Ignore:
Timestamp:
Mar 8, 2016, 8:37:45 PM (7 years ago)
Author:
coas-nagasima
Message:

MIMEにSJISを設定

File:
1 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • UsbWattMeter/trunk/asp_dcre/kernel/interrupt.c

    • Property svn:mime-type changed from text/x-csrc to text/x-csrc; charset=SHIFT_JIS
    r164 r167  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  ã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚́CˆÈ‰º‚Ì(1)`(4)‚ÌðŒ‚ð–ž‚½‚·ê‡‚ÉŒÀ‚èC–{ƒ\ƒtƒgƒEƒF
    12  *  ƒAi–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ð‰ü•Ï‚µ‚½‚à‚Ì‚ðŠÜ‚ށDˆÈ‰º“¯‚¶j‚ðŽg—pE•¡»E‰ü
    13  *  •ÏEÄ”z•ziˆÈ‰ºC—˜—p‚ƌĂԁj‚·‚邱‚Ƃ𖳏ž‚Å‹–‘ø‚·‚éD
    14  *  (1) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðƒ\[ƒXƒR[ƒh‚ÌŒ`‚Å—˜—p‚·‚éê‡‚ɂ́Cã‹L‚Ì’˜ì
    15  *      Œ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L‚Ì–³•ÛØ‹K’肪C‚»‚Ì‚Ü‚Ü‚ÌŒ`‚Ń\[
    16  *      ƒXƒR[ƒh’†‚ÉŠÜ‚Ü‚ê‚Ä‚¢‚邱‚ƁD
    17  *  (2) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðCƒ‰ƒCƒuƒ‰ƒŠŒ`Ž®‚ȂǁC‘¼‚̃\ƒtƒgƒEƒFƒAŠJ”­‚ÉŽg
    18  *      —p‚Å‚«‚éŒ`‚ōĔz•z‚·‚éê‡‚ɂ́CÄ”z•z‚É”º‚¤ƒhƒLƒ
    19 ƒƒ“ƒgi—˜—p
    20  *      ŽÒƒ}ƒjƒ
    21 ƒAƒ‹‚Ȃǁj‚ɁCã‹L‚Ì’˜ìŒ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L
    22  *      ‚Ì–³•ÛØ‹K’è‚ðŒfÚ‚·‚邱‚ƁD
    23  *  (3) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðC‹@Ší‚É‘g‚ݍž‚ނȂǁC‘¼‚̃\ƒtƒgƒEƒFƒAŠJ”­‚ÉŽg
    24  *      —p‚Å‚«‚È‚¢Œ`‚ōĔz•z‚·‚éê‡‚ɂ́CŽŸ‚Ì‚¢‚¸‚ê‚©‚ÌðŒ‚ð–ž‚½‚·‚±
    25  *      ‚ƁD
    26  *    (a) Ä”z•z‚É”º‚¤ƒhƒLƒ
    27 ƒƒ“ƒgi—˜—pŽÒƒ}ƒjƒ
    28 ƒAƒ‹‚Ȃǁj‚ɁCã‹L‚Ì’˜
    29  *        ìŒ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L‚Ì–³•ÛØ‹K’è‚ðŒfÚ‚·‚邱‚ƁD
    30  *    (b) Ä”z•z‚ÌŒ`‘Ô‚ðC•Ê‚É’è‚ß‚é•û–@‚É‚æ‚Á‚āCTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚É
    31  *        •ñ‚·‚邱‚ƁD
    32  *  (4) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚Ì—˜—p‚É‚æ‚è’¼Ú“I‚Ü‚½‚͊ԐړI‚ɐ¶‚¶‚é‚¢‚©‚Ȃ鑹
    33  *      ŠQ‚©‚ç‚àCã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚ð–Ɛӂ·‚邱‚ƁD
    34  *      ‚Ü‚½C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚̃†[ƒU‚Ü‚½‚̓Gƒ“ƒhƒ†[ƒU‚©‚ç‚Ì‚¢‚©‚Ȃ闝
    35  *      —R‚ÉŠî‚­¿‹‚©‚ç‚àCã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚ð
    36  *      –Ɛӂ·‚邱‚ƁD
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)〜(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    3733 *
    38  *  –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚́C–³•ÛØ‚Å’ñ‹Ÿ‚³‚ê‚Ä‚¢‚é‚à‚Ì‚Å‚ ‚éDã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨
    39  *  ‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚́C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ÉŠÖ‚µ‚āC“Á’è‚ÌŽg—p–Ú“I
    40  *  ‚ɑ΂·‚é“K‡«‚àŠÜ‚߂āC‚¢‚©‚È‚é•ÛØ‚às‚í‚È‚¢D‚Ü‚½C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒF
    41  *  ƒA‚Ì—˜—p‚É‚æ‚è’¼Ú“I‚Ü‚½‚͊ԐړI‚ɐ¶‚¶‚½‚¢‚©‚Ȃ鑹ŠQ‚ÉŠÖ‚µ‚Ä‚àC‚»
    42  *  ‚̐ӔC‚𕉂í‚È‚¢D
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    4339 *
    4440 *  @(#) $Id$
     
    4642
    4743/*
    48  *              Š„ž‚ÝŠÇ—‹@”\
     44 *              割込み管理機能
    4945 */
    5046
     
    5551
    5652/*
    57  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒOƒ}ƒNƒ‚̃fƒtƒHƒ‹ƒg’è‹`
     53 *  トレースログマクロのデフォルト定義
    5854 */
    5955#ifndef LOG_ISR_ENTER
     
    114110
    115111/*
    116  *  Š„ž‚݃T[ƒrƒXƒ‹[ƒ`ƒ“‚̐”
     112 *  割込みサービスルーチンの数
    117113 */
    118114#define tnum_isr        ((uint_t)(tmax_isrid - TMIN_SEMID + 1) + tnum_sisr)
    119115
    120116/*
    121  *  Š„ž‚݃T[ƒrƒXƒ‹[ƒ`ƒ“ID‚©‚犄ž‚݃T[ƒrƒXƒ‹[ƒ`ƒ“ŠÇ—ƒuƒƒbƒN‚ðŽæ
    122  *  ‚èo‚·‚½‚߂̃}ƒNƒ
     117 *  割込みサービスルーチンIDから割込みサービスルーチン管理ブロックを取
     118 *  り出すためのマクロ
    123119 */
    124120#define INDEX_ISR(isrid)        ((uint_t)((isrid) - TMIN_ISRID) + tnum_sisr)
     
    126122
    127123/*
    128  *  Š„ž‚݃T[ƒrƒXƒ‹[ƒ`ƒ“ƒLƒ
    129 [‚Ö‚Ì“o˜^
     124 *  割込みサービスルーチンキューへの登録
    130125 */
    131126Inline void
     
    147142
    148143/*
    149  *  Žg—p‚µ‚Ä‚¢‚È‚¢Š„ž‚݃T[ƒrƒXƒ‹[ƒ`ƒ“ŠÇ—ƒuƒƒbƒN‚̃ŠƒXƒg
     144 *  使用していない割込みサービスルーチン管理ブロックのリスト
    150145 */
    151146QUEUE   free_isrcb;
    152147
    153148/*
    154  *  Š„ž‚݃T[ƒrƒXƒ‹[ƒ`ƒ“‹@”\‚̏‰Šú‰»
     149 *  割込みサービスルーチン機能の初期化
    155150 */
    156151void
     
    182177
    183178/*
    184  *  Š„ž‚݃T[ƒrƒXƒ‹[ƒ`ƒ“‚̌ďo‚µ
     179 *  割込みサービスルーチンの呼出し
    185180 */
    186181#ifdef TOPPERS_isrcal
     
    202197
    203198                if (p_queue->p_next != p_isr_queue) {
    204                         /* ISR‚̌ďo‚µ‘O‚̏ó‘Ô‚É–ß‚· */
     199                        /* ISRの呼出し前の状態に戻す */
    205200                        if (i_sense_lock()) {
    206201                                i_unlock_cpu();
     
    214209
    215210/*
    216  *  Š„ž‚݃T[ƒrƒXƒ‹[ƒ`ƒ“ŒÄo‚µƒLƒ
    217 [‚ÌŒŸõ
     211 *  割込みサービスルーチン呼出しキューの検索
    218212 */
    219213Inline QUEUE *
     
    246240
    247241/*
    248  *  Š„ž‚݃T[ƒrƒXƒ‹[ƒ`ƒ“‚̐¶¬
     242 *  割込みサービスルーチンの生成
    249243 */
    250244#ifdef TOPPERS_acre_isr
     
    295289
    296290/*
    297  *  Š„ž‚݃T[ƒrƒXƒ‹[ƒ`ƒ“‚̍폜
     291 *  割込みサービスルーチンの削除
    298292 */
    299293#ifdef TOPPERS_del_isr
     
    332326
    333327/*
    334  *  Š„ž‚ÝŠÇ—‹@”\‚̏‰Šú‰»
     328 *  割込み管理機能の初期化
    335329 */
    336330#ifdef TOPPERS_intini
     
    358352
    359353/*
    360  *  Š„ž‚Ý‚Ì‹ÖŽ~
     354 *  割込みの禁止
    361355 */
    362356#ifdef TOPPERS_dis_int
     
    396390
    397391/*
    398  *  Š„ž‚Ý‚Ì‹–‰Â
     392 *  割込みの許可
    399393 */
    400394#ifdef TOPPERS_ena_int
     
    434428
    435429/*
    436  *  Š„ž‚Ý—Dæ“xƒ}ƒXƒN‚̕ύX
     430 *  割込み優先度マスクの変更
    437431 */
    438432#ifdef TOPPERS_chg_ipm
     
    476470
    477471/*
    478  *  Š„ž‚Ý—Dæ“xƒ}ƒXƒN‚ÌŽQÆ
     472 *  割込み優先度マスクの参照
    479473 */
    480474#ifdef TOPPERS_get_ipm
Note: See TracChangeset for help on using the changeset viewer.