source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/nios2/cpu_defs.h@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 6.3 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2004 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
8 *
9 * 上記著作権者
10は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
11 * によってå…
12¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
13 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
14 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
15å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
16 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
17 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
18 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
19 * スコード中に含まれていること.
20 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
21 * 用できる形で再é…
22å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
23å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
24 * 者
25マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
26 * の無保証規定を掲載すること.
27 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
28 * 用できない形で再é…
29å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
30 * と.
31 * (a) 再é…
32å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
33マニュアルなど)に,上記の著
34 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
35 * (b) 再é…
36å¸ƒã®å½¢æ…
37‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
38 * 報告すること.
39 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
40 * 害からも,上記著作権者
41およびTOPPERSプロジェクトをå…
42è²¬ã™ã‚‹ã“と.
43 *
44 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
45お
46 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
47 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
48 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
49 *
50 * @(#) $Id: cpu_defs.h,v 1.3 2007/01/15 06:05:22 honda Exp $
51 */
52
53/*
54 * プロセッサに依存する定義(Nios2用)
55 *
56 * このインクルードファイルは,kernel.h と sil.h でインクルードされる.
57 * 他のファイルから直接インクルードすることはない.このファイルをイン
58 * クルードする前に,t_stddef.h と itron.h がインクルードされるので,
59 * それらに依存してもよい.
60 */
61
62#ifndef _CPU_DEFS_H_
63#define _CPU_DEFS_H_
64
65#define OMIT_SIL_ACCESS
66
67/*
68 * エンディアンの反転
69 * sil.hでも定義しているが,OMIT_SIL_ACCESSによりこのファイルで
70 * アクセス関数を定義してるため,ここで定義する
71 */
72#ifndef SIL_REV_ENDIAN_H
73#define SIL_REV_ENDIAN_H(data) \
74 ((VH)((((UH)(data) & 0xff) << 8) | (((UH)(data) >> 8) & 0xff)))
75#endif /* SIL_REV_ENDIAN_H */
76
77#ifndef SIL_REV_ENDIAN_W
78#define SIL_REV_ENDIAN_W(data) \
79 ((VW)((((UW)(data) & 0xff) << 24) | (((UW)(data) & 0xff00) << 8) \
80 | (((UW)(data)>> 8) & 0xff00) | (((UW)(data) >> 24) & 0xff)))
81#endif /* SIL_REV_ENDIAN_H */
82
83
84#ifndef NIOS2
85#define NIOS2 /* プロセッサ略称 */
86#endif
87/*
88 * プロセッサに依存する定義
89 */
90#ifndef _MACRO_ONLY
91
92typedef UINT INHNO; /* 割込みハンドラ番号 */
93typedef UINT IPM; /* 割込みマスク */
94typedef UINT EXCNO; /* CPU例外ハンドラ番号 */
95
96
97/*
98 * INTNO型と割込みの禁止/許可
99 */
100
101typedef UINT INTNO; /* 割込み番号 */
102
103extern ER dis_int(INTNO intno) throw();
104extern ER ena_int(INTNO intno) throw();
105
106
107/*
108 * ターゲットシステム依存のサービスコール
109 */
110typedef UD SYSUTIM; /* 性能評価用システム時刻 */
111extern ER vxget_tim(SYSUTIM *pk_sysutim) throw();
112
113
114/*
115 * 割込み許可ビット
116 */
117#define STATUS_PIE 0x01
118
119/*
120 * すべての割込みを禁止
121 */
122Inline void
123_disint_()
124{
125 UW status;
126
127 Asm("rdctl %0, status" : "=r" (status));
128 status &= ~STATUS_PIE;
129 Asm("wrctl status, %0" :: "r" (status));
130}
131
132
133/*
134 * 割込みを許可
135 */
136Inline void
137_enaint_()
138{
139 UW status;
140
141 Asm("rdctl %0, status" : "=r" (status));
142 status |= STATUS_PIE;
143 Asm("wrctl status, %0" :: "r" (status));
144}
145
146
147/*
148 * 割込みロック状æ…
149‹ã®åˆ¶å¾¡
150 */
151#define SIL_PRE_LOC
152#define SIL_LOC_INT() _disint_()
153#define SIL_UNL_INT() _enaint_()
154
155/*
156 * システムの中断処理
157 */
158Inline void
159kernel_abort()
160{
161
162}
163
164
165#endif /* _MACRO_ONLY */
166
167/*
168 * プロセッサのエンディアン
169 */
170#define SIL_ENDIAN SIL_ENDIAN_LITTLE
171
172#ifndef _MACRO_ONLY
173
174/*
175 * メモリアクセス関数
176 */
177
178/*
179 * 8ビット単位の読出し/書込み
180 */
181Inline VB
182sil_reb_mem(VP mem)
183{
184 return(__builtin_ldbuio(mem));
185}
186
187Inline void
188sil_wrb_mem(VP mem, VB data)
189{
190 __builtin_stbio(mem, data);
191}
192
193
194/*
195 * 16ビット単位の読出し/書込み
196 */
197Inline VH
198sil_reh_mem(VP mem)
199{
200 return(__builtin_ldhuio(mem));
201}
202
203Inline void
204sil_wrh_mem(VP mem, VH data)
205{
206 __builtin_sthio(mem, data);
207}
208
209
210#define sil_reh_lem(mem) sil_reh_mem(mem)
211#define sil_wrh_lem(mem, data) sil_wrh_mem(mem, data)
212
213Inline VH
214sil_reh_bem(VP mem)
215{
216 VH data;
217
218 data = __builtin_ldhuio(mem);
219 return(SIL_REV_ENDIAN_H(data));
220}
221
222Inline void
223sil_wrh_bem(VP mem, VH data)
224{
225 __builtin_sthio(mem, SIL_REV_ENDIAN_H(data));
226}
227
228
229/*
230 * 32ビット単位の読出し/書込み
231 */
232Inline VW
233sil_rew_mem(VP mem)
234{
235 return(__builtin_ldwio(mem));
236}
237
238Inline void
239sil_wrw_mem(VP mem, VW data)
240{
241 __builtin_stwio(mem, data);
242}
243
244
245#define sil_rew_lem(mem) sil_rew_mem(mem)
246#define sil_wrw_lem(mem, data) sil_wrw_mem(mem, data)
247
248Inline VW
249sil_rew_bem(VP mem)
250{
251 VW data;
252
253 data = __builtin_ldwio(mem);
254 return(SIL_REV_ENDIAN_W(data));
255}
256
257Inline void
258sil_wrw_bem(VP mem, VW data)
259{
260 __builtin_stwio(mem, SIL_REV_ENDIAN_W(data));
261}
262
263/*
264 * 微少時間待
265ち
266 */
267Inline void
268sil_dly_nse(UINT dlytim)
269{
270
271}
272
273#endif /* _MACRO_ONLY */
274
275
276#endif /* _CPU_DEFS_H_ */
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.