source: asp_wo_cfg/trunk/kernel/kernel_impl.h@ 63

Last change on this file since 63 was 63, checked in by ertl-hiro, 10 years ago

TA_MEMALLOCとTA_MBALLOCを廃止。

  • Property svn:keywords set to Id
File size: 6.4 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/ASP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Advanced Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 * Copyright (C) 2004-2013 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
9 * Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
10 *
11 * 上記著作権者は,以下の(1)〜(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
12 * ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
13 * 変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
14 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
15 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
16 * スコード中に含まれていること.
17 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
18 * 用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
19 * 者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
20 * の無保証規定を掲載すること.
21 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
22 * 用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
23 * と.
24 * (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
25 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
26 * (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
27 * 報告すること.
28 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
29 * 害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
30 * また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
31 * 由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
32 * 免責すること.
33 *
34 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
35 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
36 * に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
37 * アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
38 * の責任を負わない.
39 *
40 * @(#) $Id: kernel_impl.h 63 2013-10-18 22:26:53Z ertl-hiro $
41 */
42
43/*
44 * TOPPERS/ASPカーネル内部向け標準ヘッダファイル
45 *
46 * このヘッダファイルは,カーネルを構成するプログラムのソースファイル
47 * で必ずインクルードするべき標準ヘッダファイルである.
48 *
49 * アセンブリ言語のソースファイルからこのファイルをインクルードする時
50 * は,TOPPERS_MACRO_ONLYを定義しておく.これにより,マクロ定義以外を
51 * 除くようになっている.
52 */
53
54#ifndef TOPPERS_KERNEL_IMPL_H
55#define TOPPERS_KERNEL_IMPL_H
56
57/*
58 * カーネルの内部識別名のリネーム
59 */
60#include "kernel_rename.h"
61
62/*
63 * アプリケーションと共通のヘッダファイル
64 */
65#include <kernel.h>
66
67/*
68 * システムログ機能のための定義
69 */
70#include <t_syslog.h>
71
72/*
73 * 型キャストを行うマクロの定義
74 */
75#ifndef CAST
76#define CAST(type, val) ((type)(val))
77#endif /* CAST */
78
79/*
80 * ターゲット依存情報の定義
81 */
82#include "target_config.h"
83
84/*
85 * すべての関数をコンパイルするための定義
86 */
87#ifdef ALLFUNC
88#include "allfunc.h"
89#endif /* ALLFUNC */
90
91/*
92 * ビットフィールドでの符号無し整数型
93 *
94 * 8ビット以下の幅のビットフィールドで,符号無し整数値を保持したい場合
95 * に用いるべきデータ型.ANSI Cでは,ビットフィールドのデータ型には
96 * intとunsigned intしか許されないため,デフォルトの定義はunsigned
97 * intとしているが,ターゲットおよびツール依存で,unsigned charまたは
98 * unsigned shortに定義した方が効率が良い場合がある.
99 */
100#ifndef BIT_FIELD_UINT
101#define BIT_FIELD_UINT unsigned int
102#endif /* BIT_FIELD_UINT */
103
104/*
105 * ビットフィールドでのブール型
106 *
107 * 1ビット幅のビットフィールドで,ブール値を保持したい場合に用いるべき
108 * データ型.デフォルトではBIT_FIELD_UINTと同一に定義しているが,ブー
109 * ル値を保持することを明示するために別の名称としている.
110 */
111#ifndef BIT_FIELD_BOOL
112#define BIT_FIELD_BOOL BIT_FIELD_UINT
113#endif /* BIT_FIELD_BOOL */
114
115/*
116 * オブジェクトIDの最小値の定義
117 */
118#define TMIN_TSKID 1 /* タスクIDの最小値 */
119#define TMIN_SEMID 1 /* セマフォIDの最小値 */
120#define TMIN_FLGID 1 /* フラグIDの最小値 */
121#define TMIN_DTQID 1 /* データキューIDの最小値 */
122#define TMIN_PDQID 1 /* 優先度データキューIDの最小値 */
123#define TMIN_MBXID 1 /* メールボックスIDの最小値 */
124#define TMIN_MPFID 1 /* 固定長メモリプールIDの最小値 */
125#define TMIN_CYCID 1 /* 周期ハンドラIDの最小値 */
126#define TMIN_ALMID 1 /* アラームハンドラIDの最小値 */
127#define TMIN_ISRID 1 /* 割込みサービスルーチンIDの最小値 */
128
129/*
130 * 優先度の段階数の定義
131 */
132#define TNUM_TPRI (TMAX_TPRI - TMIN_TPRI + 1)
133#define TNUM_MPRI (TMAX_MPRI - TMIN_MPRI + 1)
134#define TNUM_INTPRI (TMAX_INTPRI - TMIN_INTPRI + 1)
135
136/*
137 * カーネル内部で使用する属性の定義
138 */
139#define TA_NOEXS ((ATR)(-1)) /* 未登録状態 */
140
141/*
142 * ターゲット定義のエラーチェックマクロのデフォルト値の定義
143 */
144#ifndef TARGET_TSKATR
145#define TARGET_TSKATR 0U /* ターゲット定義のタスク属性 */
146#endif /* TARGET_TSKATR */
147
148#ifndef TARGET_INTATR
149#define TARGET_INTATR 0U /* ターゲット定義の割込み要求ライン属性 */
150#endif /* TARGET_INTATR */
151
152#ifndef TARGET_ISRATR
153#define TARGET_ISRATR 0U /* ターゲット定義のISR属性 */
154#endif /* TARGET_ISRATR */
155
156#ifndef TARGET_INHATR
157#define TARGET_INHATR 0U /* ターゲット定義の割込みハンドラ属性 */
158#endif /* TARGET_INHATR */
159
160#ifndef TARGET_EXCATR
161#define TARGET_EXCATR 0U /* ターゲット定義の割込みハンドラ属性 */
162#endif /* TARGET_EXCATR */
163
164/*
165 * ヘッダファイルを持たないモジュールの関数・変数の宣言
166 */
167#ifndef TOPPERS_MACRO_ONLY
168
169/*
170 * 各モジュールの初期化(kernel_cfg.c)
171 */
172extern void initialize_object(void);
173
174/*
175 * 初期化処理(アプリケーションで用意)
176 */
177extern void inirtn(void);
178
179/*
180 * 終了処理(アプリケーションで用意)
181 */
182extern void terrtn(void);
183
184/*
185 * 非タスクコンテキスト用のスタック領域(kernel_cfg.c)
186 */
187extern const SIZE istksz; /* スタック領域のサイズ(丸めた値) */
188extern STK_T *const istk; /* スタック領域の先頭番地 */
189#ifdef TOPPERS_ISTKPT
190extern STK_T *const istkpt; /* スタックポインタの初期値 */
191#endif /* TOPPERS_ISTKPT */
192
193/*
194 * カーネルが割り付けるメモリ領域(kernel_cfg.c)
195 */
196extern const SIZE kmmsz; /* カーネルが割り付けるメモリ領域のサイズ */
197extern MB_T *const kmm; /* カーネルが割り付けるメモリ領域の先頭番地 */
198
199/*
200 * カーネル動作状態フラグ(startup.c)
201 */
202extern bool_t kerflg;
203
204/*
205 * カーネルの起動(startup.c)
206 */
207extern void sta_ker(void);
208
209/*
210 * カーネルの終了処理(startup.c)
211 */
212extern void exit_kernel(void);
213
214/*
215 * カーネルの割り付けるメモリ領域の管理(startup.c)
216 */
217extern void initialize_kmm(void);
218extern void *kernel_malloc(SIZE size);
219extern void kernel_free(void *ptr);
220
221#endif /* TOPPERS_MACRO_ONLY */
222#endif /* TOPPERS_KERNEL_IMPL_H */
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.