source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/tools/GHS/GHS_README.txt@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 8.8 KB
Line 
1
2 = TOPPERS/JSPカーネル ユーザズマニュアル =
3 (GHSデバッグ環境)
4
5 (Release 1.4 対応,最終更新: 24-Dec-2003)
6
7------------------------------------------------------------------------
8 TOPPERS/JSP Kernel
9 Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
10 Just Standard Profile Kernel
11
12 Copyright (C) 2000-2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
13 Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
14 Copyright (C) 2003 by Advanced Data Controls, Corp
15
16 上記著作権者
17は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
18 によってå…
19¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
20 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
21 を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
22å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
23 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
24 (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
25 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
26 スコード中に含まれていること.
27 (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
28 用できる形で再é…
29å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
30å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
31 者
32マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
33 の無保証規定を掲載すること.
34 (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
35 用できない形で再é…
36å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
37 と.
38 (a) 再é…
39å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
40マニュアルなど)に,上記の著
41 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
42 (b) 再é…
43å¸ƒã®å½¢æ…
44‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
45 報告すること.
46 (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
47 害からも,上記著作権者
48およびTOPPERSプロジェクトをå…
49è²¬ã™ã‚‹ã“と.
50
51 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
52お
53 よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
54 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
55 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
56------------------------------------------------------------------------
57
58このドキュメントでは、TOPPERS/JSPのGreen Hills Software(GHS)社が開発した統合開発環境MULTIでの構築に必
59要なファイルについて解説する。
60
611. ディレクトリの構成
62
63jsp
64 +--config
65 | +---armv4-ghs
66 | | +---integrator
67 | +---sh3-ghs
68 | +---ms7727cp01
69 | +---solution_engine
70 +--tools
71 +-----GHS
72 +---ghs_hook_bld
73 +---kernel_bld
74 +---sample
75
76
772.対応プロセッサ
78
79・SH3(solution engineとms7727)
80・armv4(Integrator/AP、コアARM966ESとARM920T)
81
82
833. ディレクトリとファイルの説明
84
85GNU環境での実装
86と異なるファイルをconfig/armv4-ghsまたはconfig/sh3-ghsディレクトリに置かれている。
87また、tools/GHSディレクトリにはカーネルなどをビルドするためのファイルやGHS開発環境に依存するファイルが置かれている。
88
893.1 config/armv4-ghs
90
91a. armv4t-ghs.bld ---- armv4依存部とintegratorのビルドファイル
92b. integrator/integrator.bld ---- integrator依存部のビルドファイル
93c. その他 ---- armv4依存部のコード
94armv4t-ghs.bldからintegrator.bldがインクルードされており、armv4t-ghs.bldをプロジェクトにインクルードすれば、自動的にintegrator.bldがインクルードされる。
95
963.2 config/sh3-ghs
97
98a. sh3_ms7727-ghs.bld ---- sh3とms7727依存部のビルドファイル
99b. sh3_solution-ghs.bld ---- sh3とsolution_engine依存部のビルドファイル
100c. ms7727cp01/ms7727cp01.bld ---- ms7727依存部のビルドファイル
101d. solution_engine/solution.bld ---- solution_engine依存部のビルドファイル
102
103sh3_ms7727-ghs.bldからms7727cp01.bldがインクルードされており、sh3_ms7727-ghs.bldをプロジェクトにインクルードすれば、自動的にms7727cp01.bldがインクルードされる。sh3_solution.bldも同様である。
104
1053.3 tools/GHS/kernel_bld
106
107このディレクトリはカーネルやシスタスクなどをビルドするためのファイルが置かれている。
108
109a. kernel.bld ---- カーネルをライブラリにビルドするためのファイル。このビルドファイルには以下のビルドファイルが含まれている。
110 ・ cyclic.bld
111 ・ dataqueue.bld
112 ・ eventflag.bld
113 ・ exception.bld
114 ・ interrupt.bld
115 ・ mailbox.bld
116 ・ mempfix.bld
117 ・ semaphore.bld
118 ・ sys_manage.bld
119 ・ syslog.bld
120 ・ task.bld
121 ・ task_except.bld
122 ・ task_manage.bld
123 ・ task_sync.bld
124 ・ time_event.bld
125 ・ time_manage.bld
126 ・ wait.bld
127
128kernel.bldをプロジェクトにインクルードすれば、自動的にカーネルのライブラリがプロジェクトにインクルードされ、プロジェクトをビルドするとカーネルもビルドされる。kernel.bldは汎用性のため、CPUオプションやインクルードファイルのサーチパースなどが設定されておらず、単独ではビルドできない。カーネルだけをビルドする場合、kernel.bldだけをインクルードしている別のビルドファイルを作成し、そのビルドファイルにCPUオプションやサーチパースの設定をすれば良い。
129
130b. library.bld ---- log_output.c, strerror.c, t_perror.c, vasyslog.cをオブジェクトにビルドするためのファイルである。
131
132c. systask.bld ---- serial.c, timer.c, logtask.c をオブジェクトファイルにビルドするためのファイルである。
133
134
135
1363.4 tools/GHS/ghs_hook_bld
137
138このディレクトリはトレースログマクロなどのカーネルのデバッグ情
139報をMULTIデバッガで表示させるためのコードが置かれている。
140
141a. ghs_hook.bld ---- デバッグ情
142報を表示されるためのコードのビルドファイル
143b. その他 ---- デバッグ情
144報を表示されるためのコード
145
146トレースログマクロ機能を使用するならプロジェクトのビルドファイルのファイルオプションでGHS_HOOKを定義しなければならない。さらに、GHS_HOOK=2を指定するとトレースデータは、必
147要なものだけを選択して取得することができます。GHS_HOOK=1がデフォルトで、å…
148¨ã¦ã®ãƒˆãƒ¬ãƒ¼ã‚¹ãƒ‡ãƒ¼ã‚¿ãŒå–得される。
149
150BUFF_SIZE=xxxを定義すれば、トレースログマクロ用のバッファサイズを指定できる。ただし、BUFF_SIZE は必
151ず、1024(1kbyte) , 2048(2kbyte) , 4096(4kbyte) , 8192(8kbyte) , 16384(16kbyte) の中から指定してください。BUFF_SIZEのデフォルト値は16kbyteである。
152
153
1543.5 tools/GHS/sample
155
156このディレクトリはサンプルプログラムのコードのビルドファイルが置かれている。
157
158a. arm920t.bld ---- Integrator/ARM920T用のサンプルプログラムのビルドファイル
159b. solution_engine.bld ---- SH3/Solution Engine用のサンプルプログラムのビルドファイル
160c. linker_arm.lnk ---- ARMV4のリンカーファイル
161d. linker_sh3.lnk ---- SH3のリンカーファイル
162e. kernel.bld ---- 3.3節を参ç…
163§
164f. systask.bld ---- 3.3節を参ç…
165§
166g. library.bld ---- 3.3節を参ç…
167§
168h. armv4t-ghs.bldまたはsh3_solution-ghs.bld ---- 3.1節または3.2節を参ç…
169§
170i. user_program.bld --- サンプルプログラムのコードのビルドファイル。
171j. configuration.bld --- コンフィギュレーションファイルを処理するためのビルドファイル
172k. その他 --- サンプルプログラムのコード
173
174arm920t.bldまたはsolution_engine.bldの構成は以下に示す。
175
176arm920t.bld/solution_engine.bld
177 |-------kernel.bld
178 |-------systask.bld
179 |-------library.bld
180 |-------armv4t-ghs.bld/sh3_solution-ghs.bld
181 |-------ghs_hook.bld
182 |-------user_program.bld
183 |------------|---configuration.bld
184 |------------|---------|----sample1.cfg
185 |------------|----sample1.c
186 |------------|----sample1.h
187 |-------linker_arm.lnk/linker_sh3.lnk
188
189
190第1節に示したディレクトリ構成では、arm920t.bldまたはsolution_engine.bldを何も変更しないでビルドできるが、ディレクトリの構成が異なる場合、サーチパースを変える必
191要がある。
192
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.