source: atk2-sc3_fl850f1l/README.txt@ 165

Last change on this file since 165 was 119, checked in by ertl-ishikawa, 7 years ago

誤記修正

File size: 4.6 KB
Line 
1
2 TOPPERS/ATK2-SC3(Release 1.3.2)
3 <ATK2-SC3 Readmeファイル>
4
5本ファイルでは,ATK2-SC3 を使用する上で必要な情報を紹介します.
6
7----------------------------------------------------------------------
8TOPPERS ATK2
9 Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems
10 Automotive Kernel Version 2
11
12Copyright (C) 2011-2015 by Center for Embedded Computing Systems
13 Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
14Copyright (C) 2011-2015 by FUJI SOFT INCORPORATED, JAPAN
15Copyright (C) 2011-2013 by Spansion LLC, USA
16Copyright (C) 2011-2015 by NEC Communication Systems, Ltd., JAPAN
17Copyright (C) 2011-2015 by Panasonic Advanced Technology Development Co., Ltd., JAPAN
18Copyright (C) 2011-2014 by Renesas Electronics Corporation, JAPAN
19Copyright (C) 2011-2015 by Sunny Giken Inc., JAPAN
20Copyright (C) 2011-2015 by TOSHIBA CORPORATION, JAPAN
21Copyright (C) 2011-2015 by Witz Corporation
22Copyright (C) 2014-2015 by AISIN COMCRUISE Co., Ltd., JAPAN
23Copyright (C) 2014-2015 by eSOL Co.,Ltd., JAPAN
24Copyright (C) 2014-2015 by SCSK Corporation, JAPAN
25
26上記著作権者は,以下の (1)〜(3)の条件を満たす場合に限り,本ドキュメ
27ント(本ドキュメントを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
28変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
29(1) 本ドキュメントを利用する場合には,上記の著作権表示,この利用条件
30 および下記の無保証規定が,そのままの形でドキュメント中に含まれて
31 いること.
32(2) 本ドキュメントを改変する場合には,ドキュメントを改変した旨の記述
33 を,改変後のドキュメント中に含めること.ただし,改変後のドキュメ
34 ントが,TOPPERSプロジェクト指定の開発成果物である場合には,この限
35 りではない.
36(3) 本ドキュメントの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損害
37 からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.また,
38 本ドキュメントのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理由に基づ
39 く請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
40
41本ドキュメントは,AUTOSAR(AUTomotive Open System ARchitecture)仕様
42に基づいている.上記の許諾は,AUTOSARの知的財産権を許諾するものではな
43い.AUTOSARは,AUTOSAR仕様に基づいたソフトウェアを商用目的で利用する
44者に対して,AUTOSARパートナーになることを求めている.
45
46本ドキュメントは,無保証で提供されているものである.上記著作権者およ
47びTOPPERSプロジェクトは,本ドキュメントに関して,特定の使用目的に対す
48る適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ドキュメントの利用
49により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負
50わない.
51
52$Id: README.txt 187 2015-06-25 03:39:04Z t_ishikawa $
53----------------------------------------------------------------------
54
55----- ここから追記 -----
56○ GHS版をご利用の方へ
57 target/fl850f1l_ghs/target_user.txt をご参照ください
58
59○ CCRH版をご利用の方へ
60 target/fl850f1l_ccrh/target_user.txt をご参照ください
61 sample1において,Task8,Task9でメモリ保護違反を起こすサンプル
62 としています.
63
64○ GCC版をご利用の方へ
65 target/fl850f1l_gcc/target_user.txt をご参照ください
66 sampleのビルド方法はatk2-sc1のdoc/user.txtと同様です.
67----- ここまで追記 -----
68
69ATK2-SC3は,「AUTOSAR R4.0 Rev 3」仕様に準拠した,スケーラビリティクラ
70ス3の機能を実装したリアルタイムカーネルです.また,スケーラビリティク
71ラス3については独自に定義した機能レベルにおける,レベル2を採用していま
72す(機能レベルについては「次世代車載システム向けRTOS外部仕様書」を参照
73ください).
74
75【ジェネレータのバージョンに関する注意】
76
77ATK2-SC3 Release 1.3.0以降では,TOPPERS新世代カーネル用コンフィギュレー
78タ(cfg)(ジェネレータと呼ぶ)の最新版(1.9.4)の機能を用いている.
791.9.3以前のバージョンのジェネレータでは動作しないので注意すること.
80
81【最初に読むべきドキュメント】
82
83ATK2-SC3のユーザーズマニュアルが,doc/user.txtにあります.SC3カーネル
84を使用する場合には,まずはこのドキュメントからお読み下さい.
85
86【ファイルの閲覧にあたって】
87
88ATK2-SC3のドキュメント(プレーンテキストファイル)およびソースファイル
89を読む際には,TABを4に設定してください.
90
91【利用条件】
92
93ATK2-SC3の利用条件は,各ファイルの先頭に表示されているTOPPERSライセン
94スです.TOPPERSライセンスに関するFAQが,以下のページにあります.
95
96 http://www.toppers.jp/faq/faq_ct12.html
97
98【質問・バグレポート・意見等の送付先】
99
100ATK2-SC3をより良いものにするためのご意見等を歓迎します.ATK2-SC3に関
101する質問やバグレポート,ご意見等は,TOPPERSプロジェクトの会員はTOPPERS
102開発者メーリングリスト(dev@toppers.jp)宛に,その他の方はTOPPERSユー
103ザーズメーリングリスト(users@toppers.jp)宛にお願いします.
104
105TOPPERSユーザーズメーリングリストへの登録方法については,以下のページ
106に説明があります.
107
108 http://www.toppers.jp/community.html
109
110【ポーティングにあたって】
111
112ATK2-SC3を,TOPPERSプロジェクトから公開することを前提に,未サポートの
113ターゲットにポーティングされる場合には,あらかじめご相談くださると幸い
114です.
115
116以上
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.