Ignore:
Timestamp:
Mar 8, 2016, 8:37:45 PM (7 years ago)
Author:
coas-nagasima
Message:

MIMEにSJISを設定

File:
1 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • UsbWattMeter/trunk/asp_dcre/arch/logtrace/trace_config.h

    • Property svn:mime-type changed from text/x-chdr to text/x-chdr; charset=SHIFT_JIS
    r164 r167  
    88 *              Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
    99 *
    10  *  ã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚́CˆÈ‰º‚Ì(1)`(4)‚ÌðŒ‚ð–ž‚½‚·ê‡‚ÉŒÀ‚èC–{ƒ\ƒtƒgƒEƒF
    11  *  ƒAi–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ð‰ü•Ï‚µ‚½‚à‚Ì‚ðŠÜ‚ށDˆÈ‰º“¯‚¶j‚ðŽg—pE•¡»E‰ü
    12  *  •ÏEÄ”z•ziˆÈ‰ºC—˜—p‚ƌĂԁj‚·‚邱‚Ƃ𖳏ž‚Å‹–‘ø‚·‚éD
    13  *  (1) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðƒ\[ƒXƒR[ƒh‚ÌŒ`‚Å—˜—p‚·‚éê‡‚ɂ́Cã‹L‚Ì’˜ì
    14  *      Œ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L‚Ì–³•ÛØ‹K’肪C‚»‚Ì‚Ü‚Ü‚ÌŒ`‚Ń\[
    15  *      ƒXƒR[ƒh’†‚ÉŠÜ‚Ü‚ê‚Ä‚¢‚邱‚ƁD
    16  *  (2) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðCƒ‰ƒCƒuƒ‰ƒŠŒ`Ž®‚ȂǁC‘¼‚̃\ƒtƒgƒEƒFƒAŠJ”­‚ÉŽg
    17  *      —p‚Å‚«‚éŒ`‚ōĔz•z‚·‚éê‡‚ɂ́CÄ”z•z‚É”º‚¤ƒhƒLƒ
    18 ƒƒ“ƒgi—˜—p
    19  *      ŽÒƒ}ƒjƒ
    20 ƒAƒ‹‚Ȃǁj‚ɁCã‹L‚Ì’˜ìŒ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L
    21  *      ‚Ì–³•ÛØ‹K’è‚ðŒfÚ‚·‚邱‚ƁD
    22  *  (3) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ðC‹@Ší‚É‘g‚ݍž‚ނȂǁC‘¼‚̃\ƒtƒgƒEƒFƒAŠJ”­‚ÉŽg
    23  *      —p‚Å‚«‚È‚¢Œ`‚ōĔz•z‚·‚éê‡‚ɂ́CŽŸ‚Ì‚¢‚¸‚ê‚©‚ÌðŒ‚ð–ž‚½‚·‚±
    24  *      ‚ƁD
    25  *    (a) Ä”z•z‚É”º‚¤ƒhƒLƒ
    26 ƒƒ“ƒgi—˜—pŽÒƒ}ƒjƒ
    27 ƒAƒ‹‚Ȃǁj‚ɁCã‹L‚Ì’˜
    28  *        ìŒ •\Ž¦C‚±‚Ì—˜—pðŒ‚¨‚æ‚щº‹L‚Ì–³•ÛØ‹K’è‚ðŒfÚ‚·‚邱‚ƁD
    29  *    (b) Ä”z•z‚ÌŒ`‘Ô‚ðC•Ê‚É’è‚ß‚é•û–@‚É‚æ‚Á‚āCTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚É
    30  *        •ñ‚·‚邱‚ƁD
    31  *  (4) –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚Ì—˜—p‚É‚æ‚è’¼Ú“I‚Ü‚½‚͊ԐړI‚ɐ¶‚¶‚é‚¢‚©‚Ȃ鑹
    32  *      ŠQ‚©‚ç‚àCã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚ð–Ɛӂ·‚邱‚ƁD
    33  *      ‚Ü‚½C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚̃†[ƒU‚Ü‚½‚̓Gƒ“ƒhƒ†[ƒU‚©‚ç‚Ì‚¢‚©‚Ȃ闝
    34  *      —R‚ÉŠî‚­¿‹‚©‚ç‚àCã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚ð
    35  *      –Ɛӂ·‚邱‚ƁD
     10 *  上記著作権者は,以下の(1)〜(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
     11 *  ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
     12 *  変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
     13 *  (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
     14 *      権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
     15 *      スコード中に含まれていること.
     16 *  (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
     17 *      用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
     18 *      者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
     19 *      の無保証規定を掲載すること.
     20 *  (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
     21 *      用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
     22 *      と.
     23 *    (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
     24 *        作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
     25 *    (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
     26 *        報告すること.
     27 *  (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
     28 *      害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
     29 *      また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
     30 *      由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
     31 *      免責すること.
    3632 *
    37  *  –{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚́C–³•ÛØ‚Å’ñ‹Ÿ‚³‚ê‚Ä‚¢‚é‚à‚Ì‚Å‚ ‚éDã‹L’˜ìŒ ŽÒ‚¨
    38  *  ‚æ‚ÑTOPPERSƒvƒƒWƒFƒNƒg‚́C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒFƒA‚ÉŠÖ‚µ‚āC“Á’è‚ÌŽg—p–Ú“I
    39  *  ‚ɑ΂·‚é“K‡«‚àŠÜ‚߂āC‚¢‚©‚È‚é•ÛØ‚às‚í‚È‚¢D‚Ü‚½C–{ƒ\ƒtƒgƒEƒF
    40  *  ƒA‚Ì—˜—p‚É‚æ‚è’¼Ú“I‚Ü‚½‚͊ԐړI‚ɐ¶‚¶‚½‚¢‚©‚Ȃ鑹ŠQ‚ÉŠÖ‚µ‚Ä‚àC‚»
    41  *  ‚̐ӔC‚𕉂í‚È‚¢D
     33 *  本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
     34 *  よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
     35 *  に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
     36 *  アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
     37 *  の責任を負わない.
    4238 *
    4339 *  $Id$
     
    4541
    4642/*
    47  *              ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‚ÉŠÖ‚·‚éÝ’è
     43 *              トレースログに関する設定
    4844 *
    49  *  ‚±‚̃Cƒ“ƒNƒ‹[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹‚́Ctarget_config.h‚¨‚æ‚Ñtarget_syssvc.h‚Ì
    50  *  ‚Ý‚©‚çƒCƒ“ƒNƒ‹[ƒh‚³‚ê‚éD‚Ü‚½CƒgƒŒ[ƒXƒƒO‹@”\‚̏‰Šú‰»‚â‹L˜^‚ÌŠJ
    51  *  Žn^’âŽ~CƒgƒŒ[ƒXƒƒO‚̃_ƒ“ƒv‚ðs‚¤ƒvƒƒOƒ‰ƒ€‚©‚çƒCƒ“ƒNƒ‹[ƒh‚·‚é
    52  *  ‚±‚Æ‚ð‘z’肵‚Ä‚¢‚éD
     45 *  このインクルードファイルは,target_config.hおよびtarget_syssvc.hの
     46 *  みからインクルードされる.また,トレースログ機能の初期化や記録の開
     47 *  始/停止,トレースログのダンプを行うプログラムからインクルードする
     48 *  ことを想定している.
    5349 */
    5450
     
    5753
    5854/*
    59  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒOƒoƒbƒtƒ@‚̃TƒCƒY
     55 *  トレースログバッファのサイズ
    6056 */
    6157#ifndef TCNT_TRACE_BUFFER
     
    6460
    6561/*
    66  *  ƒgƒŒ[ƒXŽž‚̎擾•û–@
     62 *  トレース時刻の取得方法
    6763 */
    6864#ifndef TRACE_GET_TIM
     
    7369
    7470/*
    75  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‚̃f[ƒ^\‘¢
     71 *  トレースログのデータ構造
    7672 *
    77  *  ƒVƒXƒeƒ€ƒƒO‹@”\‚̃ƒOî•ñ‚̃f[ƒ^\‘¢‚Æ“¯‚¶‚à‚Ì‚ð—p‚¢‚éD
     73 *  システムログ機能のログ情報のデータ構造と同じものを用いる.
    7874 */
    7975#include <t_syslog.h>
     
    8177
    8278/*
    83  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒOƒoƒbƒtƒ@‚Æ‚»‚ê‚ɃAƒNƒZƒX‚·‚邽‚߂̃|ƒCƒ“ƒ^
     79 *  トレースログバッファとそれにアクセスするためのポインタ
    8480 */
    85 extern TRACE    trace_buffer[];         /* ƒgƒŒ[ƒXƒƒOƒoƒbƒtƒ@ */
    86 extern uint_t   trace_count;            /* ƒgƒŒ[ƒXƒƒOƒoƒbƒtƒ@’†‚̃ƒO‚̐” */
    87 extern uint_t   trace_head;                     /* æ“ª‚̃gƒŒ[ƒXƒƒO‚ÌŠi”[ˆÊ’u */
    88 extern uint_t   trace_tail;                     /* ŽŸ‚̃gƒŒ[ƒXƒƒO‚ÌŠi”[ˆÊ’u */
    89 extern uint_t   trace_lost;                     /* Ž¸‚í‚ꂽƒgƒŒ[ƒX‚̐” */
     81extern TRACE    trace_buffer[];         /* トレースログバッファ */
     82extern uint_t   trace_count;            /* トレースログバッファ中のログの数 */
     83extern uint_t   trace_head;                     /* 先頭のトレースログの格納位置 */
     84extern uint_t   trace_tail;                     /* 次のトレースログの格納位置 */
     85extern uint_t   trace_lost;                     /* 失われたトレースの数 */
    9086
    9187#endif /* TOPPERS_MACRO_ONLY */
    9288
    9389/*
    94  *  ƒgƒŒ[ƒXƒ‚[ƒh‚Ì’è‹`
     90 *  トレースモードの定義
    9591 */
    96 #define TRACE_STOP                      UINT_C(0x00)    /* ƒgƒŒ[ƒX’âŽ~ */
    97 #define TRACE_RINGBUF           UINT_C(0x01)    /* ƒŠƒ“ƒOƒoƒbƒtƒ@ƒ‚[ƒh */
    98 #define TRACE_AUTOSTOP          UINT_C(0x02)    /* Ž©“®’âŽ~ƒ‚[ƒh */
    99 #define TRACE_CLEAR                     UINT_C(0x04)    /* ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‚̃NƒŠƒA */
     92#define TRACE_STOP                      UINT_C(0x00)    /* トレース停止 */
     93#define TRACE_RINGBUF           UINT_C(0x01)    /* リングバッファモード */
     94#define TRACE_AUTOSTOP          UINT_C(0x02)    /* 自動停止モード */
     95#define TRACE_CLEAR                     UINT_C(0x04)    /* トレースログのクリア */
    10096
    10197#ifndef TOPPERS_MACRO_ONLY
    10298
    10399/*
    104  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‹@”\‚̏‰Šú‰»
     100 *  トレースログ機能の初期化
    105101 *
    106  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‹@”\‚ð‰Šú‰»‚·‚éD‰Šú‰»ƒ‹[ƒ`ƒ“‚Æ‚µ‚Ä“o˜^‚·‚邱‚Æ‚ð‘z
    107  *  ’肵‚Ä‚¢‚éDˆø”‚É‚æ‚莟‚Ì“®ì‚ðs‚¤D
     102 *  トレースログ機能を初期化する.初期化ルーチンとして登録することを想
     103 *  定している.引数により次の動作を行う.
    108104 *
    109  *  TRACE_STOPF‰Šú‰»‚݂̂ŃgƒŒ[ƒX‚ÍŠJŽn‚µ‚È‚¢D
    110  *  TRACE_RINGBUFFƒŠƒ“ƒOƒoƒbƒtƒ@ƒ‚[ƒh‚ŃgƒŒ[ƒX‚ðŠJŽnD
    111  *  TRACE_AUTOSTOPFŽ©“®’âŽ~ƒ‚[ƒh‚ŃgƒŒ[ƒX‚ðŠJŽnD
     105 *  TRACE_STOP:初期化のみでトレースは開始しない.
     106 *  TRACE_RINGBUF:リングバッファモードでトレースを開始.
     107 *  TRACE_AUTOSTOP:自動停止モードでトレースを開始.
    112108 */
    113109extern void     trace_initialize(intptr_t exinf);
    114110
    115111/*
    116  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‚ÌŠJŽn
     112 *  トレースログの開始
    117113 *
    118  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‚Ì‹L˜^‚ðŠJŽn^’âŽ~‚·‚éDˆø”‚É‚æ‚莟‚Ì“®ì‚ðs‚¤D
     114 *  トレースログの記録を開始/停止する.引数により次の動作を行う.
    119115 *
    120  *  TRACE_STOPFƒgƒŒ[ƒX‚ð’âŽ~D
    121  *  TRACE_RINGBUFFƒŠƒ“ƒOƒoƒbƒtƒ@ƒ‚[ƒh‚ŃgƒŒ[ƒX‚ðŠJŽnD
    122  *  TRACE_AUTOSTOPFŽ©“®’âŽ~ƒ‚[ƒh‚ŃgƒŒ[ƒX‚ðŠJŽnD
    123  *  TRACE_CLEARFƒgƒŒ[ƒXƒƒO‚ðƒNƒŠƒAD
     116 *  TRACE_STOP:トレースを停止.
     117 *  TRACE_RINGBUF:リングバッファモードでトレースを開始.
     118 *  TRACE_AUTOSTOP:自動停止モードでトレースを開始.
     119 *  TRACE_CLEAR:トレースログをクリア.
    124120 */
    125121extern ER       trace_sta_log(MODE mode);
    126122
    127123/*
    128  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‚̏‘ž‚Ý
     124 *  トレースログの書込み
    129125 */
    130126extern ER       trace_wri_log(TRACE *p_trace);
    131127
    132128/*
    133  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‚̓Ǐo‚µ
     129 *  トレースログの読出し
    134130 */
    135131extern ER       trace_rea_log(TRACE *p_trace);
    136132
    137133/*
    138  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‚̃_ƒ“ƒvitrace_dump.cj
     134 *  トレースログのダンプ(trace_dump.c)
    139135 *
    140  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‚ðƒ_ƒ“ƒv‚·‚éDI—¹ˆ—ƒ‹[ƒ`ƒ“‚Æ‚µ‚Ä“o˜^‚·‚邱‚Æ‚à‘z’è
    141  *  ‚µ‚Ä‚¢‚éDˆø”‚Æ‚µ‚āCƒ_ƒ“ƒvæ‚ƂȂ镶Žšo—͊֐”‚ւ̃|ƒCƒ“ƒ^‚ð“n‚·D
    142  *  ƒ^[ƒQƒbƒgˆË‘¶‚̒჌ƒxƒ‹•¶Žšo—Í‚ð—˜—p‚·‚éê‡‚ɂ́Ctarget_putc‚ð“n
    143  *  ‚·D
     136 *  トレースログをダンプする.終了処理ルーチンとして登録することも想定
     137 *  している.引数として,ダンプ先となる文字出力関数へのポインタを渡す.
     138 *  ターゲット依存の低レベル文字出力を利用する場合には,target_putcを渡
     139 *  す.
    144140 */
    145141extern void     trace_dump(intptr_t exinf);
    146142
    147143/*
    148  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‚ðo—Í‚·‚邽‚߂̃‰ƒCƒuƒ‰ƒŠŠÖ”
     144 *  トレースログを出力するためのライブラリ関数
    149145 */
    150146extern void     trace_write_0(uint_t type);
     
    155151
    156152/*
    157  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒO‚ðo—Í‚·‚邽‚߂̃}ƒNƒ
     153 *  トレースログを出力するためのマクロ
    158154 */
    159155
     
    174170
    175171/*
    176  *  ƒgƒŒ[ƒXƒƒO•û–@‚̐ݒè
     172 *  トレースログ方法の設定
    177173 */
    178174#define LOG_TSKSTAT(p_tcb)              trace_2(LOG_TYPE_TSKSTAT, p_tcb, p_tcb->tstat)
Note: See TracChangeset for help on using the changeset viewer.