定義
    341325#
    342326vpath %.c $(KERNEL_DIRS) $(SYSSVC_DIRS) $(APPL_DIRS)
     
    346330
    347331#
    348 ã‚³ãƒ³ãƒ‘イルのための変数の定義
     332コンパイルのための変数の定義
    349333#
    350334KERNEL_LIB_OBJS = $(KERNEL_ASMOBJS) $(KERNEL_COBJS) $(KERNEL_LCOBJS)
     
    374358
    375359#
    376 #  tecsgenからCプリプロセッサを呼び出す際のオプションの定義
     360#  tecsgenからCプリプロセッサを呼び出す際のオプションの定義
    377361#
    378362TECS_CPP = $(CC) $(CDEFS) $(INCLUDES) $(SYSSVC_CFLAGS) -D TECSGEN -E
    379363
    380364#
    381 #  tecsgenの呼出し
     365#  tecsgenの呼出し
    382366#
    383367.PHONY: tecs
     
    387371
    388372#
    389 ã‚«ãƒ¼ãƒãƒ«ã®ã‚³ãƒ³ãƒ•ã‚£ã‚®ãƒ¥ãƒ¬ãƒ¼ã‚·ãƒ§ãƒ³ãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒ«ã®ç”Ÿæˆ
     373カーネルのコンフィギュレーションファイルの生成
    390374#
    391375cfg1_out.c cfg1_out.db: cfg1_out.timestamp ;
     
    409393
    410394#
    411 ã‚ªãƒ•ã‚»ãƒƒãƒˆãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒ«ï¼ˆoffset.h)の生成規則
     395オフセットファイル(offset.h)の生成規則
    412396#
    413397$(OFFSET_H): offset.timestamp ;
     
    417401
    418402#
    419 ã‚«ãƒ¼ãƒãƒ«ãƒ©ã‚¤ãƒ–ラリファイルの生成
     403カーネルライブラリファイルの生成
    420404#
    421405libkernel.a: $(OFFSET_H) $(KERNEL_LIB_OBJS)
     
    425409
    426410#
    427 ç‰¹åˆ¥ãªä¾å­˜é–¢ä¿‚の定義
     411特別な依存関係の定義
    428412#
    429413tBannerMain.o: $(filter-out tBannerMain.o,$(ALL_OBJS)) $(LIBS_DEP)
    430414
    431415#
    432 #  å
    433 ¨ä½“のリンク
     416#  全体のリンク
    434417#
    435418$(OBJFILE): $(ALL_OBJS) $(LIBS_DEP)
     
    439422
    440423#
    441 ã‚·ãƒ³ãƒœãƒ«ãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒ«ã®ç”Ÿæˆ
     424シンボルファイルの生成
    442425#
    443426$(OBJNAME).syms: $(OBJFILE)
     
    445428
    446429#
    447 ãƒã‚¤ãƒŠãƒªãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒ«ã®ç”Ÿæˆ
     430バイナリファイルの生成
    448431#
    449432$(OBJNAME).bin: $(OBJFILE)
     
    451434
    452435#
    453 #  Sレコードファイルの生成
     436#  Sレコードファイルの生成
    454437#
    455438$(OBJNAME).srec: $(OBJFILE)
     
    457440
    458441#
    459 ã‚¨ãƒ©ãƒ¼ãƒã‚§ãƒƒã‚¯å‡¦ç†
     442エラーチェック処理
    460443#
    461444.PHONY: check
     
    467450
    468451#
    469 ã‚³ãƒ³ãƒ‘イル結果の消去
     452コンパイル結果の消去
    470453#
    471454.PHONY: clean
     
    492475
    493476#
    494 #  コンフィギュレータが生成したファイルのコンパイルルールの定義
    495 #
    496 #  コンフィギュレータが生成したファイルは,å
    497 ±é€šã®ã‚³ãƒ³ãƒ‘イルオプション
    498 #  のみを付けてコンパイルする.
     477#  コンフィギュレータが生成したファイルのコンパイルルールの定義
     478#
     479#  コンフィギュレータが生成したファイルは,共通のコンパイルオプション
     480#  のみを付けてコンパイルする.
    499481#
    500482ALL_CFG_COBJS = $(CFG_COBJS) cfg1_out.o
     
    511493
    512494#
    513 ä¾å­˜é–¢ä¿‚ファイルのインクルード
     495依存関係ファイルのインクルード
    514496#
    515497-include $(DEPDIR)/*.d
    516498
    517499#
    518 é–‹ç™ºãƒ„ールのコマンド名の定義
     500開発ツールのコマンド名の定義
    519501#
    520502ifeq ($(TOOL),gcc)
    521503        #
    522         #  GNU開発環境用
     504        #  GNU開発環境用
    523505        #
    524506        ifdef GCC_TARGET
     
    557539
    558540#
    559 ã‚³ãƒ³ãƒ‘イルルールの定義
     541コンパイルルールの定義
    560542#
    561543$(KERNEL_COBJS): %.o: %.c
     
    600582
    601583#
    602 ãƒ‡ãƒ•ã‚©ãƒ«ãƒˆã‚³ãƒ³ãƒ‘イルルールを上書き
     584デフォルトコンパイルルールを上書き
    603585#
    604586%.o: %.c
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/route_cfg.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    4533
    4634/*
    47  *  ルーティング表
     35 *  ルーティング表
    4836 */
    4937
     
    5644#include <netinet/in_var.h>
    5745
    58 /* IPv4 に関する定義 */
     46/* IPv4 に関する定義 */
    5947
    6048#ifdef SUPPORT_INET4
     
    8068T_IN4_RTENTRY routing_tbl[NUM_ROUTE_ENTRY] = {
    8169
    82         /* 異なる LAN、default gateway による間接é
    83 é€    */
     70        /* 異なる LAN、default gateway による間接配送      */
    8471        { 0,                    0,                      IPV4_ADDR_DEFAULT_GW    },
    8572
    86         /* 同一 LAN å†
    87 ã€ç›´æŽ¥é
    88 é€                            */
     73        /* 同一 LAN 内、直接配送                                */
    8974        { IPV4_ADDR_LOCAL &
    9075          IPV4_ADDR_LOCAL_MASK, IPV4_ADDR_LOCAL_MASK,   0                       },
    9176
    92         /* 同一 LAN å†
    93 ã¸ã®ãƒ–ロードキャスト、直接é
    94 é€    */
     77        /* 同一 LAN 内へのブロードキャスト、直接配送      */
    9578        { 0xffffffff,           0xffffffff,             0                       },
    9679
     
    10184#endif  /* of #ifdef SUPPORT_INET4 */
    10285
    103 /* IPv6 に関する定義 */
     86/* IPv6 に関する定義 */
    10487
    10588#ifdef SUPPORT_INET6
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/sample1.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
    r270 r321  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  上記著作権è€
    12 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    13  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    14  *  変・再é
    15 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    16  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    17  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    18  *      スコード中に含まれていること.
    19  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    20  *      用できる形で再é
    21 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    22 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    23  *      è€
    24 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    25  *      の無保証規定を掲載すること.
    26  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    27  *      用できない形で再é
    28 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    29  *      と.
    30  *    (a) 再é
    31 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    32 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    33  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    34  *    (b) 再é
    35 å¸ƒã®å½¢æ
    36 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    37  *        報告すること.
    38  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    39  *      害からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    42  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    43  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    44 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    45  *      å
    46 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    4733 *
    48  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    49 ãŠ
    50  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    51  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    52  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    53  *  の責任を負わない.
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    5439 *
    5540 *  $Id$
     
    5742
    5843/*
    59  *  サンプルプログラム(1)の本体
    60  *
    61  *  ASPカーネルの基本的な動作を確認するためのサンプルプログラム.
    62  *
    63  *  プログラムの概要:
    64  *
    65  *  ユーザインタフェースを受け持つメインタスク(タスクID: MAIN_TASK,優
    66  *  å
    67 ˆåº¦: MAIN_PRIORITY)と,3つの並行実行されるタスク(タスクID:
    68  *  TASK1~TASK3,初期優å
    69 ˆåº¦: MID_PRIORITY)で構成される.また,起動周
    70  *  期が2秒の周期ハンドラ(周期ハンドラID: CYCHDR1)を用いる.
    71  *
    72  *  並行実行されるタスクは,task_loop回空ループを実行する度に,タスクが
    73  *  実行中であることをあらわすメッセージを表示する.空ループを実行する
    74  *  のは,空ループなしでメッセージを出力すると,多量のメッセージが出力
    75  *  され,プログラムの動作が確認しずらくなるためである.また,低速なシ
    76  *  リアルポートを用いてメッセージを出力する場合に,すべてのメッセージ
    77  *  が出力できるように,メッセージの量を制限するという理由もある.
    78  *
    79  *  周期ハンドラは,三つの優å
    80 ˆåº¦ï¼ˆHIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,
    81  *  LOW_PRIORITY)のレディキューを回転させる.プログラムの起動直後は,
    82  *  周期ハンドラは停止状æ
    83 ‹ã«ãªã£ã¦ã„る.
    84  *
    85  *  メインタスクは,シリアルI/Oポートからの文字å
    86 ¥åŠ›ã‚’行い(文字å
    87 ¥åŠ›ã‚’
    88  *  å¾
    89 ã£ã¦ã„る間は,並行実行されるタスクが実行されている),å
    90 ¥åŠ›ã•ã‚ŒãŸ
    91  *  文字に対応した処理を実行する.å
    92 ¥åŠ›ã•ã‚ŒãŸæ–‡å­—と処理の関係は次の通り.
    93  *  Control-Cまたは'Q'がå
    94 ¥åŠ›ã•ã‚Œã‚‹ã¨ï¼Œãƒ—ログラムを終了する.
    95  *
    96  *  '1' : 対象タスクをTASK1に切り換える(初期設定).
    97  *  '2' : 対象タスクをTASK2に切り換える.
    98  *  '3' : 対象タスクをTASK3に切り換える.
    99  *  'a' : 対象タスクをact_tskにより起動する.
    100  *  'A' : 対象タスクに対する起動要求をcan_actによりキャンセルする.
    101  *  'e' : 対象タスクにext_tskを呼び出させ,終了させる.
    102  *  't' : 対象タスクをter_tskにより強制終了する.
    103  *  '>' : 対象タスクの優å
    104 ˆåº¦ã‚’HIGH_PRIORITYにする.
    105  *  '=' : 対象タスクの優å
    106 ˆåº¦ã‚’MID_PRIORITYにする.
    107  *  '<' : 対象タスクの優å
    108 ˆåº¦ã‚’LOW_PRIORITYにする.
    109  *  'G' : 対象タスクの優å
    110 ˆåº¦ã‚’get_priで読み出す.
    111  *  's' : 対象タスクにslp_tskを呼び出させ,起床å¾
    112 ã¡ã«ã•ã›ã‚‹ï¼Ž
    113  *  'S' : 対象タスクにtslp_tsk(10秒)を呼び出させ,起床å¾
    114 ã¡ã«ã•ã›ã‚‹ï¼Ž
    115  *  'w' : 対象タスクをwup_tskにより起床する.
    116  *  'W' : 対象タスクに対する起床要求をcan_wupによりキャンセルする.
    117  *  'l' : 対象タスクをrel_waiにより強制的にå¾
    118 ã¡è§£é™¤ã«ã™ã‚‹ï¼Ž
    119  *  'u' : 対象タスクをsus_tskにより強制å¾
    120 ã¡çŠ¶æ
    121 ‹ã«ã™ã‚‹ï¼Ž
    122  *  'm' : 対象タスクの強制å¾
    123 ã¡çŠ¶æ
    124 ‹ã‚’rsm_tskにより解除する.
    125  *  'd' : 対象タスクにdly_tsk(10秒)を呼び出させ,時間経過å¾
    126 ã¡ã«ã•ã›ã‚‹ï¼Ž
    127  *  'x' : 対象タスクにras_terにより終了要求する.
    128  *  'y' : 対象タスクにdis_terを呼び出させ,タスク終了を禁止する.
    129  *  'Y' : 対象タスクにena_terを呼び出させ,タスク終了を許可する.
    130  *  'r' : 3つの優å
    131 ˆåº¦ï¼ˆHIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,LOW_PRIORITY)のレ
    132  *        ディキューを回転させる.
    133  *  'c' : 周期ハンドラを動作開始させる.
    134  *  'C' : 周期ハンドラを動作停止させる.
    135  *  'b' : アラームハンドラを5秒後に起動するよう動作開始させる.
    136  *  'B' : アラームハンドラを動作停止させる.
    137  *  'z' : 対象タスクにCPU例外を発生させる(タスクを終了させる).
    138  *  'Z' : 対象タスクにCPUロック状æ
    139 ‹ã§CPU例外を発生させる(プログラムを
    140  *        終了する).
    141  *  '@' : タスク3をacre_tskにより生成する.
    142  *  '!' : 対象タスクをdel_tskにより削除する.
    143  *  '$' : アラームハンドラをacre_almにより生成する.
    144  *  '#' : アラームハンドラをdel_almにより削除する.
    145  *  'V' : fch_hrtで高分解能タイマを2回読む.
    146  *  'v' : 発行したシステムコールを表示する(デフォルト).
    147  *  'q' : 発行したシステムコールを表示しない.
     44 *  サンプルプログラム(1)の本体
     45 *
     46 *  ASPカーネルの基本的な動作を確認するためのサンプルプログラム.
     47 *
     48 *  プログラムの概要:
     49 *
     50 *  ユーザインタフェースを受け持つメインタスク(タスクID: MAIN_TASK,優
     51 *  先度: MAIN_PRIORITY)と,3つの並行実行されるタスク(タスクID:
     52 *  TASK1~TASK3,初期優先度: MID_PRIORITY)で構成される.また,起動周
     53 *  期が2秒の周期ハンドラ(周期ハンドラID: CYCHDR1)を用いる.
     54 *
     55 *  並行実行されるタスクは,task_loop回空ループを実行する度に,タスクが
     56 *  実行中であることをあらわすメッセージを表示する.空ループを実行する
     57 *  のは,空ループなしでメッセージを出力すると,多量のメッセージが出力
     58 *  され,プログラムの動作が確認しずらくなるためである.また,低速なシ
     59 *  リアルポートを用いてメッセージを出力する場合に,すべてのメッセージ
     60 *  が出力できるように,メッセージの量を制限するという理由もある.
     61 *
     62 *  周期ハンドラは,三つの優先度(HIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,
     63 *  LOW_PRIORITY)のレディキューを回転させる.プログラムの起動直後は,
     64 *  周期ハンドラは停止状態になっている.
     65 *
     66 *  メインタスクは,シリアルI/Oポートからの文字入力を行い(文字入力を
     67 *  待っている間は,並行実行されるタスクが実行されている),入力された
     68 *  文字に対応した処理を実行する.入力された文字と処理の関係は次の通り.
     69 *  Control-Cまたは'Q'が入力されると,プログラムを終了する.
     70 *
     71 *  '1' : 対象タスクをTASK1に切り換える(初期設定).
     72 *  '2' : 対象タスクをTASK2に切り換える.
     73 *  '3' : 対象タスクをTASK3に切り換える.
     74 *  'a' : 対象タスクをact_tskにより起動する.
     75 *  'A' : 対象タスクに対する起動要求をcan_actによりキャンセルする.
     76 *  'e' : 対象タスクにext_tskを呼び出させ,終了させる.
     77 *  't' : 対象タスクをter_tskにより強制終了する.
     78 *  '>' : 対象タスクの優先度をHIGH_PRIORITYにする.
     79 *  '=' : 対象タスクの優先度をMID_PRIORITYにする.
     80 *  '<' : 対象タスクの優先度をLOW_PRIORITYにする.
     81 *  'G' : 対象タスクの優先度をget_priで読み出す.
     82 *  's' : 対象タスクにslp_tskを呼び出させ,起床待ちにさせる.
     83 *  'S' : 対象タスクにtslp_tsk(10秒)を呼び出させ,起床待ちにさせる.
     84 *  'w' : 対象タスクをwup_tskにより起床する.
     85 *  'W' : 対象タスクに対する起床要求をcan_wupによりキャンセルする.
     86 *  'l' : 対象タスクをrel_waiにより強制的に待ち解除にする.
     87 *  'u' : 対象タスクをsus_tskにより強制待ち状態にする.
     88 *  'm' : 対象タスクの強制待ち状態をrsm_tskにより解除する.
     89 *  'd' : 対象タスクにdly_tsk(10秒)を呼び出させ,時間経過待ちにさせる.
     90 *  'x' : 対象タスクにras_terにより終了要求する.
     91 *  'y' : 対象タスクにdis_terを呼び出させ,タスク終了を禁止する.
     92 *  'Y' : 対象タスクにena_terを呼び出させ,タスク終了を許可する.
     93 *  'r' : 3つの優先度(HIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,LOW_PRIORITY)のレ
     94 *        ディキューを回転させる.
     95 *  'c' : 周期ハンドラを動作開始させる.
     96 *  'C' : 周期ハンドラを動作停止させる.
     97 *  'b' : アラームハンドラを5秒後に起動するよう動作開始させる.
     98 *  'B' : アラームハンドラを動作停止させる.
     99 *  'z' : 対象タスクにCPU例外を発生させる(タスクを終了させる).
     100 *  'Z' : 対象タスクにCPUロック状態でCPU例外を発生させる(プログラムを
     101 *        終了する).
     102 *  '@' : タスク3をacre_tskにより生成する.
     103 *  '!' : 対象タスクをdel_tskにより削除する.
     104 *  '$' : アラームハンドラをacre_almにより生成する.
     105 *  '#' : アラームハンドラをdel_almにより削除する.
     106 *  'V' : fch_hrtで高分解能タイマを2回読む.
     107 *  'v' : 発行したシステムコールを表示する(デフォルト).
     108 *  'q' : 発行したシステムコールを表示しない.
    148109 */
    149110
     
    158119
    159120/*
    160  *  サービスコールのエラーのログ出力
     121 *  サービスコールのエラーのログ出力
    161122 */
    162123Inline void
     
    171132
    172133/*
    173  *  並行実行されるタスクへのメッセージ領域
     134 *  並行実行されるタスクへのメッセージ領域
    174135 */
    175136char    message[3];
    176137
    177138/*
    178  *  ループ回数
    179  */
    180 ulong_t task_loop;              /* タスクå†
    181 ã§ã®ãƒ«ãƒ¼ãƒ—回数 */
    182 
    183 /*
    184  *  並行実行されるタスク
     139 *  ループ回数
     140 */
     141ulong_t task_loop;              /* タスク内でのループ回数 */
     142
     143/*
     144 *  並行実行されるタスク
    185145 */
    186146void task(intptr_t exinf)
     
    242202
    243203/*
    244  *  割込みハンドラ
     204 *  割込みハンドラ
    245205 */
    246206#ifdef INTNO1
     
    257217
    258218/*
    259  *  CPU例外ハンドラ
    260  */
    261 ID      cpuexc_tskid;           /* CPU例外を起こしたタスクのID */
     219 *  CPU例外ハンドラ
     220 */
     221ID      cpuexc_tskid;           /* CPU例外を起こしたタスクのID */
    262222
    263223#ifdef CPUEXC1
     
    298258
    299259/*
    300  *  周期ハンドラ
    301  *
    302  *  HIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,LOW_PRIORITY の各優å
    303 ˆåº¦ã®ãƒ¬ãƒ‡ã‚£ã‚­ãƒ¥ãƒ¼
    304  *  を回転させる.
     260 *  周期ハンドラ
     261 *
     262 *  HIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,LOW_PRIORITY の各優先度のレディキュー
     263 *  を回転させる.
    305264 */
    306265void cyclic_handler(intptr_t exinf)
     
    312271
    313272/*
    314  *  アラームハンドラ
    315  *
    316  *  HIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,LOW_PRIORITY の各優å
    317 ˆåº¦ã®ãƒ¬ãƒ‡ã‚£ã‚­ãƒ¥ãƒ¼
    318  *  を回転させる.
     273 *  アラームハンドラ
     274 *
     275 *  HIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,LOW_PRIORITY の各優先度のレディキュー
     276 *  を回転させる.
    319277 */
    320278void alarm_handler(intptr_t exinf)
     
    326284
    327285/*
    328  *  例外処理タスク
     286 *  例外処理タスク
    329287 */
    330288void exc_task(intptr_t exinf)
     
    334292
    335293/*
    336  *  メインタスク
     294 *  メインタスク
    337295 */
    338296void main_task(intptr_t exinf)
     
    357315
    358316        /*
    359          *  シリアルポートの初期化
     317         *  シリアルポートの初期化
    360318         *
    361          *  システムログタスクと同じシリアルポートを使う場合など,シリアル
    362          *  ポートがオープン済みの場合にはここでE_OBJエラーになるが,支障は
    363          *  ない.
     319         *  システムログタスクと同じシリアルポートを使う場合など,シリアル
     320         *  ポートがオープン済みの場合にはここでE_OBJエラーになるが,支障は
     321         *  ない.
    364322         */
    365323        ercd = serial_opn_por(TASK_PORTID);
     
    372330
    373331        /*
    374          *  ループ回数の設定
     332         *  ループ回数の設定
    375333         *
    376          *  並行実行されるタスクå†
    377 ã§ã®ç©ºãƒ«ãƒ¼ãƒ—の回数(task_loop)は,空ルー
    378          *  プの実行時間が約0.4秒になるように設定する.この設定のために,
    379          *  LOOP_REF回の空ループの実行時間を,その前後でget_timを呼ぶことで
    380          *  測定し,その測定結果から空ループの実行時間が0.4秒になるループ回
    381          *  数を求め,task_loopに設定する.
     334         *  並行実行されるタスク内での空ループの回数(task_loop)は,空ルー
     335         *  プの実行時間が約0.4秒になるように設定する.この設定のために,
     336         *  LOOP_REF回の空ループの実行時間を,その前後でget_timを呼ぶことで
     337         *  測定し,その測定結果から空ループの実行時間が0.4秒になるループ回
     338         *  数を求め,task_loopに設定する.
    382339         *
    383          *  LOOP_REFは,デフォルトでは1,000,000に設定しているが,想定したよ
    384          *  りé
    385 ã„プロセッサでは,サンプルプログラムの実行開始に時間がかか
    386          *  りすぎるという問題を生じる.逆に想定したより速いプロセッサでは,
    387          *  LOOP_REF回の空ループの実行時間が短くなり,task_loopに設定する値
    388          *  の誤差が大きくなるという問題がある.
     340         *  LOOP_REFは,デフォルトでは1,000,000に設定しているが,想定したよ
     341         *  り遅いプロセッサでは,サンプルプログラムの実行開始に時間がかか
     342         *  りすぎるという問題を生じる.逆に想定したより速いプロセッサでは,
     343         *  LOOP_REF回の空ループの実行時間が短くなり,task_loopに設定する値
     344         *  の誤差が大きくなるという問題がある.
    389345         *
    390          *  そこで,そのようなターゲットでは,target_test.hで,LOOP_REFを適
    391          *  切な値に定義するのが望ましい.
     346         *  そこで,そのようなターゲットでは,target_test.hで,LOOP_REFを適
     347         *  切な値に定義するのが望ましい.
    392348         *
    393          *  また,task_loopの値を固定したい場合には,その値をTASK_LOOPにマ
    394          *  クロ定義する.TASK_LOOPがマクロ定義されている場合,上記の測定を
    395          *  行わずに,TASK_LOOPに定義された値を空ループの回数とする.
     349         *  また,task_loopの値を固定したい場合には,その値をTASK_LOOPにマ
     350         *  クロ定義する.TASK_LOOPがマクロ定義されている場合,上記の測定を
     351         *  行わずに,TASK_LOOPに定義された値を空ループの回数とする.
    396352         *
    397          * ターゲットによっては,空ループの実行時間の1回目の測定で,本来よ
    398          * りも長めになるものがある.このようなターゲットでは,MEASURE_TWICE
    399          * をマクロ定義することで,1回目の測定結果を捨てて,2回目の測定結果
    400          * を使う.
     353         * ターゲットによっては,空ループの実行時間の1回目の測定で,本来よ
     354         * りも長めになるものがある.このようなターゲットでは,MEASURE_TWICE
     355         * をマクロ定義することで,1回目の測定結果を捨てて,2回目の測定結果
     356         * を使う.
    401357         */
    402358#ifdef TASK_LOOP
     
    420376
    421377        /*
    422          *  タスクの起動
     378         *  タスクの起動
    423379         */
    424380        SVC_PERROR(act_tsk(TASK1));
     
    426382
    427383        /*
    428          *  メインループ
     384         *  メインループ
    429385         */
    430386        do {
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/sample1.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain;charset=UTF-8
    r270 r321  
    11/*
    2  *              サンプルプログラム(1)のコンポーネント記述ファイル
     2 *              サンプルプログラム(1)のコンポーネント記述ファイル
    33 *
    44 *  $Id$
    55 */
    66/*
    7  *  カーネルオブジェクトの定義
     7 *  カーネルオブジェクトの定義
    88 */
    99import(<kernel.cdl>);
    1010
    1111/*
    12  *  ターゲット非依存のセルタイプの定義
     12 *  ターゲット非依存のセルタイプの定義
    1313 */
    1414import("syssvc/tSerialPort.cdl");
     
    2020
    2121/*
    22  *  ターゲット依存部の取り込み
     22 *  ターゲット依存部の取り込み
    2323 */
    2424import("target.cdl");
    2525
    2626/*
    27  *  「セルの組上げ記述」とは,"cell"で始まる行から,それに対応する"};"
    28  *  の行までのことを言う.
     27 *  「セルの組上げ記述」とは,"cell"で始まる行から,それに対応する"};"
     28 *  の行までのことを言う.
    2929 */
    3030
    3131/*
    32  *  システムログ機能の組上げ記述
     32 *  システムログ機能の組上げ記述
    3333 *
    34  *  システムログ機能を外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除し,コ
    35  *  ンパイルオプションに-DTOPPERS_OMIT_SYSLOGを追加すればよい.ただし,
    36  *  システムログタスクはシステムログ機能を使用するため,それも外すこと
    37  *  がå¿
    38 è¦ã§ã‚る.また,システムログ機能のアダプタも外さなければならな
    39  *  い.tecsgenが警告メッセージを出すが,無視してよい.
     34 *  システムログ機能を外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除し,コ
     35 *  ンパイルオプションに-DTOPPERS_OMIT_SYSLOGを追加すればよい.ただし,
     36 *  システムログタスクはシステムログ機能を使用するため,それも外すこと
     37 *  が必要である.また,システムログ機能のアダプタも外さなければならな
     38 *  い.tecsgenが警告メッセージを出すが,無視してよい.
    4039 */
    4140cell tSysLog SysLog {
    42         logBufferSize = 32;                                     /* ログバッファのサイズ */
     41        logBufferSize = 32;                                     /* ログバッファのサイズ */
    4342        initLogMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_NOTICE)");
    44                                                                                 /* ログバッファに記録すべき重要度 */
     43                                                                                /* ログバッファに記録すべき重要度 */
    4544        initLowMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_EMERG)");
    46                                                                                 /* 低レベル出力すべき重要度 */
    47         /* 低レベル出力との結合 */
     45                                                                                /* 低レベル出力すべき重要度 */
     46        /* 低レベル出力との結合 */
    4847        cPutLog = PutLogTarget.ePutLog;
    4948};
    5049
    5150/*
    52  *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシステムログ機能
    53  *  を呼び出すためのアダプタの組上げ記述
     51 *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシステムログ機能
     52 *  を呼び出すためのアダプタの組上げ記述
    5453 *
    55  *  システムログ機能のサービスコール(syslog関数とsyslog_0関数~syslog_5
    56  *  関数以外のもの)ルをC言語で記述されたアプリケーションから呼び出さな
    57  *  い場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すればよい.
     54 *  システムログ機能のサービスコール(syslog関数とsyslog_0関数~syslog_5
     55 *  関数以外のもの)ルをC言語で記述されたアプリケーションから呼び出さな
     56 *  い場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すればよい.
    5857 */
    5958cell tSysLogAdapter SysLogAdapter {
     
    6261
    6362/*
    64  *  シリアルインタフェースドライバの組上げ記述
     63 *  シリアルインタフェースドライバの組上げ記述
    6564 *
    66  *  シリアルインタフェースドライバを外す場合には,以下のセルの組上げ記
    67  *  述を削除すればよい.ただし,システムログタスクはシリアルインタフェー
    68  *  スドライバを使用するため,それも外すことがå¿
    69 è¦ã§ã‚る.また,シリア
    70  *  ルインタフェースドライバのアダプタも外さなければならない.
     65 *  シリアルインタフェースドライバを外す場合には,以下のセルの組上げ記
     66 *  述を削除すればよい.ただし,システムログタスクはシリアルインタフェー
     67 *  スドライバを使用するため,それも外すことが必要である.また,シリア
     68 *  ルインタフェースドライバのアダプタも外さなければならない.
    7169 */
    7270cell tSerialPort SerialPort1 {
    73         receiveBufferSize = 256;                        /* 受信バッファのサイズ */
    74         sendBufferSize    = 256;                        /* 送信バッファのサイズ */
     71        receiveBufferSize = 256;                        /* 受信バッファのサイズ */
     72        sendBufferSize    = 256;                        /* 送信バッファのサイズ */
    7573
    76         /* ターゲット依存部との結合 */
     74        /* ターゲット依存部との結合 */
    7775        cSIOPort = SIOPortTarget1.eSIOPort;
    78         eiSIOCBR <= SIOPortTarget1.ciSIOCBR;    /* コールバック */
     76        eiSIOCBR <= SIOPortTarget1.ciSIOCBR;    /* コールバック */
    7977};
    8078
    8179/*
    82  *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシリアルインタ
    83  *  フェースドライバを呼び出すためのアダプタの組上げ記述
     80 *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシリアルインタ
     81 *  フェースドライバを呼び出すためのアダプタの組上げ記述
    8482 *
    85  *  シリアルインタフェースドライバのサービスコールをC言語で記述されたア
    86  *  プリケーションから呼び出さない場合には,以下のセルの組上げ記述を削
    87  *  除すればよい.
     83 *  シリアルインタフェースドライバのサービスコールをC言語で記述されたア
     84 *  プリケーションから呼び出さない場合には,以下のセルの組上げ記述を削
     85 *  除すればよい.
    8886 */
    8987cell tSerialAdapter SerialAdapter {
     
    9290
    9391/*
    94  *  システムログタスクの組上げ記述
     92 *  システムログタスクの組上げ記述
    9593 *
    96  *  システムログタスクを外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すれ
    97  *  ばよい.
     94 *  システムログタスクを外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すれ
     95 *  ばよい.
    9896 */
    9997cell tLogTask LogTask {
    100         priority  = 3;                                  /* システムログタスクの優å
    101 ˆåº¦ */
    102         stackSize = LogTaskStackSize;   /* システムログタスクのスタックサイズ */
     98        priority  = 3;                                  /* システムログタスクの優先度 */
     99        stackSize = LogTaskStackSize;   /* システムログタスクのスタックサイズ */
    103100
    104         /* シリアルインタフェースドライバとの結合 */
     101        /* シリアルインタフェースドライバとの結合 */
    105102        cSerialPort        = SerialPort1.eSerialPort;
    106103        cnSerialPortManage = SerialPort1.enSerialPortManage;
    107104
    108         /* システムログ機能との結合 */
     105        /* システムログ機能との結合 */
    109106        cSysLog = SysLog.eSysLog;
    110107
    111         /* 低レベル出力との結合 */
     108        /* 低レベル出力との結合 */
    112109        cPutLog = PutLogTarget.ePutLog;
    113110};
    114111
    115112/*
    116  *  カーネル起動メッセージ出力の組上げ記述
     113 *  カーネル起動メッセージ出力の組上げ記述
    117114 *
    118  *  カーネル起動メッセージの出力を外す場合には,以下のセルの組上げ記述
    119  *  を削除すればよい.
     115 *  カーネル起動メッセージの出力を外す場合には,以下のセルの組上げ記述
     116 *  を削除すればよい.
    120117 */
    121118cell tBanner Banner {
    122         /* 属性の設定 */
     119        /* 属性の設定 */
    123120        targetName      = BannerTargetName;
    124121        copyrightNotice = BannerCopyrightNotice;
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/sample1.cfg

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain;charset=UTF-8
    r270 r321  
    11/*
    2  *              サンプルプログラム(1)のシステムコンフィギュレーションファイル
     2 *              サンプルプログラム(1)のシステムコンフィギュレーションファイル
    33 *
    44 *  $Id$
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/sample1.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  上記著作権è€
    12 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    13  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    14  *  変・再é
    15 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    16  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    17  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    18  *      スコード中に含まれていること.
    19  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    20  *      用できる形で再é
    21 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    22 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    23  *      è€
    24 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    25  *      の無保証規定を掲載すること.
    26  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    27  *      用できない形で再é
    28 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    29  *      と.
    30  *    (a) 再é
    31 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    32 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    33  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    34  *    (b) 再é
    35 å¸ƒã®å½¢æ
    36 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    37  *        報告すること.
    38  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    39  *      害からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    42  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    43  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    44 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    45  *      å
    46 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    4733 *
    48  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    49 ãŠ
    50  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    51  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    52  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    53  *  の責任を負わない.
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    5439 *
    5540 *  $Id$
     
    5742
    5843/*
    59  *              サンプルプログラム(1)のヘッダファイル
     44 *              サンプルプログラム(1)のヘッダファイル
    6045 */
    6146
     
    6348
    6449/*
    65  *  ターゲット依存の定義
     50 *  ターゲット依存の定義
    6651 */
    6752#include "target_test.h"
    6853
    6954/*
    70  *  各タスクの優å
    71 ˆåº¦ã®å®šç¾©
     55 *  各タスクの優先度の定義
    7256 */
    7357
    74 #define EXC_PRIORITY    1               /* 例外処理タスクの優å
    75 ˆåº¦ */
    76 #define MAIN_PRIORITY   6               /* メインタスクの優å
    77 ˆåº¦ */
    78                                                                 /* HIGH_PRIORITYより高くすること */
     58#define EXC_PRIORITY    1               /* 例外処理タスクの優先度 */
     59#define MAIN_PRIORITY   6               /* メインタスクの優先度 */
     60                                                                /* HIGH_PRIORITYより高くすること */
    7961
    80 #define HIGH_PRIORITY   9               /* 並行実行されるタスクの優å
    81 ˆåº¦ */
     62#define HIGH_PRIORITY   9               /* 並行実行されるタスクの優先度 */
    8263#define MID_PRIORITY    10
    8364#define LOW_PRIORITY    11
    8465
    8566/*
    86  *  ターゲットに依存する可能性のある定数の定義
     67 *  ターゲットに依存する可能性のある定数の定義
    8768 */
    8869
    8970#ifndef TASK_PORTID
    90 #define TASK_PORTID             1                       /* 文字å
    91 ¥åŠ›ã™ã‚‹ã‚·ãƒªã‚¢ãƒ«ãƒãƒ¼ãƒˆID */
     71#define TASK_PORTID             1                       /* 文字入力するシリアルポートID */
    9272#endif /* TASK_PORTID */
    9373
    9474#ifndef STACK_SIZE
    95 #define STACK_SIZE              4096            /* タスクのスタックサイズ */
     75#define STACK_SIZE              4096            /* タスクのスタックサイズ */
    9676#endif /* STACK_SIZE */
    9777
    9878#ifndef KMM_SIZE
    99 #define KMM_SIZE                (STACK_SIZE * 16)       /* カーネルが割り付ける   */
    100 #endif /* KMM_SIZE */                                           /*     ãƒ¡ãƒ¢ãƒªé ˜åŸŸã®ã‚µã‚¤ã‚º */
     79#define KMM_SIZE                (STACK_SIZE * 16)       /* カーネルが割り付ける   */
     80#endif /* KMM_SIZE */                                           /*     メモリ領域のサイズ */
    10181
    10282#ifndef LOOP_REF
    103 #define LOOP_REF                ULONG_C(1000000)        /* 速度計測用のループ回数 */
     83#define LOOP_REF                ULONG_C(1000000)        /* 速度計測用のループ回数 */
    10484#endif /* LOOP_REF */
    10585
    10686/*
    107  *  関数のプロトタイプ宣言
     87 *  関数のプロトタイプ宣言
    10888 */
    10989#ifndef TOPPERS_MACRO_ONLY
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/sample1n.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    4533
    4634/*
    47  *  ネットワーク化サンプルプログラム(1)の本体
     35 *  ネットワーク化サンプルプログラム(1)の本体
    4836 */
    4937
     
    6250
    6351/*
    64  *  マクロ定義
    65  */
    66 
    67 /*  リネームの解除  */
     52 *  マクロ定義
     53 */
     54
     55/*  リネームの解除  */
    6856
    6957#undef syslog
     
    7361#define EOF             (-1)
    7462
    75 /*  TELNET オプション */
     63/*  TELNET オプション */
    7664
    7765#define TELNET_OPT_SE           (240)
     
    9381
    9482/*
    95  *  変数
    96  */
    97 
    98 /*  TCP 送受信ウィンドバッファ  */
     83 *  変数
     84 */
     85
     86/*  TCP 送受信ウィンドバッファ  */
    9987
    10088uint8_t tcp_swbuf[TCP_SWBUF_SIZE];
    10189uint8_t tcp_rwbuf[TCP_RWBUF_SIZE];
    10290
    103 bool_t          connected       = false;        /* コネクションの状æ
    104 ‹       */
    105 bool_t          wait_accept     = false;        /* 接続要求å¾
    106 ã¡ä¸­  */
     91bool_t          connected       = false;        /* コネクションの状態    */
     92bool_t          wait_accept     = false;        /* 接続要求待ち中      */
    10793
    10894#ifdef SUPPORT_INET4
     
    128114
    129115/*
    130  *  ネットワーク層の選択
     116 *  ネットワーク層の選択
    131117 */
    132118
     
    146132
    147133/*
    148  *  ノンブロッキングコールのコールバック関数
     134 *  ノンブロッキングコールのコールバック関数
    149135 */
    150136
     
    180166
    181167/*
    182  *  コネクションを切断
     168 *  コネクションを切断
    183169 */
    184170
     
    203189
    204190/*
    205  *  送信バッファのフラッシュ
     191 *  送信バッファのフラッシュ
    206192 */
    207193
     
    221207
    222208/*
    223  *  文字送信
     209 *  文字送信
    224210 */
    225211
     
    248234
    249235/*
    250  *  文字受信(変換なし)
     236 *  文字受信(変換なし)
    251237 */
    252238
     
    277263
    278264/*
    279  *  文字受信(TELNET オプションをスキップ)
     265 *  文字受信(TELNET オプションをスキップ)
    280266 */
    281267
     
    309295
    310296/*
    311  *  シリアルポートからの読出し
     297 *  シリアルポートからの読出し
    312298 */
    313299
     
    346332
    347333/*
    348  *  シリアルポートの制御
     334 *  シリアルポートの制御
    349335 */
    350336
     
    357343
    358344/*
    359  *  もっとも長い整数型 (LONGEST) と符号なし整数型 (ULONGEST)
     345 *  もっとも長い整数型 (LONGEST) と符号なし整数型 (ULONGEST)
    360346 */
    361347
     
    382368
    383369/*
    384  *  ログのシミュレーション
    385  */
    386 
    387 /*  数値変換のための変換表  */
     370 *  ログのシミュレーション
     371 */
     372
     373/*  数値変換のための変換表  */
    388374
    389375static const char radhex[] = "0123456789abcdef";
     
    391377
    392378/*
    393  *  put_num -- printf の数値変換
     379 *  put_num -- printf の数値変換
    394380 */
    395381
     
    423409
    424410        pad = ix;
    425         if (!left)      /* 右詰め */
     411        if (!left)      /* 右詰め */
    426412                for ( ; pad < width; pad ++)
    427413                        put_char(cepid, padchar);
     
    430416                put_char(cepid, digits[ix]);
    431417
    432         if (left)       /* 左詰め */
     418        if (left)       /* 左詰め */
    433419                for ( ; pad < width; pad ++)
    434420                        put_char(cepid, padchar);
     
    440426
    441427/*
    442  *  put_ipv4addr -- IPv4 アドレス出力
     428 *  put_ipv4addr -- IPv4 アドレス出力
    443429 */
    444430
     
    446432put_ipv4addr (ID cepid, ULONGEST *addr, int_t width)
    447433{
    448         int_t len = 3;  /* 3 は '.' の文字数 */
     434        int_t len = 3;  /* 3 は '.' の文字数 */
    449435
    450436#if _NET_CFG_BYTE_ORDER == _NET_CFG_BIG_ENDIAN
     
    483469
    484470/*
    485  *  ipv6addr -- IPv6 アドレス出力
     471 *  ipv6addr -- IPv6 アドレス出力
    486472 */
    487473
     
    535521
    536522/*
    537  *  put_macaddr -- MAC アドレス出力
     523 *  put_macaddr -- MAC アドレス出力
    538524 */
    539525
     
    556542
    557543/*
    558  *  引数を取り出すためのマクロ
     544 *  引数を取り出すためのマクロ
    559545 */
    560546
     
    590576
    591577/*
    592  *  ログ出力
     578 *  ログ出力
    593579 */
    594580
     
    606592                va_start(ap, format);
    607593                while ((ch = *format ++) != '\0') {
    608                         if (ch != '%') {                /* 書式指定以外 */
     594                        if (ch != '%') {                /* 書式指定以外 */
    609595                                put_char(TCP_CEPID, (char)ch);
    610596                                continue;
     
    614600                        padchar = ' ';
    615601
    616                         if (ch == '-') {                /* 左詰め */
     602                        if (ch == '-') {                /* 左詰め */
    617603                                format ++;
    618604                                left = -1;
     
    621607                                left = 1;
    622608
    623                         if ((ch = *format ++) == '0') { /* 上位桁の 0 */
     609                        if ((ch = *format ++) == '0') { /* 上位桁の 0 */
    624610                                padchar = '0';
    625611                                ch = *format ++;
    626612                                }
    627613
    628                         while ('0' <= ch && ch <= '9') {        /* 出力å¹
    629  */
     614                        while ('0' <= ch && ch <= '9') {        /* 出力幅 */
    630615                                width = width * 10 + ch - '0';
    631616                                ch = *format ++;
    632617                                }
    633618
    634                         while (ch == 'l') {             /* long (long) の指定 */
     619                        while (ch == 'l') {             /* long (long) の指定 */
    635620                                longflag ++;
    636621                                ch = *format ++;
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/sample1n.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain;charset=UTF-8
    r270 r321  
    11/*
    2  *              サンプルプログラム(1)のコンポーネント記述ファイル
     2 *              サンプルプログラム(1)のコンポーネント記述ファイル
    33 *
    44 *  $Id$
    55 */
    66/*
    7  *  カーネルオブジェクトの定義
     7 *  カーネルオブジェクトの定義
    88 */
    99import(<kernel.cdl>);
    1010
    1111/*
    12  *  ターゲット非依存のセルタイプの定義
     12 *  ターゲット非依存のセルタイプの定義
    1313 */
    1414import("syssvc/tSerialPort.cdl");
     
    2020
    2121/*
    22  *  ターゲット依存部の取り込み
     22 *  ターゲット依存部の取り込み
    2323 */
    2424import("target.cdl");
    2525
    2626/*
    27  *  「セルの組上げ記述」とは,"cell"で始まる行から,それに対応する"};"
    28  *  の行までのことを言う.
     27 *  「セルの組上げ記述」とは,"cell"で始まる行から,それに対応する"};"
     28 *  の行までのことを言う.
    2929 */
    3030
    3131/*
    32  *  システムログ機能の組上げ記述
     32 *  システムログ機能の組上げ記述
    3333 *
    34  *  システムログ機能を外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除し,コ
    35  *  ンパイルオプションに-DTOPPERS_OMIT_SYSLOGを追加すればよい.ただし,
    36  *  システムログタスクはシステムログ機能を使用するため,それも外すこと
    37  *  がå¿
    38 è¦ã§ã‚る.また,システムログ機能のアダプタも外さなければならな
    39  *  い.tecsgenが警告メッセージを出すが,無視してよい.
     34 *  システムログ機能を外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除し,コ
     35 *  ンパイルオプションに-DTOPPERS_OMIT_SYSLOGを追加すればよい.ただし,
     36 *  システムログタスクはシステムログ機能を使用するため,それも外すこと
     37 *  が必要である.また,システムログ機能のアダプタも外さなければならな
     38 *  い.tecsgenが警告メッセージを出すが,無視してよい.
    4039 */
    4140cell tSysLog SysLog {
    42         logBufferSize = 32;                                     /* ログバッファのサイズ */
     41        logBufferSize = 32;                                     /* ログバッファのサイズ */
    4342        initLogMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_NOTICE)");
    44                                                                                 /* ログバッファに記録すべき重要度 */
     43                                                                                /* ログバッファに記録すべき重要度 */
    4544        initLowMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_EMERG)");
    46                                                                                 /* 低レベル出力すべき重要度 */
    47         /* 低レベル出力との結合 */
     45                                                                                /* 低レベル出力すべき重要度 */
     46        /* 低レベル出力との結合 */
    4847        cPutLog = PutLogTarget.ePutLog;
    4948};
    5049
    5150/*
    52  *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシステムログ機能
    53  *  を呼び出すためのアダプタの組上げ記述
     51 *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシステムログ機能
     52 *  を呼び出すためのアダプタの組上げ記述
    5453 *
    55  *  システムログ機能のサービスコール(syslog関数とsyslog_0関数~syslog_5
    56  *  関数以外のもの)ルをC言語で記述されたアプリケーションから呼び出さな
    57  *  い場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すればよい.
     54 *  システムログ機能のサービスコール(syslog関数とsyslog_0関数~syslog_5
     55 *  関数以外のもの)ルをC言語で記述されたアプリケーションから呼び出さな
     56 *  い場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すればよい.
    5857 */
    5958cell tSysLogAdapter SysLogAdapter {
     
    6261
    6362/*
    64  *  シリアルインタフェースドライバの組上げ記述
     63 *  シリアルインタフェースドライバの組上げ記述
    6564 *
    66  *  シリアルインタフェースドライバを外す場合には,以下のセルの組上げ記
    67  *  述を削除すればよい.ただし,システムログタスクはシリアルインタフェー
    68  *  スドライバを使用するため,それも外すことがå¿
    69 è¦ã§ã‚る.また,シリア
    70  *  ルインタフェースドライバのアダプタも外さなければならない.
     65 *  シリアルインタフェースドライバを外す場合には,以下のセルの組上げ記
     66 *  述を削除すればよい.ただし,システムログタスクはシリアルインタフェー
     67 *  スドライバを使用するため,それも外すことが必要である.また,シリア
     68 *  ルインタフェースドライバのアダプタも外さなければならない.
    7169 */
    7270cell tSerialPort SerialPort1 {
    73         receiveBufferSize = 256;                        /* 受信バッファのサイズ */
    74         sendBufferSize    = 256;                        /* 送信バッファのサイズ */
     71        receiveBufferSize = 256;                        /* 受信バッファのサイズ */
     72        sendBufferSize    = 256;                        /* 送信バッファのサイズ */
    7573
    76         /* ターゲット依存部との結合 */
     74        /* ターゲット依存部との結合 */
    7775        cSIOPort = SIOPortTarget1.eSIOPort;
    78         eiSIOCBR <= SIOPortTarget1.ciSIOCBR;    /* コールバック */
     76        eiSIOCBR <= SIOPortTarget1.ciSIOCBR;    /* コールバック */
    7977};
    8078
    8179/*
    82  *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシリアルインタ
    83  *  フェースドライバを呼び出すためのアダプタの組上げ記述
     80 *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシリアルインタ
     81 *  フェースドライバを呼び出すためのアダプタの組上げ記述
    8482 *
    85  *  シリアルインタフェースドライバのサービスコールをC言語で記述されたア
    86  *  プリケーションから呼び出さない場合には,以下のセルの組上げ記述を削
    87  *  除すればよい.
     83 *  シリアルインタフェースドライバのサービスコールをC言語で記述されたア
     84 *  プリケーションから呼び出さない場合には,以下のセルの組上げ記述を削
     85 *  除すればよい.
    8886 */
    8987cell tSerialAdapter SerialAdapter {
     
    9290
    9391/*
    94  *  システムログタスクの組上げ記述
     92 *  システムログタスクの組上げ記述
    9593 *
    96  *  システムログタスクを外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すれ
    97  *  ばよい.
     94 *  システムログタスクを外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すれ
     95 *  ばよい.
    9896 */
    9997cell tLogTask LogTask {
    100         priority  = 3;                                  /* システムログタスクの優å
    101 ˆåº¦ */
    102         stackSize = LogTaskStackSize;   /* システムログタスクのスタックサイズ */
     98        priority  = 3;                                  /* システムログタスクの優先度 */
     99        stackSize = LogTaskStackSize;   /* システムログタスクのスタックサイズ */
    103100
    104         /* シリアルインタフェースドライバとの結合 */
     101        /* シリアルインタフェースドライバとの結合 */
    105102        cSerialPort        = SerialPort1.eSerialPort;
    106103        cnSerialPortManage = SerialPort1.enSerialPortManage;
    107104
    108         /* システムログ機能との結合 */
     105        /* システムログ機能との結合 */
    109106        cSysLog = SysLog.eSysLog;
    110107
    111         /* 低レベル出力との結合 */
     108        /* 低レベル出力との結合 */
    112109        cPutLog = PutLogTarget.ePutLog;
    113110};
    114111
    115112/*
    116  *  カーネル起動メッセージ出力の組上げ記述
     113 *  カーネル起動メッセージ出力の組上げ記述
    117114 *
    118  *  カーネル起動メッセージの出力を外す場合には,以下のセルの組上げ記述
    119  *  を削除すればよい.
     115 *  カーネル起動メッセージの出力を外す場合には,以下のセルの組上げ記述
     116 *  を削除すればよい.
    120117 */
    121118cell tBanner Banner {
    122         /* 属性の設定 */
     119        /* 属性の設定 */
    123120        targetName      = BannerTargetName;
    124121        copyrightNotice = BannerCopyrightNotice;
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/sample1n.cfg

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain;charset=UTF-8
    r270 r321  
    44
    55/*
    6  *  ネットワーク対応サンプルプログラム(1)の
    7  *  システムコンフィギュレーションファイル
     6 *  ネットワーク対応サンプルプログラム(1)の
     7 *  システムコンフィギュレーションファイル
    88 */
    99
     
    1717INCLUDE("tinet_sample1n.cfg");
    1818
    19 /* セマフォ */
     19/* セマフォ */
    2020
    2121CRE_SEM(SEM_TCP_SYSLOG, { TA_TPRI, 1, 1 });
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/sample1n.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    5038
    5139/*
    52  *  ネットワーク対応サンプルプログラム(1)のヘッダファイル
     40 *  ネットワーク対応サンプルプログラム(1)のヘッダファイル
    5341 */
    5442
    55 /*  TCP 送受信ウィンドバッファサイズ  */
     43/*  TCP 送受信ウィンドバッファサイズ  */
    5644
    5745#define TCP_SWBUF_SIZE  512
    5846#define TCP_RWBUF_SIZE  512
    5947
    60 /*  リネーム  */
     48/*  リネーム  */
    6149
    6250#define syslog          net_syslog
     
    6654#ifndef _MACRO_ONLY
    6755
    68 /*  TCP 送受信ウィンドバッファ  */
     56/*  TCP 送受信ウィンドバッファ  */
    6957
    7058extern uint8_t tcp_swbuf[];
    7159extern uint8_t tcp_rwbuf[];
    7260
    73 /*  ネットワーク対応化関数  */
     61/*  ネットワーク対応化関数  */
    7462
    7563extern void net_syslog(uint_t prio, const char *format, ...) throw();
     
    7765extern ER       net_serial_ctl_por(ID portid, uint_t ioctl) throw();
    7866
    79 /*  ノンブロッキングコールのコールバック関数  */
     67/*  ノンブロッキングコールのコールバック関数  */
    8068
    8169extern ER       callback_nblk_tcp(ID cepid, FN fncd, void *p_parblk);
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/tSample2.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc;charset=UTF-8
    r270 r321  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  上記著作権è€
    12 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    13  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    14  *  変・再é
    15 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    16  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    17  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    18  *      スコード中に含まれていること.
    19  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    20  *      用できる形で再é
    21 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    22 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    23  *      è€
    24 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    25  *      の無保証規定を掲載すること.
    26  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    27  *      用できない形で再é
    28 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    29  *      と.
    30  *    (a) 再é
    31 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    32 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    33  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    34  *    (b) 再é
    35 å¸ƒã®å½¢æ
    36 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    37  *        報告すること.
    38  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    39  *      害からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    42  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    43  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    44 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    45  *      å
    46 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    4733 *
    48  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    49 ãŠ
    50  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    51  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    52  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    53  *  の責任を負わない.
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    5439 *
    5540 *  $Id$
     
    5742
    5843/*
    59  *  サンプルプログラム(1)の本体
    60  *
    61  *  ASPカーネルの基本的な動作を確認するためのサンプルプログラム.
    62  *
    63  *  プログラムの概要:
    64  *
    65  *  ユーザインタフェースを受け持つメインタスク(タスクID: MAIN_TASK,優
    66  *  å
    67 ˆåº¦: MAIN_PRIORITY)と,3つの並行実行されるタスク(タスクID:
    68  *  TASK1~TASK3,初期優å
    69 ˆåº¦: MID_PRIORITY)で構成される.また,起動周
    70  *  期が2秒の周期ハンドラ(周期ハンドラID: CYCHDR1)を用いる.
    71  *
    72  *  並行実行されるタスクは,task_loop回空ループを実行する度に,タスクが
    73  *  実行中であることをあらわすメッセージを表示する.空ループを実行する
    74  *  のは,空ループなしでメッセージを出力すると,多量のメッセージが出力
    75  *  され,プログラムの動作が確認しずらくなるためである.また,低速なシ
    76  *  リアルポートを用いてメッセージを出力する場合に,すべてのメッセージ
    77  *  が出力できるように,メッセージの量を制限するという理由もある.
    78  *
    79  *  周期ハンドラは,三つの優å
    80 ˆåº¦ï¼ˆHIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,
    81  *  LOW_PRIORITY)のレディキューを回転させる.プログラムの起動直後は,
    82  *  周期ハンドラは停止状æ
    83 ‹ã«ãªã£ã¦ã„る.
    84  *
    85  *  メインタスクは,シリアルI/Oポートからの文字å
    86 ¥åŠ›ã‚’行い(文字å
    87 ¥åŠ›ã‚’
    88  *  å¾
    89 ã£ã¦ã„る間は,並列実行されるタスクが実行されている),å
    90 ¥åŠ›ã•ã‚ŒãŸ
    91  *  文字に対応した処理を実行する.å
    92 ¥åŠ›ã•ã‚ŒãŸæ–‡å­—と処理の関係は次の通り.
    93  *  Control-Cまたは'Q'がå
    94 ¥åŠ›ã•ã‚Œã‚‹ã¨ï¼Œãƒ—ログラムを終了する.
    95  *
    96  *  '1' : 対象タスクをTASK1に切り換える(初期設定).
    97  *  '2' : 対象タスクをTASK2に切り換える.
    98  *  '3' : 対象タスクをTASK3に切り換える.
    99  *  'a' : 対象タスクをcTask_activateにより起動する.
    100  *  'A' : 対象タスクに対する起動要求をcTask_cancelActivateによりキャンセルする.
    101  *  'e' : 対象タスクにexitTaskを呼び出させ,終了させる.
    102  *  't' : 対象タスクをcTask_terminateにより強制終了する.
    103  *  '>' : 対象タスクの優å
    104 ˆåº¦ã‚’HIGH_PRIORITYにする.
    105  *  '=' : 対象タスクの優å
    106 ˆåº¦ã‚’MID_PRIORITYにする.
    107  *  '<' : 対象タスクの優å
    108 ˆåº¦ã‚’LOW_PRIORITYにする.
    109  *  'G' : 対象タスクの優å
    110 ˆåº¦ã‚’cTask_getPriorityで読み出す.
    111  *  's' : 対象タスクにsleepを呼び出させ,起床å¾
    112 ã¡ã«ã•ã›ã‚‹ï¼Ž
    113  *  'S' : 対象タスクにsleepTimeout10秒)を呼び出させ,起床å¾
    114 ã¡ã«ã•ã›ã‚‹ï¼Ž
    115  *  'w' : 対象タスクをcTask_wakeupにより起床する.
    116  *  'W' : 対象タスクに対する起床要求をcTask_cancelWakeupによりキャンセルする.
    117  *  'l' : 対象タスクをcTask_releaseWaitにより強制的にå¾
    118 ã¡è§£é™¤ã«ã™ã‚‹ï¼Ž
    119  *  'u' : 対象タスクをcTask_suspendにより強制å¾
    120 ã¡çŠ¶æ
    121 ‹ã«ã™ã‚‹ï¼Ž
    122  *  'm' : 対象タスクの強制å¾
    123 ã¡çŠ¶æ
    124 ‹ã‚’cTask_resumeにより解除する.
    125  *  'd' : 対象タスクにdelay(10秒)を呼び出させ,時間経過å¾
    126 ã¡ã«ã•ã›ã‚‹ï¼Ž
    127  *  'x' : 対象タスクにraiseTerminateにより終了要求する.
    128  *  'y' : 対象タスクにdisableTerminateを呼び出させ,タスク終了を禁止する.
    129  *  'Y' : 対象タスクにenableTerminateを呼び出させ,タスク終了を許可する.
    130  *  'r' : 3つの優å
    131 ˆåº¦ï¼ˆHIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,LOW_PRIORITY)のレ
    132  *        ディキューを回転させる.
    133  *  'c' : 周期ハンドラを動作開始させる.
    134  *  'C' : 周期ハンドラを動作停止させる.
    135  *  'b' : アラームハンドラを5秒後に起動するよう動作開始させる.
    136  *  'B' : アラームハンドラを動作停止させる.
    137  *  'z' : 対象タスクにCPU例外を発生させる(タスクを終了させる).
    138  *  'Z' : 対象タスクにCPUロック状æ
    139 ‹ã§CPU例外を発生させる(プログラムを
    140  *        終了する).
    141  *  'V' : fetchHighResolutionTimerで高分解能タイマを2回読む.
    142  *  'v' : 発行したシステムコールを表示する(デフォルト).
    143  *  'q' : 発行したシステムコールを表示しない.
    144  * 呼び口関数 #_TCPF_#
     44 *  サンプルプログラム(1)の本体
     45 *
     46 *  ASPカーネルの基本的な動作を確認するためのサンプルプログラム.
     47 *
     48 *  プログラムの概要:
     49 *
     50 *  ユーザインタフェースを受け持つメインタスク(タスクID: MAIN_TASK,優
     51 *  先度: MAIN_PRIORITY)と,3つの並行実行されるタスク(タスクID:
     52 *  TASK1~TASK3,初期優先度: MID_PRIORITY)で構成される.また,起動周
     53 *  期が2秒の周期ハンドラ(周期ハンドラID: CYCHDR1)を用いる.
     54 *
     55 *  並行実行されるタスクは,task_loop回空ループを実行する度に,タスクが
     56 *  実行中であることをあらわすメッセージを表示する.空ループを実行する
     57 *  のは,空ループなしでメッセージを出力すると,多量のメッセージが出力
     58 *  され,プログラムの動作が確認しずらくなるためである.また,低速なシ
     59 *  リアルポートを用いてメッセージを出力する場合に,すべてのメッセージ
     60 *  が出力できるように,メッセージの量を制限するという理由もある.
     61 *
     62 *  周期ハンドラは,三つの優先度(HIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,
     63 *  LOW_PRIORITY)のレディキューを回転させる.プログラムの起動直後は,
     64 *  周期ハンドラは停止状態になっている.
     65 *
     66 *  メインタスクは,シリアルI/Oポートからの文字入力を行い(文字入力を
     67 *  待っている間は,並列実行されるタスクが実行されている),入力された
     68 *  文字に対応した処理を実行する.入力された文字と処理の関係は次の通り.
     69 *  Control-Cまたは'Q'が入力されると,プログラムを終了する.
     70 *
     71 *  '1' : 対象タスクをTASK1に切り換える(初期設定).
     72 *  '2' : 対象タスクをTASK2に切り換える.
     73 *  '3' : 対象タスクをTASK3に切り換える.
     74 *  'a' : 対象タスクをcTask_activateにより起動する.
     75 *  'A' : 対象タスクに対する起動要求をcTask_cancelActivateによりキャンセルする.
     76 *  'e' : 対象タスクにexitTaskを呼び出させ,終了させる.
     77 *  't' : 対象タスクをcTask_terminateにより強制終了する.
     78 *  '>' : 対象タスクの優先度をHIGH_PRIORITYにする.
     79 *  '=' : 対象タスクの優先度をMID_PRIORITYにする.
     80 *  '<' : 対象タスクの優先度をLOW_PRIORITYにする.
     81 *  'G' : 対象タスクの優先度をcTask_getPriorityで読み出す.
     82 *  's' : 対象タスクにsleepを呼び出させ,起床待ちにさせる.
     83 *  'S' : 対象タスクにsleepTimeout10秒)を呼び出させ,起床待ちにさせる.
     84 *  'w' : 対象タスクをcTask_wakeupにより起床する.
     85 *  'W' : 対象タスクに対する起床要求をcTask_cancelWakeupによりキャンセルする.
     86 *  'l' : 対象タスクをcTask_releaseWaitにより強制的に待ち解除にする.
     87 *  'u' : 対象タスクをcTask_suspendにより強制待ち状態にする.
     88 *  'm' : 対象タスクの強制待ち状態をcTask_resumeにより解除する.
     89 *  'd' : 対象タスクにdelay(10秒)を呼び出させ,時間経過待ちにさせる.
     90 *  'x' : 対象タスクにraiseTerminateにより終了要求する.
     91 *  'y' : 対象タスクにdisableTerminateを呼び出させ,タスク終了を禁止する.
     92 *  'Y' : 対象タスクにenableTerminateを呼び出させ,タスク終了を許可する.
     93 *  'r' : 3つの優先度(HIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,LOW_PRIORITY)のレ
     94 *        ディキューを回転させる.
     95 *  'c' : 周期ハンドラを動作開始させる.
     96 *  'C' : 周期ハンドラを動作停止させる.
     97 *  'b' : アラームハンドラを5秒後に起動するよう動作開始させる.
     98 *  'B' : アラームハンドラを動作停止させる.
     99 *  'z' : 対象タスクにCPU例外を発生させる(タスクを終了させる).
     100 *  'Z' : 対象タスクにCPUロック状態でCPU例外を発生させる(プログラムを
     101 *        終了する).
     102 *  'V' : fetchHighResolutionTimerで高分解能タイマを2回読む.
     103 *  'v' : 発行したシステムコールを表示する(デフォルト).
     104 *  'q' : 発行したシステムコールを表示しない.
     105 * 呼び口関数 #_TCPF_#
    145106 * require port: signature:sKernel context:task
    146107 *   ER             getExtendedInformation( intptr_t* p_exinf );
     
    246207
    247208/*
    248  *  サービスコールのエラーのログ出力
     209 *  サービスコールのエラーのログ出力
    249210 */
    250211Inline void
     
    259220
    260221/*
    261  *  並行実行されるタスクへのメッセージ領域
     222 *  並行実行されるタスクへのメッセージ領域
    262223 */
    263224char    message[3];
    264225
    265226/*
    266  *  ループ回数
    267  */
    268 ulong_t task_loop;              /* タスクå†
    269 ã§ã®ãƒ«ãƒ¼ãƒ—回数 */
    270 
    271 /*
    272  *  並行実行されるタスク
     227 *  ループ回数
     228 */
     229ulong_t task_loop;              /* タスク内でのループ回数 */
     230
     231/*
     232 *  並行実行されるタスク
    273233 */
    274234void eSampleTask_main(int_t subscript)
     
    330290
    331291/*
    332  *  CPU例外ハンドラ
    333  */
    334 
    335 ID      cpuexc_tskid;           /* CPU例外を起こしたタスクのID */
     292 *  CPU例外ハンドラ
     293 */
     294
     295ID      cpuexc_tskid;           /* CPU例外を起こしたタスクのID */
    336296
    337297#ifdef CPUEXC1
     
    373333
    374334/*
    375  *  周期ハンドラ
    376  *
    377  *  HIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,LOW_PRIORITY の各優å
    378 ˆåº¦ã®ãƒ¬ãƒ‡ã‚£ã‚­ãƒ¥ãƒ¼
    379  *  を回転させる.
     335 *  周期ハンドラ
     336 *
     337 *  HIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,LOW_PRIORITY の各優先度のレディキュー
     338 *  を回転させる.
    380339 */
    381340/* #[<ENTRY_FUNC>]# eiCyclicHandler_main
     
    393352
    394353/*
    395  *  アラームハンドラ
    396  *
    397  *  HIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,LOW_PRIORITY の各優å
    398 ˆåº¦ã®ãƒ¬ãƒ‡ã‚£ã‚­ãƒ¥ãƒ¼
    399  *  を回転させる.
     354 *  アラームハンドラ
     355 *
     356 *  HIGH_PRIORITY,MID_PRIORITY,LOW_PRIORITY の各優先度のレディキュー
     357 *  を回転させる.
    400358 */
    401359/* #[<ENTRY_FUNC>]# eiAlarmHandler_main
     
    412370}
    413371/*
    414  *  例外処理タスク
     372 *  例外処理タスク
    415373 */
    416374/* #[<ENTRY_FUNC>]# eExceptionTask_main
     
    424382}
    425383/*
    426  *  メインタスク
    427  */
    428 /* 属性の設定 *//* #[<ENTRY_FUNC>]# eMainTask_main
     384 *  メインタスク
     385 */
     386/* 属性の設定 *//* #[<ENTRY_FUNC>]# eMainTask_main
    429387 * name:         eMainTask_main
    430388 * global_name:  tSample2_eMainTask_main
     
    447405        } else {
    448406                /*
    449                  *  シリアル出力ができない場合、ログメッセージをå
    450 ¨ã¦
    451                  *  低レベル出力により出力する。
     407                 *  シリアル出力ができない場合、ログメッセージを全て
     408                 *  低レベル出力により出力する。
    452409                 */
    453410                SVC_PERROR(cSysLog_mask(LOG_UPTO(LOG_INFO), LOG_UPTO(LOG_DEBUG)));
     
    456413
    457414        /*
    458          *  シリアルポートの初期化
     415         *  シリアルポートの初期化
    459416         *
    460          *  システムログタスクと同じシリアルポートを使う場合など,シリアル
    461          *  ポートがオープン済みの場合にはここでE_OBJエラーになるが,支障は
    462          *  ない.
     417         *  システムログタスクと同じシリアルポートを使う場合など,シリアル
     418         *  ポートがオープン済みの場合にはここでE_OBJエラーになるが,支障は
     419         *  ない.
    463420         */
    464421
     
    473430
    474431        /*
    475          *  ループ回数の設定
     432         *  ループ回数の設定
    476433         *
    477          *  並行実行されるタスクå†
    478 ã§ã®ç©ºãƒ«ãƒ¼ãƒ—の回数(task_loop)は,空ルー
    479          *  プの実行時間が約0.4秒になるように設定する.この設定のために,
    480          *  LOOP_REF回の空ループの実行時間を,その前後でget_timを呼ぶことで
    481          *  測定し,その測定結果から空ループの実行時間が0.4秒になるループ回
    482          *  数を求め,task_loopに設定する.
     434         *  並行実行されるタスク内での空ループの回数(task_loop)は,空ルー
     435         *  プの実行時間が約0.4秒になるように設定する.この設定のために,
     436         *  LOOP_REF回の空ループの実行時間を,その前後でget_timを呼ぶことで
     437         *  測定し,その測定結果から空ループの実行時間が0.4秒になるループ回
     438         *  数を求め,task_loopに設定する.
    483439         *
    484          *  LOOP_REFは,デフォルトでは1,000,000に設定しているが,想定したよ
    485          *  りé
    486 ã„プロセッサでは,サンプルプログラムの実行開始に時間がかか
    487          *  りすぎるという問題を生じる.逆に想定したより速いプロセッサでは,
    488          *  LOOP_REF回の空ループの実行時間が短くなり,task_loopに設定する値
    489          *  の誤差が大きくなるという問題がある.
     440         *  LOOP_REFは,デフォルトでは1,000,000に設定しているが,想定したよ
     441         *  り遅いプロセッサでは,サンプルプログラムの実行開始に時間がかか
     442         *  りすぎるという問題を生じる.逆に想定したより速いプロセッサでは,
     443         *  LOOP_REF回の空ループの実行時間が短くなり,task_loopに設定する値
     444         *  の誤差が大きくなるという問題がある.
    490445         *
    491          *  そこで,そのようなターゲットでは,target_test.hで,LOOP_REFを適
    492          *  切な値に定義するのが望ましい.
     446         *  そこで,そのようなターゲットでは,target_test.hで,LOOP_REFを適
     447         *  切な値に定義するのが望ましい.
    493448         *
    494          *  また,task_loopの値を固定したい場合には,その値をTASK_LOOPにマ
    495          *  クロ定義する.TASK_LOOPがマクロ定義されている場合,上記の測定を
    496          *  行わずに,TASK_LOOPに定義された値を空ループの回数とする.
     449         *  また,task_loopの値を固定したい場合には,その値をTASK_LOOPにマ
     450         *  クロ定義する.TASK_LOOPがマクロ定義されている場合,上記の測定を
     451         *  行わずに,TASK_LOOPに定義された値を空ループの回数とする.
    497452         *
    498          * ターゲットによっては,空ループの実行時間の1回目の測定で,本来よ
    499          * りも長めになるものがある.このようなターゲットでは,MEASURE_TWICE
    500          * をマクロ定義することで,1回目の測定結果を捨てて,2回目の測定結果
    501          * を使う.
     453         * ターゲットによっては,空ループの実行時間の1回目の測定で,本来よ
     454         * りも長めになるものがある.このようなターゲットでは,MEASURE_TWICE
     455         * をマクロ定義することで,1回目の測定結果を捨てて,2回目の測定結果
     456         * を使う.
    502457         */
    503458#ifdef TASK_LOOP
     
    521476
    522477        /*
    523          *  タスクの起動
     478         *  タスクの起動
    524479         */
    525480
     
    529484
    530485        /*
    531          *  メインループ
     486         *  メインループ
    532487         */
    533488        if (is_cSerialPort_joined()) {
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/tSample2.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain;charset=UTF-8
    r270 r321  
    11/*
    2  *              サンプルプログラム(2)のコンポーネント記述ファイル
     2 *              サンプルプログラム(2)のコンポーネント記述ファイル
    33 *
    44 *  $Id$
    55 */
    66/*
    7  *  カーネルオブジェクトの定義
     7 *  カーネルオブジェクトの定義
    88 */
    99import("kernel.cdl");
    1010
    1111/*
    12  *  ターゲット非依存のセルタイプの定義
     12 *  ターゲット非依存のセルタイプの定義
    1313 */
    1414import("syssvc/tSerialPort.cdl");
     
    1818
    1919/*
    20  *  ターゲット依存部の取り込み
     20 *  ターゲット依存部の取り込み
    2121 */
    2222import("target.cdl");
    2323
    2424/*
    25  *  「セルの組上げ記述」とは,"cell"で始まる行から,それに対応する"};"
    26  *  の行までのことを言う.
    27  */
    28 
    29 /*
    30  *  システムログ機能の組上げ記述
    31  *
    32  *  システムログ機能を外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除し,コ
    33  *  ンパイルオプションに-DTOPPERS_OMIT_SYSLOGを追加すればよい.ただし,
    34  *  システムログタスクはシステムログ機能を使用するため,それも外すこと
    35  *  がå¿
    36 è¦ã§ã‚る.また,システムログ機能のアダプタも外さなければならな
    37  *  い.tecsgenが警告メッセージを出すが,無視してよい.
     25 *  「セルの組上げ記述」とは,"cell"で始まる行から,それに対応する"};"
     26 *  の行までのことを言う.
     27 */
     28
     29/*
     30 *  システムログ機能の組上げ記述
     31 *
     32 *  システムログ機能を外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除し,コ
     33 *  ンパイルオプションに-DTOPPERS_OMIT_SYSLOGを追加すればよい.ただし,
     34 *  システムログタスクはシステムログ機能を使用するため,それも外すこと
     35 *  が必要である.また,システムログ機能のアダプタも外さなければならな
     36 *  い.tecsgenが警告メッセージを出すが,無視してよい.
    3837 */
    3938cell tSysLog SysLog {
    40         logBufferSize = 32;                                     /* ログバッファのサイズ */
     39        logBufferSize = 32;                                     /* ログバッファのサイズ */
    4140        initLogMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_NOTICE)");
    42                                                                                 /* ログバッファに記録すべき重要度 */
     41                                                                                /* ログバッファに記録すべき重要度 */
    4342        initLowMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_EMERG)");
    44                                                                                 /* 低レベル出力すべき重要度 */
    45 
    46         /* 低レベル出力との結合 */
     43                                                                                /* 低レベル出力すべき重要度 */
     44
     45        /* 低レベル出力との結合 */
    4746        cPutLog = PutLogTarget.ePutLog;
    4847};
    4948
    5049/*
    51  *  シリアルインタフェースドライバの組上げ記述
    52  *
    53  *  シリアルインタフェースドライバを外す場合には,以下のセルの組上げ記
    54  *  述を削除すればよい.ただし,システムログタスクはシリアルインタフェー
    55  *  スドライバを使用するため,それも外すことがå¿
    56 è¦ã§ã‚る.また,シリア
    57  *  ルインタフェースドライバのアダプタも外さなければならない.
     50 *  シリアルインタフェースドライバの組上げ記述
     51 *
     52 *  シリアルインタフェースドライバを外す場合には,以下のセルの組上げ記
     53 *  述を削除すればよい.ただし,システムログタスクはシリアルインタフェー
     54 *  スドライバを使用するため,それも外すことが必要である.また,シリア
     55 *  ルインタフェースドライバのアダプタも外さなければならない.
    5856 */
    5957cell tSerialPort SerialPort1 {
    60         receiveBufferSize = 256;                        /* 受信バッファのサイズ */
    61         sendBufferSize    = 256;                        /* 送信バッファのサイズ */
    62 
    63         /* ターゲット依存部との結合 */
     58        receiveBufferSize = 256;                        /* 受信バッファのサイズ */
     59        sendBufferSize    = 256;                        /* 送信バッファのサイズ */
     60
     61        /* ターゲット依存部との結合 */
    6462        cSIOPort = SIOPortTarget1.eSIOPort;
    65         eiSIOCBR <= SIOPortTarget1.ciSIOCBR;    /* コールバック */
    66 };
    67 
    68 /*
    69  *  システムログタスクの組上げ記述
    70  *
    71  *  システムログタスクを外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すれ
    72  *  ばよい.
     63        eiSIOCBR <= SIOPortTarget1.ciSIOCBR;    /* コールバック */
     64};
     65
     66/*
     67 *  システムログタスクの組上げ記述
     68 *
     69 *  システムログタスクを外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すれ
     70 *  ばよい.
    7371 */
    7472cell tLogTask LogTask {
    75         priority  = 3;                                  /* システムログタスクの優å
    76 ˆåº¦ */
    77         stackSize = LogTaskStackSize;   /* システムログタスクのスタックサイズ */
    78 
    79         /* シリアルインタフェースドライバとの結合 */
     73        priority  = 3;                                  /* システムログタスクの優先度 */
     74        stackSize = LogTaskStackSize;   /* システムログタスクのスタックサイズ */
     75
     76        /* シリアルインタフェースドライバとの結合 */
    8077        cSerialPort        = SerialPort1.eSerialPort;
    8178        cnSerialPortManage = SerialPort1.enSerialPortManage;
    8279
    83         /* システムログ機能との結合 */
     80        /* システムログ機能との結合 */
    8481        cSysLog = SysLog.eSysLog;
    8582
    86         /* 低レベル出力との結合 */
     83        /* 低レベル出力との結合 */
    8784        cPutLog = PutLogTarget.ePutLog;
    8885};
    8986
    9087/*
    91  *  カーネル起動メッセージ出力の組上げ記述
    92  *
    93  *  カーネル起動メッセージの出力を外す場合には,以下のセルの組上げ記述
    94  *  を削除すればよい.
     88 *  カーネル起動メッセージ出力の組上げ記述
     89 *
     90 *  カーネル起動メッセージの出力を外す場合には,以下のセルの組上げ記述
     91 *  を削除すればよい.
    9592 */
    9693cell tBanner Banner {
    97         /* 属性の設定 */
     94        /* 属性の設定 */
    9895        targetName      = BannerTargetName;
    9996        copyrightNotice = BannerCopyrightNotice;
     
    10198
    10299/*
    103  *  サンプルプログラムの定義
     100 *  サンプルプログラムの定義
    104101 */
    105102[singleton]
    106103celltype tSample2 {
    107         require tKernel.eKernel;                        /* 呼び口名なし(例:delay)*/
    108         /*require cKernel = tKernel.eKernel;/* 呼び口名あり(例:cKernel_delay)*/
    109         require ciKernel = tKernel.eiKernel;/* 呼び口名あり(例:ciKernel_)*/
    110 
    111         call sTask                  cTask[4];           /* タスク操作 */
     104        require tKernel.eKernel;                        /* 呼び口名なし(例:delay)*/
     105        /*require cKernel = tKernel.eKernel;/* 呼び口名あり(例:cKernel_delay)*/
     106        require ciKernel = tKernel.eiKernel;/* 呼び口名あり(例:ciKernel_)*/
     107
     108        call sTask                  cTask[4];           /* タスク操作 */
    112109        call sTask                      cExceptionTask;
    113110        call sCyclic        cCyclic;
    114111        call sAlarm         cAlarm;
    115112
    116         [optional] call sSerialPort     cSerialPort;/* シリアルドライバとの接続 */
    117         call sSysLog            cSysLog;                /* システムログ機能との接続 */
     113        [optional] call sSerialPort     cSerialPort;/* シリアルドライバとの接続 */
     114        call sSysLog            cSysLog;                /* システムログ機能との接続 */
    118115       
    119         entry sTaskBody         eMainTask;              /* Mainタスク */
    120         entry sTaskBody         eSampleTask[3]; /* 並行実行されるタスク */
    121         entry sTaskBody         eExceptionTask; /* 例外処理タスク */
     116        entry sTaskBody         eMainTask;              /* Mainタスク */
     117        entry sTaskBody         eSampleTask[3]; /* 並行実行されるタスク */
     118        entry sTaskBody         eExceptionTask; /* 例外処理タスク */
    122119       
    123         entry siHandlerBody eiCyclicHandler;/* 周期ハンドラ*/
    124         entry siHandlerBody eiAlarmHandler; /* アラームハンドラ */
    125 };
    126 
    127 /*
    128  *  組み上げ記述
    129  */
    130 
    131 /* Sample2のプロトタイプ宣言 */
     120        entry siHandlerBody eiCyclicHandler;/* 周期ハンドラ*/
     121        entry siHandlerBody eiAlarmHandler; /* アラームハンドラ */
     122};
     123
     124/*
     125 *  組み上げ記述
     126 */
     127
     128/* Sample2のプロトタイプ宣言 */
    132129cell tSample2 Sample2;
    133130
     
    136133
    137134cell tTask MainTask {
    138         /* 呼び口の結合 */
     135        /* 呼び口の結合 */
    139136        cTaskBody = Sample2.eMainTask;
    140         /* 属性の設定 */
     137        /* 属性の設定 */
    141138        attribute = C_EXP("TA_ACT");
    142139        priority = C_EXP("MAIN_PRIORITY");
     
    145142
    146143cell tTask Task1 {
    147         /* 呼び口の結合 */
     144        /* 呼び口の結合 */
    148145        cTaskBody = Sample2.eSampleTask[0];
    149           /* 属性の設定 */
     146          /* 属性の設定 */
    150147        priority = C_EXP("MID_PRIORITY");
    151148        stackSize = C_EXP("STACK_SIZE");
     
    153150
    154151cell tTask Task2 {
    155         /* 呼び口の結合 */
     152        /* 呼び口の結合 */
    156153        cTaskBody = Sample2.eSampleTask[1];
    157         /* 属性の設定 */
     154        /* 属性の設定 */
    158155        priority = C_EXP("MID_PRIORITY");
    159156        stackSize = C_EXP("STACK_SIZE");
     
    161158
    162159cell tTask Task3 {
    163         /* 呼び口の結合 */
     160        /* 呼び口の結合 */
    164161        cTaskBody = Sample2.eSampleTask[2];
    165         /* 属性の設定 */
     162        /* 属性の設定 */
    166163        priority = C_EXP("MID_PRIORITY");
    167164        stackSize = C_EXP("STACK_SIZE");
     
    169166
    170167cell tTask ExceptionTask {
    171         /* 呼び口の結合 */
     168        /* 呼び口の結合 */
    172169        cTaskBody = Sample2.eExceptionTask;
    173         /* 属性の設定 */
     170        /* 属性の設定 */
    174171        priority = C_EXP("EXC_PRIORITY");
    175172        stackSize = C_EXP("STACK_SIZE");
     
    177174
    178175cell tCyclicHandler CyclicHandler {
    179         /* 呼び口の結合 */
     176        /* 呼び口の結合 */
    180177        ciHandlerBody = Sample2.eiCyclicHandler;
    181         /* 属性の設定 */
     178        /* 属性の設定 */
    182179        cycleTime = 2000000;
    183180};
     
    188185
    189186cell tSample2 Sample2 {
    190         /* 呼び口の結合 */
     187        /* 呼び口の結合 */
    191188        cTask[ 0 ] = MainTask.eTask;
    192189        cTask[ 1 ] = Task1.eTask;
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/tSample2.cfg

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain;charset=UTF-8
    r270 r321  
    11/*
    2  *              サンプルプログラム(2)のシステムコンフィギュレーションファイル
     2 *              サンプルプログラム(2)のシステムコンフィギュレーションファイル
    33 *
    44 *  $Id$
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/tSample2.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  上記著作権è€
    12 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    13  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    14  *  変・再é
    15 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    16  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    17  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    18  *      スコード中に含まれていること.
    19  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    20  *      用できる形で再é
    21 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    22 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    23  *      è€
    24 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    25  *      の無保証規定を掲載すること.
    26  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    27  *      用できない形で再é
    28 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    29  *      と.
    30  *    (a) 再é
    31 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    32 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    33  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    34  *    (b) 再é
    35 å¸ƒã®å½¢æ
    36 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    37  *        報告すること.
    38  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    39  *      害からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    42  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    43  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    44 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    45  *      å
    46 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    4733 *
    48  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    49 ãŠ
    50  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    51  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    52  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    53  *  の責任を負わない.
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    5439 *
    5540 *  $Id$
     
    5742
    5843/*
    59  *              サンプルプログラム(2)のヘッダファイル
     44 *              サンプルプログラム(2)のヘッダファイル
    6045 */
    6146
    6247/*
    63  *  ターゲット依存の定義
     48 *  ターゲット依存の定義
    6449 */
    6550#include "target_test.h"
    6651
    6752/*
    68  *  各タスクの優å
    69 ˆåº¦ã®å®šç¾©
     53 *  各タスクの優先度の定義
    7054 */
    7155
    72 #define EXC_PRIORITY    1               /* 例外処理タスクの優å
    73 ˆåº¦ */
    74 #define MAIN_PRIORITY   6               /* メインタスクの優å
    75 ˆåº¦ */
    76                                                                 /* HIGH_PRIORITYより高くすること */
     56#define EXC_PRIORITY    1               /* 例外処理タスクの優先度 */
     57#define MAIN_PRIORITY   6               /* メインタスクの優先度 */
     58                                                                /* HIGH_PRIORITYより高くすること */
    7759
    78 #define HIGH_PRIORITY   9               /* 並列に実行されるタスクの優å
    79 ˆåº¦ */
     60#define HIGH_PRIORITY   9               /* 並列に実行されるタスクの優先度 */
    8061#define MID_PRIORITY    10
    8162#define LOW_PRIORITY    11
    8263
    8364/*
    84  *  ターゲットに依存する可能性のある定数の定義
     65 *  ターゲットに依存する可能性のある定数の定義
    8566 */
    8667
    8768#ifndef STACK_SIZE
    88 #define STACK_SIZE              4096            /* タスクのスタックサイズ */
     69#define STACK_SIZE              4096            /* タスクのスタックサイズ */
    8970#endif /* STACK_SIZE */
    9071
    9172#ifndef LOOP_REF
    92 #define LOOP_REF                ULONG_C(1000000)        /* 速度計測用のループ回数 */
     73#define LOOP_REF                ULONG_C(1000000)        /* 速度計測用のループ回数 */
    9374#endif /* LOOP_REF */
    9475
    9576/*
    96  *  関数のプロトタイプ宣言
     77 *  関数のプロトタイプ宣言
    9778 */
    9879#ifndef TOPPERS_MACRO_ONLY
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/tinet_app_config.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    36  *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     25 *
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    4836
    4937/*
    50  *  インターネットプロトコルファミリーのサポート
    51  *
    52  *    Makefile で指定しても良い
     38 *  インターネットプロトコルファミリーのサポート
     39 *
     40 *    Makefile で指定しても良い
    5341 */
    5442
     
    5846/*#define SUPPORT_UDP           UDP                     */
    5947
    60 /*データリンク層のネットワークインタフェースを選択する        */
    61 /*いずれか一つだけ選択できる。                            */
     48/*データリンク層のネットワークインタフェースを選択する    */
     49/*いずれか一つだけ選択できる。                                */
    6250
    6351/*#define SUPPORT_PPP           PointtoPointProtocol    */
     
    6856
    6957/*
    70  *  TCP/IP に関する定義
    71  */
    72 
    73 /* TCP に関する定義 */
    74 
    75 /*
    76  *  TCPの能動オープンのみサポートすることを指定する。
     58 *  TCP/IP に関する定義
     59 */
     60
     61/* TCP に関する定義 */
     62
     63/*
     64 *  TCPの能動オープンのみサポートすることを指定する。
    7765 */
    7866
     
    8270
    8371/*
    84  *  TCP 通信端点の送受信ウィンドバッファの省コピー機能
    85  *    注意: Makefile で指定している。
     72 *  TCP 通信端点の送受信ウィンドバッファの省コピー機能
     73 *    注意: Makefile で指定している。
    8674 */
    8775/*#define TCP_CFG_RWBUF_CSAVE_ONLY*/
    88                         /* TCP 通信端点の受信ウィンドバッファの省コピー機能のみ有効にする。       */
     76                        /* TCP 通信端点の受信ウィンドバッファの省コピー機能のみ有効にする。   */
    8977/*#define TCP_CFG_RWBUF_CSAVE*/
    90                         /* TCP 通信端点の受信ウィンドバッファの省コピー機能を有効にする。  */
     78                        /* TCP 通信端点の受信ウィンドバッファの省コピー機能を有効にする。    */
    9179/*#define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_ONLY*/
    92                         /* TCP 通信端点の送信ウィンドバッファの省コピー機能のみ有効にする。       */
     80                        /* TCP 通信端点の送信ウィンドバッファの省コピー機能のみ有効にする。   */
    9381/*#define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE*/
    94                         /* TCP 通信端点の送信ウィンドバッファの省コピー機能を有効にする。  */
    95 
    96 /*
    97  *  TCP 通信端点の受信ウィンドバッファの省コピー機能の、
    98  *  受信ウィンドバッファキューの最大エントリ数。
    99  *  ただし、正常に受信したセグメントも破棄するため、再送回数が増加する。
    100  *  また、指定しないと制限しない。
     82                        /* TCP 通信端点の送信ウィンドバッファの省コピー機能を有効にする。    */
     83
     84/*
     85 *  TCP 通信端点の受信ウィンドバッファの省コピー機能の、
     86 *  受信ウィンドバッファキューの最大エントリ数。
     87 *  ただし、正常に受信したセグメントも破棄するため、再送回数が増加する。
     88 *  また、指定しないと制限しない。
    10189 */
    10290/*#define TCP_CFG_RWBUF_CSAVE_MAX_QUEUES        2*/
    10391
    10492/*
    105  *  TCP 通信端点の送信ウィンドバッファの省コピー機能で、
    106  *  送信ウィンドバッファに使用するネットワークバッファのサイズ。
     93 *  TCP 通信端点の送信ウィンドバッファの省コピー機能で、
     94 *  送信ウィンドバッファに使用するネットワークバッファのサイズ。
    10795 */
    10896
     
    11098
    11199#ifdef SUPPORT_INET4
    112 #define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_MAX_SIZE    (IF_HDR_SIZE + IP4_MSS)         /* 最大サイズ */
     100#define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_MAX_SIZE    (IF_HDR_SIZE + IP4_MSS)         /* 最大サイズ */
    113101#endif
    114102
    115103#ifdef SUPPORT_INET6
    116 #define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_MAX_SIZE    (IF_HDR_SIZE + IPV6_MMTU)       /* 最大サイズ */
     104#define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_MAX_SIZE    (IF_HDR_SIZE + IPV6_MMTU)       /* 最大サイズ */
    117105#endif
    118106
    119107#else   /* of #ifdef USE_TCP_MSS_SEG */
    120108
    121 #define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_MAX_SIZE    IF_PDU_SIZE                     /* 最大サイズ */
     109#define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_MAX_SIZE    IF_PDU_SIZE                     /* 最大サイズ */
    122110
    123111#endif  /* of #ifdef USE_TCP_MSS_SEG */
    124112
    125 #define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_MIN_SIZE    0                               /* 最小サイズ */
    126 
    127 /*
    128  *  TCP のノンブロッキングコール機能
     113#define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_MIN_SIZE    0                               /* 最小サイズ */
     114
     115/*
     116 *  TCP のノンブロッキングコール機能
    129117 */
    130118
     
    134122
    135123/*
    136  *  MAX_TCP_SND_SEG: 送信セグメントサイズの最大値
    137  *
    138  *    相手から MSS オプションでセグメントサイズを指定されても、
    139  *    この値で、セグメントサイズを制限できる。
     124 *  MAX_TCP_SND_SEG: 送信セグメントサイズの最大値
     125 *
     126 *    相手から MSS オプションでセグメントサイズを指定されても、
     127 *    この値で、セグメントサイズを制限できる。
    140128 */
    141129
     
    157145
    158146/*
    159  *  DEF_TCP_RCV_SEG: 受信セグメントサイズの規定値
     147 *  DEF_TCP_RCV_SEG: 受信セグメントサイズの規定値
    160148 */
    161149
     
    177165
    178166/*
    179  *  タスクからの Time Wait 状æ
    180 ‹ã® TCP 通信端点分離機能
    181  *
    182  *  Time Wait 状æ
    183 ‹ã® TCP 通信端点のエントリ数を指定する。
    184  *  指定しないか、0 を指定すると、
    185  *  タスクから Time Wait 状æ
    186 ‹ã® TCP 通信端点を分離する機能は組込まない。
     167 *  タスクからの Time Wait 状態の TCP 通信端点分離機能
     168 *
     169 *  Time Wait 状態の TCP 通信端点のエントリ数を指定する。
     170 *  指定しないか、0 を指定すると、
     171 *  タスクから Time Wait 状態の TCP 通信端点を分離する機能は組込まない。
    187172 */
    188173#if defined(USE_TCP_MSS_SEG)
     
    193178
    194179/*
    195  *  TCP ヘッダのトレース出力機能
     180 *  TCP ヘッダのトレース出力機能
    196181 */
    197182//#define TCP_CFG_TRACE
    198183
    199184/*
    200  *  トレース出力対象のリモートホストの IPv4 アドレス
    201  *  IPV4_ADDRANY を指定すると、å
    202 ¨ã¦ã®ãƒ›ã‚¹ãƒˆã‚’対象とする。
     185 *  トレース出力対象のリモートホストの IPv4 アドレス
     186 *  IPV4_ADDRANY を指定すると、全てのホストを対象とする。
    203187 */
    204188#define TCP_CFG_TRACE_IPV4_RADDR        IPV4_ADDRANY
    205189
    206190/*
    207  *  トレース出力対象のリモートホストのポート番号
    208  *  TCP_PORTANY を指定すると、å
    209 ¨ã¦ã®ãƒãƒ¼ãƒˆç•ªå·ã‚’対象にする。
     191 *  トレース出力対象のリモートホストのポート番号
     192 *  TCP_PORTANY を指定すると、全てのポート番号を対象にする。
    210193 */
    211194#define TCP_CFG_TRACE_RPORTNO           TCP_PORTANY
     
    213196
    214197/*
    215  *  トレース出力対象のローカルホストのポート番号
    216  *  TCP_PORTANY を指定すると、å
    217 ¨ã¦ã®ãƒãƒ¼ãƒˆç•ªå·ã‚’対象にする。
     198 *  トレース出力対象のローカルホストのポート番号
     199 *  TCP_PORTANY を指定すると、全てのポート番号を対象にする。
    218200 */
    219201#define TCP_CFG_TRACE_LPORTNO           TCP_PORTANY
     
    221203
    222204/*
    223  *  ITRON TCP/IP API、TCP の拡張機能
     205 *  ITRON TCP/IP API、TCP の拡張機能
    224206 */
    225207//#define TCP_CFG_EXTENTIONS
    226208
    227209/*
    228  *  TCP_CFG_URG_OFFSET: 緊急データの最後のバイトのオフセット
    229  *
    230  *    -1: BSD の実è£
    231 ã€ç·Šæ€¥ãƒã‚¤ãƒ³ã‚¿ã¯ã€ç·Šæ€¥ãƒ‡ãƒ¼ã‚¿ã®æœ€å¾Œã®ãƒã‚¤ãƒˆã®æ¬¡ã®ãƒã‚¤ãƒˆã‚’差す。
    232  *     0: RFC1122 の規定、緊急ポインタは、緊急データの最後のバイトを差す。
     210 *  TCP_CFG_URG_OFFSET: 緊急データの最後のバイトのオフセット
     211 *
     212 *    -1: BSD の実装、緊急ポインタは、緊急データの最後のバイトの次のバイトを差す。
     213 *     0: RFC1122 の規定、緊急ポインタは、緊急データの最後のバイトを差す。
    233214 */
    234215
     
    236217//#define TCP_CFG_URG_OFFSET    0
    237218
    238 /* UDP に関する定義 */
    239 
    240 /*
    241  *  UDP のノンブロッキングコール機能
     219/* UDP に関する定義 */
     220
     221/*
     222 *  UDP のノンブロッキングコール機能
    242223 */
    243224
     
    247228
    248229/*
    249  *  ITRON TCP/IP API、UDP の拡張機能
     230 *  ITRON TCP/IP API、UDP の拡張機能
    250231 */
    251232//#define UDP_CFG_EXTENTIONS
    252233
    253 /* IPv4 に関する定義 */
     234/* IPv4 に関する定義 */
    254235
    255236#ifdef SUPPORT_INET4
     
    260241#define IPV4_ADDR_LOCAL                 MAKE_IPV4_ADDR(192,168,1,21)
    261242#else
    262 #define IPV4_ADDR_LOCAL                 MAKE_IPV4_ADDR(0,0,0,0)         /* 相手に割り当ててもらう場合      */
     243#define IPV4_ADDR_LOCAL                 MAKE_IPV4_ADDR(0,0,0,0)         /* 相手に割り当ててもらう場合        */
    263244#endif
    264245
     
    266247#define IPV4_ADDR_REMOTE                MAKE_IPV4_ADDR(192,168,1,31)
    267248#else
    268 #define IPV4_ADDR_REMOTE                MAKE_IPV4_ADDR(0,0,0,0)         /* 相手に割り当ててもらう場合      */
     249#define IPV4_ADDR_REMOTE                MAKE_IPV4_ADDR(0,0,0,0)         /* 相手に割り当ててもらう場合        */
    269250#endif
    270251
     
    304285#endif  /* of #ifdef SUPPORT_INET4 */
    305286
    306 /* IPv6 に関する定義 */
     287/* IPv6 に関する定義 */
    307288
    308289#ifdef SUPPORT_INET6
     
    332313
    333314/*
    334  *  データリンク層 (ネットワークインタフェース) に関する定義
    335  */
    336 
    337 /*
    338  *  イーサネットに関する定義
    339  */
    340 
    341 /*
    342  *  PPP に関する定義
    343  */
    344 
    345 #define HDLC_PORTID                     1       /* HDLC(PPP)に用いるシリアルポート番号     */
     315 *  データリンク層 (ネットワークインタフェース) に関する定義
     316 */
     317
     318/*
     319 *  イーサネットに関する定義
     320 */
     321
     322/*
     323 *  PPP に関する定義
     324 */
     325
     326#define HDLC_PORTID                     1       /* HDLC(PPP)に用いるシリアルポート番号       */
    346327
    347328/*#define PPP_IDLE_TIMEOUT              (180*NET_TIMER_HZ)*/
    348                                         /* 切断までのアイドル時間、         */
    349                                         /* 切断しない場合はコメントアウトする。       */
    350 
    351 /*#define PPP_CFG_MODEM                  モデム接続の場合はコメントを外す。    */
     329                                        /* 切断までのアイドル時間、         */
     330                                        /* 切断しない場合はコメントアウトする。   */
     331
     332/*#define PPP_CFG_MODEM                  モデム接続の場合はコメントを外す。      */
    352333
    353334#define MODEM_CFG_INIT                  "ATE1&D0&S0\\V0\\Q1S0=1"
    354                                         /* モデム初期化文字列                  */
    355                                         /* NTT DoComo モバイルアダプタ 96F 用  */
    356                                         /*   E1: エコーバックあり                       */
    357                                         /*  &D0: ER信号無視                 */
    358                                         /*  &S0: DR信号常時 ON                      */
    359                                         /*  \V0: リザルトコード TYPE 1           */
    360                                         /*  \Q1: XON/XOFF フロー制御               */
    361                                         /* S0=1: 自動着信リング回数 = 1 回    */
     335                                        /* モデム初期化文字列                    */
     336                                        /* NTT DoComo モバイルアダプタ 96F 用    */
     337                                        /*   E1: エコーバックあり                       */
     338                                        /*  &D0: ER信号無視                 */
     339                                        /*  &S0: DR信号常時 ON                      */
     340                                        /*  \V0: リザルトコード TYPE 1         */
     341                                        /*  \Q1: XON/XOFF フロー制御         */
     342                                        /* S0=1: 自動着信リング回数 = 1 回        */
    362343
    363344#define MODEM_CFG_PHONE_NUMBER          "090-xxxx-9242"
    364345
    365                                         /* 自構成æƒ
    366 å ±ã®è¦å®šå€¤                 */
     346                                        /* 自構成情報の規定値                    */
    367347#define DEF_LCP_LOCAL_CFGS              (LCP_CFG_MRU|LCP_CFG_ACCM|LCP_CFG_MAGIC|\
    368348                                         LCP_CFG_ACCOMP|LCP_CFG_PCOMP|LCP_CFG_PAP)
    369349
    370                                         /* 相手に許す構成æƒ
    371 å ±ã®è¦å®šå€¤         */
     350                                        /* 相手に許す構成情報の規定値                */
    372351#define DEF_LCP_REMOTE_CFGS             (LCP_CFG_MRU|LCP_CFG_ACCM|LCP_CFG_MAGIC|\
    373352                                         LCP_CFG_ACCOMP|LCP_CFG_PCOMP|LCP_CFG_PAP)
    374353
    375354/*
    376  *  認証に関する定義
    377  */
    378 
    379 #define AUTH_CFG_CLIENT                 /* 認証クライアントモードの時はコメントを外す。   */
    380 #define AUTH_CFG_SERVER                 /* 認証サーバモードの時はコメントを外す。            */
    381 
    382 #define AUTH_LOCAL_USER                 "h8"            /* 自ホストへのログイン認証ユーザ名     */
    383 #define AUTH_LOCAL_PASSWD               "3048f"         /* 自ホストへのログイン認証パスワード  */
    384 #define AUTH_REMOTE_USER                "pen3"          /* 相手へのログイン認証ユーザ名           */
    385 #define AUTH_REMOTE_PASSWD              "600MHz"        /* 相手へのログイン認証パスワード                */
    386 
    387 /*
    388  *  ARP に関する定義
    389  */
    390 
    391 /*#define ARP_CFG_CALLBACK_DUPLICATED*/ /* IP アドレス重複検出コールバック関数を       */
    392                                         /* 定義する場合はコメントを外す。                */
    393 
    394 /*
    395  *  ICMPv4/v6 に関する定義
     355 *  認証に関する定義
     356 */
     357
     358#define AUTH_CFG_CLIENT                 /* 認証クライアントモードの時はコメントを外す。       */
     359#define AUTH_CFG_SERVER                 /* 認証サーバモードの時はコメントを外す。          */
     360
     361#define AUTH_LOCAL_USER                 "h8"            /* 自ホストへのログイン認証ユーザ名     */
     362#define AUTH_LOCAL_PASSWD               "3048f"         /* 自ホストへのログイン認証パスワード    */
     363#define AUTH_REMOTE_USER                "pen3"          /* 相手へのログイン認証ユーザ名               */
     364#define AUTH_REMOTE_PASSWD              "600MHz"        /* 相手へのログイン認証パスワード              */
     365
     366/*
     367 *  ARP に関する定義
     368 */
     369
     370/*#define ARP_CFG_CALLBACK_DUPLICATED*/ /* IP アドレス重複検出コールバック関数を */
     371                                        /* 定義する場合はコメントを外す。              */
     372
     373/*
     374 *  ICMPv4/v6 に関する定義
    396375 */
    397376
    398377#ifdef USE_PING
    399378
    400 #define ICMP_CFG_CALLBACK_ECHO_REPLY    /* ICMP ECHO 応答を受信したとき呼出すコールバック関数を    */
    401                                         /* 定義する場合はコメントを外す。                        */
     379#define ICMP_CFG_CALLBACK_ECHO_REPLY    /* ICMP ECHO 応答を受信したとき呼出すコールバック関数を      */
     380                                        /* 定義する場合はコメントを外す。                      */
    402381
    403382#endif  /* of #ifdef USE_PING */
    404383
    405384/*
    406  *  ネットワークバッファに関する定義
     385 *  ネットワークバッファに関する定義
    407386 */
    408387
     
    410389
    411390/*
    412  *  イーサネットの場合のネットワークバッファ数の割り当て
    413  */
    414 
    415 /*
    416  *  64 オクテット
    417  *
    418  *    IPv4 でのみ割り当てる。
    419  *
    420  *    IPv6 では、TCP 制御セグメント(CSEG、SDU なし)サイズの
    421  *    ネットワークバッファ(IF + IPv6 + TCP = 74)以下の
    422  *    ネットワークバッファは不要である。
     391 *  イーサネットの場合のネットワークバッファ数の割り当て
     392 */
     393
     394/*
     395 *  64 オクテット
     396 *
     397 *    IPv4 でのみ割り当てる。
     398 *
     399 *    IPv6 では、TCP 制御セグメント(CSEG、SDU なし)サイズの
     400 *    ネットワークバッファ(IF + IPv6 + TCP = 74)以下の
     401 *    ネットワークバッファは不要である。
    423402 */
    424403
     
    434413
    435414/*
    436  *  CSEG(IF + IP + TCP)
    437  *
    438  *    IPv6 でのみ割り当てる。
    439  *
    440  *    NE2000 互換 NIC のディバイスドライバ(if_ed)の最低割当て長は、
    441  *    イーサネットフレームの最短長である 60(CRC の 4 オクテットを除き、
    442  *    更にアラインして 62)オクテットである。
    443  *    従って、IPv4 では、CSEG サイズのネットワークバッファ
    444  *   ï¼ˆIF + IPv4 + TCP = 54)は不要である。
     415 *  CSEG(IF + IP + TCP)
     416 *
     417 *    IPv6 でのみ割り当てる。
     418 *
     419 *    NE2000 互換 NIC のディバイスドライバ(if_ed)の最低割当て長は、
     420 *    イーサネットフレームの最短長である 60(CRC の 4 オクテットを除き、
     421 *    更にアラインして 62)オクテットである。
     422 *    従って、IPv4 では、CSEG サイズのネットワークバッファ
     423 *   (IF + IPv4 + TCP = 54)は不要である。
    445424 */
    446425
     
    456435
    457436/*
    458  *  128 オクテット
    459  *
    460  *    IPv4 で、TCP MSS(IP MSS、IF + 576 オクテット)の
    461  *    ネットワークバッファを割り当てる場合、
    462  *    128 オクテットのネットワークバッファは割り当てない。
     437 *  128 オクテット
     438 *
     439 *    IPv4 で、TCP MSS(IP MSS、IF + 576 オクテット)の
     440 *    ネットワークバッファを割り当てる場合、
     441 *    128 オクテットのネットワークバッファは割り当てない。
    463442 */
    464443
     
    474453
    475454/*
    476  *  256 オクテット
    477  *
    478  *    IPv4 で、TCP MSS(IP MSS、IF + 576 オクテット)の
    479  *    ネットワークバッファを割り当てる場合、
    480  *    256 オクテットのネットワークバッファは割り当てない。
     455 *  256 オクテット
     456 *
     457 *    IPv4 で、TCP MSS(IP MSS、IF + 576 オクテット)の
     458 *    ネットワークバッファを割り当てる場合、
     459 *    256 オクテットのネットワークバッファは割り当てない。
    481460 */
    482461
     
    492471
    493472/*
    494  *  512 オクテット
    495  *
    496  *    IPv4 で、TCP MSS(IP MSS、IF + 576 オクテット)の
    497  *    ネットワークバッファを割り当てる場合、
    498  *    512 オクテットのネットワークバッファは割り当てない。
     473 *  512 オクテット   
     474 *
     475 *    IPv4 で、TCP MSS(IP MSS、IF + 576 オクテット)の
     476 *    ネットワークバッファを割り当てる場合、
     477 *    512 オクテットのネットワークバッファは割り当てない。
    499478 */
    500479
     
    510489
    511490/*
    512  *  TCP MSS(IP MSS、IF + 576 オクテット)
    513  *
    514  *   ãƒ»IPv4 でのみ割り当てる。
    515  *   ãƒ»é€å—信ウィンドバッファの省コピー機能が有効で、
    516  *     çœã‚³ãƒ”ー API を使用するときは、+1 割り当てる。
     491 *  TCP MSS(IP MSS、IF + 576 オクテット)
     492 *
     493 *   ・IPv4 でのみ割り当てる。
     494 *   ・送受信ウィンドバッファの省コピー機能が有効で、
     495 *     省コピー API を使用するときは、+1 割り当てる。
    517496 */
    518497
     
    527506#define NUM_MPF_NET_BUF_IP_MSS          3
    528507#else
    529 #define NUM_MPF_NET_BUF_IP_MSS          2       /* IF + 576 オクテット     */
     508#define NUM_MPF_NET_BUF_IP_MSS          2       /* IF + 576 オクテット       */
    530509#endif
    531510
    532511#else   /* of #if defined(SUPPORT_INET4) && defined(USE_TCP_MSS_SEG) */
    533512
    534 #define NUM_MPF_NET_BUF_IP_MSS          0       /* IF + 576 オクテット     */
     513#define NUM_MPF_NET_BUF_IP_MSS          0       /* IF + 576 オクテット       */
    535514
    536515#endif  /* of #if defined(SUPPORT_INET4) && defined(USE_TCP_MSS_SEG) */
    537516
    538517/*
    539  *  1024 オクテット       
    540  *
    541  *    TCP MSS のネットワークバッファを割り当てる場合、
    542  *    1024 オクテットのネットワークバッファは割り当てない。
     518 *  1024 オクテット 
     519 *
     520 *    TCP MSS のネットワークバッファを割り当てる場合、
     521 *    1024 オクテットのネットワークバッファは割り当てない。
    543522 */
    544523
     
    548527
    549528#if defined(USE_TCP_MSS_SEG)
    550 #define NUM_MPF_NET_BUF_1024            0       /* 1024 オクテット */
    551 #else
    552 #define NUM_MPF_NET_BUF_1024            1       /* 1024 オクテット */
    553 #endif
    554 
    555 /*
    556  *  TCP MSS(IPV6 MMTU、IF + 1280 オクテット)
    557  *
    558  *   ãƒ»IPv6 でのみ割り当てる。
    559  *   ãƒ»é€å—信ウィンドバッファの省コピー機能が有効で、
    560  *     çœã‚³ãƒ”ー API を使用するときは、+1 割り当てる。
     529#define NUM_MPF_NET_BUF_1024            0       /* 1024 オクテット   */
     530#else
     531#define NUM_MPF_NET_BUF_1024            1       /* 1024 オクテット   */
     532#endif
     533
     534/*
     535 *  TCP MSS(IPV6 MMTU、IF + 1280 オクテット)
     536 *
     537 *   ・IPv6 でのみ割り当てる。
     538 *   ・送受信ウィンドバッファの省コピー機能が有効で、
     539 *     省コピー API を使用するときは、+1 割り当てる。
    561540 */
    562541
     
    581560
    582561/*
    583  *  IF 最大 PDU サイズ
    584  *
    585  *   ãƒ»TCP MSS のネットワークバッファを割り当てる場合、
    586  *     IF 最大 PDU サイズのネットワークバッファは割り当てない。
    587  *   ãƒ»é€å—信ウィンドバッファの省コピー機能が有効で、
    588  *     çœã‚³ãƒ”ー API を使用するときは、+1 割り当てる。
     562 *  IF 最大 PDU サイズ
     563 *
     564 *   ・TCP MSS のネットワークバッファを割り当てる場合、
     565 *     IF 最大 PDU サイズのネットワークバッファは割り当てない。
     566 *   ・送受信ウィンドバッファの省コピー機能が有効で、
     567 *     省コピー API を使用するときは、+1 割り当てる。
    589568 */
    590569
     
    608587
    609588/*
    610  *  65536 オクテット
    611  *
    612  *  ・NET_BUF_CFG_LONG_LEN を定義したときのみ割り当てる。
     589 *  65536 オクテット
     590 *
     591 *  ・NET_BUF_CFG_LONG_LEN を定義したときのみ割り当てる。
    613592 */
    614593
    615594#ifdef NET_BUF_CFG_LONG_LEN
    616595
    617 /* IPv6 用 */
     596/* IPv6 */
    618597
    619598#ifdef NUM_MPF_NET_BUF6_65536
  • EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/tinet_sample1n.cfg

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain;charset=UTF-8
    r270 r321  
    55 *                   Tomakomai National College of Technology, JAPAN
    66 *
    7  *  上記著作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã® (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
    9  *  によってå
    10 ¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
    11  *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
    12  *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
    14  *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *  上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
     8 *  によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
     9 *  述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
     10 *  を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
     11 *  利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
    3625 *
    37  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    38 ãŠ
    39  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
    40  *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
    41  *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
     26 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     27 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
     28 *  含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
     29 *  接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
    4230 *
    4331 *  @(#) $Id$
     
    4533
    4634/*
    47  *  ネットワーク対応 sample1.c プログラムの TCP/IP コンフィギュレーションファイル
     35 *  ネットワーク対応 sample1.c プログラムの TCP/IP コンフィギュレーションファイル
    4836 */
    4937
    5038#include "sample1n.h"
    5139
    52 /* TCP 受付口 */
     40/* TCP 受付口 */
    5341
    5442#ifdef SUPPORT_INET4
     
    6452#endif  /* of #ifdef SUPPORT_INET6 */
    6553
    66 /* TCP 通信端点 */
     54/* TCP 通信端点 */
    6755
    6856#ifdef SUPPORT_INET4
Note: See TracChangeset for help on using the changeset viewer.