source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/kernel/time_event.h@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 6.8 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 *
9 * 上記著作権者
10は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
11 * によってå…
12¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
13 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
14 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
15å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
16 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
17 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
18 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
19 * スコード中に含まれていること.
20 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
21 * 用できる形で再é…
22å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
23å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
24 * 者
25マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
26 * の無保証規定を掲載すること.
27 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
28 * 用できない形で再é…
29å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
30 * と.
31 * (a) 再é…
32å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
33マニュアルなど)に,上記の著
34 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
35 * (b) 再é…
36å¸ƒã®å½¢æ…
37‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
38 * 報告すること.
39 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
40 * 害からも,上記著作権者
41およびTOPPERSプロジェクトをå…
42è²¬ã™ã‚‹ã“と.
43 *
44 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
45お
46 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
47 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
48 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
49 *
50 * @(#) $Id: time_event.h,v 1.8 2003/06/18 12:48:24 hiro Exp $
51 */
52
53/*
54 * タイムイベント管理モジュール
55 */
56
57#ifndef _TIME_EVENT_H_
58#define _TIME_EVENT_H_
59
60/*
61 * イベント発生時刻のデータ型の定義
62 *
63 * EVTTIM は,RELTIM として指定できる範囲よりも広い範囲を表現できる必
64
65 * 要がある.スタンダードプロファイルでは,RELTIM が 16bit 以上でなけ
66 * ればならないため,EVTTIM は 17bit 以上であることが必
67要である.その
68 * ため,16bit の場合がある UINT ではなく,UW に定義している.
69 */
70typedef UW EVTTIM;
71
72/*
73 * 相対時間(RELTIM)に指定できる最大値
74 */
75#define TMAX_RELTIM ((((EVTTIM) 1) << (sizeof(EVTTIM) * CHAR_BIT - 1)) - 1)
76
77/*
78 * タイムイベントブロックのデータ型の定義
79 */
80typedef void (*CBACK)(VP); /* コールバック関数の型 */
81
82typedef struct time_event_block {
83 UINT index; /* タイムイベントヒープ中での位置 */
84 CBACK callback; /* コールバック関数 */
85 VP arg; /* コールバック関数へ渡す引数 */
86} TMEVTB;
87
88/*
89 * タイムイベントヒープ中のノードのデータ型の定義
90 */
91typedef struct time_event_node {
92 EVTTIM time; /* イベント発生時刻 */
93 TMEVTB *tmevtb; /* 対応するタイムイベントブロック */
94} TMEVTN;
95
96/*
97 * タイムイベントヒープ(kernel_cfg.c)
98 */
99extern TMEVTN tmevt_heap[];
100
101/*
102 * システム時刻のオフセット
103 */
104extern SYSTIM systim_offset;
105
106/*
107 * 現在のシステム時刻(単位: ミリ秒)
108 *
109 * システム起動時に 0 に初期化され,以降,isig_tim が呼ばれる度に単調
110 * に増加する.set_tim によって変更されない.
111 */
112extern SYSTIM current_time;
113
114/*
115 * 次のタイムティックのシステム時刻(単位: 1ミリ秒)
116 */
117extern SYSTIM next_time;
118
119/*
120 * システム時刻積算用変数(単位: 1/TIM_DENOミリ秒)
121 *
122 * 次のタイムティックのシステム時刻の下位桁を示す(上位桁は next_time).
123 * TIC_DENO が 1 の時は,下位桁は常に 0 であるため,この変数は必
124要ない.
125 */
126#if TIC_DENO != 1
127extern UINT next_subtime;
128#endif /* TIC_DENO != 1 */
129
130/*
131 * 相対時間のベース時刻(単位: 1ミリ秒)
132 *
133 * 次のタイムティックのシステム時刻を切り上げた時刻.TIC_DENO が 1 の
134 * 時は,next_time を EVTTIM に変換したものに一致する.
135 */
136#if TIC_DENO == 1
137#define base_time ((EVTTIM) next_time)
138#else /* TIC_DENO == 1 */
139#define base_time ((EVTTIM)(next_time + (next_subtime > 0 ? 1 : 0)))
140#endif /* TIC_DENO == 1 */
141
142/*
143 * タイムイベントヒープの最後の使用領域のインデックス
144 *
145 * タイムイベントヒープに登録されているタイムイベントの数に一致する.
146 */
147extern UINT last_index;
148
149/*
150 * タイムイベント管理モジュールの初期化
151 */
152extern void tmevt_initialize(void);
153
154/*
155 * タイムイベントの挿å…
156¥ä½ç½®ã®æŽ¢ç´¢
157 */
158extern UINT tmevt_up(UINT index, EVTTIM time);
159extern UINT tmevt_down(UINT index, EVTTIM time);
160
161/*
162 * タイムイベントヒープへの登録と削除
163 */
164extern void tmevtb_insert(TMEVTB *tmevtb, EVTTIM time);
165extern void tmevtb_delete(TMEVTB *tmevtb);
166
167/*
168 * タイムイベントブロックの登録(相対時間指定)
169 *
170 * time で指定した相対時間が経過後に,arg を引数として callback が呼
171 * び出されるように,タイムイベントブロック tmevtb を登録する.
172 */
173Inline void
174tmevtb_enqueue(TMEVTB *tmevtb, RELTIM time, CBACK callback, VP arg)
175{
176 assert(time <= TMAX_RELTIM);
177
178 tmevtb->callback = callback;
179 tmevtb->arg = arg;
180 tmevtb_insert(tmevtb, base_time + time);
181}
182
183/*
184 * タイムイベントブロックの登録(イベント発生時刻指定)
185 *
186 * time で指定したイベント発生時刻に,arg を引数として callback が呼
187 * び出されるように,タイムイベントブロック tmevtb を登録する.
188 */
189Inline void
190tmevtb_enqueue_evttim(TMEVTB *tmevtb, EVTTIM time, CBACK callback, VP arg)
191{
192 tmevtb->callback = callback;
193 tmevtb->arg = arg;
194 tmevtb_insert(tmevtb, time);
195}
196
197/*
198 * タイムイベントブロックの登録解除
199 */
200Inline void
201tmevtb_dequeue(TMEVTB *tmevtb)
202{
203 tmevtb_delete(tmevtb);
204}
205
206#endif /* _TIME_EVENT_H_ */
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.