source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/tools/H8S-RENESAS/configuration/call_configurator.bat@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 1.8 KB
Line 
1echo off
2rem システム・コンフィギュレーションとベクタテーブルの自動生成
3
4rem HEWでは、相対パス指定で外部ツールを呼び出せないため、
5rem バッチファイルを経由して、コンフィギュレータを呼び出している
6rem
7rem システム・コンフィギュレーション・ファイルがプリプロセスされた
8rem 結果のファイル名が、引数%1としてHEWからこのバッチファイルに渡される。
9
10rem 以下の部分は移植の際に変更する必
11要がある
12rem システム依存部のディレクトリ名
13rem cfg.exe -s %1 -c -obj -cpu h8 -system xxxxxxxx
14
15rem ベクタテーブルのサイズ
16rem genvector.pl -s xxx
17
18rem HEWでは、同じファイル名でパスのみ異なるソースファイルをコンフィ
19rem ギュレーション(Debug/Release)によって、ビルド対象を使い分けること
20rem ができない。
21rem これを回避するため、vector.srcをdebug_vector.srcとrelease_vector.
22rem srcにコピーし、一度、両方をプロジェクトに登録し、コンフィギュレー
23rem ション毎にいらないファイルをビルド対象から除外する。
24rem kernel_cfg.cについても同様
25
26rem Perlの呼び出しに失敗する場合はパスを通すこと。
27
28echo on
29
30..\..\..\..\cfg\cfg.exe -s %1 -c -obj -cpu h8s -system minet_h8s_2339f
31type kernel_cfg.c > debug_kernel_cfg.c
32type kernel_cfg.c > release_kernel_cfg.c
33del kernel_cfg.c
34
35perl ..\..\..\..\utils\h8\grep_def_inh.pl %1 > tmp_script.pl
36type ..\..\..\..\config\h8s-renesas\vector_header.src > vector.src
37perl ..\..\..\..\utils\h8-renesas\genvector.pl -s 92 >> vector.src
38perl ..\..\..\..\utils\h8s-renesas\gen_intentry.pl >> vector.src
39del tmp_script.pl
40type vector.src > debug_vector.src
41type vector.src > release_vector.src
42del vector.src
43
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.