Changeset 319


Ignore:
Timestamp:
Aug 3, 2017, 10:49:32 PM (6 years ago)
Author:
coas-nagasima
Message:

プロパティの文字コードにUTF-8を追加、キーワードを削除

Location:
asp3_gr_sakura/trunk
Files:
33 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • asp3_gr_sakura/trunk/arch/rx630_gcc/tSCIF.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    88 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    99 *
    10  *  上記著作権è€
    11 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    12  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    13  *  変・再é
    14 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    15  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    16  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    17  *      スコード中に含まれていること.
    18  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    19  *      用できる形で再é
    20 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    21 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    22  *      è€
    23 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    24  *      の無保証規定を掲載すること.
    25  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    26  *      用できない形で再é
    27 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    28  *      と.
    29  *    (a) 再é
    30 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    31 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    32  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    33  *    (b) 再é
    34 å¸ƒã®å½¢æ
    35 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    36  *        報告すること.
    37  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    38  *      害からも,上記著作権è€
    39 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    40 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    41  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    42  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    43 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    44  *      å
    45 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     10 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     11 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     12 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     13 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     14 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     15 *      スコード中に含まれていること.
     16 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     17 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     18 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     19 *      の無保証規定を掲載すること.
     20 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     21 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     22 *      と.
     23 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     24 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     25 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     26 *        報告すること.
     27 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     28 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     29 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     30 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     31 *      免責すること.
    4632 *
    47  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    48 ãŠ
    49  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    50  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    51  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    52  *  の責任を負わない.
     33 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     34 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     35 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     36 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     37 *  の責任を負わない.
    5338 *
    5439 *  $Id$
     
    5641
    5742/*
    58  *              FIFOå†
    59 è”µã‚·ãƒªã‚¢ãƒ«ã‚³ãƒŸãƒ¥ãƒ‹ã‚±ãƒ¼ã‚·ãƒ§ãƒ³ã‚¤ãƒ³ã‚¿ãƒ•ã‚§ãƒ¼ã‚¹ç”¨ 簡易SIOドラ
    60  *              イバのコンポーネント記述
     43 *              FIFO内蔵シリアルコミュニケーションインタフェース用 簡易SIOドラ
     44 *              イバのコンポーネント記述
    6145 */
    6246
    6347/*
    64  *  FIFOå†
    65 è”µã‚·ãƒªã‚¢ãƒ«ã‚³ãƒŸãƒ¥ãƒ‹ã‚±ãƒ¼ã‚·ãƒ§ãƒ³ã‚¤ãƒ³ã‚¿ãƒ•ã‚§ãƒ¼ã‚¹ã«é–¢ã™ã‚‹å®šç¾©ã®ã‚¤ãƒ³
    66  *  ポート
     48 *  FIFO内蔵シリアルコミュニケーションインタフェースに関する定義のイン
     49 *  ポート
    6750 */
    6851import_C("scif.h");
    6952
    7053/*
    71  *  FIFOå†
    72 è”µã‚·ãƒªã‚¢ãƒ«ã‚³ãƒŸãƒ¥ãƒ‹ã‚±ãƒ¼ã‚·ãƒ§ãƒ³ã‚¤ãƒ³ã‚¿ãƒ•ã‚§ãƒ¼ã‚¹ç”¨ 簡易SIOドライバ
    73  *  のセルタイプ
     54 *  FIFO内蔵シリアルコミュニケーションインタフェース用 簡易SIOドライバ
     55 *  のセルタイプ
    7456 */
    7557celltype tSCIF {
     
    8163
    8264        attr {
    83                 uintptr_t       baseAddress;    /* SCIFレジスタのベースアドレス */
    84                 uint32_t        baudRate;               /* ボーレートの設定値 */
     65                uintptr_t       baseAddress;    /* SCIFレジスタのベースアドレス */
     66                uint32_t        baudRate;               /* ボーレートの設定値 */
    8567        };
    8668        var {
    87                 bool_t          initialized = false;    /* 初期化済み */
     69                bool_t          initialized = false;    /* 初期化済み */
    8870        };
    8971};
  • asp3_gr_sakura/trunk/arch/tracelog/tTraceLog.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  上記著作権è€
    12 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    13  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    14  *  変・再é
    15 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    16  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    17  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    18  *      スコード中に含まれていること.
    19  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    20  *      用できる形で再é
    21 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    22 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    23  *      è€
    24 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    25  *      の無保証規定を掲載すること.
    26  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    27  *      用できない形で再é
    28 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    29  *      と.
    30  *    (a) 再é
    31 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    32 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    33  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    34  *    (b) 再é
    35 å¸ƒã®å½¢æ
    36 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    37  *        報告すること.
    38  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    39  *      害からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    42  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    43  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    44 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    45  *      å
    46 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    4733 *
    48  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    49 ãŠ
    50  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    51  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    52  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    53  *  の責任を負わない.
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    5439 *
    5540 *  $Id$
     
    5742
    5843/*
    59  *              トレースログ機能のコンポーネント記述ファイル
     44 *              トレースログ機能のコンポーネント記述ファイル
    6045 */
    6146
    6247/*
    63  *  トレースログ出力に関する定義
     48 *  トレースログ出力に関する定義
    6449 */
    6550import_C("arch/tracelog/trace_log.h");
    6651
    6752/*
    68  *  トレースログ機能のシグニチャ
     53 *  トレースログ機能のシグニチャ
    6954 */
    7055signature sTraceLog {
    7156        /*
    72          *  トレースログの開始
     57         *  トレースログの開始
    7358         */
    7459        ER              start([in] MODE mode);
    7560
    7661        /*
    77          *  トレースログの書込み
     62         *  トレースログの書込み
    7863         */
    7964        ER              write([in] const TRACE *p_trace);
    8065
    8166        /*
    82          *  トレースログの読出し
     67         *  トレースログの読出し
    8368         */
    8469        ER              read([out] TRACE *p_trace);
    8570
    8671        /*
    87          *  トレースログのダンプ
     72         *  トレースログのダンプ
    8873         */
    8974        void    dump(void);
     
    9176
    9277/*
    93  *  トレースログ機能のセルタイプ
     78 *  トレースログ機能のセルタイプ
    9479 */
    9580[singleton, active]
    9681celltype tTraceLog {
    9782        entry   sTraceLog               eTraceLog;
    98         entry   sRoutineBody    eDump;          /* 終了処理ルーチンとの接続 */
    99         call    sPutLog                 cPutLog;        /* 低レベル出力との接続 */
     83        entry   sRoutineBody    eDump;          /* 終了処理ルーチンとの接続 */
     84        call    sPutLog                 cPutLog;        /* 低レベル出力との接続 */
    10085
    10186        attr {
    102                 uint_t  logBufferSize;                  /* ログバッファサイズ */
     87                uint_t  logBufferSize;                  /* ログバッファサイズ */
    10388                MODE    initialMode = C_EXP("TRACE_STOP");
    104                                                                                 /* 初期化後のモード */
     89                                                                                /* 初期化後のモード */
    10590        };
    10691        var {
    107                 [size_is(logBufferSize)] TRACE  *logBuffer;     /* ログバッファ */
    108                 uint_t  count = 0;                              /* ログバッファ中のログの数 */
    109                 uint_t  head = 0;                               /* å
    110 ˆé ­ã®ãƒ­ã‚°ã®æ ¼ç´ä½ç½® */
    111                 uint_t  tail = 0;                               /* 次のログの格納位置 */
    112                 MODE    mode = initialMode;             /* トレースモード */
     92                [size_is(logBufferSize)] TRACE  *logBuffer;     /* ログバッファ */
     93                uint_t  count = 0;                              /* ログバッファ中のログの数 */
     94                uint_t  head = 0;                               /* 先頭のログの格納位置 */
     95                uint_t  tail = 0;                               /* 次のログの格納位置 */
     96                MODE    mode = initialMode;             /* トレースモード */
    11397        };
    11498};
  • asp3_gr_sakura/trunk/sample/sample1.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    11/*
    2  *              サンプルプログラム(1)のコンポーネント記述ファイル
     2 *              サンプルプログラム(1)のコンポーネント記述ファイル
    33 *
    44 *  $Id$
    55 */
    66/*
    7  *  カーネルオブジェクトの定義
     7 *  カーネルオブジェクトの定義
    88 */
    99import(<kernel.cdl>);
    1010
    1111/*
    12  *  ターゲット非依存のセルタイプの定義
     12 *  ターゲット非依存のセルタイプの定義
    1313 */
    1414import("syssvc/tSerialPort.cdl");
     
    2020
    2121/*
    22  *  ターゲット依存部の取り込み
     22 *  ターゲット依存部の取り込み
    2323 */
    2424import("target.cdl");
    2525
    2626/*
    27  *  「セルの組上げ記述」とは,"cell"で始まる行から,それに対応する"};"
    28  *  の行までのことを言う.
     27 *  「セルの組上げ記述」とは,"cell"で始まる行から,それに対応する"};"
     28 *  の行までのことを言う.
    2929 */
    3030
    3131/*
    32  *  システムログ機能の組上げ記述
     32 *  システムログ機能の組上げ記述
    3333 *
    34  *  システムログ機能を外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除し,コ
    35  *  ンパイルオプションに-DTOPPERS_OMIT_SYSLOGを追加すればよい.ただし,
    36  *  システムログタスクはシステムログ機能を使用するため,それも外すこと
    37  *  がå¿
    38 è¦ã§ã‚る.また,システムログ機能のアダプタも外さなければならな
    39  *  い.tecsgenが警告メッセージを出すが,無視してよい.
     34 *  システムログ機能を外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除し,コ
     35 *  ンパイルオプションに-DTOPPERS_OMIT_SYSLOGを追加すればよい.ただし,
     36 *  システムログタスクはシステムログ機能を使用するため,それも外すこと
     37 *  が必要である.また,システムログ機能のアダプタも外さなければならな
     38 *  い.tecsgenが警告メッセージを出すが,無視してよい.
    4039 */
    4140cell tSysLog SysLog {
    42         logBufferSize = 32;                                     /* ログバッファのサイズ */
     41        logBufferSize = 32;                                     /* ログバッファのサイズ */
    4342        initLogMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_NOTICE)");
    44                                                                                 /* ログバッファに記録すべき重要度 */
     43                                                                                /* ログバッファに記録すべき重要度 */
    4544        initLowMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_EMERG)");
    46                                                                                 /* 低レベル出力すべき重要度 */
    47         /* 低レベル出力との結合 */
     45                                                                                /* 低レベル出力すべき重要度 */
     46        /* 低レベル出力との結合 */
    4847        cPutLog = PutLogTarget.ePutLog;
    4948};
    5049
    5150/*
    52  *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシステムログ機能
    53  *  を呼び出すためのアダプタの組上げ記述
     51 *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシステムログ機能
     52 *  を呼び出すためのアダプタの組上げ記述
    5453 *
    55  *  システムログ機能のサービスコール(syslog関数とsyslog_0関数~syslog_5
    56  *  関数以外のもの)ルをC言語で記述されたアプリケーションから呼び出さな
    57  *  い場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すればよい.
     54 *  システムログ機能のサービスコール(syslog関数とsyslog_0関数~syslog_5
     55 *  関数以外のもの)ルをC言語で記述されたアプリケーションから呼び出さな
     56 *  い場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すればよい.
    5857 */
    5958cell tSysLogAdapter SysLogAdapter {
     
    6261
    6362/*
    64  *  シリアルインタフェースドライバの組上げ記述
     63 *  シリアルインタフェースドライバの組上げ記述
    6564 *
    66  *  シリアルインタフェースドライバを外す場合には,以下のセルの組上げ記
    67  *  述を削除すればよい.ただし,システムログタスクはシリアルインタフェー
    68  *  スドライバを使用するため,それも外すことがå¿
    69 è¦ã§ã‚る.また,シリア
    70  *  ルインタフェースドライバのアダプタも外さなければならない.
     65 *  シリアルインタフェースドライバを外す場合には,以下のセルの組上げ記
     66 *  述を削除すればよい.ただし,システムログタスクはシリアルインタフェー
     67 *  スドライバを使用するため,それも外すことが必要である.また,シリア
     68 *  ルインタフェースドライバのアダプタも外さなければならない.
    7169 */
    7270cell tSerialPort SerialPort1 {
    73         receiveBufferSize = 256;                        /* 受信バッファのサイズ */
    74         sendBufferSize    = 256;                        /* 送信バッファのサイズ */
     71        receiveBufferSize = 256;                        /* 受信バッファのサイズ */
     72        sendBufferSize    = 256;                        /* 送信バッファのサイズ */
    7573
    76         /* ターゲット依存部との結合 */
     74        /* ターゲット依存部との結合 */
    7775        cSIOPort = SIOPortTarget1.eSIOPort;
    78         eiSIOCBR <= SIOPortTarget1.ciSIOCBR;    /* コールバック */
     76        eiSIOCBR <= SIOPortTarget1.ciSIOCBR;    /* コールバック */
    7977};
    8078
    8179/*
    82  *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシリアルインタ
    83  *  フェースドライバを呼び出すためのアダプタの組上げ記述
     80 *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシリアルインタ
     81 *  フェースドライバを呼び出すためのアダプタの組上げ記述
    8482 *
    85  *  シリアルインタフェースドライバのサービスコールをC言語で記述されたア
    86  *  プリケーションから呼び出さない場合には,以下のセルの組上げ記述を削
    87  *  除すればよい.
     83 *  シリアルインタフェースドライバのサービスコールをC言語で記述されたア
     84 *  プリケーションから呼び出さない場合には,以下のセルの組上げ記述を削
     85 *  除すればよい.
    8886 */
    8987cell tSerialAdapter SerialAdapter {
     
    9290
    9391/*
    94  *  システムログタスクの組上げ記述
     92 *  システムログタスクの組上げ記述
    9593 *
    96  *  システムログタスクを外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すれ
    97  *  ばよい.
     94 *  システムログタスクを外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すれ
     95 *  ばよい.
    9896 */
    9997cell tLogTask LogTask {
    100         priority  = 3;                                  /* システムログタスクの優å
    101 ˆåº¦ */
    102         stackSize = LogTaskStackSize;   /* システムログタスクのスタックサイズ */
     98        priority  = 3;                                  /* システムログタスクの優先度 */
     99        stackSize = LogTaskStackSize;   /* システムログタスクのスタックサイズ */
    103100
    104         /* シリアルインタフェースドライバとの結合 */
     101        /* シリアルインタフェースドライバとの結合 */
    105102        cSerialPort        = SerialPort1.eSerialPort;
    106103        cnSerialPortManage = SerialPort1.enSerialPortManage;
    107104
    108         /* システムログ機能との結合 */
     105        /* システムログ機能との結合 */
    109106        cSysLog = SysLog.eSysLog;
    110107
    111         /* 低レベル出力との結合 */
     108        /* 低レベル出力との結合 */
    112109        cPutLog = PutLogTarget.ePutLog;
    113110};
    114111
    115112/*
    116  *  カーネル起動メッセージ出力の組上げ記述
     113 *  カーネル起動メッセージ出力の組上げ記述
    117114 *
    118  *  カーネル起動メッセージの出力を外す場合には,以下のセルの組上げ記述
    119  *  を削除すればよい.
     115 *  カーネル起動メッセージの出力を外す場合には,以下のセルの組上げ記述
     116 *  を削除すればよい.
    120117 */
    121118cell tBanner Banner {
    122         /* 属性の設定 */
     119        /* 属性の設定 */
    123120        targetName      = BannerTargetName;
    124121        copyrightNotice = BannerCopyrightNotice;
  • asp3_gr_sakura/trunk/sample/sample1n.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    11/*
    2  *              サンプルプログラム(1)のコンポーネント記述ファイル
     2 *              サンプルプログラム(1)のコンポーネント記述ファイル
    33 *
    44 *  $Id$
    55 */
    66/*
    7  *  カーネルオブジェクトの定義
     7 *  カーネルオブジェクトの定義
    88 */
    99import(<kernel.cdl>);
    1010
    1111/*
    12  *  ターゲット非依存のセルタイプの定義
     12 *  ターゲット非依存のセルタイプの定義
    1313 */
    1414import("syssvc/tSerialPort.cdl");
     
    2020
    2121/*
    22  *  ターゲット依存部の取り込み
     22 *  ターゲット依存部の取り込み
    2323 */
    2424import("target.cdl");
    2525
    2626/*
    27  *  「セルの組上げ記述」とは,"cell"で始まる行から,それに対応する"};"
    28  *  の行までのことを言う.
     27 *  「セルの組上げ記述」とは,"cell"で始まる行から,それに対応する"};"
     28 *  の行までのことを言う.
    2929 */
    3030
    3131/*
    32  *  システムログ機能の組上げ記述
     32 *  システムログ機能の組上げ記述
    3333 *
    34  *  システムログ機能を外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除し,コ
    35  *  ンパイルオプションに-DTOPPERS_OMIT_SYSLOGを追加すればよい.ただし,
    36  *  システムログタスクはシステムログ機能を使用するため,それも外すこと
    37  *  がå¿
    38 è¦ã§ã‚る.また,システムログ機能のアダプタも外さなければならな
    39  *  い.tecsgenが警告メッセージを出すが,無視してよい.
     34 *  システムログ機能を外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除し,コ
     35 *  ンパイルオプションに-DTOPPERS_OMIT_SYSLOGを追加すればよい.ただし,
     36 *  システムログタスクはシステムログ機能を使用するため,それも外すこと
     37 *  が必要である.また,システムログ機能のアダプタも外さなければならな
     38 *  い.tecsgenが警告メッセージを出すが,無視してよい.
    4039 */
    4140cell tSysLog SysLog {
    42         logBufferSize = 32;                                     /* ログバッファのサイズ */
     41        logBufferSize = 32;                                     /* ログバッファのサイズ */
    4342        initLogMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_NOTICE)");
    44                                                                                 /* ログバッファに記録すべき重要度 */
     43                                                                                /* ログバッファに記録すべき重要度 */
    4544        initLowMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_EMERG)");
    46                                                                                 /* 低レベル出力すべき重要度 */
    47         /* 低レベル出力との結合 */
     45                                                                                /* 低レベル出力すべき重要度 */
     46        /* 低レベル出力との結合 */
    4847        cPutLog = PutLogTarget.ePutLog;
    4948};
    5049
    5150/*
    52  *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシステムログ機能
    53  *  を呼び出すためのアダプタの組上げ記述
     51 *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシステムログ機能
     52 *  を呼び出すためのアダプタの組上げ記述
    5453 *
    55  *  システムログ機能のサービスコール(syslog関数とsyslog_0関数~syslog_5
    56  *  関数以外のもの)ルをC言語で記述されたアプリケーションから呼び出さな
    57  *  い場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すればよい.
     54 *  システムログ機能のサービスコール(syslog関数とsyslog_0関数~syslog_5
     55 *  関数以外のもの)ルをC言語で記述されたアプリケーションから呼び出さな
     56 *  い場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すればよい.
    5857 */
    5958cell tSysLogAdapter SysLogAdapter {
     
    6261
    6362/*
    64  *  シリアルインタフェースドライバの組上げ記述
     63 *  シリアルインタフェースドライバの組上げ記述
    6564 *
    66  *  シリアルインタフェースドライバを外す場合には,以下のセルの組上げ記
    67  *  述を削除すればよい.ただし,システムログタスクはシリアルインタフェー
    68  *  スドライバを使用するため,それも外すことがå¿
    69 è¦ã§ã‚る.また,シリア
    70  *  ルインタフェースドライバのアダプタも外さなければならない.
     65 *  シリアルインタフェースドライバを外す場合には,以下のセルの組上げ記
     66 *  述を削除すればよい.ただし,システムログタスクはシリアルインタフェー
     67 *  スドライバを使用するため,それも外すことが必要である.また,シリア
     68 *  ルインタフェースドライバのアダプタも外さなければならない.
    7169 */
    7270cell tSerialPort SerialPort1 {
    73         receiveBufferSize = 256;                        /* 受信バッファのサイズ */
    74         sendBufferSize    = 256;                        /* 送信バッファのサイズ */
     71        receiveBufferSize = 256;                        /* 受信バッファのサイズ */
     72        sendBufferSize    = 256;                        /* 送信バッファのサイズ */
    7573
    76         /* ターゲット依存部との結合 */
     74        /* ターゲット依存部との結合 */
    7775        cSIOPort = SIOPortTarget1.eSIOPort;
    78         eiSIOCBR <= SIOPortTarget1.ciSIOCBR;    /* コールバック */
     76        eiSIOCBR <= SIOPortTarget1.ciSIOCBR;    /* コールバック */
    7977};
    8078
    8179/*
    82  *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシリアルインタ
    83  *  フェースドライバを呼び出すためのアダプタの組上げ記述
     80 *  C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシリアルインタ
     81 *  フェースドライバを呼び出すためのアダプタの組上げ記述
    8482 *
    85  *  シリアルインタフェースドライバのサービスコールをC言語で記述されたア
    86  *  プリケーションから呼び出さない場合には,以下のセルの組上げ記述を削
    87  *  除すればよい.
     83 *  シリアルインタフェースドライバのサービスコールをC言語で記述されたア
     84 *  プリケーションから呼び出さない場合には,以下のセルの組上げ記述を削
     85 *  除すればよい.
    8886 */
    8987cell tSerialAdapter SerialAdapter {
     
    9290
    9391/*
    94  *  システムログタスクの組上げ記述
     92 *  システムログタスクの組上げ記述
    9593 *
    96  *  システムログタスクを外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すれ
    97  *  ばよい.
     94 *  システムログタスクを外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すれ
     95 *  ばよい.
    9896 */
    9997cell tLogTask LogTask {
    100         priority  = 3;                                  /* システムログタスクの優å
    101 ˆåº¦ */
    102         stackSize = LogTaskStackSize;   /* システムログタスクのスタックサイズ */
     98        priority  = 3;                                  /* システムログタスクの優先度 */
     99        stackSize = LogTaskStackSize;   /* システムログタスクのスタックサイズ */
    103100
    104         /* シリアルインタフェースドライバとの結合 */
     101        /* シリアルインタフェースドライバとの結合 */
    105102        cSerialPort        = SerialPort1.eSerialPort;
    106103        cnSerialPortManage = SerialPort1.enSerialPortManage;
    107104
    108         /* システムログ機能との結合 */
     105        /* システムログ機能との結合 */
    109106        cSysLog = SysLog.eSysLog;
    110107
    111         /* 低レベル出力との結合 */
     108        /* 低レベル出力との結合 */
    112109        cPutLog = PutLogTarget.ePutLog;
    113110};
    114111
    115112/*
    116  *  カーネル起動メッセージ出力の組上げ記述
     113 *  カーネル起動メッセージ出力の組上げ記述
    117114 *
    118  *  カーネル起動メッセージの出力を外す場合には,以下のセルの組上げ記述
    119  *  を削除すればよい.
     115 *  カーネル起動メッセージの出力を外す場合には,以下のセルの組上げ記述
     116 *  を削除すればよい.
    120117 */
    121118cell tBanner Banner {
    122         /* 属性の設定 */
     119        /* 属性の設定 */
    123120        targetName      = BannerTargetName;
    124121        copyrightNotice = BannerCopyrightNotice;
  • asp3_gr_sakura/trunk/sample/tSample2.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    11/*
    2  *              サンプルプログラム(2)のコンポーネント記述ファイル
     2 *              サンプルプログラム(2)のコンポーネント記述ファイル
    33 *
    44 *  $Id$
    55 */
    66/*
    7  *  カーネルオブジェクトの定義
     7 *  カーネルオブジェクトの定義
    88 */
    99import("kernel.cdl");
    1010
    1111/*
    12  *  ターゲット非依存のセルタイプの定義
     12 *  ターゲット非依存のセルタイプの定義
    1313 */
    1414import("syssvc/tSerialPort.cdl");
     
    1818
    1919/*
    20  *  ターゲット依存部の取り込み
     20 *  ターゲット依存部の取り込み
    2121 */
    2222import("target.cdl");
    2323
    2424/*
    25  *  「セルの組上げ記述」とは,"cell"で始まる行から,それに対応する"};"
    26  *  の行までのことを言う.
    27  */
    28 
    29 /*
    30  *  システムログ機能の組上げ記述
    31  *
    32  *  システムログ機能を外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除し,コ
    33  *  ンパイルオプションに-DTOPPERS_OMIT_SYSLOGを追加すればよい.ただし,
    34  *  システムログタスクはシステムログ機能を使用するため,それも外すこと
    35  *  がå¿
    36 è¦ã§ã‚る.また,システムログ機能のアダプタも外さなければならな
    37  *  い.tecsgenが警告メッセージを出すが,無視してよい.
     25 *  「セルの組上げ記述」とは,"cell"で始まる行から,それに対応する"};"
     26 *  の行までのことを言う.
     27 */
     28
     29/*
     30 *  システムログ機能の組上げ記述
     31 *
     32 *  システムログ機能を外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除し,コ
     33 *  ンパイルオプションに-DTOPPERS_OMIT_SYSLOGを追加すればよい.ただし,
     34 *  システムログタスクはシステムログ機能を使用するため,それも外すこと
     35 *  が必要である.また,システムログ機能のアダプタも外さなければならな
     36 *  い.tecsgenが警告メッセージを出すが,無視してよい.
    3837 */
    3938cell tSysLog SysLog {
    40         logBufferSize = 32;                                     /* ログバッファのサイズ */
     39        logBufferSize = 32;                                     /* ログバッファのサイズ */
    4140        initLogMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_NOTICE)");
    42                                                                                 /* ログバッファに記録すべき重要度 */
     41                                                                                /* ログバッファに記録すべき重要度 */
    4342        initLowMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_EMERG)");
    44                                                                                 /* 低レベル出力すべき重要度 */
    45 
    46         /* 低レベル出力との結合 */
     43                                                                                /* 低レベル出力すべき重要度 */
     44
     45        /* 低レベル出力との結合 */
    4746        cPutLog = PutLogTarget.ePutLog;
    4847};
    4948
    5049/*
    51  *  シリアルインタフェースドライバの組上げ記述
    52  *
    53  *  シリアルインタフェースドライバを外す場合には,以下のセルの組上げ記
    54  *  述を削除すればよい.ただし,システムログタスクはシリアルインタフェー
    55  *  スドライバを使用するため,それも外すことがå¿
    56 è¦ã§ã‚る.また,シリア
    57  *  ルインタフェースドライバのアダプタも外さなければならない.
     50 *  シリアルインタフェースドライバの組上げ記述
     51 *
     52 *  シリアルインタフェースドライバを外す場合には,以下のセルの組上げ記
     53 *  述を削除すればよい.ただし,システムログタスクはシリアルインタフェー
     54 *  スドライバを使用するため,それも外すことが必要である.また,シリア
     55 *  ルインタフェースドライバのアダプタも外さなければならない.
    5856 */
    5957cell tSerialPort SerialPort1 {
    60         receiveBufferSize = 256;                        /* 受信バッファのサイズ */
    61         sendBufferSize    = 256;                        /* 送信バッファのサイズ */
    62 
    63         /* ターゲット依存部との結合 */
     58        receiveBufferSize = 256;                        /* 受信バッファのサイズ */
     59        sendBufferSize    = 256;                        /* 送信バッファのサイズ */
     60
     61        /* ターゲット依存部との結合 */
    6462        cSIOPort = SIOPortTarget1.eSIOPort;
    65         eiSIOCBR <= SIOPortTarget1.ciSIOCBR;    /* コールバック */
    66 };
    67 
    68 /*
    69  *  システムログタスクの組上げ記述
    70  *
    71  *  システムログタスクを外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すれ
    72  *  ばよい.
     63        eiSIOCBR <= SIOPortTarget1.ciSIOCBR;    /* コールバック */
     64};
     65
     66/*
     67 *  システムログタスクの組上げ記述
     68 *
     69 *  システムログタスクを外す場合には,以下のセルの組上げ記述を削除すれ
     70 *  ばよい.
    7371 */
    7472cell tLogTask LogTask {
    75         priority  = 3;                                  /* システムログタスクの優å
    76 ˆåº¦ */
    77         stackSize = LogTaskStackSize;   /* システムログタスクのスタックサイズ */
    78 
    79         /* シリアルインタフェースドライバとの結合 */
     73        priority  = 3;                                  /* システムログタスクの優先度 */
     74        stackSize = LogTaskStackSize;   /* システムログタスクのスタックサイズ */
     75
     76        /* シリアルインタフェースドライバとの結合 */
    8077        cSerialPort        = SerialPort1.eSerialPort;
    8178        cnSerialPortManage = SerialPort1.enSerialPortManage;
    8279
    83         /* システムログ機能との結合 */
     80        /* システムログ機能との結合 */
    8481        cSysLog = SysLog.eSysLog;
    8582
    86         /* 低レベル出力との結合 */
     83        /* 低レベル出力との結合 */
    8784        cPutLog = PutLogTarget.ePutLog;
    8885};
    8986
    9087/*
    91  *  カーネル起動メッセージ出力の組上げ記述
    92  *
    93  *  カーネル起動メッセージの出力を外す場合には,以下のセルの組上げ記述
    94  *  を削除すればよい.
     88 *  カーネル起動メッセージ出力の組上げ記述
     89 *
     90 *  カーネル起動メッセージの出力を外す場合には,以下のセルの組上げ記述
     91 *  を削除すればよい.
    9592 */
    9693cell tBanner Banner {
    97         /* 属性の設定 */
     94        /* 属性の設定 */
    9895        targetName      = BannerTargetName;
    9996        copyrightNotice = BannerCopyrightNotice;
     
    10198
    10299/*
    103  *  サンプルプログラムの定義
     100 *  サンプルプログラムの定義
    104101 */
    105102[singleton]
    106103celltype tSample2 {
    107         require tKernel.eKernel;                        /* 呼び口名なし(例:delay)*/
    108         /*require cKernel = tKernel.eKernel;/* 呼び口名あり(例:cKernel_delay)*/
    109         require ciKernel = tKernel.eiKernel;/* 呼び口名あり(例:ciKernel_)*/
    110 
    111         call sTask                  cTask[4];           /* タスク操作 */
     104        require tKernel.eKernel;                        /* 呼び口名なし(例:delay)*/
     105        /*require cKernel = tKernel.eKernel;/* 呼び口名あり(例:cKernel_delay)*/
     106        require ciKernel = tKernel.eiKernel;/* 呼び口名あり(例:ciKernel_)*/
     107
     108        call sTask                  cTask[4];           /* タスク操作 */
    112109        call sTask                      cExceptionTask;
    113110        call sCyclic        cCyclic;
    114111        call sAlarm         cAlarm;
    115112
    116         [optional] call sSerialPort     cSerialPort;/* シリアルドライバとの接続 */
    117         call sSysLog            cSysLog;                /* システムログ機能との接続 */
     113        [optional] call sSerialPort     cSerialPort;/* シリアルドライバとの接続 */
     114        call sSysLog            cSysLog;                /* システムログ機能との接続 */
    118115       
    119         entry sTaskBody         eMainTask;              /* Mainタスク */
    120         entry sTaskBody         eSampleTask[3]; /* 並行実行されるタスク */
    121         entry sTaskBody         eExceptionTask; /* 例外処理タスク */
     116        entry sTaskBody         eMainTask;              /* Mainタスク */
     117        entry sTaskBody         eSampleTask[3]; /* 並行実行されるタスク */
     118        entry sTaskBody         eExceptionTask; /* 例外処理タスク */
    122119       
    123         entry siHandlerBody eiCyclicHandler;/* 周期ハンドラ*/
    124         entry siHandlerBody eiAlarmHandler; /* アラームハンドラ */
    125 };
    126 
    127 /*
    128  *  組み上げ記述
    129  */
    130 
    131 /* Sample2のプロトタイプ宣言 */
     120        entry siHandlerBody eiCyclicHandler;/* 周期ハンドラ*/
     121        entry siHandlerBody eiAlarmHandler; /* アラームハンドラ */
     122};
     123
     124/*
     125 *  組み上げ記述
     126 */
     127
     128/* Sample2のプロトタイプ宣言 */
    132129cell tSample2 Sample2;
    133130
     
    136133
    137134cell tTask MainTask {
    138         /* 呼び口の結合 */
     135        /* 呼び口の結合 */
    139136        cTaskBody = Sample2.eMainTask;
    140         /* 属性の設定 */
     137        /* 属性の設定 */
    141138        attribute = C_EXP("TA_ACT");
    142139        priority = C_EXP("MAIN_PRIORITY");
     
    145142
    146143cell tTask Task1 {
    147         /* 呼び口の結合 */
     144        /* 呼び口の結合 */
    148145        cTaskBody = Sample2.eSampleTask[0];
    149           /* 属性の設定 */
     146          /* 属性の設定 */
    150147        priority = C_EXP("MID_PRIORITY");
    151148        stackSize = C_EXP("STACK_SIZE");
     
    153150
    154151cell tTask Task2 {
    155         /* 呼び口の結合 */
     152        /* 呼び口の結合 */
    156153        cTaskBody = Sample2.eSampleTask[1];
    157         /* 属性の設定 */
     154        /* 属性の設定 */
    158155        priority = C_EXP("MID_PRIORITY");
    159156        stackSize = C_EXP("STACK_SIZE");
     
    161158
    162159cell tTask Task3 {
    163         /* 呼び口の結合 */
     160        /* 呼び口の結合 */
    164161        cTaskBody = Sample2.eSampleTask[2];
    165         /* 属性の設定 */
     162        /* 属性の設定 */
    166163        priority = C_EXP("MID_PRIORITY");
    167164        stackSize = C_EXP("STACK_SIZE");
     
    169166
    170167cell tTask ExceptionTask {
    171         /* 呼び口の結合 */
     168        /* 呼び口の結合 */
    172169        cTaskBody = Sample2.eExceptionTask;
    173         /* 属性の設定 */
     170        /* 属性の設定 */
    174171        priority = C_EXP("EXC_PRIORITY");
    175172        stackSize = C_EXP("STACK_SIZE");
     
    177174
    178175cell tCyclicHandler CyclicHandler {
    179         /* 呼び口の結合 */
     176        /* 呼び口の結合 */
    180177        ciHandlerBody = Sample2.eiCyclicHandler;
    181         /* 属性の設定 */
     178        /* 属性の設定 */
    182179        cycleTime = 2000000;
    183180};
     
    188185
    189186cell tSample2 Sample2 {
    190         /* 呼び口の結合 */
     187        /* 呼び口の結合 */
    191188        cTask[ 0 ] = MainTask.eTask;
    192189        cTask[ 1 ] = Task1.eTask;
  • asp3_gr_sakura/trunk/syssvc/tBanner.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    77 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    88 *
    9  *  上記著作権è€
    10 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    11  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    12  *  変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    14  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    15  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    16  *      スコード中に含まれていること.
    17  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    18  *      用できる形で再é
    19 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    20 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    21  *      è€
    22 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    23  *      の無保証規定を掲載すること.
    24  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    25  *      用できない形で再é
    26 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    27  *      と.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *    (b) 再é
    33 å¸ƒã®å½¢æ
    34 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    35  *        報告すること.
    36  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    37  *      害からも,上記著作権è€
    38 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    39 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    40  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    41  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    42 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    43  *      å
    44 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     9 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     10 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     11 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     21 *      と.
     22 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     23 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     24 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     25 *        報告すること.
     26 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     27 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     28 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     29 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     30 *      免責すること.
    4531 *
    46  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    47 ãŠ
    48  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    49  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    50  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    51  *  の責任を負わない.
     32 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     33 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     34 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     35 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     36 *  の責任を負わない.
    5237 *
    5338 *  $Id$
     
    5540
    5641/*
    57  *  カーネル起動メッセージ出力の本体のセルタイプ
     42 *  カーネル起動メッセージ出力の本体のセルタイプ
    5843 */
    5944[singleton]
     
    6247
    6348        attr {
    64                 char    *targetName;                    /* ターゲット名 */
    65                 char    *copyrightNotice;               /* 著作権表示 */
     49                char    *targetName;                    /* ターゲット名 */
     50                char    *copyrightNotice;               /* 著作権表示 */
    6651        };
    6752};
    6853
    6954/*
    70  *  カーネル起動メッセージ出力(複合コンポーネント)のセルタイプ
     55 *  カーネル起動メッセージ出力(複合コンポーネント)のセルタイプ
    7156 */
    7257[singleton,active]
    7358composite tBanner {
    7459        attr {
    75                 char    *targetName;                    /* ターゲット名 */
    76                 char    *copyrightNotice;               /* 著作権表示 */
     60                char    *targetName;                    /* ターゲット名 */
     61                char    *copyrightNotice;               /* 著作権表示 */
    7762        };
    7863
    7964        cell tBannerMain BannerMain {
    80                 /* 属性の継承 */
     65                /* 属性の継承 */
    8166                targetName      = composite.targetName;
    8267                copyrightNotice = composite.copyrightNotice;
     
    8469
    8570        cell tInitializeRoutine InitializeRoutine {
    86                 /* 呼び口 */
     71                /* 呼び口 */
    8772                cInitializeRoutineBody = BannerMain.eBannerInitialize;
    8873        };
  • asp3_gr_sakura/trunk/syssvc/tHistogram.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    66 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    77 *
    8  *  上記著作権è€
    9 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    10  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    11  *  変・再é
    12 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    13  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    14  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    15  *      スコード中に含まれていること.
    16  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    17  *      用できる形で再é
    18 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    19 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    20  *      è€
    21 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    22  *      の無保証規定を掲載すること.
    23  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    24  *      用できない形で再é
    25 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    26  *      と.
    27  *    (a) 再é
    28 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    29 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    30  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    31  *    (b) 再é
    32 å¸ƒã®å½¢æ
    33 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    34  *        報告すること.
    35  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    36  *      害からも,上記著作権è€
    37 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    38 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    39  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    40  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    41 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    42  *      å
    43 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     8 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     9 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     10 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     11 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     12 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     13 *      スコード中に含まれていること.
     14 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     15 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     16 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     17 *      の無保証規定を掲載すること.
     18 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     19 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     20 *      と.
     21 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     24 *        報告すること.
     25 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     26 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     27 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     28 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     29 *      免責すること.
    4430 *
    45  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    46 ãŠ
    47  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    48  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    49  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    50  *  の責任を負わない.
     31 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     32 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     33 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     34 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     35 *  の責任を負わない.
    5136 *
    5237 *  $Id$
     
    5439
    5540/*
    56  *              実行時間分布集計サービスのコンポーネント記述ファイル
     41 *              実行時間分布集計サービスのコンポーネント記述ファイル
    5742 */
    5843
     
    6045
    6146/*
    62  *  実行時間分布集計サービスのシグニチャ
     47 *  実行時間分布集計サービスのシグニチャ
    6348 */
    6449signature sHistogram {
    6550        /*
    66          *  実行時間分布計測の初期化
     51         *  実行時間分布計測の初期化
    6752         */
    6853        void    initialize(void);
    6954
    7055        /*
    71          *  実行時間計測の開始
     56         *  実行時間計測の開始
    7257         */
    7358        void    beginMeasure(void);
    7459
    7560        /*
    76          *  実行時間計測の終了
     61         *  実行時間計測の終了
    7762         */
    7863        void    endMeasure(void);
    7964
    8065        /*
    81          *  実行時間分布計測の表示
     66         *  実行時間分布計測の表示
    8267         */
    8368        void    print(void);
     
    8570
    8671/*
    87  *  実行時間分布集計サービスのセルタイプ
     72 *  実行時間分布集計サービスのセルタイプ
    8873 */
    8974celltype tHistogram {
     
    9176
    9277        attr {
    93                 uint_t          maxTime = 1000;         /* 分布を記録する最大時間 */
     78                uint_t          maxTime = 1000;         /* 分布を記録する最大時間 */
    9479        };
    9580        var {
    9681                [size_is(maxTime + 1)] uint_t   *histarea;
    97                                                                                 /* 分布を記録するメモリ領域 */
    98                 histtim_t       begin_time;                     /* 計測開始時刻 */
    99                 uint_t          over;                           /* 最大時間をè¶
    100 ãˆãŸåº¦æ•° */
    101                 uint_t          under;                          /* 時間の逆転が疑われる度数 */
     82                                                                                /* 分布を記録するメモリ領域 */
     83                histtim_t       begin_time;                     /* 計測開始時刻 */
     84                uint_t          over;                           /* 最大時間を超えた度数 */
     85                uint_t          under;                          /* 時間の逆転が疑われる度数 */
    10286        };
    10387};
  • asp3_gr_sakura/trunk/syssvc/tHistogramAdapter.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    11/*
    2  *              C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースの実行時間分布
    3  *              集計サービスを呼び出すためのアダプタ用セルタイプの定義
     2 *              C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースの実行時間分布
     3 *              集計サービスを呼び出すためのアダプタ用セルタイプの定義
    44 *
    55 *  $Id$
  • asp3_gr_sakura/trunk/syssvc/tLogTask.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  上記著作権è€
    12 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    13  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    14  *  変・再é
    15 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    16  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    17  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    18  *      スコード中に含まれていること.
    19  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    20  *      用できる形で再é
    21 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    22 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    23  *      è€
    24 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    25  *      の無保証規定を掲載すること.
    26  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    27  *      用できない形で再é
    28 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    29  *      と.
    30  *    (a) 再é
    31 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    32 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    33  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    34  *    (b) 再é
    35 å¸ƒã®å½¢æ
    36 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    37  *        報告すること.
    38  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    39  *      害からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    42  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    43  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    44 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    45  *      å
    46 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    4733 *
    48  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    49 ãŠ
    50  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    51  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    52  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    53  *  の責任を負わない.
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    5439 *
    5540 *  $Id$
     
    5742
    5843/*
    59  *              システムログタスクのコンポーネント記述ファイル
     44 *              システムログタスクのコンポーネント記述ファイル
    6045 */
    6146
    6247/*
    63  *  システムログタスクのシグニチャ
     48 *  システムログタスクのシグニチャ
    6449 */
    6550signature sLogTask {
     
    6853
    6954/*
    70  *  システムログタスクの本体のセルタイプ
     55 *  システムログタスクの本体のセルタイプ
    7156 */
    7257[singleton]
     
    7661        entry   sLogTask                eLogTask;
    7762
    78         call    sSerialPort             cSerialPort;    /* シリアルドライバとの接続 */
     63        call    sSerialPort             cSerialPort;    /* シリアルドライバとの接続 */
    7964        call    snSerialPortManage      cnSerialPortManage;
    80                                                                                         /* シリアルドライバ管理との接続 */
    81         call    sSysLog                 cSysLog;                /* システムログ機能との接続 */
    82         call    sPutLog                 cPutLog;                /* 低レベル出力との接続 */
     65                                                                                        /* シリアルドライバ管理との接続 */
     66        call    sSysLog                 cSysLog;                /* システムログ機能との接続 */
     67        call    sPutLog                 cPutLog;                /* 低レベル出力との接続 */
    8368
    8469        attr {
    85                 RELTIM  interval;                               /* システムログタスクの動作間隔 */
    86                 RELTIM  flushWait;                              /* フラッシュå¾
    87 ã¡ã®å˜ä½æ™‚é–“ */
     70                RELTIM  interval;                               /* システムログタスクの動作間隔 */
     71                RELTIM  flushWait;                              /* フラッシュ待ちの単位時間 */
    8872        };
    8973};
    9074
    9175/*
    92  *  システムログタスク(複合コンポーネント)のセルタイプ
     76 *  システムログタスク(複合コンポーネント)のセルタイプ
    9377 */
    9478[singleton, active]
    9579composite tLogTask {
    96         entry   sLogTask        eLogTask;               /* システムログタスク操作 */
     80        entry   sLogTask        eLogTask;               /* システムログタスク操作 */
    9781       
    98         call    sSerialPort     cSerialPort;    /* シリアルドライバとの接続 */
     82        call    sSerialPort     cSerialPort;    /* シリアルドライバとの接続 */
    9983        call    snSerialPortManage      cnSerialPortManage;
    100                                                                                 /* シリアルドライバ管理との接続 */
    101         call    sSysLog         cSysLog;                /* システムログ機能との接続 */
    102         call    sPutLog         cPutLog;                /* 低レベル出力との接続 */
     84                                                                                /* シリアルドライバ管理との接続 */
     85        call    sSysLog         cSysLog;                /* システムログ機能との接続 */
     86        call    sPutLog         cPutLog;                /* 低レベル出力との接続 */
    10387
    10488        attr {
    105                 [omit] ATR              attribute = C_EXP("TA_ACT");    /* タスク属性 */
    106                 [omit] PRI      priority;               /* タスクの初期優å
    107 ˆåº¦ */
    108                 [omit] size_t   stackSize;              /* タスクのスタックサイズ */
    109                 RELTIM          interval = 10000;       /* システムログタスクの動作間隔 */
    110                 RELTIM          flushWait = 1000;       /* フラッシュå¾
    111 ã¡ã®å˜ä½æ™‚é–“ */
     89                [omit] ATR              attribute = C_EXP("TA_ACT");    /* タスク属性 */
     90                [omit] PRI      priority;               /* タスクの初期優先度 */
     91                [omit] size_t   stackSize;              /* タスクのスタックサイズ */
     92                RELTIM          interval = 10000;       /* システムログタスクの動作間隔 */
     93                RELTIM          flushWait = 1000;       /* フラッシュ待ちの単位時間 */
    11294        };
    11395
    11496        cell tLogTaskMain LogTaskMain {
    115                 /* 呼び口の結合 */
     97                /* 呼び口の結合 */
    11698                cSerialPort        => composite.cSerialPort;
    11799                cnSerialPortManage => composite.cnSerialPortManage;
     
    119101                cPutLog            => composite.cPutLog;
    120102
    121                 /* 属性の継承 */
     103                /* 属性の継承 */
    122104                interval  = composite.interval;
    123105                flushWait = composite.flushWait;
     
    125107
    126108        cell tTask Task {
    127                 /* 呼び口の結合 */
     109                /* 呼び口の結合 */
    128110                cTaskBody = LogTaskMain.eLogTaskBody;
    129111
    130                 /* 属性の継承 */
     112                /* 属性の継承 */
    131113                attribute = composite.attribute;
    132114                priority  = composite.priority;
     
    135117
    136118        cell tTerminateRoutine TerminateRoutine {
    137                 /* 呼び口 */
     119                /* 呼び口 */
    138120                cTerminateRoutineBody = LogTaskMain.eLogTaskTerminate;
    139121        };
    140122
    141         /* 受け口の結合 */
     123        /* 受け口の結合 */
    142124        composite.eLogTask => LogTaskMain.eLogTask;
    143125};
  • asp3_gr_sakura/trunk/syssvc/tSerialAdapter.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    11/*
    2  *              C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシリアルイン
    3  *              タフェースドライバを呼び出すためのアダプタ用セルタイプの定義
     2 *              C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシリアルイン
     3 *              タフェースドライバを呼び出すためのアダプタ用セルタイプの定義
    44 *
    55 *  $Id$
  • asp3_gr_sakura/trunk/syssvc/tSerialPort.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  上記著作権è€
    12 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    13  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    14  *  変・再é
    15 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    16  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    17  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    18  *      スコード中に含まれていること.
    19  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    20  *      用できる形で再é
    21 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    22 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    23  *      è€
    24 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    25  *      の無保証規定を掲載すること.
    26  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    27  *      用できない形で再é
    28 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    29  *      と.
    30  *    (a) 再é
    31 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    32 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    33  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    34  *    (b) 再é
    35 å¸ƒã®å½¢æ
    36 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    37  *        報告すること.
    38  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    39  *      害からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    42  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    43  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    44 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    45  *      å
    46 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    4733 *
    48  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    49 ãŠ
    50  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    51  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    52  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    53  *  の責任を負わない.
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    5439 *
    5540 *  $Id$
     
    5742
    5843/*
    59  *              シリアルインタフェースドライバのコンポーネント記述ファイル
     44 *              シリアルインタフェースドライバのコンポーネント記述ファイル
    6045 */
    6146
    6247/*
    63  *  シリアルインタフェースドライバをTECSを用いずに呼び出すためにもå¿
    64 è¦
    65  *  な定義の取込み
     48 *  シリアルインタフェースドライバをTECSを用いずに呼び出すためにも必要
     49 *  な定義の取込み
    6650 */
    6751import_C("syssvc/serial.h");
    6852
    6953/*
    70  *  シリアルインタフェースドライバのシグニチャ
     54 *  シリアルインタフェースドライバのシグニチャ
    7155 */
    7256signature sSerialPort {
     
    8064
    8165/*
    82  *  シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部が提供する関数
     66 *  シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部が提供する関数
    8367 */
    8468signature sSIOPort {
     
    9276
    9377/*
    94  *  コールバックルーチンの識別番号(cbrtnパラメータに用いる)
     78 *  コールバックルーチンの識別番号(cbrtnパラメータに用いる)
    9579 */
    96 const uint_t SIOSendReady = 1;          /* 送信可能コールバック */
    97 const uint_t SIOReceiveReady = 2;       /* 受信通知コールバック */
     80const uint_t SIOSendReady = 1;          /* 送信可能コールバック */
     81const uint_t SIOReceiveReady = 2;       /* 受信通知コールバック */
    9882
    9983/*
    100  *  ターゲット依存部からのコールバック
     84 *  ターゲット依存部からのコールバック
    10185 */
    10286[callback]
     
    10791
    10892/*
    109  *  シリアルインタフェースドライバ管理用のシグニチャ(終了処理ルーチン
    110  *  からの使用を想定)
     93 *  シリアルインタフェースドライバ管理用のシグニチャ(終了処理ルーチン
     94 *  からの使用を想定)
    11195 */
    11296signature snSerialPortManage {
     
    11599
    116100/*
    117  *  シリアルポートの制御部のセルタイプ
     101 *  シリアルポートの制御部のセルタイプ
    118102 */
    119103celltype tSerialPortMain {
     
    121105        entry   snSerialPortManage      enSerialPortManage;
    122106
    123         call    sSIOPort        cSIOPort;                       /* 簡易SIOドライバとの接続 */
     107        call    sSIOPort        cSIOPort;                       /* 簡易SIOドライバとの接続 */
    124108        entry   siSIOCBR        eiSIOCBR;
    125109       
    126         call    sSemaphore      cSendSemaphore;         /* 送信用セマフォとの接続 */
     110        call    sSemaphore      cSendSemaphore;         /* 送信用セマフォとの接続 */
    127111        call    siSemaphore     ciSendSemaphore;
    128         call    sSemaphore      cReceiveSemaphore;      /* 受信用セマフォとの接続 */
     112        call    sSemaphore      cReceiveSemaphore;      /* 受信用セマフォとの接続 */
    129113        call    siSemaphore     ciReceiveSemaphore;
    130114       
    131115        attr {
    132                 uint_t  receiveBufferSize = 256;        /* 受信バッファサイズ */
    133                 uint_t  sendBufferSize = 256;           /* 送信バッファサイズ */
     116                uint_t  receiveBufferSize = 256;        /* 受信バッファサイズ */
     117                uint_t  sendBufferSize = 256;           /* 送信バッファサイズ */
    134118        };
    135119        var {
    136                 bool_t  openFlag = C_EXP("false");      /* オープン済みフラグ */
    137                 bool_t  errorFlag;                                      /* エラーフラグ */
    138                 uint_t  ioControl;                                      /* 動作制御の設定値 */
     120                bool_t  openFlag = C_EXP("false");      /* オープン済みフラグ */
     121                bool_t  errorFlag;                                      /* エラーフラグ */
     122                uint_t  ioControl;                                      /* 動作制御の設定値 */
    139123
    140                 [size_is(receiveBufferSize)] char *receiveBuffer;       /* 受信バッファ */
    141                 uint_t  receiveReadPointer;                     /* 受信バッファ読出しポインタ */
    142                 uint_t  receiveWritePointer;            /* 受信バッファ書込みポインタ */
    143                 uint_t  receiveCount;                           /* 受信バッファ中の文字数 */
    144                 char    receiveFlowControl;                     /* 送るべきSTART/STOP */
    145                 bool_t  receiveStopped;                         /* STOPを送った状æ
    146 ‹ã‹ï¼Ÿ */
     124                [size_is(receiveBufferSize)] char *receiveBuffer;       /* 受信バッファ */
     125                uint_t  receiveReadPointer;                     /* 受信バッファ読出しポインタ */
     126                uint_t  receiveWritePointer;            /* 受信バッファ書込みポインタ */
     127                uint_t  receiveCount;                           /* 受信バッファ中の文字数 */
     128                char    receiveFlowControl;                     /* 送るべきSTART/STOP */
     129                bool_t  receiveStopped;                         /* STOPを送った状態か? */
    147130
    148                 [size_is(sendBufferSize)] char *sendBuffer;             /* 送信バッファ */
    149                 uint_t  sendReadPointer;                        /* 送信バッファ読出しポインタ */
    150                 uint_t  sendWritePointer;                       /* 送信バッファ書込みポインタ */
    151                 uint_t  sendCount;                                      /* 送信バッファ中の文字数 */
    152                 bool_t  sendStopped;                            /* STOPを受け取った状æ
    153 ‹ã‹ï¼Ÿ */
     131                [size_is(sendBufferSize)] char *sendBuffer;             /* 送信バッファ */
     132                uint_t  sendReadPointer;                        /* 送信バッファ読出しポインタ */
     133                uint_t  sendWritePointer;                       /* 送信バッファ書込みポインタ */
     134                uint_t  sendCount;                                      /* 送信バッファ中の文字数 */
     135                bool_t  sendStopped;                            /* STOPを受け取った状態か? */
    154136        };
    155137};
    156138
    157139/*
    158  *  シリアルポートドライバ(複合セル)のセルタイプ
     140 *  シリアルポートドライバ(複合セル)のセルタイプ
    159141 *
    160  *  シリアルポートの制御部と,それが使用する2つのセマフォ(受信用と送
    161  *  信用)を複合化して,1つのコンポーネントとしている.
     142 *  シリアルポートの制御部と,それが使用する2つのセマフォ(受信用と送
     143 *  信用)を複合化して,1つのコンポーネントとしている.
    162144 */
    163145composite tSerialPort {
     
    165147        entry   snSerialPortManage      enSerialPortManage;
    166148
    167         call    sSIOPort                cSIOPort;               /* 簡易SIOドライバとの接続 */
     149        call    sSIOPort                cSIOPort;               /* 簡易SIOドライバとの接続 */
    168150        entry   siSIOCBR                eiSIOCBR;
    169151       
    170152        attr {
    171                 uint_t  receiveBufferSize = 256;        /* 受信バッファサイズ */
    172                 uint_t  sendBufferSize = 256;           /* 送信バッファサイズ */
     153                uint_t  receiveBufferSize = 256;        /* 受信バッファサイズ */
     154                uint_t  sendBufferSize = 256;           /* 送信バッファサイズ */
    173155        };
    174156
    175         /* 受信用のセマフォ */
     157        /* 受信用のセマフォ */
    176158        cell tSemaphore ReceiveSemaphore {
    177159                attribute = C_EXP("TA_NULL");
     
    180162        };
    181163
    182         /* 送信用のセマフォ */
     164        /* 送信用のセマフォ */
    183165        cell tSemaphore SendSemaphore {
    184166                attribute = C_EXP("TA_NULL");
     
    187169        };
    188170
    189         /* シリアルポートの制御部 */
     171        /* シリアルポートの制御部 */
    190172        cell tSerialPortMain SerialPortMain {
    191                 /* セマフォとの結合 */
     173                /* セマフォとの結合 */
    192174                cReceiveSemaphore  = ReceiveSemaphore.eSemaphore;
    193175                ciReceiveSemaphore = ReceiveSemaphore.eiSemaphore;
     
    195177                ciSendSemaphore    = SendSemaphore.eiSemaphore;
    196178
    197                 /* 呼び口のエクスポート */
     179                /* 呼び口のエクスポート */
    198180                cSIOPort          => composite.cSIOPort;
    199181
    200                 /* 属性の継承 */
     182                /* 属性の継承 */
    201183                receiveBufferSize = composite.receiveBufferSize;
    202184                sendBufferSize    = composite.sendBufferSize;
    203185        };
    204186
    205         /* 受け口のエクスポート */
     187        /* 受け口のエクスポート */
    206188        composite.eSerialPort        => SerialPortMain.eSerialPort;
    207189        composite.enSerialPortManage => SerialPortMain.enSerialPortManage;
  • asp3_gr_sakura/trunk/syssvc/tSysLog.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  上記著作権è€
    12 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    13  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    14  *  変・再é
    15 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    16  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    17  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    18  *      スコード中に含まれていること.
    19  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    20  *      用できる形で再é
    21 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    22 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    23  *      è€
    24 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    25  *      の無保証規定を掲載すること.
    26  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    27  *      用できない形で再é
    28 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    29  *      と.
    30  *    (a) 再é
    31 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    32 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    33  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    34  *    (b) 再é
    35 å¸ƒã®å½¢æ
    36 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    37  *        報告すること.
    38  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    39  *      害からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    42  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    43  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    44 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    45  *      å
    46 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    4733 *
    48  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    49 ãŠ
    50  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    51  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    52  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    53  *  の責任を負わない.
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    5439 *
    5540 *  $Id$
     
    5742
    5843/*
    59  *              システムログ機能のコンポーネント記述ファイル
     44 *              システムログ機能のコンポーネント記述ファイル
    6045 */
    6146
    6247/*
    63  *  システムログ出力に関する定義
     48 *  システムログ出力に関する定義
    6449 */
    6550import_C("t_syslog.h");
    6651
    6752/*
    68  *  低レベル出力のシグニチャ
     53 *  低レベル出力のシグニチャ
    6954 */
    7055signature sPutLog {
     
    7358
    7459/*
    75  *  システムログ機能のシグニチャ
     60 *  システムログ機能のシグニチャ
    7661 */
    7762signature sSysLog {
    7863        /*
    79          *  ログæƒ
    80 å ±ã®å‡ºåŠ›
     64         *  ログ情報の出力
    8165         */
    8266        ER              write([in] uint_t priority, [in] const SYSLOG *p_syslog);
    8367
    8468        /*
    85          *  ログバッファからのログæƒ
    86 å ±ã®èª­å‡ºã—
     69         *  ログバッファからのログ情報の読出し
    8770         */
    8871        ER_UINT read([out] SYSLOG *p_syslog);
    8972
    9073        /*
    91          *  出力すべきログæƒ
    92 å ±ã®é‡è¦åº¦ã®è¨­å®š
     74         *  出力すべきログ情報の重要度の設定
    9375         */
    9476        ER              mask([in] uint_t logMask, [in] uint_t lowMask);
    9577
    9678        /*
    97          *  低レベル出力によるすべてのログæƒ
    98 å ±ã®å‡ºåŠ›
     79         *  低レベル出力によるすべてのログ情報の出力
    9980         */
    10081        ER              refer([out] T_SYSLOG_RLOG *pk_rlog);
    10182
    10283        /*
    103          *  低レベル出力によるすべてのログæƒ
    104 å ±ã®å‡ºåŠ›
     84         *  低レベル出力によるすべてのログ情報の出力
    10585         */
    10686        ER              flush(void);
     
    10888
    10989/*
    110  *  システムログ機能のセルタイプ
     90 *  システムログ機能のセルタイプ
    11191 */
    11292[singleton]
    11393celltype tSysLog {
    11494        entry   sSysLog         eSysLog;
    115         call    sPutLog         cPutLog;                /* 低レベル出力との接続 */
     95        call    sPutLog         cPutLog;                /* 低レベル出力との接続 */
    11696
    11797        attr {
    118                 uint_t  logBufferSize;                  /* ログバッファサイズ */
     98                uint_t  logBufferSize;                  /* ログバッファサイズ */
    11999                uint_t  initLogMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_DEBUG)");
    120                                                                                 /* ログバッファに記録すべき重要度 */
     100                                                                                /* ログバッファに記録すべき重要度 */
    121101                uint_t  initLowMask = C_EXP("LOG_UPTO(LOG_EMERG)");
    122                                                                                 /* 低レベル出力すべき重要度 */
     102                                                                                /* 低レベル出力すべき重要度 */
    123103        };
    124104        var {
    125                 [size_is(logBufferSize)] SYSLOG *logBuffer;     /* ログバッファ */
    126                 uint_t  count = 0;                              /* ログバッファ中のログの数 */
    127                 uint_t  head = 0;                               /* å
    128 ˆé ­ã®ãƒ­ã‚°ã®æ ¼ç´ä½ç½® */
    129                 uint_t  tail = 0;                               /* 次のログの格納位置 */
    130                 uint_t  lost = 0;                               /* 失われたログの数 */
    131                 uint_t  logMask = initLogMask;  /* ログバッファに記録すべき重要度 */
    132                 uint_t  lowMask = initLowMask;  /* 低レベル出力すべき重要度 */
     105                [size_is(logBufferSize)] SYSLOG *logBuffer;     /* ログバッファ */
     106                uint_t  count = 0;                              /* ログバッファ中のログの数 */
     107                uint_t  head = 0;                               /* 先頭のログの格納位置 */
     108                uint_t  tail = 0;                               /* 次のログの格納位置 */
     109                uint_t  lost = 0;                               /* 失われたログの数 */
     110                uint_t  logMask = initLogMask;  /* ログバッファに記録すべき重要度 */
     111                uint_t  lowMask = initLowMask;  /* 低レベル出力すべき重要度 */
    133112        };
    134113};
  • asp3_gr_sakura/trunk/syssvc/tSysLogAdapter.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    11/*
    2  *              C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシステムログ
    3  *              機能を呼び出すためのアダプタ用セルタイプの定義
     2 *              C言語で記述されたアプリケーションから,TECSベースのシステムログ
     3 *              機能を呼び出すためのアダプタ用セルタイプの定義
    44 *
    55 *  $Id$
  • asp3_gr_sakura/trunk/syssvc/tTestService.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    77 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    88 *
    9  *  上記著作権è€
    10 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    11  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    12  *  変・再é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    14  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    15  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    16  *      スコード中に含まれていること.
    17  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    18  *      用できる形で再é
    19 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    20 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    21  *      è€
    22 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    23  *      の無保証規定を掲載すること.
    24  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    25  *      用できない形で再é
    26 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    27  *      と.
    28  *    (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32  *    (b) 再é
    33 å¸ƒã®å½¢æ
    34 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    35  *        報告すること.
    36  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    37  *      害からも,上記著作権è€
    38 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    39 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    40  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    41  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    42 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    43  *      å
    44 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     9 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     10 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     11 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14 *      スコード中に含まれていること.
     15 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18 *      の無保証規定を掲載すること.
     19 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     21 *      と.
     22 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     23 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     24 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     25 *        報告すること.
     26 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     27 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     28 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     29 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     30 *      免責すること.
    4531 *
    46  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    47 ãŠ
    48  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    49  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    50  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    51  *  の責任を負わない.
     32 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     33 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     34 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     35 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     36 *  の責任を負わない.
    5237 *
    5338 *  $Id$
     
    5540
    5641/*
    57  *              テストプログラム用サービスのコンポーネント記述ファイル
     42 *              テストプログラム用サービスのコンポーネント記述ファイル
    5843 */
    5944
    6045/*
    61  *  自己診断サービスのシグニチャ
     46 *  自己診断サービスのシグニチャ
    6247 */
    6348signature sBuiltInTest {
     
    6651
    6752/*
    68  *  テストプログラム用サービスのシグニチャ
     53 *  テストプログラム用サービスのシグニチャ
    6954 *
    70  *  setBuiltInTestは,TECSの中では動的結合を使って実現すべきであるが,
    71  *  C言語のアプリケーションから呼び出しやすくするために,TECSの作法違
    72  *  反のコードとなっている.
     55 *  setBuiltInTestは,TECSの中では動的結合を使って実現すべきであるが,
     56 *  C言語のアプリケーションから呼び出しやすくするために,TECSの作法違
     57 *  反のコードとなっている.
    7358 *
    74  *  getInterruptPriorityMaskは,そのままカーネルを呼び出すだけの関数で
    75  *  ある.保護機能対応でないカーネルではそのままカーネルを呼べば良いが,
    76  *  保護機能対応カーネルではカーネルを直接呼び出せるとは限らないので,
    77  *  テストプログラム用サービス(カーネルドメインで動作することを想定)
    78  *  として用意している.
     59 *  getInterruptPriorityMaskは,そのままカーネルを呼び出すだけの関数で
     60 *  ある.保護機能対応でないカーネルではそのままカーネルを呼べば良いが,
     61 *  保護機能対応カーネルではカーネルを直接呼び出せるとは限らないので,
     62 *  テストプログラム用サービス(カーネルドメインで動作することを想定)
     63 *  として用意している.
    7964 */
    8065signature sTestService {
     
    9176
    9277/*
    93  *  テストプログラム用サービスのセルタイプ
     78 *  テストプログラム用サービスのセルタイプ
    9479 */
    9580[singleton, active]
     
    10085
    10186        var {
    102                 uint_t          check_count;    /* 最後に通過したチェックポイント */
     87                uint_t          check_count;    /* 最後に通過したチェックポイント */
    10388        };
    10489};
    10590
    10691/*
    107  *  自己診断サービスのディスクリプタを取得するシグニチャ
     92 *  自己診断サービスのディスクリプタを取得するシグニチャ
    10893 */
    10994signature sGetBuiltInTestDescriptor {
     
    11398
    11499/*
    115  *  自己診断サービスのディスクリプタを取得するセルタイプ
     100 *  自己診断サービスのディスクリプタを取得するセルタイプ
    116101 */
    117102[singleton, active]
  • asp3_gr_sakura/trunk/target/gr_sakura_gcc/tPutLogGRSakura.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  上記著作権è€
    12 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    13  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    14  *  変・再é
    15 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    16  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    17  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    18  *      スコード中に含まれていること.
    19  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    20  *      用できる形で再é
    21 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    22 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    23  *      è€
    24 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    25  *      の無保証規定を掲載すること.
    26  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    27  *      用できない形で再é
    28 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    29  *      と.
    30  *    (a) 再é
    31 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    32 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    33  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    34  *    (b) 再é
    35 å¸ƒã®å½¢æ
    36 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    37  *        報告すること.
    38  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    39  *      害からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    42  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    43  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    44 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    45  *      å
    46 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    4733 *
    48  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    49 ãŠ
    50  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    51  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    52  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    53  *  の責任を負わない.
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    5439 *
    5540 *  $Id$
     
    5742
    5843/*
    59  *              システムログの低レベル出力のコンポーネント記述
     44 *              システムログの低レベル出力のコンポーネント記述
    6045 */
    6146
    6247/*
    63  *  システムログの低レベル出力のセルタイプ
     48 *  システムログの低レベル出力のセルタイプ
    6449 */
    6550[singleton]
  • asp3_gr_sakura/trunk/target/gr_sakura_gcc/tSIOPortGRSakura.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    1010 *  Copyright (C) 2017      by Cores Co., Ltd. Japan
    1111 *
    12  *  上記著作権è€
    13 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    14  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    15  *  変・再é
    16 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    17  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    18  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    19  *      スコード中に含まれていること.
    20  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    21  *      用できる形で再é
    22 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    23 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    24  *      è€
    25 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    26  *      の無保証規定を掲載すること.
    27  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    28  *      用できない形で再é
    29 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    30  *      と.
    31  *    (a) 再é
    32 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    33 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    34  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    35  *    (b) 再é
    36 å¸ƒã®å½¢æ
    37 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    38  *        報告すること.
    39  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    40  *      害からも,上記著作権è€
    41 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    43  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    44  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    45 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    46  *      å
    47 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    48  *
    49  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    50 ãŠ
    51  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    52  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    53  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    54  *  の責任を負わない.
     12 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     13 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     14 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     15 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     16 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     17 *      スコード中に含まれていること.
     18 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     19 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     20 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     21 *      の無保証規定を掲載すること.
     22 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     23 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     24 *      と.
     25 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     26 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     27 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     28 *        報告すること.
     29 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     30 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     31 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     32 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     33 *      免責すること.
     34 *
     35 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     36 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     37 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     38 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     39 *  の責任を負わない.
    5540 *
    5641 *  $Id$
     
    5843
    5944/*
    60  *              シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部(GR-PEACH用)
    61  *              のコンポーネント記述
    62  */
    63 
    64 /*
    65  *  GR-PEACHとRZ/A1に関する定義
     45 *              シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部(GR-PEACH用)
     46 *              のコンポーネント記述
     47 */
     48
     49/*
     50 *  GR-PEACHとRZ/A1に関する定義
    6651 */
    6752import_C("gr_sakura.h");
     
    7055
    7156/*
    72  *  FIFOå†
    73 è”µã‚·ãƒªã‚¢ãƒ«ã‚³ãƒŸãƒ¥ãƒ‹ã‚±ãƒ¼ã‚·ãƒ§ãƒ³ã‚¤ãƒ³ã‚¿ãƒ•ã‚§ãƒ¼ã‚¹ç”¨ 簡易SIOドライバ
     57 *  FIFO内蔵シリアルコミュニケーションインタフェース用 簡易SIOドライバ
    7458 */
    7559import("tSCIF.cdl");
    7660
    7761/*
    78  *  シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部の本体(シリアルイ
    79  *  ンタフェースドライバとSIOドライバを接続する部分)のセルタイプ
     62 *  シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部の本体(シリアルイ
     63 *  ンタフェースドライバとSIOドライバを接続する部分)のセルタイプ
    8064 */
    8165celltype tSIOPortGRSakuraMain {
    8266        /*
    83          *  シリアルインタフェースドライバとの結合
     67         *  シリアルインタフェースドライバとの結合
    8468         */
    8569        [inline] entry          sSIOPort        eSIOPort;
     
    8771
    8872        /*
    89          *  SIOドライバとの結合
     73         *  SIOドライバとの結合
    9074         */
    9175        call                    sSIOPort        cSIOPort;
     
    9377
    9478        /*
    95          *  割込み要求ライン操作のための結合
     79         *  割込み要求ライン操作のための結合
    9680         */
    9781        call    sInterruptRequest       cRxInterruptRequest;
     
    10084
    10185/*
    102  *  シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部(複合コンポーネン
    103  *  ト)のセルタイプ
     86 *  シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部(複合コンポーネン
     87 *  ト)のセルタイプ
    10488 */
    10589[active]
    10690composite tSIOPortGRSakura {
    10791        /*
    108          *  シリアルインタフェースドライバとの結合
     92         *  シリアルインタフェースドライバとの結合
    10993         */
    11094        entry                           sSIOPort        eSIOPort;
     
    11296
    11397        /*
    114          *  属性の定義
     98         *  属性の定義
    11599         */
    116100        attr {
    117                 uintptr_t       baseAddress;                            /* ベースアドレス */
    118                 INTNO           rxInterruptNumber;                      /* 受信割込み番号 */
    119                 INTNO           txInterruptNumber;                      /* 送信割込み番号 */
    120                 PRI                     isrPriority = 1;                        /* ISR優å
    121 ˆåº¦ */
    122                 PRI                     interruptPriority = -4;         /* 割込み優å
    123 ˆåº¦ */
    124                 uint32_t        baudRate = 115200;                      /* ボーレートの設定値 */
    125         };
    126 
    127         /*
    128          *  SIOドライバ
     101                uintptr_t       baseAddress;                            /* ベースアドレス */
     102                INTNO           rxInterruptNumber;                      /* 受信割込み番号 */
     103                INTNO           txInterruptNumber;                      /* 送信割込み番号 */
     104                PRI                     isrPriority = 1;                        /* ISR優先度 */
     105                PRI                     interruptPriority = -4;         /* 割込み優先度 */
     106                uint32_t        baudRate = 115200;                      /* ボーレートの設定値 */
     107        };
     108
     109        /*
     110         *  SIOドライバ
    129111         */
    130112        cell tSCIF SCIF {
     
    135117
    136118        /*
    137          *  シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部の本体
     119         *  シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部の本体
    138120         */
    139121        cell tSIOPortGRSakuraMain SIOPortMain {
     
    146128
    147129        /*
    148          *  SIOの受信割込みサービスルーチンと割込み要求ライン
     130         *  SIOの受信割込みサービスルーチンと割込み要求ライン
    149131         */
    150132        cell tISR RxISRInstance {
     
    159141
    160142        /*
    161          *  SIOの受信割込みサービスルーチンと割込み要求ライン
     143         *  SIOの受信割込みサービスルーチンと割込み要求ライン
    162144         */
    163145        cell tISR TxISRInstance {
     
    173155
    174156/*
    175  *  シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部のプロトタイプ
     157 *  シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部のプロトタイプ
    176158 *
    177  *  サンプルプログラムが使うポートが,SIOPortTarget1に固定されているた
    178  *  め,ポート1とポート3をå
    179 ¥ã‚Œæ›ãˆã¦ã„る.å
    180 ·ä½“的には,SIOPortTarget1は
    181  *  SCIFのチャネル2(チャネル番号は0から始まるので,ポート3のこと)に,
    182  *  SIOPortTarget3はSCIFのチャネル0につながっている.
     159 *  サンプルプログラムが使うポートが,SIOPortTarget1に固定されているた
     160 *  め,ポート1とポート3を入れ換えている.具体的には,SIOPortTarget1は
     161 *  SCIFのチャネル2(チャネル番号は0から始まるので,ポート3のこと)に,
     162 *  SIOPortTarget3はSCIFのチャネル0につながっている.
    183163 */
    184164[prototype]
    185165cell tSIOPortGRSakura SIOPortTarget1 {
    186         /* 属性の設定 */
     166        /* 属性の設定 */
    187167        baseAddress       = C_EXP("SCI0_BASE");
    188168        rxInterruptNumber = C_EXP("INT_SCI0_RXI");
     
    192172[prototype]
    193173cell tSIOPortGRSakura SIOPortTarget2 {
    194         /* 属性の設定 */
     174        /* 属性の設定 */
    195175        baseAddress       = C_EXP("SCI1_BASE");
    196176        rxInterruptNumber = C_EXP("INT_SCI1_RXI");
     
    200180[prototype]
    201181cell tSIOPortGRSakura SIOPortTarget3 {
    202         /* 属性の設定 */
     182        /* 属性の設定 */
    203183        baseAddress       = C_EXP("SCI2_BASE");
    204184        rxInterruptNumber = C_EXP("INT_SCI2_RXI");
     
    208188[prototype]
    209189cell tSIOPortGRSakura SIOPortTarget4 {
    210         /* 属性の設定 */
     190        /* 属性の設定 */
    211191        baseAddress       = C_EXP("SCI3_BASE");
    212192        rxInterruptNumber = C_EXP("INT_SCI3_RXI");
     
    216196[prototype]
    217197cell tSIOPortGRSakura SIOPortTarget5 {
    218         /* 属性の設定 */
     198        /* 属性の設定 */
    219199        baseAddress       = C_EXP("SCI4_BASE");
    220200        rxInterruptNumber = C_EXP("INT_SCI4_RXI");
     
    224204[prototype]
    225205cell tSIOPortGRSakura SIOPortTarget6 {
    226         /* 属性の設定 */
     206        /* 属性の設定 */
    227207        baseAddress       = C_EXP("SCI5_BASE");
    228208        rxInterruptNumber = C_EXP("INT_SCI5_RXI");
     
    232212[prototype]
    233213cell tSIOPortGRSakura SIOPortTarget7 {
    234         /* 属性の設定 */
     214        /* 属性の設定 */
    235215        baseAddress       = C_EXP("SCI6_BASE");
    236216        rxInterruptNumber = C_EXP("INT_SCI6_RXI");
     
    240220[prototype]
    241221cell tSIOPortGRSakura SIOPortTarget8 {
    242         /* 属性の設定 */
     222        /* 属性の設定 */
    243223        baseAddress       = NULL;
    244224        rxInterruptNumber = NULL;
  • asp3_gr_sakura/trunk/target/gr_sakura_gcc/target.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  上記著作権è€
    12 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    13  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    14  *  変・再é
    15 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    16  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    17  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    18  *      スコード中に含まれていること.
    19  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    20  *      用できる形で再é
    21 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    22 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    23  *      è€
    24 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    25  *      の無保証規定を掲載すること.
    26  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    27  *      用できない形で再é
    28 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    29  *      と.
    30  *    (a) 再é
    31 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    32 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    33  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    34  *    (b) 再é
    35 å¸ƒã®å½¢æ
    36 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    37  *        報告すること.
    38  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    39  *      害からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    42  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    43  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    44 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    45  *      å
    46 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    4733 *
    48  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    49 ãŠ
    50  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    51  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    52  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    53  *  の責任を負わない.
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    5439 *
    5540 *  $Id$
     
    5742
    5843/*
    59  *  タスクのスタックサイズのデフォルト
     44 *  タスクのスタックサイズのデフォルト
    6045 */
    61 const size_t DefaultTaskStackSize = 4096;               /* スタックサイズ(4KB)*/
     46const size_t DefaultTaskStackSize = 4096;               /* スタックサイズ(4KB)*/
    6247
    6348/*
    64  *  システムログタスクのスタックサイズの定義
     49 *  システムログタスクのスタックサイズの定義
    6550 */
    6651const size_t LogTaskStackSize = DefaultTaskStackSize;
    6752
    6853/*
    69  *  カーネル起動メッセージに関する定義
     54 *  カーネル起動メッセージに関する定義
    7055 */
    71 const char *const BannerTargetName = "GR-SAKURA";               /* ターゲット名 */
    72 const char *const BannerCopyrightNotice = "";                   /* 著作権表示 */
     56const char *const BannerTargetName = "GR-SAKURA";               /* ターゲット名 */
     57const char *const BannerCopyrightNotice = "";                   /* 著作権表示 */
    7358
    7459/*
    75  *  ターゲット依存のセルタイプの定義
     60 *  ターゲット依存のセルタイプの定義
    7661 */
    7762import("tPutLogGRSakura.cdl");
     
    7964
    8065/*
    81  *  シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部の組み上げ記述
     66 *  シリアルインタフェースドライバのターゲット依存部の組み上げ記述
    8267 */
    8368cell tSIOPortGRSakura SIOPortTarget1 {
     
    8570
    8671/*
    87  *  低レベル出力の組み上げ記述
     72 *  低レベル出力の組み上げ記述
    8873 */
    8974cell tPutLogGRSakura PutLogTarget {
    90         /* SIOドライバとの結合 */
     75        /* SIOドライバとの結合 */
    9176        cSIOPort = SIOPortTarget1.eSIOPort;
    9277};
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecs_kernel/kernel.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  上記著作権è€
    12 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    13  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    14  *  変・再é
    15 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    16  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    17  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    18  *      スコード中に含まれていること.
    19  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    20  *      用できる形で再é
    21 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    22 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    23  *      è€
    24 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    25  *      の無保証規定を掲載すること.
    26  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    27  *      用できない形で再é
    28 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    29  *      と.
    30  *    (a) 再é
    31 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    32 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    33  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    34  *    (b) 再é
    35 å¸ƒã®å½¢æ
    36 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    37  *        報告すること.
    38  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    39  *      害からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    42  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    43  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    44 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    45  *      å
    46 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    4733 *
    48  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    49 ãŠ
    50  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    51  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    52  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    53  *  の責任を負わない.
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    5439 *
    5540 *  $Id$
     
    5742
    5843/*
    59  *              TOPPERS/ASPカーネルオブジェクト コンポーネント記述ファイル
    60  */
    61 
    62 /*
    63  *  カーネルオブジェクトのコンポーネント化のためのヘッダファイル
     44 *              TOPPERS/ASPカーネルオブジェクト コンポーネント記述ファイル
     45 */
     46
     47/*
     48 *  カーネルオブジェクトのコンポーネント化のためのヘッダファイル
    6449 */
    6550import_C("tecs_kernel.h");
    6651
    6752/*
    68  *  カーネル操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
     53 *  カーネル操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
    6954 */
    7055signature sKernel {
     
    10691
    10792/*
    108  *  カーネル操作のシグニチャ(非タスクコンテキスト用)
     93 *  カーネル操作のシグニチャ(非タスクコンテキスト用)
    10994 */
    11095[context("non-task")]
     
    123108        ER              exitKernel(void);
    124109
    125         /* CPU例外ハンドラ中で使用する */
     110        /* CPU例外ハンドラ中で使用する */
    126111        bool_t  exceptionSenseDispatchPendingState
    127112                                                ([in] const void *p_exceptionInformation);
     
    129114
    130115/*
    131  *  カーネルのセルタイプ
     116 *  カーネルのセルタイプ
    132117 */
    133118[singleton]
     
    138123
    139124/*
    140  *  タイムイベント通知を受け取るためのシグネチャ
     125 *  タイムイベント通知を受け取るためのシグネチャ
    141126 */
    142127[context("non-task")]
     
    145130
    146131/*
    147  *  タスク本体のシグニチャ
     132 *  タスク本体のシグニチャ
    148133 */
    149134signature sTaskBody {
     
    152137
    153138/*
    154  *  タスク操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
     139 *  タスク操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
    155140 */
    156141signature sTask {
     
    173158
    174159/*
    175  *  タスク操作のシグニチャ(非タスクコンテキスト用)
     160 *  タスク操作のシグニチャ(非タスクコンテキスト用)
    176161 */
    177162[context("non-task")]
     
    183168
    184169/*
    185  *  タスクのセルタイプ
     170 *  タスクのセルタイプ
    186171 */
    187172[active]
     
    213198
    214199/*
    215  *  セマフォ操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
     200 *  セマフォ操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
    216201 */
    217202signature sSemaphore {
     
    225210
    226211/*
    227  *  セマフォ操作のシグニチャ(非タスクコンテキスト用)
     212 *  セマフォ操作のシグニチャ(非タスクコンテキスト用)
    228213 */
    229214[context("non-task")]
     
    233218
    234219/*
    235  *  セマフォのセルタイプ
     220 *  セマフォのセルタイプ
    236221 */
    237222celltype tSemaphore {
     
    258243
    259244/*
    260  *  イベントフラグ操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
     245 *  イベントフラグ操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
    261246 */
    262247signature sEventflag {
     
    274259
    275260/*
    276  *  イベントフラグ操作のシグニチャ(非タスクコンテキスト用)
     261 *  イベントフラグ操作のシグニチャ(非タスクコンテキスト用)
    277262 */
    278263[context("non-task")]
     
    282267
    283268/*
    284  *  イベントフラグのセルタイプ
     269 *  イベントフラグのセルタイプ
    285270 */
    286271celltype tEventflag {
     
    306291
    307292/*
    308  *  データキュー操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
     293 *  データキュー操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
    309294 */
    310295signature sDataqueue {
     
    321306
    322307/*
    323  *  データキュー操作のシグニチャ(非タスクコンテキスト用)
     308 *  データキュー操作のシグニチャ(非タスクコンテキスト用)
    324309 */
    325310[context("non-task")]
     
    330315
    331316/*
    332  *  データキューのセルタイプ
     317 *  データキューのセルタイプ
    333318 */
    334319celltype tDataqueue {
     
    355340
    356341/*
    357  *  優å
    358 ˆåº¦ãƒ‡ãƒ¼ã‚¿ã‚­ãƒ¥ãƒ¼æ“ä½œã®ã‚·ã‚°ãƒ‹ãƒãƒ£ï¼ˆã‚¿ã‚¹ã‚¯ã‚³ãƒ³ãƒ†ã‚­ã‚¹ãƒˆç”¨ï¼‰
     342 *  優先度データキュー操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
    359343 */
    360344signature sPriorityDataqueue {
     
    372356
    373357/*
    374  *  優å
    375 ˆåº¦ãƒ‡ãƒ¼ã‚¿ã‚­ãƒ¥ãƒ¼æ“ä½œã®ã‚·ã‚°ãƒ‹ãƒãƒ£ï¼ˆéžã‚¿ã‚¹ã‚¯ã‚³ãƒ³ãƒ†ã‚­ã‚¹ãƒˆç”¨ï¼‰
     358 *  優先度データキュー操作のシグニチャ(非タスクコンテキスト用)
    376359 */
    377360[context("non-task")]
     
    381364
    382365/*
    383  *  優å
    384 ˆåº¦ãƒ‡ãƒ¼ã‚¿ã‚­ãƒ¥ãƒ¼ã®ã‚»ãƒ«ã‚¿ã‚¤ãƒ—
     366 *  優先度データキューのセルタイプ
    385367 */
    386368celltype tPriorityDataqueue {
     
    407389
    408390/*
    409  *  ミューテックス操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
     391 *  ミューテックス操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
    410392 */
    411393signature sMutex {
     
    419401
    420402/*
    421  *  ミューテックスのセルタイプ
     403 *  ミューテックスのセルタイプ
    422404 */
    423405celltype tMutex {
     
    440422
    441423/*
    442  *  固定長メモリメモリプール操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
     424 *  固定長メモリメモリプール操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
    443425 */
    444426[deviate]
     
    453435
    454436/*
    455  *  固定長メモリプールのセルタイプ
     437 *  固定長メモリプールのセルタイプ
    456438 */
    457439celltype tFixedSizeMemoryPool {
     
    478460
    479461/*
    480  *  ハンドラ本体のシグニチャ
     462 *  ハンドラ本体のシグニチャ
    481463 */
    482464[context("non-task")]
     
    486468
    487469/*
    488  *  タイムイベントハンドラを指定するためのセルタイプ
     470 *  タイムイベントハンドラを指定するためのセルタイプ
    489471 */
    490472celltype tTimeEventHandler {
     
    498480
    499481/*
    500  *  周期通知を操作するためのシグニチャ(タスクコンテキスト用)
     482 *  周期通知を操作するためのシグニチャ(タスクコンテキスト用)
    501483 */
    502484signature sCyclic {
     
    507489
    508490/*
    509  *  周期通知のセルタイプ
     491 *  周期通知のセルタイプ
    510492 */
    511493[active, generate(NotifierPlugin,
     
    525507                [omit] RELTIM   cyclePhase = 0;
    526508
    527                 /* 変数の設定による通知(TNFY_SETVAR)*/
     509                /* 変数の設定による通知(TNFY_SETVAR)*/
    528510                [omit] intptr_t *setVariableAddress = 0;
    529511                [omit] intptr_t setVariableValue = 0;
    530512
    531                 /* 変数のインクリメントによる通知(TNFY_INCVAR)*/
     513                /* 変数のインクリメントによる通知(TNFY_INCVAR)*/
    532514                [omit] intptr_t *incrementedVariableAddress = 0;
    533515
    534                 /* イベントフラグのセットによる通知(TNFY_SETFLG)*/
     516                /* イベントフラグのセットによる通知(TNFY_SETFLG)*/
    535517                [omit] FLGPTN flagPattern = 0;
    536518
    537                 /* データキューへの送信による通知(TNFY_SNDDTQ)*/
     519                /* データキューへの送信による通知(TNFY_SNDDTQ)*/
    538520                [omit] intptr_t dataqueueSentValue = 0;
    539521
    540                 /* 変数の設定によるエラー通知(TENFY_SETVAR)*/
     522                /* 変数の設定によるエラー通知(TENFY_SETVAR)*/
    541523                [omit] intptr_t *setVariableAddressForError = 0;
    542524
    543                 /* 変数のインクリメントによるエラー通知(TENFY_INCVAR)*/
     525                /* 変数のインクリメントによるエラー通知(TENFY_INCVAR)*/
    544526                [omit] intptr_t *incrementedVariableAddressForError = 0;
    545527
    546                 /* イベントフラグのセットによるエラー通知(TENFY_SETFLG)*/
     528                /* イベントフラグのセットによるエラー通知(TENFY_SETFLG)*/
    547529                [omit] FLGPTN flagPatternForError = 0;
    548530        };
     
    554536
    555537/*
    556  *  周期通知にユーザーハンドラを指定するための複合セルタイプ
     538 *  周期通知にユーザーハンドラを指定するための複合セルタイプ
    557539 */
    558540[active]
     
    584566
    585567/*
    586  *  アラーム通知を操作するためのシグニチャ(タスクコンテキスト用)
     568 *  アラーム通知を操作するためのシグニチャ(タスクコンテキスト用)
    587569 */
    588570signature sAlarm {
     
    593575
    594576/*
    595  *  アラーム通知を操作するためのシグニチャ(非タスクコンテキスト用)
     577 *  アラーム通知を操作するためのシグニチャ(非タスクコンテキスト用)
    596578 */
    597579[context("non-task")]
     
    602584
    603585/*
    604  *  アラーム通知のセルタイプ
     586 *  アラーム通知のセルタイプ
    605587 */
    606588[active, generate(NotifierPlugin,
     
    619601                [omit] bool_t   ignoreErrors = false;
    620602
    621                 /* 変数の設定による通知(TNFY_SETVAR)*/
     603                /* 変数の設定による通知(TNFY_SETVAR)*/
    622604                [omit] intptr_t *setVariableAddress = 0;
    623605                [omit] intptr_t setVariableValue = 0;
    624606
    625                 /* 変数のインクリメントによる通知(TNFY_INCVAR)*/
     607                /* 変数のインクリメントによる通知(TNFY_INCVAR)*/
    626608                [omit] intptr_t *incrementedVariableAddress = 0;
    627609
    628                 /* イベントフラグのセットによる通知(TNFY_SETFLG)*/
     610                /* イベントフラグのセットによる通知(TNFY_SETFLG)*/
    629611                [omit] FLGPTN flagPattern = 0;
    630612
    631                 /* データキューへの送信による通知(TNFY_SNDDTQ)*/
     613                /* データキューへの送信による通知(TNFY_SNDDTQ)*/
    632614                [omit] intptr_t dataqueueSentValue = 0;
    633615
    634                 /* 変数の設定によるエラー通知(TENFY_SETVAR)*/
     616                /* 変数の設定によるエラー通知(TENFY_SETVAR)*/
    635617                [omit] intptr_t *setVariableAddressForError = 0;
    636618
    637                 /* 変数のインクリメントによるエラー通知(TENFY_INCVAR)*/
     619                /* 変数のインクリメントによるエラー通知(TENFY_INCVAR)*/
    638620                [omit] intptr_t *incrementedVariableAddressForError = 0;
    639621
    640                 /* イベントフラグのセットによるエラー通知(TENFY_SETFLG)*/
     622                /* イベントフラグのセットによるエラー通知(TENFY_SETFLG)*/
    641623                [omit] FLGPTN flagPatternForError = 0;
    642624        };
     
    648630
    649631/*
    650  *  アラーム通知にユーザーハンドラを指定するための複合セルタイプ
     632 *  アラーム通知にユーザーハンドラを指定するための複合セルタイプ
    651633 */
    652634[active]
     
    676658
    677659/*
    678  *  割込み要求ライン操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
     660 *  割込み要求ライン操作のシグニチャ(タスクコンテキスト用)
    679661 */
    680662signature sInterruptRequest {
     
    687669
    688670/*
    689  *  割込み要求ラインのセルタイプ
     671 *  割込み要求ラインのセルタイプ
    690672 */
    691673celltype tInterruptRequest {
     
    705687
    706688/*
    707  *  割込みサービスルーチンのセルタイプ
     689 *  割込みサービスルーチンのセルタイプ
    708690 */
    709691[active]
     
    729711
    730712/*
    731  *  割込みハンドラのセルタイプ
     713 *  割込みハンドラのセルタイプ
    732714 */
    733715[active]
     
    750732
    751733/*
    752  *  CPU例外ハンドラのセルタイプ
     734 *  CPU例外ハンドラのセルタイプ
    753735 */
    754736[active]
     
    771753
    772754/*
    773  *  初期化/終了処理ルーチン本体のシグニチャ
     755 *  初期化/終了処理ルーチン本体のシグニチャ
    774756 */
    775757signature sRoutineBody {
     
    778760
    779761/*
    780  *  初期化ルーチンのセルタイプ
     762 *  初期化ルーチンのセルタイプ
    781763 */
    782764[active]
     
    799781
    800782/*
    801  *  終了処理ルーチンのセルタイプ
     783 *  終了処理ルーチンのセルタイプ
    802784 */
    803785[active]
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/mruby.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/mrubyInitializer.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/mrubyPointers.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/mrubyVMs.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    22
    33/*
    4  * tools/mruby/mruby.c から cInit_initializeBridge( mrb ) を呼び出すように変更したもの
     4 * tools/mruby/mruby.c から cInit_initializeBridge( mrb ) を呼び出すように変更したもの
    55 */
    66namespace nMruby{
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/tMruby.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    33 *  Copyright (C) 2012 by Ubiquitous Computing and Networking Laboratory
    44 *                Ritsumeikan Univ., JAPAN
    5  *  上記著作権è€
    6 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    7  *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    8  *  変・再é
    9 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    10  *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    11  *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    12  *      スコード中に含まれていること.
    13  *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    14  *      用できる形で再é
    15 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    16 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    17  *      è€
    18 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    19  *      の無保証規定を掲載すること.
    20  *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    21  *      用できない形で再é
    22 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    23  *      と.
    24  *    (a) 再é
    25 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    26 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    27  *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    28  *    (b) 再é
    29 å¸ƒã®å½¢æ
    30 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    31  *        報告すること.
    32  *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    33  *      害からも,上記著作権è€
    34 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    35 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    36  *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
    37  *      由に基づく請求からも,上記著作権è€
    38 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    39  *      å
    40 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     5 *  上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     6 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     7 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     8 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     9 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     10 *      スコード中に含まれていること.
     11 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     12 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     13 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     14 *      の無保証規定を掲載すること.
     15 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     16 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     17 *      と.
     18 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     19 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     20 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     21 *        報告すること.
     22 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     23 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     24 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     25 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     26 *      免責すること.
    4127 *
    42  *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権è€
    43 ãŠ
    44  *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    45  *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    46  *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    47  *  の責任を負わない.
     28 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     29 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     30 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     31 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     32 *  の責任を負わない.
    4833 *
    4934 *  @(#) $Id$
     
    6247    };
    6348   
    64     /* write関数の接続å
    65 ˆ */
     49    /* write関数の接続先 */
    6650//    [optional]        call sSerialPort cSerialPort;
    6751    [optional]  call sInitializeBridge cInit;
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/posix/posix.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/PPAllocator.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5540 * PPAlloc: Push Pop Allocator
    5641 *
    57  * allocate した逆順で deallocate しなくてはならない
    58  * deallocate は、まとめて行うことができる
    59  * 例えば最初に allocate された領域を deallocate すると、すべての allocate された領域を deallocate したことになる
    60  * 排他制御していないため単一のタスクに割付けて使用する
     42 * allocate した逆順で deallocate しなくてはならない
     43 * deallocate は、まとめて行うことができる
     44 * 例えば最初に allocate された領域を deallocate すると、すべての allocate された領域を deallocate したことになる
     45 * 排他制御していないため単一のタスクに割付けて使用する
    6146 */
    6247
    63 [deviate]   // alloc が逸脱になる
     48[deviate]   // alloc が逸脱になる
    6449signature sPPAllocator {
    6550        /*
    66          * size で指定された大きさのメモリ領域をアロケートする
    67          * メモリ領域が確保された場合 *ptr にメモリ領域のアドレスを格納して E_OK を返す
    68          * 十分な空き領域がない場合 E_NOMEM を返す
     51         * size で指定された大きさのメモリ領域をアロケートする
     52         * メモリ領域が確保された場合 *ptr にメモリ領域のアドレスを格納して E_OK を返す
     53         * 十分な空き領域がない場合 E_NOMEM を返す
    6954         */
    7055        ER  alloc( [in]uint32_t size, [out]void **ptr );
    7156        /*
    72          * メモリをデアロケートする
    73          * alloc で獲得したポインタを引き数 ptr に指定する
    74          * alloc で獲得したメモリ領域を alloc したのとは逆順に dealloc しなくてはならない
    75          * すべてを dealloc するには、最初に alloc されたメモリ領域を dealloc することで行うことができる
    76          * alloc し獲得したメモリ領域をすべて dealloc する前に、再び alloc することはできる
    77          * その場合でも、dealloc していないメモリ領域を alloc したのとは逆順に dealloc しなくてはならない
     57         * メモリをデアロケートする
     58         * alloc で獲得したポインタを引き数 ptr に指定する
     59         * alloc で獲得したメモリ領域を alloc したのとは逆順に dealloc しなくてはならない
     60         * すべてを dealloc するには、最初に alloc されたメモリ領域を dealloc することで行うことができる
     61         * alloc し獲得したメモリ領域をすべて dealloc する前に、再び alloc することはできる
     62         * その場合でも、dealloc していないメモリ領域を alloc したのとは逆順に dealloc しなくてはならない
    7863         *
    79          * ptr の値が buf <= ptr < buf+allocated_size を満たすかどうか検査される
    80          * ptr の値が不正の場合 E_PAR を返す
     64         * ptr の値が buf <= ptr < buf+allocated_size を満たすかどうか検査される
     65         * ptr の値が不正の場合 E_PAR を返す
    8166         */
    8267        ER  dealloc( [in]const void *ptr );
    8368
    8469    /*
    85          * PPAllocator セルの割付け済みメモリをすべて解放する
    86          * この関数はå¿
    87 ãšæˆåŠŸã™ã‚‹
     70         * PPAllocator セルの割付け済みメモリをすべて解放する
     71         * この関数は必ず成功する
    8872         */
    8973    ER  dealloc_all(void);
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/RPCTask.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/*
    55  * unmarshaler の main のシグニチャ
     40 * unmarshaler の main のシグニチャ
    5641 */
    5742signature sUnmarshalerMain {
     
    5944};
    6045
    61 ///////////////// 専有チャンネル用の定義 ////////////////
     46///////////////// 専有チャンネル用の定義 ////////////////
    6247/*
    63  * CELLTYPE: 専有チャンネル用のタスクメイン
     48 * CELLTYPE: 専有チャンネル用のタスクメイン
    6449 */
    65 celltype tRPCDedicatedTaskMain {                        // Transparent RPC で用いる
     50celltype tRPCDedicatedTaskMain {                        // Transparent RPC で用いる
    6651        entry   sTaskBody                       eMain;
    6752        call    sUnmarshalerMain        cMain;
    6853};
    6954
    70 celltype tRPCDedicatedTaskMainWithOpener {      // Opaque RPC で用いる
     55celltype tRPCDedicatedTaskMainWithOpener {      // Opaque RPC で用いる
    7156        entry   sTaskBody                               eMain;
    7257        call    sUnmarshalerMain                cMain;
     
    7964};
    8065
    81 ///////////////// å
    82 ±æœ‰ãƒãƒ£ãƒ³ãƒãƒ«ç”¨ã®å®šç¾© ////////////////
     66///////////////// 共有チャンネル用の定義 ////////////////
    8367/*
    84  * CONST: å
    85 ±æœ‰ãƒãƒ£ãƒ³ãƒãƒ«ãƒ˜ãƒƒãƒ€ã®ãƒžã‚¸ãƒƒã‚¯
     68 * CONST: 共有チャンネルヘッダのマジック
    8669 */
    8770const uint16_t RPC_CHANNEL_MAN_SOP_MAGIC   = (0x3141);  // Beginning of using shared channel
     
    8972
    9073/*
    91  * CELLTYPE: å
    92 ±æœ‰ãƒãƒ£ãƒ³ãƒãƒ«ãƒžãƒãƒ¼ã‚¸ãƒ£
    93  * REM:      呼びå
    94 ƒå´ã«ç½®ããƒãƒ£ãƒ³ãƒãƒ«ãƒžãƒãƒ¼ã‚¸ãƒ£
    95  *           eSemaphore が呼び出されたときチャンネルをロックするとともに、
    96  *           ãƒãƒ£ãƒ³ãƒãƒ«ç•ªå·ã‚’送出する
     74 * CELLTYPE: 共有チャンネルマネージャ
     75 * REM:      呼び元側に置くチャンネルマネージャ
     76 *           eSemaphore が呼び出されたときチャンネルをロックするとともに、
     77 *           チャンネル番号を送出する
    9778 */
    9879celltype tRPCSharedChannelMan {
     
    10485
    10586/*
    106  * CELLTYPE: å
    107 ±æœ‰ãƒãƒ£ãƒ³ãƒãƒ«ç”¨ã®ã‚¿ã‚¹ã‚¯ãƒ¡ã‚¤ãƒ³
    108  * REM:      呼びå
    109 ˆå´ã«ç½®ãã‚¿ã‚¹ã‚¯
    110  *           ãƒãƒ£ãƒ³ãƒãƒ«ç•ªå·ã‚’取り出し、チャンネル番号の cTaskBody を呼び出す
     87 * CELLTYPE: 共有チャンネル用のタスクメイン
     88 * REM:      呼び先側に置くタスク
     89 *           チャンネル番号を取り出し、チャンネル番号の cTaskBody を呼び出す
    11190 */
    11291celltype tRPCSharedTaskMain {
     
    11998
    12099        var {
    121                 int16_t channelNo;      /* é
    122 åˆ—添数 + 1 */
     100                int16_t channelNo;      /* 配列添数 + 1 */
    123101        };
    124102};
    125103
    126 celltype tRPCSharedTaskMainWithOpener { // Opaque RPC で用いる
     104celltype tRPCSharedTaskMainWithOpener { // Opaque RPC で用いる
    127105        entry   sTaskBody                       eMain;
    128106        call    sUnmarshalerMain        cUnmarshalAndCallFunction[];
     
    137115        };
    138116        var {
    139                 int16_t channelNo;      /* é
    140 åˆ—添数 + 1 */
     117                int16_t channelNo;      /* 配列添数 + 1 */
    141118        };
    142119};
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/TDR.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5742const uint32_t TDR_SOP_MAGIC1   = (0x672A);  // Client to Server
    5843const uint32_t TDR_SOP_MAGIC2   = (0x561E);  // Server to Client
    59 const uint32_t TDR_EOP_MAGIC1   = (0x5A3C);  // 返信をå¾
    60 ã¤ (同期呼出し)
    61 const uint32_t TDR_EOP_MAGIC2   = (0x6D5E);  // 返信をå¾
    62 ãŸãªã„(非同期呼出しまたはリターン)
     44const uint32_t TDR_EOP_MAGIC1   = (0x5A3C);  // 返信を待つ (同期呼出し)
     45const uint32_t TDR_EOP_MAGIC2   = (0x6D5E);  // 返信を待たない(非同期呼出しまたはリターン)
    6346
    6447// Straight Order TDR for SharedChannel
    6548const uint32_t TDR_SHSOP_MAGIC1   = (0x98D5);  // Client to Server
    6649const uint32_t TDR_SHSOP_MAGIC2   = (0xA9E1);  // Server to Client
    67 const uint32_t TDR_SHEOP_MAGIC1   = (0xB5C3);  // 返信をå¾
    68 ã¤ (同期呼出し)
    69 const uint32_t TDR_SHEOP_MAGIC2   = (0x92A1);  // 返信をå¾
    70 ãŸãªã„(非同期呼出しまたはリターン)
     50const uint32_t TDR_SHEOP_MAGIC1   = (0xB5C3);  // 返信を待つ (同期呼出し)
     51const uint32_t TDR_SHEOP_MAGIC2   = (0x92A1);  // 返信を待たない(非同期呼出しまたはリターン)
    7152
    7253/*
    7354 * TDR: TECS Data Representation layer
    7455 */
    75 [deviate]         /* get_intptr が逸脱になる */
     56[deviate]         /* get_intptr が逸脱になる */
    7657signature sTDR {  /* TECS Data Representation */
    7758
    78         /* 制御関数 */
     59        /* 制御関数 */
    7960
    80         /* チャンネルのリセット */
    81         ER      reset( void );  /* 通信チャンネルのリセット */
    82                                                 /* 途中でエラーが発生し、送信または受信を続行できなかったときはリセットする */
    83                                                 /* 一方がリセットをかけると、他方は RESET エラーを返す */
    84                                                 /* 確認できないときは、このチャネルは放棄するしかない */
     61        /* チャンネルのリセット */
     62        ER      reset( void );  /* 通信チャンネルのリセット */
     63                                                /* 途中でエラーが発生し、送信または受信を続行できなかったときはリセットする */
     64                                                /* 一方がリセットをかけると、他方は RESET エラーを返す */
     65                                                /* 確認できないときは、このチャネルは放棄するしかない */
    8566
    86         /* マジックコードの送受信 */
    87         ER      sendSOP( [in]bool_t b_client );     /* StartOfPacket magic を送信 */
    88         ER      receiveSOP( [in]bool_t b_client );  /* StartOfPacket magic を受信 */
    89                                                  /* b_client: クライアント側なら true, サーバー側なら false */
     67        /* マジックコードの送受信 */
     68        ER      sendSOP( [in]bool_t b_client );     /* StartOfPacket magic を送信 */
     69        ER      receiveSOP( [in]bool_t b_client );  /* StartOfPacket magic を受信 */
     70                                                 /* b_client: クライアント側なら true, サーバー側なら false */
    9071
    91         /* マジックコードの送受信 */
    92         //      ER      sendSHSOP( [in]bool_t b_client );     /* StartOfPacket magic を送信 */
    93         //      ER      receiveSHSOP( [in]bool_t b_client );  /* StartOfPacket magic を受信 */
    94                                                  /* b_client: クライアント側なら true, サーバー側なら false */
     72        /* マジックコードの送受信 */
     73        //      ER      sendSHSOP( [in]bool_t b_client );     /* StartOfPacket magic を送信 */
     74        //      ER      receiveSHSOP( [in]bool_t b_client );  /* StartOfPacket magic を受信 */
     75                                                 /* b_client: クライアント側なら true, サーバー側なら false */
    9576
    96         ER      sendEOP( [in]bool_t b_continue );   /* EndOfPacket magic を送信(パケットの掃きだしも行う) */
    97         ER      receiveEOP( [in]bool_t b_continue );/* EndOfPacket magic を受信 */
    98                         /* b_continue: 同期呼び出しのクライアント側なら true,
    99                            éžåŒæœŸå‘¼ã³å‡ºã—のクライアント側またはサーバー側なら false */
     77        ER      sendEOP( [in]bool_t b_continue );   /* EndOfPacket magic を送信(パケットの掃きだしも行う) */
     78        ER      receiveEOP( [in]bool_t b_continue );/* EndOfPacket magic を受信 */
     79                        /* b_continue: 同期呼び出しのクライアント側なら true,
     80                           非同期呼び出しのクライアント側またはサーバー側なら false */
    10081
    101         /* データ送受信関数 */
     82        /* データ送受信関数 */
    10283
    103         /* 整数型 (推奨) */
     84        /* 整数型 (推奨) */
    10485        ER      putInt8( [in]int8_t in );
    10586        ER      putInt16( [in]int16_t in );
     
    11495        ER      getInt128( [out]int128_t *out );
    11596
    116         /* 無符号整数型 (推奨) */
     97        /* 無符号整数型 (推奨) */
    11798        ER      putUInt8( [in]uint8_t in );
    11899        ER      putUInt16( [in]uint16_t in );
     
    127108        ER      getUInt128( [out]uint128_t *out );
    128109
    129         /* 文字型(推奨、8bit) */
     110        /* 文字型(推奨、8bit) */
    130111        ER      putChar( [in]char_t in );
    131112        ER      getChar( [out]char_t *out );
    132113
    133         /* Bool 型 */
     114        /* Bool */
    134115        ER      putBool( [in]bool_t in );
    135116        ER      getBool( [out]bool_t *out );
    136117
    137         /* 浮動小数型 */
     118        /* 浮動小数型 */
    138119        ER      putFloat32( [in]float32_t in );
    139120        ER      putDouble64( [in]double64_t in );
     
    142123
    143124
    144         /* 非推奨の型(有符号) */
     125        /* 非推奨の型(有符号) */
    145126        ER      putSChar( [in]schar_t in );
    146127        ER      putShort( [in]short_t in );
     
    154135
    155136
    156         /* 非推奨の型(無符号) */
     137        /* 非推奨の型(無符号) */
    157138        ER      putUChar( [in]uchar_t in );
    158139        ER      putUShort( [in]ushort_t in );
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/rpc.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/*
    55  * TECS RPC に関する定義
     40 * TECS RPC に関する定義
    5641 */
    5742
    58 /* チャンネル シグニチャ */
     43/* チャンネル シグニチャ */
    5944import( <sChannel.cdl> );
    6045
    61 /* TDR シグニチャ & セルタイプ */
     46/* TDR シグニチャ & セルタイプ */
    6247import( <TDR.cdl> );
    6348
    64 /* チャンネルセルタイプ */
    65 /* チャンネルセルタイプは、å¿
    66 è¦ãªã‚‚のを各アプリケーションで import する */
     49/* チャンネルセルタイプ */
     50/* チャンネルセルタイプは、必要なものを各アプリケーションで import する */
    6751// import( <tDataqueueOWChannel.cdl> );
    6852// import( <tSocketChannel.cdl> );
    6953// import( <tTINETChannel.cdl> );
    7054
    71 /* タスク セルタイプ */
     55/* タスク セルタイプ */
    7256import( <RPCTask.cdl> );
    7357import( <PPAllocator.cdl> );
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/sChannel.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5843
    5944signature       sChannel {
    60         /* 送る */
     45        /* 送る */
    6146        ER              send( [in,size_is(size)] const int8_t  *buf, [in]int16_t  size, [in]TMO tmo );
    62         /* 送信終わりの掃き出し(パケットの終わりで一回だけ呼出す */
    63         ER              flush( [in]TMO tmo );       /* バッファリングしている場合の掃きだし */
     47        /* 送信終わりの掃き出し(パケットの終わりで一回だけ呼出す */
     48        ER              flush( [in]TMO tmo );       /* バッファリングしている場合の掃きだし */
    6449
    65         /* 受け取る */
     50        /* 受け取る */
    6651        ER_UINT receive( [out,size_is(size)] int8_t  *buf, [in]int16_t  size, [in]TMO tmo );
    6752
    68         /* パケットの終わりまで受信した (flush の逆)。終わりに達していない場合 E_ILUSE */
     53        /* パケットの終わりまで受信した (flush の逆)。終わりに達していない場合 E_ILUSE */
    6954        ER              end_receive( void );
    7055
    71         /* リセット */
    72         ER              reset( void );       /* チャンネルをリセット */
     56        /* リセット */
     57        ER              reset( void );       /* チャンネルをリセット */
    7358};
    7459
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/sRPCErrorHandler.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    8166
    8267/*
    83  * 呼びå
    84 ƒå´ã§ã¯ state が RPCSTATE_CLIENT_EXEC と等しいか大きい場合、
    85  * 呼びå
    86 ˆå´ã§ã¯ state が RPCSTATE_SERVER_EXEC と等しいか大きい場合、
    87  * 呼びå
    88 ˆé–¢æ•°ã®å‘¼ã³å‡ºã—には成功している。
     68 * 呼び元側では state が RPCSTATE_CLIENT_EXEC と等しいか大きい場合、
     69 * 呼び先側では state が RPCSTATE_SERVER_EXEC と等しいか大きい場合、
     70 * 呼び先関数の呼び出しには成功している。
    8971 *
    90  * RPCErrorHandler が呼び出された時点で、send/receive 引数の解放は終わっている。
    91  * このため、RPCErrorHandler の中で処理を打ち切っても(タスクの再起動などを行っても)、それらによるメモリリークが起きない。
     72 * RPCErrorHandler が呼び出された時点で、send/receive 引数の解放は終わっている。
     73 * このため、RPCErrorHandler の中で処理を打ち切っても(タスクの再起動などを行っても)、それらによるメモリリークが起きない。
    9274 */
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tDataqueueOWChannel.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    7156        entry sEventflag eEventflag;
    7257        attr {
    73                 // Queue のデフォルトのサイズ
     58                // Queue のデフォルトのサイズ
    7459                uint_t  queueSize = 64;
    7560        };
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tSocketChannel.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5641signature sSocketClientOpener {
    5742        ER              open( [in,string]const char_t *serverAddr, [in]uint16_t portNo, [in]TMO tmo );
    58         ER              simpleOpen( [in]TMO tmo );      // attr の設定に従って開く
     43        ER              simpleOpen( [in]TMO tmo );      // attr の設定に従って開く
    5944        ER              close( [in]TMO tmo );
    6045};
     
    6449        entry   sSocketClientOpener     eOpener;
    6550        attr {
    66                 // simpleOpen で用いられるアドレスおよびポート番号
     51                // simpleOpen で用いられるアドレスおよびポート番号
    6752                int16_t portNo = SOCKET_DEFAULT_PORT_NO;
    6853                char_t  *serverAddr = "127.0.0.1";       // Loop back address
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tTINETChannel.cdl

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/plain to text/plain; charset=UTF-8
    r317 r319  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
Note: See TracChangeset for help on using the changeset viewer.