source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/powerpc32/mpc860t/Makefile.config@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 3.1 KB
Line 
1#
2# @(#) $Id: Makefile.config,v 1.2 2004/10/07 17:10:56 honda Exp $
3#
4
5#
6# Makefile のシステム依存部分
7# (株)タンバック MPC860T TB6102S
8#
9
10
11#
12# ターゲットアーキテクチャの定義
13# powerpc-elf-gcc以外のコンパイラを用いる場合は
14# $(SYS)/Makefile.configで変数TARGETを定義する。
15#   定義されていない場合は、デフォルトでTARGETに
16#   powerpc-elfが設定される。
17#
18# TARGET = powerpc-eabi
19
20
21#
22# 実行環境の定義
23#
24# DBGENVには下記の中の1つだけを選択する。
25#   どちらも選択しなければ、å…
26±é€šéƒ¨ã§ãƒ‡ãƒ•ã‚©ãƒ«ãƒˆã®å®Ÿè¡Œç’°å¢ƒGDBが
27#   選択される
28#
29#   ROM
30#    ROM化用の設定
31#    ROM化である(他の実行環境ではない)ことを明示しているだけで、
32#    ソースコード中で参ç…
33§ã¯ã—ていない。
34#
35#   DOWNLOAD_TO_RAM
36#    デバッグ用にプログラムをすべてRAM領域にマッピングする設定
37#
38
39DBGENV = ROM
40#DBGENV = DOWNLOAD_TO_RAM
41
42#
43# コンパイルオプション
44#
45INCLUDES := $(INCLUDES) -I$(CONFIGDIR)/$(CPU)/$(SYS)
46
47# デバッグオプションはgccのバージョンにより異なる場合があるので注意
48COPTS := $(COPTS) -gdwarf -G 0 -msoft-float -mbig
49
50# gccオプション
51# -gdwarf デバッグ情
52報を DWARF のバージョン1の形式
53# (サポートされていれば)で生成する。
54# -G num 組み込みPowerPCシステムにおいて、 広域データと静的
55# データのうちサイズがnumバイト以下のものを、 通常の
56# dataセクションやbssセクションにではなく、 small data
57# セクションやsmall bssセクションに置く。
58# -msoft-float 浮動小数点レジスタ・セットを使わない
59# -mbig ビッグ・エンディアン
60# -N .save'ファイルを作成しない
61#
62# リンカ・オプション -N
63# テキストセクションとデータセクションを読み書き可能に設定する.
64# また, データセグメントのページ境界への位置合わせをおこなわない.
65
66LDFLAGS := $(LDFLAGS) -N
67
68
69#
70# カーネルに関する定義
71#
72KERNEL_DIR := $(KERNEL_DIR):$(CONFIGDIR)/$(CPU)/$(SYS)
73KERNEL_ASMOBJS := $(KERNEL_ASMOBJS) sys_support.o
74KERNEL_COBJS := $(KERNEL_COBJS) sys_config.o mpc860_smc.o
75
76#
77# マクロ定義オプション
78#
79CDEFS := $(CDEFS) -DIMPLEMENT_EXCEPTION_01000
80
81#-DSIL_DEBUG
82
83#
84# 各セグメントの開始アドレスの定義
85#
86# テキストセクションのå…
87ˆé ­ç•ªåœ°
88# DOWNLOAD_TO_RAMの場合は例外ベクタの後ろにé…
89ç½®ã™ã‚‹ã®ã§
90#  アドレスは指定しない
91#
92ifneq ($(DBGENV),DOWNLOAD_TO_RAM)
93 TEXT_START_ADDRESS=0x10002000
94endif
95
96# dataセクションのå…
97ˆé ­ç•ªåœ°
98ifeq ($(DBGENV),DOWNLOAD_TO_RAM)
99 DATA_START_ADDRESS=0x00800000
100else
101 DATA_START_ADDRESS=0x2000
102endif
103
104#
105# リンカスクリプトの定義
106#
107ifeq ($(DBGENV),DOWNLOAD_TO_RAM)
108 LDSCRIPT = $(CPU)/$(SYS)/mpc860elf_ram.ld
109else
110 LDSCRIPT = $(CPU)/$(SYS)/mpc860elf.ld
111endif
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.