source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/m16c-renesas/oaks16/sys_config.h@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 4.2 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 * Copyright (C) 2003 by Naoki Saito
9 * Nagoya Municipal Industrial Research Institute, JAPAN
10 * Copyright (C) 2003-2004 by Platform Development Center
11 * RICOH COMPANY,LTD. JAPAN
12 *
13 * 上記著作権者
14は,Free Software Foundation によってå…
15¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹
16 * GNU General Public License の Version 2 に記述されている条件か,以
17 * 下の(1)〜(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェ
18 * アを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
19å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
20 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
21 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
22 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
23 * スコード中に含まれていること.
24 * (2) 本ソフトウェアを再利用可能なバイナリコード(リロケータブルオブ
25 * ジェクトファイルやライブラリなど)の形で利用する場合には,利用
26 * に伴うドキュメント(利用者
27マニュアルなど)に,上記の著作権表示,
28 * この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
29 * (3) 本ソフトウェアを再利用不可能なバイナリコードの形または機器に組
30 * み込んだ形で利用する場合には,次のいずれかの条件を満たすこと.
31 * (a) 利用に伴うドキュメント(利用者
32マニュアルなど)に,上記の著作
33 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
34 * (b) 利用の形æ…
35‹ã‚’,別に定める方法によって,上記著作権者
36に報告する
37 * こと.
38 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
39 * 害からも,上記著作権者
40をå…
41è²¬ã™ã‚‹ã“と.
42 *
43 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
44は,
45 * 本ソフトウェアに関して,その適用可能性も含めて,いかなる保証も行わ
46 * ない.また,本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じたい
47 * かなる損害に関しても,その責任を負わない.
48 *
49 * @(#) $Id: sys_config.h,v 1.3 2005/11/24 12:41:23 honda Exp $
50 */
51
52/*
53 * ターゲットシステム依存モジュール(OAKS16用)
54 *
55 * このインクルードファイルは,t_config.h のみからインクルードされる.
56 * 他のファイルから直接インクルードしてはならない.
57 */
58
59#ifndef _SYS_CONFIG_H_
60#define _SYS_CONFIG_H_
61
62/*
63 * カーネルの内
64部識別名のリネーム
65 */
66#include <sys_rename.h>
67
68/*
69 * 起動メッセージのターゲットシステム名
70 */
71#define TARGET_NAME "OAKS16"
72
73/*
74 * vxget_tim をサポートするかどうかの定義
75 */
76#define SUPPORT_VXGET_TIM
77
78/*
79 * シリアルポート数の定義
80 */
81#define TNUM_PORT 2 /* サポートするシリアルポートの数 */
82#define TNUM_SIOP 2 /* サポートするシリアルI/Oポートの数 */
83
84/*
85 * シリアルポート番号に関する定義
86 */
87#define LOGTASK_PORTID 2 /* システムログに用いるシリアルポート番号 */
88#define CONSOLE_PORTID 2 /* コンソール用に用いるシリアルポート番号 */
89
90#ifndef _MACRO_ONLY
91/*
92 * ターゲットシステム依存の初期化
93 */
94extern void sys_initialize(void);
95
96/*
97 * ターゲットシステムの終了
98 *
99 * システムを終了する時に使う.ROMモニタ呼出しで実現することを想定し
100 * ている.
101 */
102extern void sys_exit(void);
103
104/*
105 * ターゲットシステムの文字出力
106 *
107 * システムの低レベルの文字出力ルーチン.ROMモニタ呼出しで実現するこ
108 * とを想定している.
109 */
110extern void sys_putc(char c);
111
112
113#endif /* _MACRO_ONLY */
114#endif /* _SYS_CONFIG_H_ */
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.