source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/windev/watcher/stdafx.h@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 6.9 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 *
9 * 上記著作権者
10は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
11 * によってå…
12¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
13 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
14 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
15å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
16 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
17 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
18 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
19 * スコード中に含まれていること.
20 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
21 * 用できる形で再é…
22å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
23å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
24 * 者
25マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
26 * の無保証規定を掲載すること.
27 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
28 * 用できない形で再é…
29å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
30 * と.
31 * (a) 再é…
32å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
33マニュアルなど)に,上記の著
34 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
35 * (b) 再é…
36å¸ƒã®å½¢æ…
37‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
38 * 報告すること.
39 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
40 * 害からも,上記著作権者
41およびTOPPERSプロジェクトをå…
42è²¬ã™ã‚‹ã“と.
43 *
44 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
45お
46 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
47 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
48 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
49 *
50 * @(#) $Id: stdafx.h,v 1.2 2003/06/30 15:58:39 takayuki Exp $
51 */
52
53// stdafx.h : 標準のシステム インクルード ファイル、
54// または参ç…
55§å›žæ•°ãŒå¤šãã€ã‹ã¤ã‚まり変更されない
56// プロジェクト専用のインクルード ファイルを記述します。
57
58#if !defined(AFX_STDAFX_H__D427C5C9_3DF2_4C06_BC74_B35DCF7062FC__INCLUDED_)
59#define AFX_STDAFX_H__D427C5C9_3DF2_4C06_BC74_B35DCF7062FC__INCLUDED_
60
61#if _MSC_VER > 1000
62#pragma once
63#endif // _MSC_VER > 1000
64
65#define STRICT
66#ifndef _WIN32_WINNT
67#define _WIN32_WINNT 0x0400
68#endif
69#define _ATL_APARTMENT_THREADED
70
71#include <atlbase.h>
72// CComModule クラスから派生したクラスを使用して、オーバーライドする場合
73// _Module の名前は変更しないでください。
74extern CComModule _Module;
75#include <atlcom.h>
76#include <atlctl.h>
77
78
79/*
80 * ITRONデバッギングインタフェース関連の定義
81 */
82
83/*
84 * ディスパッチ種別
85 */
86#define DSP_NORMAL 0; //タスクコンテキストからのディスパッチ
87#define DSP_NONTSKCTX 1; //割込み処理およびCPU例外からのディスパッチ
88
89typedef short BITMASK;
90typedef unsigned int INHNO;
91
92/* 割込みハンドラ */
93typedef struct t_rglog_interrupt{
94 int inhno; //割込みハンドラ番号
95} T_RGLOG_INTERRUPT;
96
97/* 割込みサービスハンドラ(未使用) */
98typedef struct t_rglog_isr {
99 int isrid; //割込みサービスルーチンID
100 int inhno; //割込みハンドラ番号
101} T_RGLOG_ISR;
102
103/* タイムイベントハンドラ */
104typedef struct t_rglog_timerhdr {
105 unsigned int type; //タイマーの種別
106 int hdrid; //タイムイベントハンドラのID
107 void * exinf; //拡張情
108å ±
109} T_RGLOG_TIMERHDR;
110
111/* CPU例外ハンドラ */
112typedef struct t_rglog_cupexc {
113 int tskid; //対象となるタスクID
114} T_RGLOG_CPUEXC;
115
116/* タスク例外処理ルーチン */
117typedef struct t_rglog_tskexc {
118 int tskid; //対象となるタスクID
119} T_RGLOG_TSKEXC;
120
121/* タスク状æ…
122‹å¤‰åŒ– */
123typedef struct t_rglog_tskstat {
124 int tskid; //タスクID
125 int tskstat; //遷移å…
126ˆã‚¿ã‚¹ã‚¯çŠ¶æ…
127‹
128 int tskwait; //待
129ち状æ…
130‹
131 int wobjid; //待
132ち対象のオブジェクトID
133} T_RGLOG_TSKSTAT;
134
135/* ディスパッチャ開始 */
136typedef struct t_rglog_dispatch_enter {
137 int tskid; //タスクID
138 unsigned int disptype; //ディスパッチ種別
139} T_RGLOG_DISPATCH_ENTER;
140
141/* ディスパッチャ終了 */
142typedef struct t_rglog_dispatch_leave {
143 int tskid; //タスクID
144} T_RGLOG_DISPATCH_LEAVE;
145
146/* サービスコール */
147typedef struct t_rglog_svc {
148 int fncno; //機能コード
149 unsigned int prmcnt; //パラメータ数
150 void * prmary[1]; //パラメータ
151} T_RGLOG_SVC;
152
153/* コメント(文字列のみのログ) */
154typedef struct t_rglog_comment {
155 unsigned int length; //文字列の長さ
156 char strtext[1]; //文字列(NULL終端)-中断あり
157} T_RGLOG_COMMENT;
158
159typedef struct t_rglog_header {
160 unsigned int logtype;
161 unsigned int logtim;
162 unsigned int valid;
163 unsigned int bufsz;
164} T_RGLOG_HEADER;
165
166typedef union t_rglog_body
167{
168 T_RGLOG_INTERRUPT interrupt;
169 T_RGLOG_ISR isr;
170 T_RGLOG_TIMERHDR timerhdr;
171 T_RGLOG_CPUEXC cpuexc;
172 T_RGLOG_TSKEXC tskexc;
173 T_RGLOG_TSKSTAT tskstat;
174 T_RGLOG_DISPATCH_ENTER dispatch_enter;
175 T_RGLOG_DISPATCH_LEAVE dispatch_leave;
176 T_RGLOG_SVC svc;
177 T_RGLOG_COMMENT comment;
178} T_RGLOG_BODY;
179
180typedef struct DBIFLOG
181{
182 struct t_rglog_header header;
183 union t_rglog_body body;
184} DBIFLOG;
185
186typedef struct t_rglog
187{
188 unsigned int logtype;
189 unsigned int logtim;
190 unsigned int valid;
191 unsigned int bufsz;
192 char buf[1];
193} T_RGLOG;
194
195/*
196 * ログ情
197報の種別の定義
198 */
199#define LOG_TYP_INTERRUPT 0x01 /* 割込みハンドラ */
200#define LOG_TYP_ISR 0x02 /* 割込みサービスハンドラ */
201#define LOG_TYP_TIMERHDR 0x03 /* タイムイベントハンドラ */
202#define LOG_TYP_CPUEXC 0x04 /* CPU例外ハンドラ */
203#define LOG_TYP_TSKEXC 0x05 /* タスク例外処理ルーチン */
204#define LOG_TYP_TSKSTAT 0x06 /* タスク状æ…
205‹å¤‰åŒ– */
206#define LOG_TYP_DISPATCH 0x07 /* ディスパッチャ */
207#define LOG_TYP_SVC 0x08 /* サービスコール */
208#define LOG_TYP_COMMENT 0x09 /* コメント(文字列のみのログ) */
209#define LOG_ENTER 0x00 /* å…
210¥å£ï¼é–‹å§‹ */
211#define LOG_LEAVE 0x80 /* 出口/終了 */
212
213//{{AFX_INSERT_LOCATION}}
214// Microsoft Visual C++ は前行の直前に追加の宣言を挿å…
215¥ã—ます。
216
217#endif // !defined(AFX_STDAFX_H__D427C5C9_3DF2_4C06_BC74_B35DCF7062FC__INCLUDED)
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.