source: atk2-sc3-1.4.0-ntisr/doc/tuning_memo.txt

Last change on this file was 172, checked in by ertl-ishikawa, 6 years ago

ATK2-SC3 1.4.0 RH850依存部 非信頼C2ISR対応を追加

  • Property svn:executable set to *
File size: 3.9 KB
Line 
1
2 TOPPERS/ATK2-SC3カーネル
3 機能拡張・チューニングガイド
4
5このドキュメントは,ATK2-SC3を,機能拡張・チューニングするための方法
6(またはヒント)を説明するものである.
7
8----------------------------------------------------------------------
9TOPPERS ATK2
10 Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems
11 Automotive Kernel Version 2
12
13Copyright (C) 2011-2015 by Center for Embedded Computing Systems
14 Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
15Copyright (C) 2011-2015 by FUJI SOFT INCORPORATED, JAPAN
16Copyright (C) 2011-2013 by Spansion LLC, USA
17Copyright (C) 2011-2015 by NEC Communication Systems, Ltd., JAPAN
18Copyright (C) 2011-2015 by Panasonic Advanced Technology Development Co., Ltd., JAPAN
19Copyright (C) 2011-2014 by Renesas Electronics Corporation, JAPAN
20Copyright (C) 2011-2015 by Sunny Giken Inc., JAPAN
21Copyright (C) 2011-2015 by TOSHIBA CORPORATION, JAPAN
22Copyright (C) 2011-2015 by Witz Corporation
23Copyright (C) 2014-2015 by AISIN COMCRUISE Co., Ltd., JAPAN
24Copyright (C) 2014-2015 by eSOL Co.,Ltd., JAPAN
25Copyright (C) 2014-2015 by SCSK Corporation, JAPAN
26Copyright (C) 2015 by SUZUKI MOTOR CORPORATION
27
28上記著作権者
29は,以下の (1)〜(3)の条件を満たす場合に限り,本ドキュメ
30ント(本ドキュメントを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
31変・再é…
32å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
33(1) 本ドキュメントを利用する場合には,上記の著作権表示,この利用条件
34 および下記の無保証規定が,そのままの形でドキュメント中に含まれて
35 いること.
36(2) 本ドキュメントを改変する場合には,ドキュメントを改変した旨の記述
37 を,改変後のドキュメント中に含めること.ただし,改変後のドキュメ
38 ントが,TOPPERSプロジェクト指定の開発成果物である場合には,この限
39 りではない.
40(3) 本ドキュメントの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損害
41 からも,上記著作権者
42およびTOPPERSプロジェクトをå…
43è²¬ã™ã‚‹ã“と.また,
44 本ドキュメントのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理由に基づ
45 く請求からも,上記著作権者
46およびTOPPERSプロジェクトをå…
47è²¬ã™ã‚‹ã“と.
48
49本ドキュメントは,AUTOSAR(AUTomotive Open System ARchitecture)仕様
50に基づいている.上記の許諾は,AUTOSARの知的財産権を許諾するものではな
51い.AUTOSARは,AUTOSAR仕様に基づいたソフトウェアを商用目的で利用する
52者
53に対して,AUTOSARパートナーになることを求めている.
54
55本ドキュメントは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
56およ
57びTOPPERSプロジェクトは,本ドキュメントに関して,特定の使用目的に対す
58る適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ドキュメントの利用
59により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負
60わない.
61
62$Id: tuning_memo.txt 425 2015-12-07 08:06:19Z witz-itoyo $
63----------------------------------------------------------------------
64
65○目次
66
67・ビットサーチ命令の使用
68・タスク種別毎のTCB生成
69・○最適化するために型の依存部定義
70
71○がついている項
72目はATK2-SC1から変更があった箇所を,◎はATK2-SC3で新規
73に追加された箇所を示す.
74
75・ビットサーチ命令の使用
76
77ATK2-SC1から変更なし.
78
79・タスク種別毎にTCBを生成する
80
81ATK2-SC1から変更なし.
82
83・最適化するために型の依存部定義
84
85ATK2-SC3の場合,以下の型も含む:
86 typedef uint32 TrustedFunctionIndexType; /* Trusted Function Index */
87
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.