source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/m68k/start.S@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 4.5 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 *
9 * 上記著作権者
10は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
11 * によってå…
12¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
13 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
14 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
15å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
16 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
17 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
18 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
19 * スコード中に含まれていること.
20 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
21 * 用できる形で再é…
22å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
23å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
24 * 者
25マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
26 * の無保証規定を掲載すること.
27 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
28 * 用できない形で再é…
29å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
30 * と.
31 * (a) 再é…
32å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
33マニュアルなど)に,上記の著
34 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
35 * (b) 再é…
36å¸ƒã®å½¢æ…
37‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
38 * 報告すること.
39 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
40 * 害からも,上記著作権者
41およびTOPPERSプロジェクトをå…
42è²¬ã™ã‚‹ã“と.
43 *
44 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
45お
46 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
47 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
48 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
49 *
50 * @(#) $Id: start.S,v 1.6 2003/06/04 01:51:39 hiro Exp $
51 */
52
53/*
54 * カーネル用のスタートアップモジュール(M68040用)
55 */
56
57#define _MACRO_ONLY
58#include <t_config.h>
59
60 .text
61 .globl start
62start:
63 /*
64 * プロセッサモードとスタックポインタの初期化
65 */
66 cinva %bc /* すべてのキャッシュを無効化 */
67 move.l #0x80008000, %d0 /* 両方のキャッシュを ON */
68 movec.l %d0, %cacr
69
70 move.w %sr, %d0
71 or.w #0x2700, %d0 /* スーパバイザモード,IPM=7に設定 */
72 and.w #0xefff ,%d0 /* 割込みモードに設定 */
73 move.w %d0, %sr
74
75 movea.l #STACKTOP, %sp /* スタックポインタ(SPI)の初期化 */
76 movea.l #0, %fp /* フレームポインタの初期化 */
77
78 /*
79 * hardware_init_hook の呼出し(0 でない場合)
80 *
81 * ターゲットハードウェアに依存して必
82要な初期化処理がある場合
83 * は,hardware_init_hook という関数を用意する.
84 */
85 move.l #hardware_init_hook, %a0
86 cmp.l #0, %a0
87 jbeq start_1
88 jsr (%a0)
89
90 /*
91 * bssセクションのクリア
92 */
93start_1:
94 move.l #__bss_start, %a0
95 move.l #_end, %d0
96 sub.l %a0, %d0
97 jbeq start_3
98start_2:
99 clr.b (%a0)+
100 dbra %d0, start_2
101 clr.w %d0
102 subq.l #1, %d0
103 jbcc start_2
104
105 /*
106 * dataセクションの初期化(ROM化対応)
107 *
108 * __idata_start から __idata_end までを,__data_start 以降に
109 * コピーする.
110 */
111start_3:
112 move.l #__idata_end, %d0
113 sub.l #__idata_start, %d0
114 jbls start_5
115 move.l #__idata_start, %a0
116 move.l #__data_start, %a1
117start_4:
118 move.b (%a0)+, (%a1)+
119 dbra %d0, start_4
120 clr.w %d0
121 subq.l #1, %d0
122 jbcc start_4
123
124 /*
125 * software_init_hook を呼出し(0 でない場合)
126 *
127 * ソフトウェア環境(特にライブラリ)に依存して必
128要な初期化処
129 * 理がある場合は,software_init_hook という関数を用意すれば
130 * よい.
131 */
132start_5:
133 move.l #software_init_hook, %a0
134 cmp.l #0, %a0
135 jbeq start_6
136 jsr (%a0)
137
138 /*
139 * カーネルを起動する.
140 */
141start_6:
142 jmp kernel_start
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.