source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/m16c-renesas/oaks16/sfruart.c@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 9.2 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 * Copyright (C) 2003-2004 by Platform Development Center
9 * RICOH COMPANY,LTD. JAPAN
10 *
11 * 上記著作権者
12は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
13 * によってå…
14¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
15 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
16 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
17å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
18 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
19 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
20 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
21 * スコード中に含まれていること.
22 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
23 * 用できる形で再é…
24å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
25å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
26 * 者
27マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
28 * の無保証規定を掲載すること.
29 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
30 * 用できない形で再é…
31å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
32 * と.
33 * (a) 再é…
34å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
35マニュアルなど)に,上記の著
36 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
37 * (b) 再é…
38å¸ƒã®å½¢æ…
39‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
40 * 報告すること.
41 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
42 * 害からも,上記著作権者
43およびTOPPERSプロジェクトをå…
44è²¬ã™ã‚‹ã“と.
45 *
46 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
47お
48 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
49 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
50 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
51 *
52 * @(#) $Id: sfruart.c,v 1.4 2007/01/05 02:33:59 honda Exp $
53 */
54
55/*
56 * OAKS16 SFR-UART0,1用シリアルI/Oモジュール
57 */
58#include <s_services.h>
59#include "oaks16.h"
60#include <sfruart.h>
61
62/*
63 * デバイスオープンのリトライカウント
64 *
65 * 500回リトライすれば、十分に終了する.
66 */
67#define SFRUART_COUNT 500
68
69/*
70 * シリアルコントロールレジスタの設定値
71 */
72#define MR_DEF 0x05 /* 内
73部クロック、非同期、8ビット、パリティなし、スリープなし */
74#define C0_DEF 0x10 /* RTS/CTS未使用, カウントソースf1 */
75#define C1_DEF 0x00 /* シリアル送受信不可 */
76#define BRG1_DEF 51 /* 19200bps = 16000000/{(UxBRG+1)*16 */
77#define BRG2_DEF 25 /* 38400bps = 16000000/{(UxBRG+1)*16 */
78#define TB_LEVEL 4 /* 送信割込みレベル */
79#define RB_LEVEL 5 /* 受信割込みレベル */
80
81/*
82 * シリアルI/Oポート初期化ブロックの定義
83 */
84typedef struct sio_port_initialization_block {
85 UH cntrl; /* コントロールレジスタの番地 */
86 UH hint; /* 割込みレジスタの番地 */
87
88 UB mr_def; /* デフォールトの設定値 (MR) */
89 UB c0_def; /* デフォールトの設定値 (C0) */
90 UB brg_def; /* デフォールトの設定値 (BRG) */
91} SIOPINIB;
92
93/*
94 * シリアルI/Oポート管理ブロックの定義
95 */
96typedef struct sio_port_control_block {
97 const SIOPINIB *siopinib; /* シリアルI/Oポート初期化ブロック */
98 VP_INT exinf; /* 拡張情
99å ± */
100 UB cr1; /* CR1の設定値(割込み許可)*/
101 UB tic; /* 送信割込みレベル */
102} SIOPCB;
103
104/*
105 * シリアルI/Oポート初期化ブロック
106 *
107 * ID = 1 をuart0,ID = 2 をuart1に対応させている.
108 */
109static const SIOPINIB siopinib_table[TNUM_SIOP] = {
110 { TADR_SFR_UART0_BASE, TADR_SFR_INT_BASE, MR_DEF, C0_DEF, BRG1_DEF },
111 { TADR_SFR_UART1_BASE, TADR_SFR_INT_BASE+2, MR_DEF, C0_DEF, BRG1_DEF }
112};
113
114/*
115 * シリアルI/Oポート管理ブロックのエリア
116 */
117static SIOPCB siopcb_table[TNUM_SIOP];
118
119/*
120 * シリアルI/OポートIDから管理ブロックを取り出すためのマクロ
121 */
122#define INDEX_SIOP(siopid) ((UINT)((siopid) - 1))
123#define get_siopcb(siopid) (&(siopcb_table[INDEX_SIOP(siopid)]))
124
125/*
126 * SIOドライバの初期化ルーチン
127 */
128void
129sfruart_initialize(void)
130{
131 SIOPCB *siopcb;
132 UINT i;
133
134 /*
135 * シリアルI/Oポート管理ブロックの初期化
136 */
137 for (siopcb = siopcb_table, i = 0; i < TNUM_SIOP; siopcb++, i++) {
138 siopcb->siopinib = &(siopinib_table[i]);
139 siopcb->cr1 = C1_DEF;
140 siopcb->tic = 0;
141 }
142}
143
144/*
145 * シリアルI/Oポートのオープン
146 */
147SIOPCB *
148sfruart_opn_por(ID siopid, VP_INT exinf)
149{
150 SIOPCB *siopcb;
151 const SIOPINIB *siopinib;
152 int i;
153
154 siopcb = get_siopcb(siopid);
155 siopinib = siopcb->siopinib;
156
157 sil_wrb_mem((VP)(siopinib->cntrl+TADR_SFR_UMR_OFFSET), siopinib->mr_def);
158 sil_wrb_mem((VP)(siopinib->cntrl+TADR_SFR_UC0_OFFSET), siopinib->c0_def);
159 sil_wrb_mem((VP)(siopinib->cntrl+TADR_SFR_UBRG_OFFSET), siopinib->brg_def);
160
161 /*
162 * シリアル割込みの設定
163 */
164 set_ic_ilvl((VP)(siopinib->hint+TADR_SFR_S0TIC_OFFSET), siopcb->tic);
165 set_ic_ilvl((VP)(siopinib->hint+TADR_SFR_S0RIC_OFFSET), RB_LEVEL);
166 siopcb->cr1 = TBIT_UiC1_TE;
167 sil_wrb_mem((VP)(siopinib->cntrl+TADR_SFR_UC1_OFFSET), siopcb->cr1);
168
169 /*
170 * ダミーデータ受信
171 */
172 sil_reb_mem((VP)(siopinib->cntrl+TADR_SFR_URB_OFFSET));
173 sil_reb_mem((VP)(siopinib->cntrl+TADR_SFR_URB_OFFSET));
174
175 for(i = 0 ; i < SFRUART_COUNT ; i++){ /* オープン時送信READYまで待
176ち */
177 if(sil_reb_mem((VP)(siopcb->siopinib->cntrl+TADR_SFR_UC1_OFFSET)) & TBIT_UiC1_TI)
178 break;
179 }
180
181 siopcb->exinf = exinf;
182 return(siopcb);
183}
184
185/*
186 * シリアルI/Oポートのクローズ
187 */
188void
189sfruart_cls_por(SIOPCB *siopcb)
190{
191 const SIOPINIB *siopinib;
192
193 siopinib = siopcb->siopinib;
194 siopcb->tic = 0;
195 set_ic_ilvl((VP)(siopinib->hint+TADR_SFR_S0TIC_OFFSET), siopcb->tic);
196 sil_wrb_mem((VP)(siopinib->hint+TADR_SFR_S0RIC_OFFSET), 0);
197 siopcb->cr1 = C1_DEF;
198 sil_wrb_mem((VP)(siopinib->cntrl+TADR_SFR_UC1_OFFSET), siopcb->cr1);
199}
200
201/*
202 * シリアルI/Oポートへの文字送信
203 */
204BOOL
205sfruart_snd_chr(SIOPCB *siopcb, char c)
206{
207 if(sil_reb_mem((VP)(siopcb->siopinib->cntrl+TADR_SFR_UC1_OFFSET)) & TBIT_UiC1_TI){
208 sil_wrb_mem((VP)(siopcb->siopinib->cntrl+TADR_SFR_UTB_OFFSET), c);
209 return(TRUE);
210 }
211 return(FALSE);
212}
213
214/*
215 * シリアルI/Oポートからの文字受信
216 */
217INT
218sfruart_rcv_chr(SIOPCB *siopcb)
219{
220 if(sil_reb_mem((VP)(siopcb->siopinib->cntrl+TADR_SFR_UC1_OFFSET)) & TBIT_UiC1_RI){
221 return((INT)sil_reb_mem((VP)(siopcb->siopinib->cntrl+TADR_SFR_URB_OFFSET)));
222 }
223 return(-1);
224}
225
226/*
227 * シリアルI/Oポートからのコールバックの許可
228 */
229void
230sfruart_ena_cbr(SIOPCB *siopcb, UINT cbrtn)
231{
232 switch (cbrtn) {
233 case SIO_ERDY_SND:
234 siopcb->tic = TB_LEVEL;
235 set_ic_ilvl((VP)(siopcb->siopinib->hint+TADR_SFR_S0TIC_OFFSET), siopcb->tic);
236 break;
237 case SIO_ERDY_RCV:
238 siopcb->cr1 |= TBIT_UiC1_RE;
239 sil_wrb_mem((VP)(siopcb->siopinib->cntrl+TADR_SFR_UC1_OFFSET), siopcb->cr1);
240 break;
241 deafult:
242 break;
243 }
244}
245
246/*
247 * シリアルI/Oポートからのコールバックの禁止
248 */
249void
250sfruart_dis_cbr(SIOPCB *siopcb, UINT cbrtn)
251{
252 switch (cbrtn) {
253 case SIO_ERDY_SND:
254 siopcb->tic = 0;
255 set_ic_ilvl((VP)(siopcb->siopinib->hint+TADR_SFR_S0TIC_OFFSET), siopcb->tic);
256 break;
257 case SIO_ERDY_RCV:
258 siopcb->cr1 &= ~TBIT_UiC1_RE;
259 sil_wrb_mem((VP)(siopcb->siopinib->cntrl+TADR_SFR_UC1_OFFSET), siopcb->cr1);
260 break;
261 deafult:
262 break;
263 }
264}
265
266/*
267 * uart0からの受信割込み
268 */
269void serial_in_handler1(void)
270{
271 SIOPCB *siopcb = &siopcb_table[0];
272 if((siopcb->cr1 & TBIT_UiC1_RE) != 0) {
273 /*
274 * 受信通知コールバックルーチンを呼び出す.
275 */
276 sfruart_ierdy_rcv(siopcb->exinf);
277 }
278}
279
280/*
281 * uart0からの送信割込み
282 */
283void serial_out_handler1(void)
284{
285 SIOPCB *siopcb = &siopcb_table[0];
286 if(siopcb->tic > 0 && (sil_reb_mem((VP)(siopcb->siopinib->cntrl+TADR_SFR_UC1_OFFSET)) & TBIT_UiC1_TI)){
287 /*
288 * 送信可能コールバックルーチンを呼び出す.
289 */
290 sfruart_ierdy_snd(siopcb->exinf);
291 }
292}
293
294/*
295 * uart1からの受信割込み
296 */
297void serial_in_handler2(void)
298{
299 SIOPCB *siopcb = &siopcb_table[1];
300 if((siopcb->cr1 & TBIT_UiC1_RE) != 0){
301 /*
302 * 受信通知コールバックルーチンを呼び出す.
303 */
304 sfruart_ierdy_rcv(siopcb->exinf);
305 }
306}
307
308/*
309 * uart1からの送信割込み
310 */
311void serial_out_handler2(void)
312{
313 SIOPCB *siopcb = &siopcb_table[1];
314 if(siopcb->tic > 0 && (sil_reb_mem((VP)(siopcb->siopinib->cntrl+TADR_SFR_UC1_OFFSET)) & TBIT_UiC1_TI)){
315 /*
316 * 送信可能コールバックルーチンを呼び出す.
317 */
318 sfruart_ierdy_snd(siopcb->exinf);
319 }
320}
321
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.