source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/tools/M16C-RENESAS/README.txt@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 6.5 KB
Line 
1
2 = TOPPERS/JSPカーネル ユーザズマニュアル =
3 (m16c:TM開発環境)
4
5 (Release 1.4.4 対応,最終更新: 28-Dec-2010)
6
7------------------------------------------------------------------------
8 TOPPERS/JSP Kernel
9 Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
10 Just Standard Profile Kernel
11
12 Copyright (C) 2000-2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
13 Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
14 Copyright (C) 2003-2004 by Platform Development Center
15 RIOCH COMPANY,LTD. JAPAN
16 Copyright (C) 2006 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
17 Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
18 Copyright (C) 2010 by Naoki Saito
19 Nagoya Municipal Industrial Research Institute, JAPAN
20
21 上記著作権者
22は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
23 によってå…
24¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
25 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
26 を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
27å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
28 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
29 (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
30 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
31 スコード中に含まれていること.
32 (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
33 用できる形で再é…
34å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
35å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
36 者
37マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
38 の無保証規定を掲載すること.
39 (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
40 用できない形で再é…
41å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
42 と.
43 (a) 再é…
44å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
45マニュアルなど)に,上記の著
46 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
47 (b) 再é…
48å¸ƒã®å½¢æ…
49‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
50 報告すること.
51 (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
52 害からも,上記著作権者
53およびTOPPERSプロジェクトをå…
54è²¬ã™ã‚‹ã“と.
55
56 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
57お
58 よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
59 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
60 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
61------------------------------------------------------------------------
62
63このドキュメントでは、M16C用のルネサスエレクトロニクス社の開発ツールを
64使用して,TOPPERS/JSPカーネルを構築するために必
65要なファイルについて解説する.
66
671. ディレクトリの構成
68
69jsp
70 +--config
71 | +---m16c-renesas
72 | +---oaks16
73 | +---oaks16_mini
74 | +---m3029
75 +--tools
76 | +-----M16C-RENESAS
77 +--utils
78 +-----m16c-renesas
79
80
812.ディレクトリとファイルの説明
82
83(1) config/m16c-renesas
84 M16C 依存部のファイルが置かれるディレクトリ.
85(2) utils/m16c-renesas
86 ビルドの際に使われる,以下のツールが置かれるディレクトリ.
87 ・割込みや CPU 例外のベクタを自動生成するツール(m16cvec.exe)
88 ・TCB のオフセット値をアセンブラソースに設定するツール(m16coffset.exe)
89 (以下は,make を用いてビルドする時のみ使われる)
90 ・ソースの依存関係を生成する perl スクリプト(makedep.m16c)
91(3) tools/M16C-RENESAS
92 統合開発環境 TM を用いて TOPPERS/JSP カーネルを構築するための
93 ファイルが置かれるディレクトリ.
94
95
962.1 config/m16c-renesas
97
98a. Makefile.config
99 make コマンドを用いてM16C用 TOPPERS/JSP を構築する場合の make ファイル
100b. oaks16/Makefile.config
101 make コマンドを用いて M16C-OAKS16用 TOPPERS/JSP を構築する場合の make ファイル
102c. oaks16_mini/Makefile.config
103 make コマンドを用いて M16C-OAKS16 MINI用 TOPPERS/JSP を構築する場合の make ファイル
104d. その他 ---- M16C依存部のコード
105
106
1072.2 utils/m16c-renesas
108
109a. makedep.m16c
110 makeを用いて開発を場合、ソースの依存関係を生成するPERLスクリプト
111b: m16coffset.c
112 m16coffset コマンドC言語記述
113c: m16cvec.c
114 m16cvec コマンドC言語記述
115d: Makefile
116 MinGW のGCCを用いて m16coffset, m16cvec コマンドをビルドする際に
117 用いるファイル
118
1192.3 tools/M16C-RENESAS
120
121a.Jsp14sample1.tmi,Jsp14sample1.tmk
122 TMを用いて OAKS16用の TOPPERS/JSP を構築するためのプロジェクトファイル
123b.Jsp14sample1m.tmi,Jsp14samplem1.tmk
124 TMを用いて OAKS16 MINI用の TOPPERS/JSP を構築するためのプロジェクトファイル
125c.Jsp14sample1_m3029.tmi,Jsp14samplem1_m3029.tmk
126 TMを用いて M3029用の TOPPERS/JSP を構築するためのプロジェクトファイル
127d.Jsp14sample1.id
128 生成した MOT ファイルをOAKS16 ボードのフラッシュROMの書き込む時に使用するIDファイル
129e.Jsp14sample1m.id
130 生成した MOT ファイルをOAKS16 MINIボードのフラッシュROMの書き込む時に使用するIDファイル
131f.Jsp14sample1_m3029.id
132 生成した MOT ファイルを M3029 のフラッシュROMの書き込む時に使用するIDファイル
133g.sample1.cfg
134 OAKS16, M3029用 の TOPPERS/JSP を構築するためのコンフィギュレーションファイル
135h.sample1m.cfg
136 OAKS16 MINI用の TOPPERS/JSP を構築するためのコンフィギュファイル
137
138
1392.4 sample
140
141a.Makefile.m16c-oaks16
142 makeコマンドを用いてOAKS16用のTOPPERS/JSPを構築するためのmakeファイル
143
144
1453.m16cvec, m16coffset コマンドの構築方法
146
147m16cvec 及び m16coffset コマンドの構築は MinGW を用いてコンパイルを行う.
148コンパイルする際,utils/m16c-renesas ディレクトリへ移動し,
149単に make コマンドを実行すればよい.
150動作確認した GCC のバージョンは 4.5.0 である.
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.