Ignore:
Timestamp:
Mar 8, 2016, 8:37:45 PM (7 years ago)
Author:
coas-nagasima
Message:

MIMEにSJISを設定

File:
1 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • UsbWattMeter/trunk/asp_dcre/kernel/eventflag.h

    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr; charset=SHIFT_JIS
    r164 r167  
    99 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    1010 *
    11  *  ã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚́CˆÈ‰º‚Ì(1)`(4)‚ÌðŒ‚ð–ž‚½‚·ê‡‚ÉŒÀ‚èC–{ƒ\ƒtƒgƒEƒF
    12  *  ƒAi–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ð‰ü•Ï‚µ‚½‚à‚Ì‚ðŠÜ‚ށDˆÈ‰º“¯‚¶j‚ðŽg—pE•¡»E‰ü
    13  *  •ÏEÄ”z•ziˆÈ‰ºC—˜—p‚ƌĂԁj‚·‚邱‚Ƃ𖳏ž‚Å‹–‘ø‚·‚éD
    14  *  (1) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðƒ\[ƒXƒR[ƒh‚ÌŒ`‚Å—˜—p‚·‚éê‡‚ɂ́Cã‹L‚Ì’˜ì
    15  *      Œ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L‚Ì–³•ÛØ‹K’肪C‚»‚Ì‚Ü‚Ü‚ÌŒ`‚Ń\[
    16  *      ƒXƒR[ƒh’†‚ÉŠÜ‚Ü‚ê‚Ä‚¢‚邱‚ƁD
    17  *  (2) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðCƒ‰ƒCƒuƒ‰ƒŠŒ`Ž®‚ȂǁC‘¼‚̃\ƒtƒgƒEƒFƒAŠJ”­‚ÉŽg
    18  *      —p‚Å‚«‚éŒ`‚ōĔz•z‚·‚éê‡‚ɂ́CÄ”z•z‚É”º‚¤ƒhƒLƒ
    19 ƒƒ“ƒgi—˜—p
    20  *      ŽÒƒ}ƒjƒ
    21 ƒAƒ‹‚Ȃǁj‚ɁCã‹L‚Ì’˜ìŒ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L
    22  *      ‚Ì–³•ÛØ‹K’è‚ðŒfÚ‚·‚邱‚ƁD
    23  *  (3) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðC‹@Ší‚É‘g‚ݍž‚ނȂǁC‘¼‚̃\ƒtƒgƒEƒFƒAŠJ”­‚ÉŽg
    24  *      —p‚Å‚«‚È‚¢Œ`‚ōĔz•z‚·‚éê‡‚ɂ́CŽŸ‚Ì‚¢‚¸‚ê‚©‚ÌðŒ‚ð–ž‚½‚·‚±
    25  *      ‚ƁD
    26  *    (a) Ä”z•z‚É”º‚¤ƒhƒLƒ
    27 ƒƒ“ƒgi—˜—pŽÒƒ}ƒjƒ
    28 ƒAƒ‹‚Ȃǁj‚ɁCã‹L‚Ì’˜
    29  *        ìŒ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L‚Ì–³•ÛØ‹K’è‚ðŒfÚ‚·‚邱‚ƁD
    30  *    (b) Ä”z•z‚ÌŒ`‘Ô‚ðC•Ê‚É’è‚ß‚é•û–@‚É‚æ‚Á‚āCTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚É
    31  *        •ñ‚·‚邱‚ƁD
    32  *  (4) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚Ì—˜—p‚É‚æ‚è’¼Ú“I‚Ü‚½‚͊ԐړI‚ɐ¶‚¶‚é‚¢‚©‚Ȃ鑹
    33  *      ŠQ‚©‚ç‚àCã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚ð–Ɛӂ·‚邱‚ƁD
    34  *      ‚Ü‚½C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚̃†[ƒU‚Ü‚½‚̓Gƒ“ƒhƒ†[ƒU‚©‚ç‚Ì‚¢‚©‚Ȃ闝
    35  *      —R‚ÉŠî‚­¿‹‚©‚ç‚àCã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚ð
    36  *      –Ɛӂ·‚邱‚ƁD
     11 *  上記著作権者は,以下の(1)〜(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     12 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     13 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     14 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     15 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     16 *      スコード中に含まれていること.
     17 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     18 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     19 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     20 *      の無保証規定を掲載すること.
     21 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     22 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     23 *      と.
     24 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     25 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     26 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     27 *        報告すること.
     28 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     29 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     30 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     31 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     32 *      免責すること.
    3733 *
    38  *  –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚́C–³•ÛØ‚Å’ñ‹Ÿ‚³‚ê‚Ä‚¢‚é‚à‚Ì‚Å‚ ‚éDã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨
    39  *  ‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚́C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ÉŠÖ‚µ‚āC“Á’è‚ÌŽg—p–Ú“I
    40  *  ‚ɑ΂·‚é“K‡«‚àŠÜ‚߂āC‚¢‚©‚È‚é•ÛØ‚às‚í‚È‚¢D‚Ü‚½C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒF
    41  *  ƒA‚Ì—˜—p‚É‚æ‚è’¼Ú“I‚Ü‚½‚͊ԐړI‚ɐ¶‚¶‚½‚¢‚©‚Ȃ鑹ŠQ‚ÉŠÖ‚µ‚Ä‚àC‚»
    42  *  ‚̐ӔC‚𕉂í‚È‚¢D
     34 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     35 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     36 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     37 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     38 *  の責任を負わない.
    4339 *
    4440 *  @(#) $Id$
     
    4642
    4743/*
    48  *              ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒO‹@”\
     44 *              イベントフラグ機能
    4945 */
    5046
     
    5551
    5652/*
    57  *  ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒO‰Šú‰»ƒuƒƒbƒN
     53 *  イベントフラグ初期化ブロック
    5854 *
    59  *  ‚±‚̍\‘¢‘̂́C“¯ŠúE’ʐMƒIƒuƒWƒFƒNƒg‚̏‰Šú‰»ƒuƒƒbƒN‚Ì‹¤’Ê•”•ª
    60  *  iWOBJINIBj‚ðŠg’£iƒIƒuƒWƒFƒNƒgŽwŒüŒ¾Œê‚ÌŒp³‚É‘Š“–j‚µ‚½‚à‚̂ŁC
    61  *  Å‰‚̃tƒB[ƒ‹ƒh‚ª‹¤’Ê‚É‚È‚Á‚Ä‚¢‚éD
     55 *  この構造体は,同期・通信オブジェクトの初期化ブロックの共通部分
     56 *  (WOBJINIB)を拡張(オブジェクト指向言語の継承に相当)したもので,
     57 *  最初のフィールドが共通になっている.
    6258 */
    6359typedef struct eventflag_initialization_block {
    64         ATR                     flgatr;                 /* ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒO‘®« */
    65         FLGPTN          iflgptn;                /* ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒO‚̃rƒbƒgƒpƒ^[ƒ“‚̏‰Šú’l */
     60        ATR                     flgatr;                 /* イベントフラグ属性 */
     61        FLGPTN          iflgptn;                /* イベントフラグのビットパターンの初期値 */
    6662} FLGINIB;
    6763
    6864/*
    69  *  ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒOŠÇ—ƒuƒƒbƒN
     65 *  イベントフラグ管理ブロック
    7066 *
    71  *  ‚±‚̍\‘¢‘̂́C“¯ŠúE’ʐMƒIƒuƒWƒFƒNƒg‚ÌŠÇ—ƒuƒƒbƒN‚Ì‹¤’Ê•”•ªiWOBJCBj
    72  *  ‚ðŠg’£iƒIƒuƒWƒFƒNƒgŽwŒüŒ¾Œê‚ÌŒp³‚É‘Š“–j‚µ‚½‚à‚̂ŁCÅ‰‚Ì2‚‚Ì
    73  *  ƒtƒB[ƒ‹ƒh‚ª‹¤’Ê‚É‚È‚Á‚Ä‚¢‚éD
     67 *  この構造体は,同期・通信オブジェクトの管理ブロックの共通部分(WOBJCB)
     68 *  を拡張(オブジェクト指向言語の継承に相当)したもので,最初の2つの
     69 *  フィールドが共通になっている.
    7470 */
    7571typedef struct eventflag_control_block {
    76         QUEUE           wait_queue;             /* ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒO‘Ò‚¿ƒLƒ
    77 [ */
    78         const FLGINIB *p_flginib;       /* ‰Šú‰»ƒuƒƒbƒN‚ւ̃|ƒCƒ“ƒ^ */
    79         FLGPTN          flgptn;                 /* ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒOŒ»Ýƒpƒ^[ƒ“ */
     72        QUEUE           wait_queue;             /* イベントフラグ待ちキュー */
     73        const FLGINIB *p_flginib;       /* 初期化ブロックへのポインタ */
     74        FLGPTN          flgptn;                 /* イベントフラグ現在パターン */
    8075} FLGCB;
    8176
    8277/*
    83  *  ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒO‘Ò‚¿î•ñƒuƒƒbƒN‚Ì’è‹`
     78 *  イベントフラグ待ち情報ブロックの定義
    8479 *
    85  *  ‚±‚̍\‘¢‘̂́C“¯ŠúE’ʐMƒIƒuƒWƒFƒNƒg‚Ì‘Ò‚¿î•ñƒuƒƒbƒN‚Ì‹¤’Ê•”•ª
    86  *  iWINFO_WOBJj‚ðŠg’£iƒIƒuƒWƒFƒNƒgŽwŒüŒ¾Œê‚ÌŒp³‚É‘Š“–j‚µ‚½‚à‚̂ŁC
    87  *  Å‰‚Ì2‚‚̃tƒB[ƒ‹ƒh‚ª‹¤’Ê‚É‚È‚Á‚Ä‚¢‚éD
     80 *  この構造体は,同期・通信オブジェクトの待ち情報ブロックの共通部分
     81 *  (WINFO_WOBJ)を拡張(オブジェクト指向言語の継承に相当)したもので,
     82 *  最初の2つのフィールドが共通になっている.
    8883 *
    89  *  flgptn‚́Cwaiptn‚¨‚æ‚Ñwfmode‚Æ“¯Žž‚ÉŽg‚¤‚±‚Æ‚Í‚È‚¢‚½‚߁C‹¤—p‘Ì‚ðŽg
    90  *  ‚¦‚΃ƒ‚ƒŠ‚ðß–ñ‚·‚邱‚Æ‚ª‰Â”\‚Å‚ ‚éD
     84 *  flgptnは,waiptnおよびwfmodeと同時に使うことはないため,共用体を使
     85 *  えばメモリを節約することが可能である.
    9186 */
    9287typedef struct eventflag_waiting_information {
    93         WINFO           winfo;                  /* •W€‚Ì‘Ò‚¿î•ñƒuƒƒbƒN */
    94         FLGCB           *p_flgcb;               /* ‘Ò‚Á‚Ä‚¢‚éƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒO‚ÌŠÇ—ƒuƒƒbƒN */
    95         FLGPTN          waiptn;                 /* ‘Ò‚¿ƒpƒ^[ƒ“ */
    96         MODE            wfmode;                 /* ‘Ò‚¿ƒ‚[ƒh */
    97         FLGPTN          flgptn;                 /* ‘Ò‚¿‰ðœŽž‚̃pƒ^[ƒ“ */
     88        WINFO           winfo;                  /* 標準の待ち情報ブロック */
     89        FLGCB           *p_flgcb;               /* 待っているイベントフラグの管理ブロック */
     90        FLGPTN          waiptn;                 /* 待ちパターン */
     91        MODE            wfmode;                 /* 待ちモード */
     92        FLGPTN          flgptn;                 /* 待ち解除時のパターン */
    9893} WINFO_FLG;
    9994
    10095/*
    101  *  Žg—p‚µ‚Ä‚¢‚È‚¢ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒOŠÇ—ƒuƒƒbƒN‚̃ŠƒXƒg
     96 *  使用していないイベントフラグ管理ブロックのリスト
    10297 */
    10398extern QUEUE    free_flgcb;
    10499
    105100/*
    106  *  ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒOID‚̍őå’likernel_cfg.cj
     101 *  イベントフラグIDの最大値(kernel_cfg.c)
    107102 */
    108103extern const ID tmax_flgid;
     
    110105
    111106/*
    112  *  ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒO‰Šú‰»ƒuƒƒbƒN‚̃GƒŠƒAikernel_cfg.cj
     107 *  イベントフラグ初期化ブロックのエリア(kernel_cfg.c)
    113108 */
    114109extern const FLGINIB    flginib_table[];
     
    116111
    117112/*
    118  *  ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒOŠÇ—ƒuƒƒbƒN‚̃GƒŠƒAikernel_cfg.cj
     113 *  イベントフラグ管理ブロックのエリア(kernel_cfg.c)
    119114 */
    120115extern FLGCB    flgcb_table[];
    121116
    122117/*
    123  *  ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒOŠÇ—ƒuƒƒbƒN‚©‚çƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒOID‚ðŽæ‚èo‚·‚½‚߂̃}ƒNƒ
     118 *  イベントフラグ管理ブロックからイベントフラグIDを取り出すためのマクロ
    124119 */
    125120#define FLGID(p_flgcb)  ((ID)(((p_flgcb) - flgcb_table) + TMIN_FLGID))
    126121
    127122/*
    128  *  ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒO‹@”\‚̏‰Šú‰»
     123 *  イベントフラグ機能の初期化
    129124 */
    130125extern void     initialize_eventflag(void);
    131126
    132127/*
    133  *  ƒCƒxƒ“ƒgƒtƒ‰ƒO‘Ò‚¿‰ðœðŒ‚̃`ƒFƒbƒN
     128 *  イベントフラグ待ち解除条件のチェック
    134129 */
    135130extern bool_t   check_flg_cond(FLGCB *p_flgcb, FLGPTN waiptn,
Note: See TracChangeset for help on using the changeset viewer.