Ignore:
Timestamp:
Aug 3, 2017, 10:46:41 PM (7 years ago)
Author:
coas-nagasima
Message:

プロパティの文字コードにUTF-8を追加、キーワードを削除

Location:
asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen
Files:
117 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/Makefile

    • Property svn:eol-style set to native
    • Property svn:mime-type set to text/x-makefile; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55#   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66#--
    7 #   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9 #   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10 #   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12 #   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13 #       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14 #       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15 #   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16 #       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19 #       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21 #       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22 #   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23 #       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25 #       ã¨ï¼Ž
    26 #     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29 #         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30 #     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33 #         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34 #   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35 #       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38 #       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39 #       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41 #       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7#   上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8#   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9#   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10#   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11#       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12#       スコード中に含まれていること.
     13#   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14#       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15#       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16#       の無保証規定を掲載すること.
     17#   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18#       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19#       と.
     20#     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21#         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22#     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23#         報告すること.
     24#   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25#       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26#       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27#       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28#       免責すること.
    4329
    44 #   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46 #   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47 #   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48 #   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49 #   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30#   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31#   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32#   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33#   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34#   の責任を負わない.
    5035
    51 #   $Id: Makefile 84 2008-05-04 14:19:09Z okuma-top $
     36#   $Id$
    5237#++
    5338
     
    118103
    119104$(GEN_TAB_DEB) : $(BNF) $(GEN_SRC) $(PLUGIN_SRC)
    120         racc -v -g -o $(GEN_TAB_DEB) $(BNF)     # yydebug を有効にする
     105        racc -v -g -o $(GEN_TAB_DEB) $(BNF)     # yydebug を有効にする
    121106
    122107# exerb : $(EXERB_EXE)
     
    127112# $(EXERB_EXE) : $(EXERB_EXY) $(GEN_SRC) $(PLUGIN_SRC)
    128113#       exerb  $(EXERB_EXY)
    129 # tecsgen.exy.ini から tecsgen.exy を生成するのは util/release.sh により行われる
    130 # MANIFEST に記載のバージョン番号が、tecsgen.exy.ini の文字列置換により、埋め込まれる
     114# tecsgen.exy.ini から tecsgen.exy を生成するのは util/release.sh により行われる
     115# MANIFEST に記載のバージョン番号が、tecsgen.exy.ini の文字列置換により、埋め込まれる
    131116
    132117exerb_check : $(EXERB_EXE)
     
    135120        @echo "### Need make_tecsgen_exerb on ActiveScriptRuby to update tecsgen.exerb ###"
    136121
    137 print_error :   # エラーメッセージを拾い出す
     122print_error :   # エラーメッセージを拾い出す
    138123        grep -e "Generator\.error" -e cdl_error $(LIB_PATH)/*.rb \
    139124                | grep -v bnf.tab.rb \
    140125                | sed -e "s/\s*Generator\.error(/  /" -e "s/\s*cdl_error(//" -e "s/).*$$//"
    141126
    142 print_error2 :  # エラーメッセージを拾い出す
     127print_error2 :  # エラーメッセージを拾い出す
    143128        grep '[^A-Z][A-VXYZ][0-9][0-9][0-9][0-9]' $(LIB_PATH)/*.rb \
    144129                | grep -v bnf.tab.rb \
     
    147132                | sed -e 's/\(.*\)".*/\1/'
    148133
    149 print_warning : # ウォーニングメッセージを拾い出す
     134print_warning : # ウォーニングメッセージを拾い出す
    150135        grep -e 'Generator\.warning' -e cdl_warning $(LIB_PATH)/*.rb \
    151136                | grep -v bnf.tab.rb \
     
    153138
    154139print_expr_token :
    155         # Expression に含まれるトークンを拾い出す
    156         # OP_... より後ろは式とは関係ないトークン
     140        # Expression に含まれるトークンを拾い出す
     141        # OP_... より後ろは式とは関係ないトークン
    157142        grep ':[A-Z]' bnf.y.rb | sed -e 's/.*\(:[A-Z]\w*\).*/\1/'
    158143
    159 print_mikan : # 設計未完部分を拾い出す
     144print_mikan : # 設計未完部分を拾い出す
    160145        grep mikan $(LIB_PATH)/*.rb
    161146
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/in_exerb.rb

    • Property svn:mime-type changed from text/x-ruby to text/x-ruby; charset=UTF-8
    r317 r318  
    66#   Copyright (C) 2008-2015 by TOPPERS Project
    77#--
    8 #   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    9 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    10 #   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    11 #   å¤‰ãƒ»å†é
    12 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    13 #   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    14 #       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    15 #       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    16 #   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    17 #       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    18 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    19 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    20 #       è€
    21 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    22 #       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    23 #   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    24 #       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    25 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    26 #       ã¨ï¼Ž
    27 #     (a) 再é
    28 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    29 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    30 #         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    31 #     (b) 再é
    32 å¸ƒã®å½¢æ
    33 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    34 #         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    35 #   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    36 #       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    37 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    38 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    39 #       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    40 #       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    41 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    42 #       å
    43 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     8#   上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     9#   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     10#   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     11#   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     12#       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     13#       スコード中に含まれていること.
     14#   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     15#       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     16#       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     17#       の無保証規定を掲載すること.
     18#   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     19#       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     20#       と.
     21#     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22#         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23#     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     24#         報告すること.
     25#   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     26#       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     27#       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     28#       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     29#       免責すること.
    4430
    45 #   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    46 ãŠ
    47 #   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    48 #   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    49 #   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    50 #   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     31#   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     32#   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     33#   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     34#   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     35#   の責任を負わない.
    5136
    52 #   $Id: in_exerb.rb 2509 2016-01-13 11:04:38Z okuma-top $
     37#   $Id$
    5338#++
    5439
    55 # exerb 版で最初に読みこまれるファイル
    56 # このファイルから generate.rb が読みこまれる
     40# exerb 版で最初に読みこまれるファイル
     41# このファイルから generate.rb が読みこまれる
    5742
    5843$IN_EXERB=true
    5944
    60 # この変数は exerb 版のみ
     45# この変数は exerb 版のみ
    6146$path = ENV[ 'PATH' ]
    6247
    63 #=== cygwin のパスを Windows パスに変換
    64 # cygpath コマンドを探して、見つかれば変換する
    65 # 変換できなかった、または変換後のパスが見つからない場合、default を返す
     48#=== cygwin のパスを Windows パスに変換
     49# cygpath コマンドを探して、見つかれば変換する
     50# 変換できなかった、または変換後のパスが見つからない場合、default を返す
    6651def cygpath( path, default = nil )
    6752  if ! $IN_EXERB then
     
    9681end
    9782
    98 # gcc のパスを設定する
    99 #  cygwin のあるバージョンでは gcc は gcc-3.exe または gcc-4.exe へのシンボリックリンクとなっている
    100 #  exerb 版ではシンボリックリンクを辿れないため gcc の exe を探す
    101 #  cygwin のリンクは、システム属性が付けられ、コマンドプロンプト上では dir /A:S を指定しないと表示されない
    102 #  (cygwin のバージョンで実è£
    103 ãŒç•°ãªã‚‹ã‹ã‚‚しれない)
    104 #  ファイルのå
    105 ˆé ­2バイトを読出し PE フォーマットのマジックに一致するか調べる
     83# gcc のパスを設定する
     84#  cygwin のあるバージョンでは gcc は gcc-3.exe または gcc-4.exe へのシンボリックリンクとなっている
     85#  exerb 版ではシンボリックリンクを辿れないため gcc の exe を探す
     86#  cygwin のリンクは、システム属性が付けられ、コマンドプロンプト上では dir /A:S を指定しないと表示されない
     87#  (cygwin のバージョンで実装が異なるかもしれない)
     88#  ファイルの先頭2バイトを読出し PE フォーマットのマジックに一致するか調べる
    10689$gcc = "gcc"
    10790$path.split( ";" ).each{ |path|
     
    11295      begin
    11396        magic = File.read( gcc_path, 2 )
    114         if magic == "MZ"                  # マジックをチェック
     97        if magic == "MZ"                  # マジックをチェック
    11598          $gcc = gcc
    11699          found = true
     
    118101        end
    119102      rescue
    120         # magic の読出しに失敗。無視
     103        # magic の読出しに失敗。無視
    121104      end
    122105    end
     
    125108}
    126109
    127 # cpp コマンドを設定する
     110# cpp コマンドを設定する
    128111$cpp = "#{$gcc} -E -D TECSGEN"
    129112
    130 # exerb 版 TECS ジェネレータの実行を開始
     113# exerb 版 TECS ジェネレータの実行を開始
    131114require "tecsgen.rb"
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/TECSPointer.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr; charset=UTF-8
    r317 r318  
    44 *   Copyright (C) 2008-2012 by TOPPERS Project
    55 *--
    6  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    7 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    8  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    9  *   å¤‰ãƒ»å†é
    10 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    11  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    12  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    13  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    14  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    15  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    16 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    17 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    18  *       è€
    19 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    20  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    21  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    22  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    23 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    24  *       ã¨ï¼Ž
    25  *     (a) 再é
    26 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    27 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    28  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    29  *     (b) 再é
    30 å¸ƒã®å½¢æ
    31 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    32  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    33  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    34  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    35 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    36 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    37  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    38  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    39 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    40  *       å
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     6 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     7 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     8 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     9 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     10 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     11 *       スコード中に含まれていること.
     12 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     13 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     14 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     15 *       の無保証規定を掲載すること.
     16 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     17 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     18 *       と.
     19 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     20 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     21 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     22 *         報告すること.
     23 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     25 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     26 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     27 *       免責すること.
    4228 * 
    43  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    44 ãŠ
    45  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    46  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    47  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    48  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     29 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     30 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     31 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     32 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     33 *   の責任を負わない.
    4934 * 
    5035 *   $Id$
     
    9984POINTER_BODY( SChar,  char_t )          /* struct SCharPointerBody */
    10085
    101 // ■ TECS_NO_VAL_CHECK を define すると、値チェックを省略する
     86// ■ TECS_NO_VAL_CHECK を define すると、値チェックを省略する
    10287#ifndef TECS_NO_VAL_CHECK
    10388#define VALCHECK_INT(Type, TYPE, type )                                                                 \
     
    174159VALCHECK_UINT( UInt64, UINT64, uint64_t )
    175160#ifndef mrb_int_IS_int64
    176          // ■ int 32 bit を仮定している. 64 bit であれば mrb_int_IS_64 を define する
     161         // ■ int 32 bit を仮定している. 64 bit であれば mrb_int_IS_64 を define する
    177162VALCHECK_MRB_INT( Int64, INT64, int64_t )
    178163VALCHECK_MRB_UINT( UInt64, UINT64, uint64_t )
    179164#else
    180 #define VALCHECK_MRB_Int64      // 範囲チェックが無意味であるため、警告が出るのを回避する
    181 #define VALCHECK_MRB_UInt64      // 範囲チェックが無意味であるため、警告が出るのを回避する
     165#define VALCHECK_MRB_Int64      // 範囲チェックが無意味であるため、警告が出るのを回避する
     166#define VALCHECK_MRB_UInt64      // 範囲チェックが無意味であるため、警告が出るのを回避する
    182167#endif
    183168
    184169#ifndef TECS_NO_VAL_CHECK
    185          // ■ char_t は unsigned とみなす
     170         // ■ char_t は unsigned とみなす
    186171static inline void
    187172VALCHECK_Char( mrb_state *mrb, mrb_int  val )
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/TECSStruct.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr; charset=UTF-8
    r317 r318  
    44 *   Copyright (C) 2008-2012 by TOPPERS Project
    55 *--
    6  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    7 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    8  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    9  *   å¤‰ãƒ»å†é
    10 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    11  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    12  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    13  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    14  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    15  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    16 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    17 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    18  *       è€
    19 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    20  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    21  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    22  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    23 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    24  *       ã¨ï¼Ž
    25  *     (a) 再é
    26 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    27 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    28  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    29  *     (b) 再é
    30 å¸ƒã®å½¢æ
    31 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    32  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    33  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    34  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    35 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    36 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    37  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    38  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    39 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    40  *       å
    41 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     6 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     7 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     8 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     9 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     10 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     11 *       スコード中に含まれていること.
     12 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     13 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     14 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     15 *       の無保証規定を掲載すること.
     16 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     17 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     18 *       と.
     19 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     20 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     21 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     22 *         報告すること.
     23 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     24 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     25 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     26 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     27 *       免責すること.
    4228 * 
    43  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    44 ãŠ
    45  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    46  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    47  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    48  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     29 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     30 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     31 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     32 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     33 *   の責任を負わない.
    4934 * 
    5035 *   $Id$
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tBoolPointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tBoolPointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( Bool, bool_t )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_BoolPointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tCharPointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tCharPointer_tecsgen.h"
    99
     
    2222#endif
    2323
    24 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     24/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2525/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2626 * entry port: eInitialize
     
    3939        struct  RClass *c;
    4040
    41         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     41        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    4242        c = tecs_init_CharPointer( mrb, TECS );
    4343        mrb_define_method(mrb, c, "to_s", CharPointer_to_s, MRB_ARGS_NONE());
     
    4747
    4848/* #[<POSTAMBLE>]#
    49  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     49 *   これより下に非受け口関数を書きます
    5050 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tDouble64Pointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tDouble64Pointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( Double64, double64_t )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_Double64Pointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tFloat32Pointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tFloat32Pointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( Float32, float32_t )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_Float32Pointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tInt16Pointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tInt16Pointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( Int16, int16_t )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_Int16Pointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tInt32Pointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tInt32Pointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( Int32, int32_t )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_Int32Pointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tInt64Pointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tInt64Pointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( Int64, int64_t )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_Int64Pointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tInt8Pointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tInt8Pointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( Int8, int8_t )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_Int8Pointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tIntPointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tIntPointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( Int, int )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_IntPointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tLongPointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tLongPointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( Long, long )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_LongPointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tMruby.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
    4  * 呼び口関数 #_TCPF_#
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
     4 * 呼び口関数 #_TCPF_#
    55 * call port : cSerialPort  signature: sSerialPort context: task
    66 *   ER             cSerialPort_open( );
     
    1313 * #[</PREAMBLE>]# */
    1414
    15 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     15/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    1616#include "nMruby_tMruby_tecsgen.h"
    1717#include <string.h>
     
    3434
    3535void mrb_init_mrb(CELLCB *p_cellcb, mrb_state *mrb);
    36 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     36/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    3737/* #[<ENTRY_PORT>]# eMrubyBody
    3838 * entry port: eMrubyBody
     
    9393
    9494/* #[<POSTAMBLE>]#
    95  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     95 *   これより下に非受け口関数を書きます
    9696 * #[</POSTAMBLE>]#*/
    9797
     
    116116_sbrk(size_t incr)
    117117{
    118   // TODO: 正しいヒープサイズを指定すること (EV3はRAM 64MB)
     118  // TODO: 正しいヒープサイズを指定すること (EV3はRAM 64MB)
    119119  extern char __heap_start;
    120   static uint32_t cs3_heap_end = &__heap_start + MEM_SIZE; // ヒープの最後アドレス
     120  static uint32_t cs3_heap_end = &__heap_start + MEM_SIZE; // ヒープの最後アドレス
    121121  static char *heap_end = &__heap_start;
    122122  char *prev_heap_end;
     
    158158  char *cp;
    159159  cp = (char*)buf;
    160   /* シリアルポートが結合されている場合のみ呼び出す
     160  /* シリアルポートが結合されている場合のみ呼び出す
    161161  if(is_cSerialPort_joined()){
    162162    //cSerialPort_write(buf, size);
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tMrubyProc.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 * A little modification is done to to call initializer registering TECS components.
    66 *
    7  * このファイルは、mruby のものです。
    8  * mruby のライセンスのもとで、é
    9 å¸ƒã•ã‚Œã¾ã™ã€‚(TOPPERS ライセンスではありません)
    10  *  参ç
    11 §ï¼š  https://github.com/mruby/mruby
    12  * TECS コンポーネントを登録する初期化子を呼ぶため、少しの修正がなされています。
     7 * このファイルは、mruby のものです。
     8 * mruby のライセンスのもとで、配布されます。(TOPPERS ライセンスではありません)
     9 *  参照:  https://github.com/mruby/mruby
     10 * TECS コンポーネントを登録する初期化子を呼ぶため、少しの修正がなされています。
    1311 */
    1412
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tMrubyProc_1_0.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 * A little modification is done to to call initializer registering TECS components.
    66 *
    7  * このファイルは、mruby のものです。
    8  * mruby のライセンスのもとで、é
    9 å¸ƒã•ã‚Œã¾ã™ã€‚(TOPPERS ライセンスではありません)
    10  *  参ç
    11 §ï¼š  https://github.com/mruby/mruby
    12  * TECS コンポーネントを登録する初期化子を呼ぶため、少しの修正がなされています。
     7 * このファイルは、mruby のものです。
     8 * mruby のライセンスのもとで、配布されます。(TOPPERS ライセンスではありません)
     9 *  参照:  https://github.com/mruby/mruby
     10 * TECS コンポーネントを登録する初期化子を呼ぶため、少しの修正がなされています。
    1311 */
    1412
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tSCharPointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tSCharPointer_tecsgen.h"
    99
     
    2525#endif
    2626
    27 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     27/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2828/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2929 * entry port: eInitialize
     
    4242        struct RClass *c;
    4343
    44         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     44        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    4545        c=tecs_init_SCharPointer( mrb, TECS );
    4646        mrb_define_method(mrb, c, "to_s", CharPointer_to_s, MRB_ARGS_NONE());
     
    4949
    5050/* #[<POSTAMBLE>]#
    51  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     51 *   これより下に非受け口関数を書きます
    5252 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tShortPointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tShortPointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( Short, short )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_ShortPointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tTECSInitializer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    5  * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
     5 * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
    66 * TECS             struct RClass *  VAR_TECS       
    77 *
    8  * 呼び口関数 #_TCPF_#
     8 * 呼び口関数 #_TCPF_#
    99 * call port : cInitialize  signature: nMruby_sInitializeTECSBridge context: task
    1010 *   void           cInitialize_initializeBridge( subscript, const mrb_state* mrb, const struct RClass * TECS );
     
    1313 * #[</PREAMBLE>]# */
    1414
    15 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     15/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    1616#include "nMruby_tTECSInitializer_tecsgen.h"
    1717
     
    2121#endif
    2222
    23 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     23/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2424/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2525 * entry port: eInitialize
     
    4444        }
    4545        else {
    46                 /* エラー処理コードをここに記述します */
     46                /* エラー処理コードをここに記述します */
    4747        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    4848
    49         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     49        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    5050        TECS = mrb_define_module( (mrb_state *)mrb, "TECS" );
    5151        // mrb: const mrb_state * => mrb_state *
     
    5757
    5858/* #[<POSTAMBLE>]#
    59  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     59 *   これより下に非受け口関数を書きます
    6060 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tUCharPointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tUCharPointer_tecsgen.h"
    99
     
    2222#endif
    2323
    24 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     24/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2525/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2626 * entry port: eInitialize
     
    3939        struct RClass *c;
    4040
    41         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     41        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    4242        c=tecs_init_UCharPointer( mrb, TECS );
    4343        mrb_define_method(mrb, c, "to_s", CharPointer_to_s, MRB_ARGS_NONE());
     
    4646
    4747/* #[<POSTAMBLE>]#
    48  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     48 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4949 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tUInt16Pointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tUInt16Pointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( UInt16, uint16_t )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_UInt16Pointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tUInt32Pointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tUInt32Pointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( UInt32, uint32_t )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_UInt32Pointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tUInt64Pointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tUInt64Pointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( UInt64, uint64_t )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_UInt64Pointer( mrb, TECS );
    3636
     
    3838
    3939/* #[<POSTAMBLE>]#
    40  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     40 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4141 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tUInt8Pointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tUInt8Pointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( UInt8, uint8_t )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_UInt8Pointer( mrb, TECS );
    3636
     
    3838
    3939/* #[<POSTAMBLE>]#
    40  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     40 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4141 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tUIntPointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tUIntPointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( UInt, unsigned int )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_UIntPointer( mrb, TECS );
    3636
     
    3838
    3939/* #[<POSTAMBLE>]#
    40  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     40 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4141 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tULongPointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tULongPointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( ULong, unsigned long )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_ULongPointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/nMruby_tUShortPointer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    11/* #[<PREAMBLE>]#
    2  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    3  * tecsmerge によるマージに使用されます
     2 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     3 * tecsmerge によるマージに使用されます
    44 *
    55 * #[</PREAMBLE>]# */
    66
    7 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
     7/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます #_PAC_# */
    88#include "nMruby_tUShortPointer_tecsgen.h"
    99
     
    1717CHECK_AND_GET_POINTER( UShort, unsigned short )
    1818
    19 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     19/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    2020/* #[<ENTRY_PORT>]# eInitialize
    2121 * entry port: eInitialize
     
    3232eInitialize_initializeBridge(mrb_state* mrb, struct RClass * TECS)
    3333{
    34         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     34        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    3535        (void)tecs_init_UShortPointer( mrb, TECS );
    3636}
    3737
    3838/* #[<POSTAMBLE>]#
    39  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     39 *   これより下に非受け口関数を書きます
    4040 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/mruby/tecs_mruby.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr; charset=UTF-8
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/rpc_string.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr; charset=UTF-8
    r317 r318  
    66 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    77 *--
    8  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    9 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    10  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    11  *   å¤‰ãƒ»å†é
    12 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    13  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    14  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    15  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    16  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    17  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    18 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    19 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    20  *       è€
    21 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    22  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    23  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    24  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    25 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    26  *       ã¨ï¼Ž
    27  *     (a) 再é
    28 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    29 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    30  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    31  *     (b) 再é
    32 å¸ƒã®å½¢æ
    33 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    34  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    35  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    36  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    37 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    38 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    39  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    40  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    41 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    42  *       å
    43 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     8 *   上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     9 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     10 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     11 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     12 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     13 *       スコード中に含まれていること.
     14 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     15 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     16 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     17 *       の無保証規定を掲載すること.
     18 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     19 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     20 *       と.
     21 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     22 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     23 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     24 *         報告すること.
     25 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     26 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     27 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     28 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     29 *       免責すること.
    4430 * 
    45  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    46 ãŠ
    47  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    48  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    49  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    50  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     31 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     32 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     33 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     34 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     35 *   の責任を負わない.
    5136 * 
    5237 *   $Id$
     
    5742#include <string.h>
    5843
    59 /* GenParamCopy.rb で生成する STRLEN, STRNLEN 関数の定義 */
    60 /* 現状では short, int, long, int128_t をサポートしない */
     44/* GenParamCopy.rb で生成する STRLEN, STRNLEN 関数の定義 */
     45/* 現状では short, int, long, int128_t をサポートしない */
    6146
    6247#define   STRLEN8( str )    strlen( (char *)str )
     
    6449/*
    6550 * STRNLEN
    66  *  marshaler, unmarshaler は strnlen を使う.
    67  *  バッファオーバーランへの耐性を明確にするため.
    68  *  しかし、strnlen は ANSI-C 標準のライブラリ関数ではないため、実è£
    69 ã•ã‚Œã¦ã„ないケースがある
    70  *  GNU (Linux), VC++ では使用できるが、MacOS では使用できない
    71  *  (他の組込み用 OS での実è£
    72 çŠ¶æ³ã‚‚不明)
    73  *  小さな関数ですむので inline 関数として実è£
    74 ã—ておく
     51 *  marshaler, unmarshaler は strnlen を使う.
     52 *  バッファオーバーランへの耐性を明確にするため.
     53 *  しかし、strnlen は ANSI-C 標準のライブラリ関数ではないため、実装されていないケースがある
     54 *  GNU (Linux), VC++ では使用できるが、MacOS では使用できない
     55 *  (他の組込み用 OS での実装状況も不明)
     56 *  小さな関数ですむので inline 関数として実装しておく
    7557 */
    7658
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tDataqueueAdaptor_inline.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/* #[<PREAMBLE>]#
    55  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    56  * tecsmerge によるマージに使用されます
     40 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     41 * tecsmerge によるマージに使用されます
    5742 *
    5843 * #[</PREAMBLE>]# */
    5944
    60 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     45/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    6146/* #[<ENTRY_PORT>]# eChannel
    6247 * entry port: eChannel
     
    8267        }
    8368
    84         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     69        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    8570
    8671        return(ercd);
     
    10489        }
    10590
    106         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     91        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    10792
    10893        return(ercd);
     
    126111        }
    127112
    128         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     113        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    129114        cEventflag_clear( 0 );
    130115
     
    150135        }
    151136
    152         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     137        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    153138        ercd = 0;
    154139        for( i = 0; i < size; i++ )
     
    175160        }
    176161
    177         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     162        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    178163
    179164        return(ercd);
     
    199184        }
    200185
    201         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     186        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    202187        /* printf( "DQA: receive(%d) ", size ); */
    203188        for( i = 0; i < size; i++ ){
     
    230215        }
    231216
    232         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    233 
    234         return(ercd);
    235 }
    236 
     217        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     218
     219        return(ercd);
     220}
     221
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tNBOTDR_inline.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/* #[<PREAMBLE>]#
    55  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    56  * tecsmerge によるマージに使用されます
     40 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     41 * tecsmerge によるマージに使用されます
    5742 *
    58  * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
     43 * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
    5944 * tmo              TMO              VAR_tmo         
    6045 *
    61  * 呼び口関数 #_TCPF_#
     46 * 呼び口関数 #_TCPF_#
    6247 * call port: cChannel signature: sChannel context:task
    6348 *   ER             cChannel_send( const int8_t* buf, int16_t size, TMO tmo );
     
    7560
    7661/*
    77  * marhaler, unmarshaler が使用する STRLEN 関数を定義する
    78  *  marshaler, unmarshaler はå¿
    79 ãš TDR は に結合されるため
     62 * marhaler, unmarshaler が使用する STRLEN 関数を定義する
     63 *  marshaler, unmarshaler は必ず TDR は に結合されるため
    8064 */
    8165#include        "rpc_string.h"
     
    10589
    10690/*
    107  * 無調整型だが、いくらか暫定的な実è£
    108 ã«ãªã£ã¦ã„ã‚‹
    109  * ・ntohX(), htonX() は int64_t 型に定義されている (32bitならオーバヘッド大)
    110  * ・int128_t, uint128_t は tecs.h で typedef された型である
    111  * ・BIGENDIAN 判定は動的になっている (恐らく最適化で定数判定にされることはない)
     91 * 無調整型だが、いくらか暫定的な実装になっている
     92 * ・ntohX(), htonX() は int64_t 型に定義されている (32bitならオーバヘッド大)
     93 * ・int128_t, uint128_t は tecs.h で typedef された型である
     94 * ・BIGENDIAN 判定は動的になっている (恐らく最適化で定数判定にされることはない)
    11295 */
    11396
     
    120103#define IS_BIGENDIAN()  (0)
    121104#else
    122 /* BIGENDIAN かどうか自動判定 */
     105/* BIGENDIAN かどうか自動判定 */
    123106static const uint16_t   endian_check = 0xff00;
    124107#define IS_BIGENDIAN()  (*(uint8_t *)&endian_check)
     
    302285                return d;
    303286        else{
    304                 /* この実è£
    305 ã¯ tecs.h で typedef した int128_t に適合 */
     287                /* この実装は tecs.h で typedef した int128_t に適合 */
    306288                int128_t d1;
    307289                d1.hi = hton64( d.lo );
     
    370352}
    371353
    372 /*** unsigned 用の関数 (128 bit 版のみ用意) ***/
     354/*** unsigned 用の関数 (128 bit 版のみ用意) ***/
    373355Inline int128_t
    374356ntoh128( int128_t d )
     
    377359                return d;
    378360        else{
    379                 /* この実è£
    380 ã¯ tecs.h で typedef した int128_t に適合 */
     361                /* この実装は tecs.h で typedef した int128_t に適合 */
    381362                int128_t d1;
    382363                d1.hi = ntoh64( d.lo );
     
    392373                return d;
    393374        else{
    394                 /* この実è£
    395 ã¯ tecs.h で typedef した int128_t に適合 */
     375                /* この実装は tecs.h で typedef した int128_t に適合 */
    396376                uint128_t d1;
    397377                d1.hi = hton64( d.lo );
     
    407387                return d;
    408388        else{
    409                 /* この実è£
    410 ã¯ tecs.h で typedef した int128_t に適合 */
     389                /* この実装は tecs.h で typedef した int128_t に適合 */
    411390                uint128_t d1;
    412391                d1.hi = ntoh64( d.lo );
     
    417396
    418397/************************************************
    419  *  htonX, ntohX は 16, 32, 64 にのみ対応できる *
     398 *  htonX, ntohX は 16, 32, 64 にのみ対応できる *
    420399 ************************************************/
    421400Inline int64_t
     
    441420}
    442421
    443 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     422/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    444423/* #[<ENTRY_PORT>]# eTDR
    445424 * entry port: eTDR
     
    465444        }
    466445
    467         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     446        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    468447
    469448        syslog( LOG_INFO, "TDR: resetting channel" );
     
    491470        }
    492471
    493         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     472        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    494473#ifdef RPC_DEBUG
    495474        syslog(LOG_INFO, "eTDR_sendSOP(b_client=%d)", b_client);
     
    501480
    502481        /*
    503          * SOP パケットの送信
    504          * パケットシーケンスが多少崩れても回復できるように、バイト単位で送る
    505          * 上位バイト、下位バイトの順に送る
     482         * SOP パケットの送信
     483         * パケットシーケンスが多少崩れても回復できるように、バイト単位で送る
     484         * 上位バイト、下位バイトの順に送る
    506485         */
    507486
    508487        val = (uint8_t)(sopMagic>>8);
    509         ercd = eTDR_putUInt8( idx, val );               /* 上位8ビット */
     488        ercd = eTDR_putUInt8( idx, val );               /* 上位8ビット */
    510489        if( ercd != E_OK )
    511490                return  ercd;
    512491
    513         val = (uint8_t)(sopMagic&0xff);                 /* 下位8ビット */
     492        val = (uint8_t)(sopMagic&0xff);                 /* 下位8ビット */
    514493        ercd = eTDR_putUInt8( idx, val );
    515494
     
    537516        }
    538517
    539         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     518        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    540519#ifdef RPC_DEBUG
    541520        syslog(LOG_INFO, "eTDR_receiveSOP(b_client=%d)", b_client);
     
    582561        }
    583562
    584         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     563        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    585564#ifdef RPC_DEBUG
    586565        syslog(LOG_INFO, "eTDR_sendEOP(b_continue=%d)", b_continue);
     
    592571                magic = TDR_EOP_MAGIC2;
    593572
    594         /* EOP magic の送信 */
     573        /* EOP magic の送信 */
    595574        if( (ercd = eTDR_putUInt16( idx, magic )) != E_OK )
    596575                return ercd;
     
    618597        }
    619598
    620         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     599        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    621600#ifdef RPC_DEBUG
    622601        syslog(LOG_INFO, "eTDR_receiveEOP(b_continue=%d)",b_continue);
     
    651630        }
    652631
    653         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     632        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    654633        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    655634}
     
    671650        }
    672651
    673         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     652        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    674653        in = hton16( in );
    675654        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
     
    692671        }
    693672
    694         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     673        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    695674        in = hton32( in );
    696675        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
     
    713692        }
    714693
    715         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     694        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    716695        in = hton64( in );
    717696        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
     
    734713        }
    735714
    736         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     715        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    737716        in = hton128( in );
    738717        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
     
    756735        }
    757736
    758         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     737        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    759738        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    760739        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    778757        }
    779758
    780         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     759        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    781760        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    782761        *out = ntoh16( *out );
     
    801780        }
    802781
    803         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     782        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    804783        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    805784        *out = ntoh32( *out );
     
    824803        }
    825804
    826         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     805        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    827806        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    828807        *out = ntoh64( *out );
     
    847826        }
    848827
    849         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     828        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    850829        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    851830        *out = ntoh128( *out );
     
    869848        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    870849
    871         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     850        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    872851        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    873852}
     
    889868        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    890869
    891         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     870        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    892871        in = hton16( in );
    893872        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
     
    910889        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    911890
    912         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     891        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    913892        in = hton32( in );
    914893        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
     
    931910        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    932911
    933         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     912        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    934913        in = hton64( in );
    935914        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
     
    952931        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    953932
    954         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     933        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    955934        in = hton128u( in );
    956935        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
     
    974953        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    975954
    976         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     955        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    977956        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    978957        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    996975        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    997976
    998         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     977        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    999978        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    1000979        *out = ntoh16( *out );
     
    1019998        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    1020999
    1021         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1000        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    10221001        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    10231002        *out = ntoh32( *out );
     
    10421021        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    10431022
    1044         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1023        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    10451024        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    10461025        *out = ntoh64( *out );
     
    10651044        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    10661045
    1067         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1046        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    10681047        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    10691048        *out = ntoh128u( *out );
     
    10871066        }
    10881067
    1089         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1068        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    10901069        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    10911070}
     
    11081087        }
    11091088
    1110         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1089        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    11111090        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    11121091        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    11301109        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    11311110
    1132         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1111        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    11331112        eTDR_putUInt8(idx, (uint8_t)(in != 0) );
    11341113
     
    11541133        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    11551134
    1156         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1135        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    11571136        ercd = eTDR_getUInt8(idx, &val );
    11581137        if( ercd != E_OK )
     
    11801159        }
    11811160
    1182         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1161        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    11831162        val = hton32( *(int32_t*)&in );
    11841163        return cChannel_send( (int8_t *)&val, (int16_t)sizeof( val ), VAR_tmo );
     
    12021181        }
    12031182
    1204         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1183        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    12051184    val = *(int64_t *)&in;
    12061185        val = hton64( val );
     
    12261205        }
    12271206
    1228         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1207        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    12291208        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)&val, (int16_t)sizeof( val ), VAR_tmo );
    12301209        val = ntoh32( val );
     
    12511230        }
    12521231
    1253         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1232        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    12541233        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)&val, (int16_t)sizeof( val ), VAR_tmo );
    12551234        val = ntoh64( val );
     
    12741253        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    12751254
    1276         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1255        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    12771256        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    12781257}
     
    12951274        }
    12961275
    1297         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1276        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    12981277        IN = HTONS( IN, sizeof IN );
    12991278        return cChannel_send( (int8_t *)&IN, (int16_t)sizeof( IN ), VAR_tmo );
     
    13171296        }
    13181297
    1319         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1298        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    13201299        IN = HTONI( IN, sizeof IN );
    13211300        return cChannel_send( (int8_t *)&IN, (int16_t)sizeof( IN ), VAR_tmo );
     
    13391318        }
    13401319
    1341         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1320        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    13421321        IN = HTONL( IN, sizeof IN );
    13431322        return cChannel_send( (int8_t *)&IN, (int16_t)sizeof( IN ), VAR_tmo );
     
    13611340        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    13621341
    1363         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1342        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    13641343        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    13651344        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    13841363        }
    13851364
    1386         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1365        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    13871366        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)&OUT, (int16_t)sizeof( OUT ), VAR_tmo );
    13881367        *out = NTOHS( OUT, sizeof OUT );
     
    14081387        }
    14091388
    1410         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1389        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    14111390        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)&OUT, (int16_t)sizeof( OUT ), VAR_tmo );
    14121391        *out = NTOHI( OUT, sizeof OUT );
     
    14321411        }
    14331412
    1434         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1413        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    14351414        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)&OUT, (int16_t)sizeof( OUT ), VAR_tmo );
    14361415        *out = NTOHL( OUT, sizeof OUT );
     
    14541433        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    14551434
    1456         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1435        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    14571436        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    14581437}
     
    14751454        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    14761455
    1477         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1456        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    14781457        IN = HTONS( IN, sizeof IN );
    14791458        return cChannel_send( (int8_t *)&IN, (int16_t)sizeof( IN ), VAR_tmo );
     
    14971476        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    14981477
    1499         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1478        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    15001479        IN = HTONI( IN, sizeof IN );
    15011480        return cChannel_send( (int8_t *)&IN, (int16_t)sizeof( IN ), VAR_tmo );
     
    15191498        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    15201499
    1521         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1500        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    15221501        IN = HTONL( IN, sizeof IN );
    15231502        return cChannel_send( (int8_t *)&IN, (int16_t)sizeof( IN ), VAR_tmo );
     
    15411520        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    15421521
    1543         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1522        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    15441523        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    15451524        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    15641543        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    15651544
    1566         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1545        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    15671546        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)&OUT, (int16_t)sizeof( OUT ), VAR_tmo );
    15681547        *out = NTOHS( OUT, sizeof OUT );
     
    15881567        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    15891568
    1590         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1569        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    15911570        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)&OUT, (int16_t)sizeof( OUT ), VAR_tmo );
    15921571        *out = NTOHI( OUT, sizeof OUT );
     
    16121591        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    16131592
    1614         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1593        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    16151594        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)&OUT, (int16_t)sizeof( OUT ), VAR_tmo );
    16161595        *out = NTOHL( OUT, sizeof OUT );
     
    16351614        }
    16361615
    1637         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1616        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    16381617        IN = HTONIP( IN, sizeof IN );
    16391618        return cChannel_send( (int8_t *)&IN, (int16_t)sizeof( IN ), VAR_tmo );
     
    16581637        }
    16591638
    1660         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1639        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    16611640        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)&OUT, (int16_t)sizeof( OUT ), VAR_tmo );
    16621641        *ptr = NTOHIP( OUT, sizeof OUT );
     
    16651644
    16661645/* #[<POSTAMBLE>]#
    1667  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     1646 *   これより下に非受け口関数を書きます
    16681647 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tPPAllocator.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/* #[<PREAMBLE>]#
    55  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    56  * tecsmerge によるマージに使用されます
     40 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     41 * tecsmerge によるマージに使用されます
    5742 *
    58  * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
     43 * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
    5944 * heap_size        uint32_t         ATTR_heap_size 
    6045 * buf              int8_t*          VAR_buf         
     
    7055#endif
    7156
    72 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     57/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    7358/* #[<ENTRY_PORT>]# ePPAllocator
    7459 * entry port: ePPAllocator
     
    9479        }
    9580
    96         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     81        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    9782        if( size + VAR_allocatedSize > ATTR_heapSize ){
    9883                ercd = E_NOMEM;
     
    123108        }
    124109
    125         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     110        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    126111        if( (uintptr_t)ptr < (uintptr_t)VAR_buf || (uintptr_t)ptr >= (uintptr_t)(VAR_buf+VAR_allocatedSize) ){
    127112                ercd = E_PAR;
     
    151136        }
    152137
    153         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     138        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    154139        VAR_allocatedSize = 0;
    155140
     
    158143
    159144/* #[<POSTAMBLE>]#
    160  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     145 *   これより下に非受け口関数を書きます
    161146 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tRPCDedicatedTaskMain.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/* #[<PREAMBLE>]#
    55  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    56  * tecsmerge によるマージに使用されます
     40 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     41 * tecsmerge によるマージに使用されます
    5742 *
    58  * 呼び口関数 #_TCPF_#
     43 * 呼び口関数 #_TCPF_#
    5944 * call port : cMain  signature: sTaskBody context: task
    6045 *   void           cMain_main( );
     
    6954#endif
    7055
    71 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     56/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    7257/* #[<ENTRY_PORT>]# eMain
    7358 * entry port: eMain
     
    8974        }
    9075        else {
    91                 /* エラー処理コードをここに記述します */
     76                /* エラー処理コードをここに記述します */
    9277        }
    9378
    94         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     79        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    9580        while( cMain_main() == E_OK ){
    9681        }
     
    9883
    9984/* #[<POSTAMBLE>]#
    100  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     85 *   これより下に非受け口関数を書きます
    10186 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tRPCDedicatedTaskMainWithOpener.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/* #[<PREAMBLE>]#
    55  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    56  * tecsmerge によるマージに使用されます
     40 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     41 * tecsmerge によるマージに使用されます
    5742 *
    58  * 呼び口関数 #_TCPF_#
     43 * 呼び口関数 #_TCPF_#
    5944 * call port : cMain  signature: sTaskBody context: task
    6045 *   void           cMain_main( );
     
    6954#endif
    7055
    71 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     56/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    7257/* #[<ENTRY_PORT>]# eMain
    7358 * entry port: eMain
     
    9176        }
    9277        else {
    93                 /* エラー処理コードをここに記述します */
     78                /* エラー処理コードをここに記述します */
    9479        }
    9580
    96         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     81        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    9782        while(1){
    9883#ifdef RPC_DEBUG
     
    11196
    11297/* #[<POSTAMBLE>]#
    113  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     98 *   これより下に非受け口関数を書きます
    11499 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tRPCSharedChannelMan.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/* #[<PREAMBLE>]#
    55  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    56  * tecsmerge によるマージに使用されます
     40 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     41 * tecsmerge によるマージに使用されます
    5742 *
    58  * 呼び口関数 #_TCPF_#
     43 * 呼び口関数 #_TCPF_#
    5944 * call port : cSemaphore  signature: sSemaphore context: task
    6045 *   ER             cSemaphore_signal( );
     
    10489
    10590
    106 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     91/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    10792/* #[<ENTRY_PORT>]# eSemaphore
    10893 * entry port: eSemaphore
     
    128113        }
    129114
    130         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     115        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    131116        cClientSideTDR_putInt16( RPC_CHANNEL_MAN_EOP_MAGIC );
    132117        ercd = cSemaphore_signal();
     
    153138        }
    154139
    155         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     140        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    156141        ercd = cSemaphore_wait();
    157142        if( ercd == E_OK ){
     
    182167        }
    183168
    184         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     169        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    185170        ercd = cSemaphore_waitPolling();
    186171        if( ercd == E_OK ){
     
    209194        }
    210195
    211         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     196        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    212197        ercd = cSemaphore_waitTimeout(timeout);
    213198        if( ercd == E_OK ){
     
    238223        }
    239224
    240         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     225        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    241226
    242227        return(ercd);
     
    260245        }
    261246
    262         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     247        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    263248
    264249        return(ercd);
     
    266251
    267252/* #[<POSTAMBLE>]#
    268  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     253 *   これより下に非受け口関数を書きます
    269254 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tRPCSharedTaskMain.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/* #[<PREAMBLE>]#
    55  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    56  * tecsmerge によるマージに使用されます
     40 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     41 * tecsmerge によるマージに使用されます
    5742 *
    58  * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
     43 * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
    5944 * channelNo        int16_t          VAR_channelNo   
    6045 *
    61  * 呼び口関数 #_TCPF_#
     46 * 呼び口関数 #_TCPF_#
    6247 * call port : cUnmarshalAndCallFunction  signature: sTaskBody context: task
    6348 *   void           cUnmarshalAndCallFunction_main( subscript );
     
    10893#endif
    10994
    110 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     95/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    11196/* #[<ENTRY_PORT>]# eMain
    11297 * entry port: eMain
     
    128113        }
    129114        else {
    130                 /* エラー処理コードをここに記述します */
     115                /* エラー処理コードをここに記述します */
    131116        }
    132117
    133         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     118        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    134119        syslog( LOG_INFO, "Shared RPC server task started." );
    135120        while(1){
     
    172157
    173158/* #[<POSTAMBLE>]#
    174  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     159 *   これより下に非受け口関数を書きます
    175160 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tRPCSharedTaskMainWithOpener.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/*
    55  * このファイルは tecsgen によりテンプレートとして自動生成されました
    56  * このファイルを編集して使用することが意図されていますが
    57  * tecsgen の再実行により上書きされてしまうため、通常
     40 * このファイルは tecsgen によりテンプレートとして自動生成されました
     41 * このファイルを編集して使用することが意図されていますが
     42 * tecsgen の再実行により上書きされてしまうため、通常
    5843 *   gen/tRPCSharedTaskMainWithOpener_template.c => src/tRPCSharedTaskMainWithOpener.c
    59  * のように名前, フォルダを変更してから修正します
     44 * のように名前, フォルダを変更してから修正します
    6045 */
    6146/* #[<PREAMBLE>]#
    62  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    63  * tecsmerge によるマージに使用されます
     47 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     48 * tecsmerge によるマージに使用されます
    6449 *
    65  * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
     50 * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
    6651 * initialDelay     RELTIM           ATTR_initialDelay
    6752 * reopenDelay      RELTIM           ATTR_reopenDelay
    6853 * channelNo        int16_t          VAR_channelNo   
    6954 *
    70  * 呼び口関数 #_TCPF_#
     55 * 呼び口関数 #_TCPF_#
    7156 * call port : cUnmarshalAndCallFunction  signature: sTaskBody context: task
    7257 *   void           cUnmarshalAndCallFunction_main( subscript );
     
    118103 * #[</PREAMBLE>]# */
    119104
    120 /* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます */
     105/* プロトタイプ宣言や変数の定義をここに書きます */
    121106#include "tRPCSharedTaskMainWithOpener_tecsgen.h"
    122107
     
    126111#endif
    127112
    128 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     113/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    129114/* #[<ENTRY_PORT>]# eMain
    130115 * entry port: eMain
     
    147132        }
    148133        else {
    149                 /* エラー処理コードをここに記述します */
     134                /* エラー処理コードをここに記述します */
    150135        }
    151136
    152         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     137        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    153138        delay( ATTR_initialDelay );
    154         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     139        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    155140        while(1){
    156141#ifdef RPC_DEBUG
     
    202187
    203188/* #[<POSTAMBLE>]#
    204  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     189 *   これより下に非受け口関数を書きます
    205190 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tSocketClient.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    7459
    7560#ifndef E_OK
    76 #define E_OK    0               /* 正常終了 */
    77 #define E_ID    (-18)   /* 不正ID番号 */
     61#define E_OK    0               /* 正常終了 */
     62#define E_ID    (-18)   /* 不正ID番号 */
    7863#endif
    7964
    80 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     65/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    8166/* #[<ENTRY_PORT>]# eC0
    8267 * entry port: eC0
     
    10489        }
    10590
    106         /* ここに処理本体を記述します */
    107         // mikan BUG  buf の位置を更新していない
     91        /* ここに処理本体を記述します */
     92        // mikan BUG  buf の位置を更新していない
    10893        while(size>0){
    10994                if((sz=write( VAR_sd, buf, (ssize_t)size )) < 0 ){
     
    140125        }
    141126
    142         /* ここに処理本体を記述します */
    143         /* write はバッファリングなしなので flush しない */
     127        /* ここに処理本体を記述します */
     128        /* write はバッファリングなしなので flush しない */
    144129
    145130        return(ercd);
     
    164149        }
    165150
    166         /* ここに処理本体を記述します */
     151        /* ここに処理本体を記述します */
    167152        sz = read( VAR_sd, buf, (ssize_t)size );
    168153        ercd = errno2ER( errno );
     
    178163        }
    179164#endif
    180         /* mikan 一発でå
    181 ¨ã¦èª­ã‚ã‚‹ã¨ä»®å®š */
     165        /* mikan 一発で全て読めると仮定 */
    182166        if( sz >= 0 )
    183167                ercd = sz;
     
    203187        }
    204188
    205         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     189        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    206190
    207191        return(ercd);
     
    225209        }
    226210
    227         /* ここに処理本体を記述します */
     211        /* ここに処理本体を記述します */
    228212
    229213        return(ercd);
     
    256240        }
    257241
    258         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     242        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    259243        soc=socket(AF_INET, SOCK_STREAM, 0);
    260244        if(soc<0){
     
    265249
    266250#if 0
    267 /* ノンブロックに変更 */
     251/* ノンブロックに変更 */
    268252        int flag=fcntl(soc, F_GETFL, 0);
    269253        if(flag<0) perror("fcntl(GET) error");
     
    286270        if(errno!=EINPROGRESS)
    287271                perror("connect error");
    288         //EINPROGRESS:コネクション要求は始まったが、まだ完了していない
     272        //EINPROGRESS:コネクション要求は始まったが、まだ完了していない
    289273
    290274        fd_set rmask,wmask;FD_ZERO(&rmask);FD_SET(soc,&rmask);wmask=rmask;
    291         struct timeval tv={ タイムアウト時間[秒],[μ秒] };
     275        struct timeval tv={ タイムアウト時間[秒],[μ秒] };
    292276        int rc=select(soc+1, &rmask, &wmask, NULL, &tv);
    293277        if(rc<0) perror("connect-select error");
    294         if(rc==0){ タイムアウト処理 }
    295         if(rc==2){ //読み書きが同時に出来る場合
     278        if(rc==0){ タイムアウト処理 }
     279        if(rc==2){ //読み書きが同時に出来る場合
    296280#if Solaris
    297281                int val;
     
    303287                        if(getpeername(soc,(struct sockaddr*)&name,&len)>=0) {
    304288#endif
    305                                 // 既にデータが来ている
     289                                // 既にデータが来ている
    306290                        }else{
    307                                 // コネクト失敗
     291                                // コネクト失敗
    308292                        }
    309293                }
    310294        }
    311 //フラグをå
    312 ƒã«æˆ»ã™
     295//フラグを元に戻す
    313296        if(fcntl(soc, F_SETFL, flag)<0) perror("fcntl(END) error");
    314297#endif /* 0 */
     
    357340        }
    358341
    359         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    360         close( VAR_sd );       /* mikan エラー処理 */
     342        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     343        close( VAR_sd );       /* mikan エラー処理 */
    361344
    362345        return(ercd);
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tSocketServer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/* #[<PREAMBLE>]#
    55  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    56  * tecsmerge によるマージに使用されます
     40 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     41 * tecsmerge によるマージに使用されます
    5742 *
    58  * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
     43 * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
    5944 * portNo           int16_t          ATTR_portNo   
    6045 * sd               int_t            VAR_sd         
     
    7358
    7459#ifndef E_OK
    75 #define E_OK    0               /* 正常終了 */
    76 #define E_ID    (-18)   /* 不正ID番号 */
     60#define E_OK    0               /* 正常終了 */
     61#define E_ID    (-18)   /* 不正ID番号 */
    7762#endif
    7863
    7964
    80 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     65/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    8166/* #[<ENTRY_PORT>]# eC1
    8267 * entry port: eC1
     
    10489        }
    10590
    106         /* ここに処理本体を記述します */
     91        /* ここに処理本体を記述します */
    10792#ifdef DEBUG
    10893        syslog( LOG_INFO, "tSocketServer: send" );
     
    147132        }
    148133
    149         /* ここに処理本体を記述します */
     134        /* ここに処理本体を記述します */
    150135
    151136        return(ercd);
     
    171156        }
    172157
    173         /* ここに処理本体を記述します */
     158        /* ここに処理本体を記述します */
    174159        if( (sz=read( VAR_sd, buf, (size_t)size )) < 0 )
    175160                ercd = errno2ER( errno );
     
    197182        }
    198183
    199         /* ここに処理本体を記述します */
     184        /* ここに処理本体を記述します */
    200185
    201186        return(ercd);
     
    219204        }
    220205
    221         /* ここに処理本体を記述します */
     206        /* ここに処理本体を記述します */
    222207        syslog( LOG_INFO, "tSocketServer: reset" );
    223208
     
    251236        }
    252237
    253         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     238        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    254239        syslog( LOG_INFO, "tSocketServer: open" );
    255240
     
    306291        }
    307292
    308         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     293        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    309294        syslog( LOG_INFO, "tSocketServer: close" );
    310295        if( close( VAR_sd ) < 0 )
     
    315300
    316301/* #[<POSTAMBLE>]#
    317  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     302 *   これより下に非受け口関数を書きます
    318303 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tTDR_inline.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/* #[<PREAMBLE>]#
    55  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    56  * tecsmerge によるマージに使用されます
     40 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     41 * tecsmerge によるマージに使用されます
    5742 *
    58  * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
     43 * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
    5944 * tmo              TMO              VAR_tmo         
    6045 *
     
    6247
    6348/*
    64  * marhaler, unmarshaler が使用する STRLEN 関数を定義する
    65  *  marshaler, unmarshaler はå¿
    66 ãš TDR は に結合されるため
     49 * marhaler, unmarshaler が使用する STRLEN 関数を定義する
     50 *  marshaler, unmarshaler は必ず TDR は に結合されるため
    6751 */
    6852#include        "rpc_string.h"
    6953
    70 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     54/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    7155/* #[<ENTRY_PORT>]# eTDR
    7256 * entry port: eTDR
     
    119103        }
    120104
    121         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     105        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    122106#ifdef RPC_DEBUG
    123107        syslog(LOG_INFO, "eTDR_sendSOP(b_client=%d)", b_client);
     
    129113
    130114        /*
    131          * SOP パケットの送信
    132          * パケットシーケンスが多少崩れても回復できるように、バイト単位で送る
    133          * 下位アドレス、上位アドレスの順に送る
     115         * SOP パケットの送信
     116         * パケットシーケンスが多少崩れても回復できるように、バイト単位で送る
     117         * 下位アドレス、上位アドレスの順に送る
    134118         */
    135119
     
    168152        }
    169153
    170         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     154        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    171155#ifdef RPC_DEBUG
    172156        syslog(LOG_INFO, "eTDR_receiveSOP(b_client=%d)", b_client);
     
    215199        }
    216200
    217         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     201        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    218202#ifdef RPC_DEBUG
    219203        syslog(LOG_INFO, "eTDR_sendEOP(b_continue=%d)", b_continue);
     
    225209                magic = TDR_EOP_MAGIC2;
    226210
    227         /* EOP magic の送信 */
     211        /* EOP magic の送信 */
    228212        if( (ercd = eTDR_putInt16( idx, (int16_t)magic )) != E_OK )
    229213                return ercd;
     
    251235        }
    252236
    253         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     237        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    254238#ifdef RPC_DEBUG
    255239        syslog(LOG_INFO, "eTDR_receiveEOP(b_continue=%d)",b_continue);
     
    284268        }
    285269
    286         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     270        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    287271        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    288272}
     
    304288        }
    305289
    306         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     290        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    307291        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    308292}
     
    324308        }
    325309
    326         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     310        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    327311        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    328312}
     
    344328        }
    345329
    346         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     330        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    347331        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    348332}
     
    364348        }
    365349
    366         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     350        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    367351        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    368352}
     
    385369        }
    386370
    387         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     371        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    388372        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    389373        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    407391        }
    408392
    409         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     393        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    410394        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    411395        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    429413        }
    430414
    431         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     415        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    432416        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    433417        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    451435        }
    452436
    453         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     437        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    454438        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    455439        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    473457        }
    474458
    475         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     459        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    476460        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    477461        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    494478        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    495479
    496         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     480        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    497481        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    498482}
     
    514498        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    515499
    516         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     500        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    517501        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    518502}
     
    534518        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    535519
    536         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     520        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    537521        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    538522}
     
    554538        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    555539
    556         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     540        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    557541        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    558542}
     
    574558        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    575559
    576         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     560        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    577561        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    578562}
     
    595579        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    596580
    597         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     581        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    598582        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    599583        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    617601        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    618602
    619         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     603        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    620604        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    621605        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    639623        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    640624
    641         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     625        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    642626        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    643627        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    661645        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    662646
    663         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     647        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    664648        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    665649        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    683667        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    684668
    685         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     669        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    686670        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    687671        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    705689        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    706690
    707         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     691        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    708692        eTDR_putUInt8(idx, (uint8_t)(in != 0) );
    709693
     
    729713        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    730714
    731         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     715        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    732716        ercd = eTDR_getUInt8(idx, &val );
    733717        if( ercd != E_OK )
     
    754738        }
    755739
    756         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     740        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    757741        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    758742}
     
    774758        }
    775759
    776         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     760        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    777761        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    778762}
     
    795779        }
    796780
    797         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     781        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    798782        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    799783        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    817801        }
    818802
    819         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     803        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    820804        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    821805        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    838822        }
    839823
    840         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     824        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    841825        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    842826}
     
    859843        }
    860844
    861         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     845        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    862846        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    863847        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    880864        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    881865
    882         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     866        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    883867        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    884868}
     
    900884        }
    901885
    902         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     886        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    903887        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    904888}
     
    920904        }
    921905
    922         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     906        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    923907        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    924908}
     
    940924        }
    941925
    942         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     926        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    943927        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    944928}
     
    961945        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    962946
    963         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     947        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    964948        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    965949        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    983967        }
    984968
    985         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     969        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    986970        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    987971        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    1005989        }
    1006990
    1007         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     991        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    1008992        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    1009993        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    10271011        }
    10281012
    1029         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1013        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    10301014        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    10311015        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    10481032        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    10491033
    1050         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1034        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    10511035        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    10521036}
     
    10681052        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    10691053
    1070         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1054        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    10711055        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    10721056}
     
    10881072        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    10891073
    1090         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1074        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    10911075        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    10921076}
     
    11081092        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    11091093
    1110         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1094        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    11111095        return cChannel_send( (int8_t *)&in, (int16_t)sizeof( in ), VAR_tmo );
    11121096}
     
    11291113        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    11301114
    1131         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1115        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    11321116        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    11331117        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    11511135        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    11521136
    1153         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1137        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    11541138        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    11551139        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    11731157        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    11741158
    1175         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1159        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    11761160        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    11771161        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    11951179        } /* end if VALID_IDX(idx) */
    11961180
    1197         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1181        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    11981182        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)out, (int16_t)sizeof( *out ), VAR_tmo );
    11991183        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *out ) ? E_OK : E_BOVR );
     
    12161200        }
    12171201
    1218         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1202        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    12191203        return cChannel_send( (int8_t *)&ptr, (int16_t)sizeof( ptr ), VAR_tmo );
    12201204}
     
    12371221        }
    12381222
    1239         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     1223        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    12401224        er_sz = cChannel_receive( (int8_t *)ptr, (int16_t)sizeof( *ptr ), VAR_tmo );
    12411225        return  er_sz < 0 ? er_sz : ( er_sz == sizeof( *ptr ) ? E_OK : E_BOVR );
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tTINETClient.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/* #[<PREAMBLE>]#
    55  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    56  * tecsmerge によるマージに使用されます
     40 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     41 * tecsmerge によるマージに使用されます
    5742 *
    58  * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
     43 * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
    5944 * cep_id           ID               ATTR_cep_id     
    6045 *
     
    7156
    7257#ifndef E_OK
    73 #define E_OK    0               /* 正常終了 */
    74 #define E_ID    (-18)   /* 不正ID番号 */
     58#define E_OK    0               /* 正常終了 */
     59#define E_ID    (-18)   /* 不正ID番号 */
    7560#endif
    7661
    77 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     62/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    7863/* #[<ENTRY_PORT>]# eC0
    7964 * entry port: eC0
     
    10186        }
    10287
    103         /* ここに処理本体を記述します */
     88        /* ここに処理本体を記述します */
    10489#ifdef DEBUG
    10590        syslog( LOG_INFO, "tTINETServer: send" );
     
    144129        }
    145130
    146         /* ここに処理本体を記述します */
    147         /* write はバッファリングなしなので flush しない */
     131        /* ここに処理本体を記述します */
     132        /* write はバッファリングなしなので flush しない */
    148133
    149134        return(ercd);
     
    168153        }
    169154
    170         /* ここに処理本体を記述します */
     155        /* ここに処理本体を記述します */
    171156        ercd = tcp_rcv_dat( ATTR_cep_id, buf, (size_t)size, tmo );
    172157
     
    191176        }
    192177
    193         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     178        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    194179
    195180        return(ercd);
     
    213198        }
    214199
    215         /* ここに処理本体を記述します */
     200        /* ここに処理本体を記述します */
    216201
    217202        return(ercd);
     
    241226        }
    242227
    243         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     228        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    244229        puts("opening");
    245230        ercd=tcp_con_cep(ATTR_cep_id, NADR, clientAddr, tmo);
     
    269254        }
    270255
    271         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    272         ercd = tcp_cls_cep( ATTR_cep_id, 0 );       /* mikan エラー処理 */
     256        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     257        ercd = tcp_cls_cep( ATTR_cep_id, 0 );       /* mikan エラー処理 */
    273258
    274259        return(ercd);
     
    276261
    277262/* #[<POSTAMBLE>]#
    278  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     263 *   これより下に非受け口関数を書きます
    279264 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tTINETServer.c

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    5338
    5439/* #[<PREAMBLE>]#
    55  * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
    56  * tecsmerge によるマージに使用されます
     40 * #[<...>]# から #[</...>]# で囲まれたコメントは編集しないでください
     41 * tecsmerge によるマージに使用されます
    5742 *
    58  * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
     43 * 属性アクセスマクロ #_CAAM_#
    5944 * cep_id           ID               ATTR_cep_id     
    6045 * rep_id           ID               ATTR_rep_id     
    6146 *
    62  * 呼び口関数 #_TCPF_#
     47 * 呼び口関数 #_TCPF_#
    6348 * call port : cCheck  signature: sIPV4AcceptCheck context: task
    6449 *   bool_t         cCheck_check( const T_IPV4EP* clientAddr );
     
    7762
    7863#ifndef E_OK
    79 #define E_OK    0               /* 正常終了 */
    80 #define E_ID    (-18)   /* 不正ID番号 */
     64#define E_OK    0               /* 正常終了 */
     65#define E_ID    (-18)   /* 不正ID番号 */
    8166#endif
    8267
    83 /* 受け口関数 #_TEPF_# */
     68/* 受け口関数 #_TEPF_# */
    8469/* #[<ENTRY_PORT>]# eC1
    8570 * entry port: eC1
     
    10792        }
    10893
    109         /* ここに処理本体を記述します */
     94        /* ここに処理本体を記述します */
    11095#ifdef DEBUG
    11196        syslog( LOG_INFO, "tTINETServer: send" );
     
    150135        }
    151136
    152         /* ここに処理本体を記述します */
     137        /* ここに処理本体を記述します */
    153138
    154139        return(ercd);
     
    174159        }
    175160
    176         /* ここに処理本体を記述します */
     161        /* ここに処理本体を記述します */
    177162        ercd = tcp_rcv_dat( ATTR_cep_id, buf, (size_t)size, tmo );
    178163
     
    197182        }
    198183
    199         /* ここに処理本体を記述します */
     184        /* ここに処理本体を記述します */
    200185
    201186        return(ercd);
     
    219204        }
    220205
    221         /* ここに処理本体を記述します */
     206        /* ここに処理本体を記述します */
    222207        syslog( LOG_INFO, "tTINETServer: reset" );
    223208
     
    250235        }
    251236
    252         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     237        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    253238        syslog( LOG_INFO, "tTINETServer: open" );
    254239        if( (ercd=tcp_acp_cep(ATTR_cep_id, ATTR_rep_id, &dst, TMO_FEVR)) != E_OK ){
     
    279264        }
    280265
    281         /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
     266        /* ここに処理本体を記述します #_TEFB_# */
    282267        syslog( LOG_INFO, "tTINETServer: close" );
    283268        ercd = tcp_cls_cep( ATTR_cep_id, TMO_FEVR );
     
    287272
    288273/* #[<POSTAMBLE>]#
    289  *   ã“れより下に非受け口関数を書きます
     274 *   これより下に非受け口関数を書きます
    290275 * #[</POSTAMBLE>]#*/
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/rpc/tecs_rpc.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    6954
    7055/*
    71  * marshaler, unmarshaler å†
    72 ã®çŠ¶æ
    73 ‹å€¤ã‚’設定するマクロ
    74  * val は sRPCErrorHandler.cdl で定義する
     56 * marshaler, unmarshaler 内の状態値を設定するマクロ
     57 * val は sRPCErrorHandler.cdl で定義する
    7558 */
    7659#if ! defined( NO_NEED_RPC_STATE ) && ! defined( NO_NEED_RPC_ERROR_HANDLER )
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecs/tecs.h

    • Property svn:keywords deleted
    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr; charset=UTF-8
    r317 r318  
    55 *   Copyright (C) 2008-2013 by TOPPERS Project
    66 *--
    7  *   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    8 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    9  *   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    10  *   å¤‰ãƒ»å†é
    11 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    12  *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    13  *       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    14  *       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    15  *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    16  *       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    17 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    18 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    19  *       è€
    20 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    21  *       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    22  *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    23  *       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    24 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    25  *       ã¨ï¼Ž
    26  *     (a) 再é
    27 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    28 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    29  *         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    30  *     (b) 再é
    31 å¸ƒã®å½¢æ
    32 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    33  *         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    34  *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    35  *       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    36 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    37 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    38  *       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    39  *       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    40 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    41  *       å
    42 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     7 *   上記著作権者は,以下の(1)(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     8 *   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     9 *   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     10 *   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     11 *       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     12 *       スコード中に含まれていること.
     13 *   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     14 *       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     15 *       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     16 *       の無保証規定を掲載すること.
     17 *   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     18 *       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     19 *       と.
     20 *     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     21 *         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     22 *     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     23 *         報告すること.
     24 *   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     25 *       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     26 *       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     27 *       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     28 *       免責すること.
    4329 * 
    44  *   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    45 ãŠ
    46  *   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    47  *   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    48  *   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    49  *   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     30 *   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     31 *   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     32 *   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     33 *   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     34 *   の責任を負わない.
    5035 * 
    5136 *   $Id$
     
    6954#endif /* end SHORT_T_DEFINED */
    7055
    71 #ifndef CHAR_T_DEFINED                          /* t_stddef.h ASP 1.7.0 以前では重複する */
     56#ifndef CHAR_T_DEFINED                          /* t_stddef.h ASP 1.7.0 以前では重複する */
    7257#define CHAR_T_DEFINED
    73 typedef char  char_t;                           /* signed, unsigned 未定 */
     58typedef char  char_t;                           /* signed, unsigned 未定 */
    7459#endif /* end CHAR_T_DEFINED */
    7560
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecsgen

    r317 r318  
    5050#   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
    5151
    52 #   $Id: tecsgen 2027 2014-01-20 08:36:17Z okuma-top $
     52#   $Id$
    5353
    5454#ruby -w $TECSPATH/../tecsgen/tecsgen.rb "$@"
  • asp3_gr_sakura/trunk/tecsgen/tecsgen.rb

    • Property svn:mime-type changed from text/x-ruby to text/x-ruby; charset=UTF-8
    r317 r318  
    77#   Copyright (C) 2008-2016 by TOPPERS Project
    88#--
    9 #   ä¸Šè¨˜è‘—作権è€
    10 ã¯ï¼Œä»¥ä¸‹ã®(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
    11 #   ã‚¢ï¼ˆæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã‚’改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
    12 #   å¤‰ãƒ»å†é
    13 å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
    14 #   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
    15 #       æ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
    16 #       ã‚¹ã‚³ãƒ¼ãƒ‰ä¸­ã«å«ã¾ã‚Œã¦ã„ること.
    17 #   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
    18 #       ç”¨ã§ãã‚‹å½¢ã§å†é
    19 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é
    20 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
    21 #       è€
    22 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—作権表示,この利用条件および下記
    23 #       ã®ç„¡ä¿è¨¼è¦å®šã‚’掲載すること.
    24 #   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
    25 #       ç”¨ã§ããªã„形で再é
    26 å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
    27 #       ã¨ï¼Ž
    28 #     (a) 再é
    29 å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€
    30 ãƒžãƒ‹ãƒ¥ã‚¢ãƒ«ãªã©ï¼‰ã«ï¼Œä¸Šè¨˜ã®è‘—
    31 #         ä½œæ¨©è¡¨ç¤ºï¼Œã“の利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
    32 #     (b) 再é
    33 å¸ƒã®å½¢æ
    34 ‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
    35 #         å ±å‘Šã™ã‚‹ã“と.
    36 #   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
    37 #       å®³ã‹ã‚‰ã‚‚,上記著作権è€
    38 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトをå
    39 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
    40 #       ã¾ãŸï¼Œæœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã®ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã¾ãŸã¯ã‚¨ãƒ³ãƒ‰ãƒ¦ãƒ¼ã‚¶ã‹ã‚‰ã®ã„かなる理
    41 #       ç”±ã«åŸºã¥ãè«‹æ±‚からも,上記著作権è€
    42 ãŠã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトを
    43 #       å
    44 è²¬ã™ã‚‹ã“と.
     9#   上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     10#   ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     11#   変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     12#   (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     13#       権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     14#       スコード中に含まれていること.
     15#   (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     16#       用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     17#       者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     18#       の無保証規定を掲載すること.
     19#   (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     20#       用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     21#       と.
     22#     (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     23#         作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     24#     (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     25#         報告すること.
     26#   (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     27#       害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     28#       また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     29#       由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     30#       免責すること.
    4531
    46 #   æœ¬ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚¦ã‚§ã‚¢ã¯ï¼Œç„¡ä¿è¨¼ã§æä¾›ã•ã‚Œã¦ã„るものである.上記著作権è€
    47 ãŠ
    48 #   ã‚ˆã³TOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
    49 #   ã«å¯¾ã™ã‚‹é©åˆæ€§ã‚‚含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
    50 #   ã‚¢ã®åˆ©ç”¨ã«ã‚ˆã‚Šç›´æŽ¥çš„または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
    51 #   ã®è²¬ä»»ã‚’負わない.
     32#   本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     33#   よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     34#   に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     35#   アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     36#   の責任を負わない.
    5237
    53 #   $Id: tecsgen.rb 2554 2016-02-27 06:11:34Z okuma-top $
     38#   $Id$
    5439#++
    5540
    56 #= tecsgen  : TECS のジェネレータ
     41#= tecsgen  : TECS のジェネレータ
    5742#
    58 #Authors::    石川 拓也(HRP2Plugin)
    59 #Authors::    原  拓(動的結合仕様)
    60 #Authors::    河田 智明(NotifierPlugin)
    61 #Authors::    高田 広章(ASP3 への TECS 組込み)
    62 #Authors::    高木 信尚(ランタイムヘッダ)
    63 #Authors::    成瀬 有美(TECS flow 実è£
    64 )
    65 #Authors::    鵜飼 敬幸(ATK1Plugin)
    66 #Authors::    大山 博司(ジェネレータ実è£
    67 , RPCPlugin, TracePlugin, MrubyBridgePlugin)
    68 #Authors::    山本 将也(ジェネレータ初期プロトタイプ実è£
    69 )
    70 #Authors::    小南 靖雄(テストコードの一部)
    71 #Authors::    安積 卓也(ASP+TECS, EV3RT+TECS, mruby on TECS等実è£
    72 )
     43#Authors::    石川 拓也(HRP2Plugin)
     44#Authors::    原  拓(動的結合仕様)
     45#Authors::    河田 智明(NotifierPlugin)
     46#Authors::    高田 広章(ASP3 への TECS 組込み)
     47#Authors::    高木 信尚(ランタイムヘッダ)
     48#Authors::    成瀬 有美(TECS flow 実装)
     49#Authors::    鵜飼 敬幸(ATK1Plugin)
     50#Authors::    大山 博司(ジェネレータ実装, RPCPlugin, TracePlugin, MrubyBridgePlugin)
     51#Authors::    山本 将也(ジェネレータ初期プロトタイプ実装)
     52#Authors::    小南 靖雄(テストコードの一部)
     53#Authors::    安積 卓也(ASP+TECS, EV3RT+TECS, mruby on TECS等実装)
    7354#  Authors list is in i-ro-ha order.
    7455#Version::   see version.rb
     
    8162
    8263###
    83 #= Array  initializer の '{', '}' で囲まれた場合
    84 # mikan AggregateInitializer など、クラスを変更すべきである
     64#= Array  initializer の '{', '}' で囲まれた場合
     65# mikan AggregateInitializer など、クラスを変更すべきである
    8566class Array
    86   #=== CDL の文字列を生成する
     67  #=== CDL の文字列を生成する
    8768  def to_CDL_str
    8869    str = '{ '
     
    10586end
    10687
    107 #=== RUBY ライブラリをロードする
     88#=== RUBY ライブラリをロードする
    10889#
    109 # -L, $RUBYLIB, システム(/usr/lib/rub..など) の順にサーチが行われる
    110 # exerb 対応のため、上記パスにファイルが見つからない場合 require を実行してみる
     90# -L, $RUBYLIB, システム(/usr/lib/rub..など) の順にサーチが行われる
     91# exerb 対応のため、上記パスにファイルが見つからない場合 require を実行してみる
    11192#
    112 # プラグインの場合は b_fatal = false を指定。ファイルがなくてもエラー出力後、処理続行
    113 # b_fatal = false の場合 tecslib/core がサーチパスに追加される
    114 #RETURN::Bool   : true=成功、 false=失敗   å¤±æ•—した場合、Generator.error は呼びå
    115 ƒã§å‡ºåŠ›ã™ã‚‹
     93# プラグインの場合は b_fatal = false を指定。ファイルがなくてもエラー出力後、処理続行
     94# b_fatal = false の場合 tecslib/core がサーチパスに追加される
     95#RETURN::Bool   : true=成功、 false=失敗   失敗した場合、Generator.error は呼び元で出力する
    11696def require_tecsgen_lib( fname, b_fatal = true )
    11797  dbgPrint( "require_lib: #{fname}\n")
     
    121101    b_exception = false
    122102
    123     # -L 、 $RUBYLIB で指定されたパスおよびシステムのパスからサーチ
    124     #   exerb では $LOAD_PATH は ["."] のみå
    125 ¥ã£ã¦ã„るようだ
     103    # -L 、 $RUBYLIB で指定されたパスおよびシステムのパスからサーチ
     104    #   exerb では $LOAD_PATH は ["."] のみ入っているようだ
    126105    ($library_path+$LOAD_PATH).each{ |path|
    127106      [ "", "tecslib/plugin/" ].each { |lp|
    128107        lib = File.expand_path( path ) + '/' + lp + fname
    129108       
    130         if File.exist? lib then  # ファイル存否と他のエラーを区別するため存在確認をする
     109        if File.exist? lib then  # ファイル存否と他のエラーを区別するため存在確認をする
    131110          begin
    132111            require( lib )
     
    145124
    146125    if b_require == false && b_exception == false then
    147       # exerb 対応 "." をサーチパスの最初に加える
    148       #   "tecslib/" は RPCPlugin.rb, TracePlugin.rb のために用意してある
    149       #   RPCPlugin.rb, TracePlugin.rb が tecslib 下でなければ不要になるが、このようにしておく
     126      # exerb 対応 "." をサーチパスの最初に加える
     127      #   "tecslib/" は RPCPlugin.rb, TracePlugin.rb のために用意してある
     128      #   RPCPlugin.rb, TracePlugin.rb が tecslib 下でなければ不要になるが、このようにしておく
    150129      ["","tecslib/plugin/"].each{ |lp|
    151130        path = lp + fname
     
    155134        rescue LoadError => e
    156135          # p "LoadError to load #{fname}"
    157           # 2015.12.18 exerb 版でプラグインのロードでエラーが出るので、無視する. おそらく昔からエラーは出ていた
     136          # 2015.12.18 exerb 版でプラグインのロードでエラーが出るので、無視する. おそらく昔からエラーは出ていた
    158137          # print_exception( e )
    159138        rescue Exception => e
    160139          b_exception = true
    161           # 文法エラーなどが発生
     140          # 文法エラーなどが発生
    162141          print_exception( e )
    163142          break
     
    167146
    168147    if b_require == false then
    169       # 見つからなかった
     148      # 見つからなかった
    170149      if b_exception == false then
    171150        STDERR << "tecsgen: Fail to load #{fname}. Check $RUBYLIB environment variable or -L option\n"
    172151      end
    173       # tecsgen を構成するファイルの場合は中止する
     152      # tecsgen を構成するファイルの場合は中止する
    174153      if b_fatal then
    175154        STDERR << "tecsgen: Exit because of unrecoverble error\n"
     
    180159    return true
    181160  ensure
    182     # $KCODE を CDL の文字コードに戻しておく
     161    # $KCODE を CDL の文字コードに戻しておく
    183162    set_kcode $KCODE_CDL
    184163  end
    185164end
    186165
    187 #=== 例外の表示
     166#=== 例外の表示
    188167#evar:: Exception
    189168def print_exception( evar )
    190 # もしスタックトレースが出るまでい時間がかかるようならば、次をコメントアウトしてみるべし
     169# もしスタックトレースが出るまでい時間がかかるようならば、次をコメントアウトしてみるべし
    191170  print "*** Begin Ruby exception message ***\n"
    192171  puts( evar.to_s )
     
    211190end
    212191
    213 #=== エラーおよび警告のレポート
     192#=== エラーおよび警告のレポート
    214193def print_report
    215194  msg = nil
     
    229208end
    230209
    231 #=== $KCODE を設定
     210#=== $KCODE を設定
    232211def set_kcode kcode
    233212  if ! $b_no_kcode then
     
    299278    # include RUNIT::Assert
    300279
    301     ### グローバル変数定義 ###
    302 
    303     # コマンドライン引数  (Makefile.templ へ出力)
     280    ### グローバル変数定義 ###
     281
     282    # コマンドライン引数  (Makefile.templ へ出力)
    304283    $arguments = ""
    305284    ARGV.each { |a| $arguments += " " + a }
     
    325304    $ram_initializer = false # bool: generate ram initializer
    326305    $region_list = {}      #string array : region path which is generated
    327     $generating_region = nil # Region:  Region to optimisze & generate code   # コマンドラインオプションではない
    328                  #           Cell#is_generate? にて参ç
    329 §ã•ã‚Œã‚‹
     306    $generating_region = nil # Region:  Region to optimisze & generate code   # コマンドラインオプションではない
     307                 #           Cell#is_generate? にて参照される
    330308    $unit_test = false     # bool:   unit test verification
    331309    $kcode     = nil       # nil | String: Kanji code type "euc"|"sjis"|"none"|"utf8"
     
    333311    $no_banner = false     # bool:   not print banner
    334312    $print_version = false # bool:   print version
    335     $target    = "tecs"    # String: target name, ARGV[0] から再設定する("tecs" は仮のターゲット)
     313    $target    = "tecs"    # String: target name, ARGV[0] から再設定する("tecs" は仮のターゲット)
    336314    $no_default_import_path = false  # bool: no default import path
    337315    $c_suffix  = "c"       # suffix for C progorams (for C++ source)
     
    362340    end
    363341
    364     # # 文字コードの設定
     342    # # 文字コードの設定
    365343    if $IN_EXERB then
    366       # KCODE_CDL, $KCONV_CDL を仮に設定する (tecs_lang.rb ですぐに再設定される)
     344      # KCODE_CDL, $KCONV_CDL を仮に設定する (tecs_lang.rb ですぐに再設定される)
    367345      $KCODE_CDL = "SJIS"          # string: "EUC" | "SJIS" | "NONE" | "UTF8"
    368       $KCONV_CDL = Kconv::SJIS     # const: NONE には ASCII を対応させる
     346      $KCONV_CDL = Kconv::SJIS     # const: NONE には ASCII を対応させる
    369347    else
    370348      $KCODE_CDL = "EUC"           # string: "EUC" | "SJIS" | "NONE" | "UTF8"
    371       $KCONV_CDL = Kconv::EUC      # const: NONE には ASCII を対応させる
    372     end
    373     # $KCODE_TECSGEN, $KCONV_TECSGEN を仮に設定する (tecs_lang.rb ですぐに再設定される)
    374     $KCODE_TECSGEN = "UTF8"      # string: "EUC"  このファイルの文字コード(オプションではなく定数)
     349      $KCONV_CDL = Kconv::EUC      # const: NONE には ASCII を対応させる
     350    end
     351    # $KCODE_TECSGEN, $KCONV_TECSGEN を仮に設定する (tecs_lang.rb ですぐに再設定される)
     352    $KCODE_TECSGEN = "UTF8"      # string: "EUC"  このファイルの文字コード(オプションではなく定数)
    375353    $KCONV_TECSGEN = Kconv::UTF8 # const:
    376     set_kcode( $KCODE_TECSGEN )  # このファイルの文字コードを設定
     354    set_kcode( $KCODE_TECSGEN )  # このファイルの文字コードを設定
    377355
    378356  end # initialize_global_var
     
    380358  def self.analyze_option( additional_option_parser )
    381359
    382     ###  tecsgen コマンドオプション解析  ###
     360    ###  tecsgen コマンドオプション解析  ###
    383361    ARGV.options {|parser|
    384362      parser.banner = "Usage: tecsgen [options] files"
     
    428406        $kcode = code
    429407      }
    430       #  old_mode は V1.0.C.22 で廃止
     408      #  old_mode は V1.0.C.22 で廃止
    431409      #  parser.on('-o', '--old-mode',    'old mode' ){
    432410      #    $old_mode = true
     
    497475
    498476  def self.load_modules
    499     ### tecsgen モジュールのロード ####
    500     # -L でパス指定可能としたため、ここからロードを開始する
    501 
    502     #  tecsgen バージョンファイルのロード
    503     # これを実行するまで tecsgen のバージョンを表示できない
    504     # このファイルを誤って読み込むと、異なるバージョン名を表示してしまう
     477    ### tecsgen モジュールのロード ####
     478    # -L でパス指定可能としたため、ここからロードを開始する
     479
     480    #  tecsgen バージョンファイルのロード
     481    # これを実行するまで tecsgen のバージョンを表示できない
     482    # このファイルを誤って読み込むと、異なるバージョン名を表示してしまう
    505483    require_tecsgen_lib 'tecslib/version.rb'
    506484    if ! $no_banner || $print_version
     
    514492    end
    515493
    516     # 文字コード決定のため最初に読みこむ
     494    # 文字コード決定のため最初に読みこむ
    517495    require_tecsgen_lib 'tecslib/core/tecs_lang.rb'
    518496