source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/powerpc32/mpc860t/sys_config.c@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 6.0 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2004 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 * Copyright (C) 2001-2004 by Industrial Technology Institute,
9 * Miyagi Prefectural Government, JAPAN
10 *
11 * 上記著作権者
12は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
13 * によってå…
14¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
15 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
16 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
17å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
18 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
19 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
20 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
21 * スコード中に含まれていること.
22 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
23 * 用できる形で再é…
24å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
25å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
26 * 者
27マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
28 * の無保証規定を掲載すること.
29 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
30 * 用できない形で再é…
31å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
32 * と.
33 * (a) 再é…
34å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
35マニュアルなど)に,上記の著
36 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
37 * (b) 再é…
38å¸ƒã®å½¢æ…
39‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
40 * 報告すること.
41 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
42 * 害からも,上記著作権者
43およびTOPPERSプロジェクトをå…
44è²¬ã™ã‚‹ã“と.
45 *
46 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
47お
48 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
49 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
50 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
51 *
52 * @(#) $Id: sys_config.c,v 1.2 2004/10/07 17:10:56 honda Exp $
53 */
54
55/*
56 * ターゲットシステム依存モジュール(MPC860T TB6102S用)
57 *     カーネル内
58部で使用する定義
59 *      C言語関数の実体
60 */
61
62#include "jsp_kernel.h"
63#include <mpc860_sil.h>
64
65/*
66 * 割込み発生時にスタックに待
67避された状æ…
68‹ã®IPMのデータ構造
69 * 4バイト境界を維持するため、ダミー領域がå…
70¥ã‚‹
71 */
72typedef struct ipm_stack {
73 UH ipm;
74 UH dummy;
75} IPM_STACK;
76
77/*
78 * 割込みマスク用擬似ベクタテーブル
79 * ipm_table自体は$(CPU)とのインターフェースに含まれない
80 *   (define_ipmにより、隠蔽されている)
81 */
82IPM ipm_table[TMAX_EXCNO];
83
84/*
85 * SILを使用したときのログ機能
86 */
87#ifdef SIL_DEBUG
88
89BOOL sil_debug_on = FALSE;
90char sil_buffer[SIL_BUFFER_SIZE];
91int sil_pos = -1;
92UW sil_log_id = 0;
93
94#endif /* SIL_DEBUG */
95
96/*
97 * ターゲットシステム依存の初期化
98 */
99void
100sys_initialize()
101{
102 INHNO j;
103
104 /*
105 * 通信プロセッサCPMの初期化
106 */
107
108 /* リセット・コマンドの発行 */
109 mpc860_wrh_mem(CPCR, CPCR_RST | CPCR_FLG);
110
111 /*
112 * 割込みコントローラの初期化
113 *  IRL:SIUに対する割込みレベル
114 *  IEN=1:CPM割込みイネーブル
115 */
116 mpc860_wrw_mem(CICR, CICR_IRL0 | CICR_IEN);
117
118 /* IPMの初期化:CPM割込みの許可 */
119 mpc860_wrh_mem(SIMASK, ENABLE_CPM);
120
121
122 /*
123 * 内
124部データの初期化
125 */
126
127 /* IPMテーブルの初期化 */
128 for( j = 0; j < TMAX_EXCNO; j++ ) {
129 ipm_table[j] = DEFAULT_IPM;
130 }
131
132 /* CPM割込みのIPMを設定 */
133 ipm_table[INHNO_CPM] = IPM_CPM;
134
135 /*
136 * プロセッサ識別のための変数の初期化
137 */
138 /* 未実装
139 */
140}
141
142/*
143 * ターゲットシステムの終了
144 */
145void
146sys_exit()
147{
148 tb6102s_exit();
149}
150
151/*
152 * ターゲットシステムの文字出力
153 */
154void
155sys_putc(char c)
156{
157 if (c == '\n') {
158 tb6102s_putc('\r');
159 }
160 tb6102s_putc(c);
161}
162
163/*
164 * 登録されていない割込み発生時のログ出力
165 *   マクロPROC_ICUの中で呼び出される
166 *   関数名や引数の型はプロセッサ毎に決めて良い
167 *
168 * MPC860では割込みコントローラがカスケード接続されているため、
169 *   各割込みコントローラに専用の関数を用意した。
170 *
171 */
172
173/* SIU割込み(CPM割込み以外) */
174void no_reg_SIU_interrupt(INHNO intno, UW *sp)
175{
176 syslog(LOG_EMERG, "SIU interrupt error occurs.");
177 syslog(LOG_EMERG, "Interrupt No.=%d", intno);
178 syslog(LOG_EMERG, "IPM=0x%04x", ((IPM_STACK *)sp)->ipm);
179
180 /*
181 * スタック上のデータの表示
182 * 割込みマスクをスタックに積んでいるので
183 *  その分、スキップする
184 */
185 ++sp;
186 syslog_data_on_stack((EXCSTACK *)sp);
187
188 while(1);
189}
190
191/* CPM割込み */
192void no_reg_CPM_interrupt(INHNO intno, UW *sp)
193{
194 syslog(LOG_EMERG, "CPM interrupt error occurs.");
195 syslog(LOG_EMERG, "Interrupt No.=%d(total %d)",
196 intno, intno + TMAX_SIU_INTNO);
197 syslog(LOG_EMERG, "IPM=0x%04x", ((IPM_STACK *)sp)->ipm);
198
199 /*
200 * スタック上のデータの表示
201 * 割込みマスクをスタックに積んでいるので
202 *  その分、スキップする
203 */
204 ++sp;
205 syslog_data_on_stack((EXCSTACK *)sp);
206
207 while(1);
208}
209
210/* end of file */
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.