source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/sh2/cq_frksh2a/Makefile.config@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 1.3 KB
Line 
1#
2# @(#) $Id
3#
4
5#
6# Makefile のシステム依存部分(CQ_FRKSH2A用)
7#
8
9
10#
11# 実行環境の定義
12#
13# DBGENVには下記の中の1つだけを選択する。
14#
15# DBGENV = ROMはROM化である(他の実行環境ではない)ことを
16# 明示しているだけで、ソースコード中で参ç…
17§ã¯ã—ていない。
18#
19# å…
20±é€šéƒ¨Makefileでデフォルトの実行環境としてGDB stubが選択される。
21# DBGENV=GDB_STUBに仮設定された状æ…
22‹ã§ã€ã“のファイルが読み込まれる。
23#
24
25#DBGENV = ROM
26
27#
28# コンパイルオプション
29#
30INCLUDES := $(INCLUDES) -I$(CONFIGDIR)/$(CPU)/$(SYS)
31
32COPTS := $(COPTS)
33LDFLAGS := $(LDFLAGS) -N
34CDEFS := $(CDEFS) -DSH7262
35
36#
37# カーネルに関する定義
38#
39KERNEL_DIR := $(KERNEL_DIR):$(CONFIGDIR)/$(CPU)/$(SYS)
40KERNEL_ASMOBJS := $(KERNEL_ASMOBJS) sys_support.o
41KERNEL_COBJS := $(KERNEL_COBJS) sys_config.o sh726xscif.o
42
43#
44# 各セグメントの開始アドレスの定義
45#
46
47ifeq ($(DBGENV),GDB_STUB)
48 TEXT_START_ADDRESS=0x1C020000
49else
50# ベクタテーブルの後ろ (内
51蔵RAM)
52 TEXT_START_ADDRESS=0x1C000500
53# RAM領域のå…
54ˆé ­ã‚¢ãƒ‰ãƒ¬ã‚¹ (内
55蔵RAM)
56# DATA_START_ADDRESS=0x1C000000
57endif
58
59#
60# リンカスクリプトの定義
61#
62ifeq ($(DBGENV),GDB_STUB)
63 LDSCRIPT = $(CPU)/$(SYS)/shelf.stub.ld
64else
65 LDSCRIPT = $(CPU)/$(SYS)/shelf.ld
66endif
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.