source: rubycfg_ssp/trunk/dataqueue.trb@ 284

Last change on this file since 284 was 284, checked in by nmir-saito, 6 years ago

trunkディレクトリの作成及びファイルの移動

File size: 5.8 KB
Line 
1# -*- coding: utf-8 -*-
2#
3# TOPPERS/SSP Kernel
4# Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
5# Advanced Standard Profile Kernel
6#
7# Copyright (C) 2015 by FUJI SOFT INCORPORATED, JAPAN
8# Copyright (C) 2015,2016 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
9# Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
10# Copyright (C) 2017 by Naoki Saito
11# Nagoya Municipal Industrial Research Institute, JAPAN
12#
13# 上記著作権者
14は,以下の(1)〜(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
15# ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
16# 変・再é…
17å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
18# (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
19# 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
20# スコード中に含まれていること.
21# (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
22# 用できる形で再é…
23å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
24å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
25# 者
26マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
27# の無保証規定を掲載すること.
28# (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
29# 用できない形で再é…
30å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
31# と.
32# (a) 再é…
33å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
34マニュアルなど)に,上記の著
35# 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
36# (b) 再é…
37å¸ƒã®å½¢æ…
38‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
39# 報告すること.
40# (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
41# 害からも,上記著作権者
42およびTOPPERSプロジェクトをå…
43è²¬ã™ã‚‹ã“と.
44# また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
45# 由に基づく請求からも,上記著作権者
46およびTOPPERSプロジェクトを
47# å…
48è²¬ã™ã‚‹ã“と.
49#
50# 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
51お
52# よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
53# に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
54# アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
55# の責任を負わない.
56#
57# $Id: dataqueue.trb 668 2016-03-03 13:57:53Z ertl-hiro $
58#
59
60#
61# データキュー機能の生成スクリプト
62#
63
64class DataqueueObject < KernelObject
65 def initialize()
66 super("dtq", "dataqueue")
67 end
68
69 def prepare()
70 $cfgData[@api].sort.each do |key, params|
71 # dtqatrが無効の場合(E_RSATR)
72 #(TA_NULL以外の場合)
73 if params[:dtqatr] != $TA_NULL
74 error_illegal_id("E_RSATR", params, :dtqatr, :dtqid)
75 end
76
77 # dtqmbがNULLでない場合(E_NOSPT)
78 if params[:dtqmb] != "NULL"
79 error_illegal_id("E_NOSPT", params, :dtqmb, :dtqid)
80 end
81
82 # データキューサイズdtqcntが0の場合(E_PAR)
83 if params[:dtqcnt] == 0
84 error_illegal_id("E_PAR", params, :dtqcnt, :dtqid)
85 end
86 end
87 end
88
89 def generateData()
90 if $cfgData[:CRE_DTQ].size() > 0
91 # 事前準備(エラーチェック,メモリ領域の生成)
92 prepare()
93
94 # データキュー領域
95 $cfgData[@api].each.with_index do |id, index|
96 $kernelCfgC.add("static intptr_t _kernel_dtqmb_#{id[1][:dtqid].str}[#{id[1][:dtqcnt]}];")
97 end
98
99 #
100 # データキュー初期化ブロック
101 #
102
103 # データキュー属性(dtqatr)
104 $kernelCfgC.append("const ATR\t_kernel_dtqinib_atr[TNUM_DTQID] = {")
105 $cfgData[@api].each.with_index do |id, index|
106 dtqatr = id[1][:dtqatr]
107 $kernelCfgC.append(",") if index > 0
108 $kernelCfgC.append("(#{dtqatr.str})")
109 end
110 $kernelCfgC.add("};")
111
112 # データキューサイズ(dtqcnt)
113 $kernelCfgC.append("const uint8_t\t_kernel_dtqinib_size[TNUM_DTQID] = {")
114 $cfgData[@api].each.with_index do |id, index|
115 $kernelCfgC.append(",") if index > 0
116 $kernelCfgC.append("(#{id[1][:dtqcnt].str})")
117 end
118 $kernelCfgC.add("};")
119
120 # データキュー管理領域(data)
121 $kernelCfgC.append("intptr_t * const\t_kernel_dtqinib_data[TNUM_DTQID] = {")
122 $cfgData[@api].each.with_index do |id, index|
123 $kernelCfgC.append(",") if index > 0
124 $kernelCfgC.append("(_kernel_dtqmb_#{id[1][:dtqid].str})")
125 end
126 $kernelCfgC.add2("};")
127
128 #
129 # データキューコントロールブロック
130 #
131 $kernelCfgC.add(<<EOS)
132uint8_t _kernel_dtqcb_count[TNUM_DTQID];
133uint8_t _kernel_dtqcb_head[TNUM_DTQID];
134uint8_t _kernel_dtqcb_tail[TNUM_DTQID];
135EOS
136
137 else
138 # オブジェクトが1つもない場合
139 $kernelCfgC.add("TOPPERS_EMPTY_LABEL(const ATR, _kernel_dtqinib_atr);")
140 $kernelCfgC.add("TOPPERS_EMPTY_LABEL(intptr_t * const, _kernel_dtqinib_data);")
141 $kernelCfgC.add("TOPPERS_EMPTY_LABEL(const uint8_t, _kernel_dtqinib_size);")
142 $kernelCfgC.add("TOPPERS_EMPTY_LABEL(uint8_t, _kernel_dtqcb_count);")
143 $kernelCfgC.add("TOPPERS_EMPTY_LABEL(uint8_t, _kernel_dtqcb_head);")
144 $kernelCfgC.add2("TOPPERS_EMPTY_LABEL(uint8_t, _kernel_dtqcb_tail);")
145 end
146 end
147end
148
149#
150# データキューに関する情
151報の生成
152#
153$kernelCfgC.comment_header("Dataqueue Functions")
154DataqueueObject.new.generate()
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.