source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/powerpc32/mpc860t/pit.h@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 8.5 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2004 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 * Copyright (C) 2001-2004 by Industrial Technology Institute,
9 * Miyagi Prefectural Government, JAPAN
10 *
11 * 上記著作権者
12は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
13 * によってå…
14¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
15 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
16 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
17å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
18 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
19 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
20 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
21 * スコード中に含まれていること.
22 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
23 * 用できる形で再é…
24å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
25å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
26 * 者
27マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
28 * の無保証規定を掲載すること.
29 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
30 * 用できない形で再é…
31å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
32 * と.
33 * (a) 再é…
34å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
35マニュアルなど)に,上記の著
36 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
37 * (b) 再é…
38å¸ƒã®å½¢æ…
39‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
40 * 報告すること.
41 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
42 * 害からも,上記著作権者
43およびTOPPERSプロジェクトをå…
44è²¬ã™ã‚‹ã“と.
45 *
46 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
47お
48 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
49 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
50 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
51 *
52 * @(#) $Id: pit.h,v 1.2 2004/10/07 17:10:56 honda Exp $
53 */
54
55/*
56 * タイマドライバ
57 *     MPC860T内
58蔵の周期割込みタイマPITを使用
59 */
60
61#ifndef _PIT_H_
62#define _PIT_H_
63
64#include <mpc860_sil.h>
65
66/*
67 * SIUの内
68部割込みレベル(ビットパターン)
69 */
70#define SIU_INT_PIT LEVEL_TO_BIT_PATTERN(INTLVL_PIT)
71
72
73/*
74 * タイマ値の内
75部表現の型
76 */
77typedef UH CLOCK;
78
79/*
80 * タイマに供給されるクロック周波数[kHz]
81 * TIMER_CLOCK=SYSTEM_CLOCK[MHz] / 4
82 */
83#define TIMER_CLOCK (SYSTEM_CLOCK * 1000 / 4)
84
85/*
86 * タイマ値の内
87部表現とミリ秒・μ秒単位との変換
88 */
89#define TO_CLOCK(nume, deno) (TIMER_CLOCK * (nume) / (deno))
90#define TO_USEC(clock) ((clock) * 1000 / TIMER_CLOCK)
91#define CLOCK_PER_TICK ((CLOCK) (TO_CLOCK(TIC_NUME, TIC_DENO) - 1))
92
93/*
94 * 設定できる最大のタイマ周期(単位は内
95部表現)
96 */
97#define MAX_CLOCK ((CLOCK) 0xffffu)
98
99/*
100 * タイマの現在値を割込み発生前の値とみなすかの判断
101 */
102#define GET_TOLERANCE 100 /* 処理遅
103れの見積り値(単位は内
104部表現)*/
105#define BEFORE_IREQ(clock) \
106 ((clock) >= TO_CLOCK(TIC_NUME, TIC_DENO) - GET_TOLERANCE)
107
108/*
109 * コントロールレジスタの定義
110 */
111
112/* 周期割込みステータスおよび制御レジスタ */
113#define PISCR (VH *)(IMMR_BASE + 0x240)
114#define PISCRK (VW *)(IMMR_BASE + 0x340) /* キーレジスタ */
115#define PISCR_PIRQ 0xff00 /* 周期割込み要求レベルビット */
116#define PISCR_PS BIT8_16 /* 周期割込みステータス */
117#define PISCR_PIE BIT13_16 /* 周期割込みイネーブル */
118#define PISCR_PITF BIT14_16 /* PITフリーズ・イネーブル */
119#define PISCR_PTE BIT15_16 /* 周期タイマ・イネーブル */
120
121/* PITカウントレジスタ(上位2バイトのみ) */
122#define PITC (VH *)(IMMR_BASE + 0x244)
123#define PITCK (VW *)(IMMR_BASE + 0x344) /* キーレジスタ */
124
125/* PITレジスタ(上位2バイトのみ) */
126#define PITR (VH *)(IMMR_BASE + 0x248)
127
128
129
130#ifndef _MACRO_ONLY
131
132/*
133 * 内
134部レジスタ保護のロックとアンロック
135 */
136
137/* PISCRロック */
138Inline void
139lock_piscr()
140{
141 /* 値はUNLOCK_KEY以外であれば良い */
142 mpc860_wrw_mem(PISCRK, 0);
143}
144
145/* PISCRアンロック */
146Inline void
147unlock_piscr()
148{
149 mpc860_wrw_mem(PISCRK, UNLOCK_KEY);
150}
151
152/* PITCロック */
153Inline void
154lock_pitc()
155{
156 /* 値はUNLOCK_KEY以外であれば良い */
157 mpc860_wrw_mem(PITCK, 0);
158}
159
160/* PITCアンロック */
161Inline void
162unlock_pitc()
163{
164 mpc860_wrw_mem(PITCK, UNLOCK_KEY);
165}
166
167/*
168 * タイマスタート
169 */
170Inline void
171pit_start()
172{
173 unlock_piscr(); /* PISCRアンロック */
174 mpc860_orh_mem(PISCR, PISCR_PTE);
175 lock_piscr(); /* PISCRロック */
176}
177
178/*
179 * タイマ一時停止
180 */
181Inline void
182pit_stop()
183{
184 unlock_piscr(); /* PISCRアンロック */
185 mpc860_andh_mem(PISCR, ~PISCR_PTE);
186 lock_piscr(); /* PISCRロック */
187}
188
189/*
190 * タイマ割込み要求のクリア
191 * PISCRレジスタのPSビットに1を書き込む
192 */
193Inline void
194pit_int_clear()
195{
196 /*
197 * SILを使用したときのログ機能をオフに
198 */
199#ifdef SIL_DEBUG
200 BOOL sil_debug_tmp = sil_debug_on;
201 sil_debug_on = FALSE;
202#endif /* SIL_DEBUG */
203
204 unlock_piscr(); /* PISCRアンロック */
205 mpc860_orh_mem(PISCR, PISCR_PS);
206 lock_piscr(); /* PISCRロック */
207
208 /*
209 * SILを使用したときのログ機能を復å…
210ƒ
211 */
212#ifdef SIL_DEBUG
213 sil_debug_on = sil_debug_tmp;
214#endif /* SIL_DEBUG */
215
216}
217
218
219/*
220 * タイマの起動処理
221 *
222 * タイマを初期化し,周期的なタイマ割込み要求を発生させる.
223 */
224Inline void
225pit_initialize()
226{
227 VH piscr;
228 VW sccr;
229
230 /* タイマ上限値=変数の最大値なのでチェックは省略 */
231
232 pit_stop(); /* タイマ停止 */
233
234 /*
235 * タイマ関連の設定
236 */
237
238 /* クロックソース選択、分周比設定 */
239 unlock_sccr(); /* SCCRアンロック */
240 sccr = mpc860_rew_mem(SCCR);
241 sccr = (sccr & ~SCCR_RTDIV) /* リアルタイムクロック分周:4 */
242 | SCCR_RTSEL; /* クロックソース:EXTCLK */
243 mpc860_wrw_mem(SCCR, sccr);
244 lock_sccr(); /* SCCRロック */
245
246
247 /* カウンタ目標値設定 */
248 unlock_pitc(); /* PITCアンロック */
249 mpc860_wrh_mem(PITC, CLOCK_PER_TICK);
250 lock_pitc(); /* PITCロック */
251
252
253 unlock_piscr(); /* PISCRアンロック */
254 piscr = mpc860_reh_mem(PISCR);
255 piscr = (piscr & ~PISCR_PIRQ)
256 | (SIU_INT_PIT << 8) /* 割込みレベル設定 */
257 | PISCR_PIE; /* PIT割込み許可 */
258 mpc860_wrh_mem(PISCR, piscr);
259 lock_piscr(); /* PISCRロック */
260}
261
262/*
263 * タイマの停止処理
264 *
265 *  タイマの動作を停止させる.
266 */
267Inline void
268pit_terminate()
269{
270 pit_stop(); /* タイマを停止 */
271 pit_int_clear(); /* 割り込み要求をクリア */
272
273 unlock_piscr(); /* PISCRアンロック */
274 mpc860_andh_mem(PISCR, ~PISCR_PIE); /* タイマ割込みを禁止 */
275 lock_piscr(); /* PISCRロック */
276
277 /* 本当はタイマへのクロック供給を停止する */
278}
279
280/*
281 * タイマの現在値の読出し
282 *   割込み禁止区間中で呼び出すこと
283 */
284Inline CLOCK
285pit_get_current()
286{
287 CLOCK pitr;
288
289 pitr = mpc860_reh_mem(PITR);
290 return(CLOCK_PER_TICK - pitr);
291}
292
293/*
294 * タイマ割込み要求のチェック
295 */
296Inline BOOL
297pit_fetch_interrupt()
298{
299 VH piscr;
300
301 /* 読み出しなので、アンロックしなくて良い */
302 piscr = mpc860_reh_mem(PISCR);
303 return(piscr & PISCR_PS);
304}
305
306#endif /* _MACRO_ONLY */
307#endif /* _PIT_H_ */
308/* end of file */
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.