source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/include/linux_sigio.h@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 4.8 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 *
9 * 上記著作権者
10は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
11 * によってå…
12¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
13 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
14 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
15å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
16 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
17 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
18 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
19 * スコード中に含まれていること.
20 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
21 * 用できる形で再é…
22å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
23å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
24 * 者
25マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
26 * の無保証規定を掲載すること.
27 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
28 * 用できない形で再é…
29å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
30 * と.
31 * (a) 再é…
32å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
33マニュアルなど)に,上記の著
34 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
35 * (b) 再é…
36å¸ƒã®å½¢æ…
37‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
38 * 報告すること.
39 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
40 * 害からも,上記著作権者
41およびTOPPERSプロジェクトをå…
42è²¬ã™ã‚‹ã“と.
43 *
44 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
45お
46 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
47 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
48 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
49 *
50 * @(#) $Id: linux_sigio.h,v 1.10 2003/12/06 06:18:55 hiro Exp $
51 */
52
53/*
54 * LINUX用 ノンブロッキングI/O サポートモジュール
55 *
56 * ノンブロッキングI/O サポートモジュールは,SIGIO シグナルにより,ユー
57 * ザが登録したコールバック関数を呼び出す機能を持つ.
58 *
59 * SIGIO シグナルによりコールバック関数を実行させたい場合には,SIGIO
60 * 通知イベントブロックを用意し,その callback フィールドにコールバッ
61 * ク関数,arg フィールドにコールバック関数へ渡す引数を設定し,
62 * eneuque_sigioeb を用いて SIGIO 通知イベントキューに登録する.
63 *
64 * 呼び出されたコールバック関数が 0 を返すと,関連する SIGIO 通知イベ
65 * ントブロック はキューに登録されたままとなり,続く SIGIO シグナルで
66 * 再び同じコー ルバック関数が呼び出される.コールバック関数が 0 以外
67 * を返すと,SIGIO 通知イベントブロックはキューから削除され,コールバッ
68 * ク関数はそれ以降呼び出されなくなる.
69 */
70
71#ifndef _LINUX_SIGIO_H_
72#define _LINUX_SIGIO_H_
73
74#ifdef __cplusplus
75extern "C" {
76#endif
77
78/*
79 * SIGIO 通知イベントブロックの定義
80 */
81typedef BOOL (*SIGIO_CBACK)(VP); /* SIGIO コールバック関数の型 */
82
83typedef struct bsd_sigio_event_block {
84 VP queue[2]; /* SIGIO 通知イベントキューエリア */
85 SIGIO_CBACK callback; /* SIGIO コールバック関数 */
86 VP arg; /* コールバック関数へ渡す引数 */
87} SIGIOEB;
88
89/*
90 * SIGIO 通知イベントブロックの登録
91 */
92extern ER enqueue_sigioeb(SIGIOEB *sigioeb) throw();
93
94/*
95 * システム起動時用 SIGIO 通知イベントブロックの登録
96 */
97extern ER enqueue_sigioeb_initialize(SIGIOEB *sigioeb) throw();
98
99/*
100 * ノンブロッキングI/O モジュール起動ルーチン
101 */
102
103extern void linux_sigio_initialize(VP_INT exinf) throw();
104
105/*
106 * 割込みハンドラのベクタ番号
107 */
108#define INHNO_SIGIO SIGIO
109
110/*
111 * SIGIO割り込みハンドラ
112 */
113
114extern void linux_sigio_handler() throw();
115
116/*
117 * SIGIOタスクの設定
118 */
119#define LINUX_SIGIO_PRIORITY 2
120#define LINUX_SIGIO_STACK_SIZE 8192
121
122extern void linux_sigio_task(void) throw();
123
124#ifdef __cplusplus
125}
126#endif
127
128#endif /* _LINUX_SIGIO_H_ */
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.