source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/xstormy16/Makefile.config@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 4.1 KB
Line 
1#
2# TOPPERS/JSP Kernel
3# Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4# Just Standard Profile Kernel
5#
6# Copyright (C) 2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7# Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8# Copyright (C) 2004-2010 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
9# Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
10#
11# 上記著作権者
12は,以下の (1)〜(4) の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
13# ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・
14# 再é…
15å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œåˆ©ç”¨ã¨å‘¼ã¶ï¼‰ã™ã‚‹ã“とを無償で許諾する.
16# (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作権
17# 表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソース
18# コード中に含まれていること.
19# (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使用
20# できる形で再é…
21å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
22å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
23マ
24# ニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記の無保
25# 証規定を掲載すること.
26# (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使用
27# できない形で再é…
28å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこと.
29# (a) 再é…
30å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
31マニュアルなど)に,上記の著作
32# 権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
33# (b) 再é…
34å¸ƒã®å½¢æ…
35‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに報
36# 告すること.
37# (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損害
38# からも,上記著作権者
39およびTOPPERSプロジェクトをå…
40è²¬ã™ã‚‹ã“と.また,
41# 本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理由に基づ
42# く請求からも,上記著作権者
43およびTOPPERSプロジェクトをå…
44è²¬ã™ã‚‹ã“と.
45#
46# 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
47およ
48# びTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的に対す
49# る適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用
50# により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負
51# わない.
52#
53
54#
55# Makefile のプロセッサ依存部(Xstormy16用)
56#
57
58#
59# ターゲットアーキテクチャの定義
60#
61TARGET = xstormy16-elf
62
63#
64# コンパイルオプション
65#
66INCLUDES := $(INCLUDES) -I$(CONFIGDIR)/$(CPU)
67# デバッグ時には、-O0や-Wallを指定することで、コンパイル時や
68# やEVAデバッガ中で、より詳細な情
69報を取得することができます。
70#COPTS := $(COPTS) -g -O0 -Wall
71# デバッグ終了後は、-DNDEBUGを指定することで、カーネル中から
72# デバッグのためのコードを取り除くことができます。(user.txt参ç…
73§)
74COPTS := $(COPTS) -g -O2
75CDEFS := $(CDEFS) -DNDEBUG
76
77#
78# カーネルに関する定義
79#
80KERNEL_DIR := $(KERNEL_DIR):$(CONFIGDIR)/$(CPU)
81KERNEL_ASMOBJS := $(KERNEL_ASMOBJS) cpu_support.o
82KERNEL_COBJS := $(KERNEL_COBJS) cpu_config.o hw_serial.o hw_timer.o cpu_stdio.o
83
84#
85# スタートアップモジュールに関する定義
86#
87START_OBJS = start.o
88
89$(START_OBJS): %.o: %.S
90 $(CC) -c $(CFLAGS) $(KERNEL_CFLAGS) $<
91
92$(START_OBJS:.o=.d): %.d: %.S
93 @$(PERL) $(SRCDIR)/utils/makedep -C $(CC) \
94 -O "$(CFLAGS) $(KERNEL_CFLAGS)" $< >> Makefile.depend
95
96#
97# アセンブラからCの構造体にアクセスするためのoffset.hを依存部で用意
98#
99OMIT_MAKEOFFSET = YES
100
101#
102# 実行ファイルの拡張子の指定
103#
104OBJEXT = elf
105
106#
107# 開発環境の指定
108#
109DEVENV := EVA_DEBUGGER
110
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.