source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/sh1/cpu_defs.h@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 5.5 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2004 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 * Copyright (C) 2001-2010 by Industrial Technology Institute,
9 * Miyagi Prefectural Government, JAPAN
10 *
11 * 上記著作権者
12は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
13 * によってå…
14¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
15 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
16 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
17å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
18 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
19 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
20 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
21 * スコード中に含まれていること.
22 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
23 * 用できる形で再é…
24å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
25å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
26 * 者
27マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
28 * の無保証規定を掲載すること.
29 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
30 * 用できない形で再é…
31å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
32 * と.
33 * (a) 再é…
34å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
35マニュアルなど)に,上記の著
36 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
37 * (b) 再é…
38å¸ƒã®å½¢æ…
39‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
40 * 報告すること.
41 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
42 * 害からも,上記著作権者
43およびTOPPERSプロジェクトをå…
44è²¬ã™ã‚‹ã“と.
45 *
46 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
47お
48 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
49 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
50 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
51 *
52 * @(#) $Id: cpu_defs.h,v 1.14 2005/11/14 08:00:44 honda Exp $
53 */
54
55/*
56 * プロセッサに依存する定義(SH1用)
57 *     アプリケーションが必
58要とする定義
59 *
60 * このインクルードファイルは,kernel.h と sil.h でインクルードされる.
61 * 他のファイルから直接インクルードすることはない.このファイルをイン
62 * クルードする前に,t_stddef.h と itron.h がインクルードされるので,
63 * それらに依存してもよい.
64 */
65
66#ifndef _CPU_DEFS_H_
67#define _CPU_DEFS_H_
68
69/*
70 * ユーザー定義情
71å ±
72 */
73#include <user_config.h> /* SUPPORT_VXGET_TIMマクロの定義 */
74
75
76#define SH1 /* プロセッサ略称 */
77#define SH7032
78
79/* カーネル起動時のメッセージ */
80#define COPYRIGHT_CPU \
81"Copyright (C) 2001-2004 by Industrial Technology Institute,\n" \
82" Miyagi Prefectural Government, JAPAN\n"
83
84#ifndef _MACRO_ONLY
85
86/*
87 * 割込み/CPU例外ハンドラ番号の型
88 */
89typedef UINT INHNO; /* 割込みハンドラ番号 */
90typedef UINT EXCNO; /* CPU例外ハンドラ番号 */
91
92/*
93 * 割込みマスクの型と割込みマスクの変更/参ç…
94§
95 *
96 * 本来は#ifdef SUPPORT_CHG_IPM〜#endifで囲むべきだが、
97 * このファイルがcpu_config.hよりå…
98ˆã«ã‚¤ãƒ³ã‚¯ãƒ«ãƒ¼ãƒ‰ã•ã‚Œã‚‹ãŸã‚
99 * 省略している。
100 * この部分が残ることにより、生成されるコードはほとんどないので
101 * 実害はないと判断した。
102 */
103typedef UINT IPM; /* 割込みマスク */
104
105extern ER chg_ipm(IPM ipm) throw();
106extern ER get_ipm(IPM *p_ipm) throw();
107
108/*
109 * SIL関連の定義
110 */
111
112
113/*
114 * 現在の割込みマスクの読出し
115 */
116#define _current_intmask_ current_intmask
117
118/*
119 * 割込みマスクの設定
120 */
121#define _set_intmask_ set_intmask
122
123/*
124 * NMIを除くすべての割込みを禁止
125 *  disint()がカーネルが管理する割込みのみを禁止するのに対して
126 *  _disint_()はカーネル管理外の割込みも含めて禁止する。
127 *  å…
128·ä½“的にはGDB stubのシリアル受信割込みの扱いが異なる。
129 */
130Inline void
131_disint_(void)
132{
133 UW sr;
134
135 Asm("stc sr,%0" : "=r"(sr));
136 sr |= 0x000000f0u;
137 Asm("ldc %0, sr" : : "r"(sr) : "memory", "t");
138}
139
140
141/*
142 * 割込みロック状æ…
143‹ã®åˆ¶å¾¡
144 */
145#define SIL_PRE_LOC UW _intmask_ = _current_intmask_()
146#define SIL_LOC_INT() _disint_()
147#define SIL_UNL_INT() _set_intmask_(_intmask_)
148
149
150#endif /* _MACRO_ONLY */
151
152/*
153 * プロセッサのエンディアン
154 */
155#define SIL_ENDIAN SIL_ENDIAN_BIG /* ビッグエンディアン */
156
157
158#ifndef _MACRO_ONLY
159/*
160 * 性能評価用システム時刻の参ç…
161§
162 */
163
164#ifdef SUPPORT_VXGET_TIM
165typedef UD SYSUTIM; /* 性能評価用システム時刻 */
166
167extern ER vxget_tim(SYSUTIM *p_sysutim) throw();
168
169#endif /* SUPPORT_VXGET_TIM */
170
171#endif /* _MACRO_ONLY */
172
173
174#endif /* _CPU_DEFS_H_ */
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.