source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/microblaze/cpu_context.h@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 4.0 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 *
9 * 上記著作権者
10は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
11 * によってå…
12¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
13 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
14 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
15å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
16 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
17 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
18 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
19 * スコード中に含まれていること.
20 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
21 * 用できる形で再é…
22å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
23å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
24 * 者
25マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
26 * の無保証規定を掲載すること.
27 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
28 * 用できない形で再é…
29å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
30 * と.
31 * (a) 再é…
32å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
33マニュアルなど)に,上記の著
34 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
35 * (b) 再é…
36å¸ƒã®å½¢æ…
37‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
38 * 報告すること.
39 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
40 * 害からも,上記著作権者
41およびTOPPERSプロジェクトをå…
42è²¬ã™ã‚‹ã“と.
43 *
44 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
45お
46 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
47 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
48 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
49 *
50 * @(#) $Id: cpu_context.h,v 1.4 2003/06/19 17:41:37 honda Exp $
51 */
52
53
54/*
55 * タスクコンテキスト操作ルーチン
56 *
57 * このファイルを cpu_conf.h と分離しているのは,このファイルはTCBが
58 * 定義された後に読む必
59要があるのに対して,cpu_conf.h にはTCBを定義す
60 * る前に読む必
61要がある定義を含んでいるためである.
62 */
63
64#ifndef _CPU_CONTEXT_H_
65#define _CPU_CONTEXT_H_
66
67#include "task.h"
68
69/*
70 * タスクコンテキストブロックの初期化
71 *
72 * タスクが休止状æ…
73‹ã«ç§»è¡Œã™ã‚‹æ™‚(タスクの生成時,タスクの終了時)に呼
74 * ばれる.基本的には,タスクコンテキストブロックをタスクが起動できる
75 * 状æ…
76‹ã«è¨­å®šã™ã‚‹å‡¦ç†ã‚’,create_context と activate_context で行えば
77 * よい.多くの処理はどちらの関数で行ってもよい.
78 */
79Inline void
80create_context(TCB *tcb)
81{
82}
83
84/*
85 * タスクの起動準備
86 *
87 * タスクが休止状æ…
88‹ã‹ã‚‰å®Ÿè¡Œã§ãã‚‹çŠ¶æ…
89‹ã«ç§»è¡Œã™ã‚‹æ™‚に呼ばれる.
90 *
91 */
92extern void activate_r(void);
93
94Inline void
95activate_context(TCB *tcb)
96{
97 VW *sp;
98
99 sp = (VW *)(((SIZE) tcb->tinib->stk) + tcb->tinib->stksz);
100 *--sp = (VW)(tcb->tinib->exinf);
101 *--sp = (VW)(tcb->tinib->task);
102 tcb->tskctxb.sp = sp;
103 tcb->tskctxb.pc = activate_r;
104}
105
106
107/*
108 * ext_tsk がスタック上に確保するダミー領域のサイズ
109 */
110#define ACTIVATED_STACK_SIZE (sizeof(VW) * 2)
111
112/*
113 * calltex は使用しない
114 */
115#define OMIT_CALLTEX
116
117#endif /* _CPU_CONTEXT_H_ */
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.