source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/linux/sys_config.h@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 5.1 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 *
9 * 上記著作権者
10は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
11 * によってå…
12¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
13 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
14 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
15å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
16 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
17 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
18 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
19 * スコード中に含まれていること.
20 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
21 * 用できる形で再é…
22å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
23å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
24 * 者
25マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
26 * の無保証規定を掲載すること.
27 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
28 * 用できない形で再é…
29å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
30 * と.
31 * (a) 再é…
32å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
33マニュアルなど)に,上記の著
34 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
35 * (b) 再é…
36å¸ƒã®å½¢æ…
37‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
38 * 報告すること.
39 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
40 * 害からも,上記著作権者
41およびTOPPERSプロジェクトをå…
42è²¬ã™ã‚‹ã“と.
43 *
44 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
45お
46 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
47 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
48 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
49 *
50 * @(#) $Id: sys_config.h,v 1.7 2003/12/24 07:24:40 honda Exp $
51 */
52
53#ifndef _SYS_CONF_
54/*
55 * OS の種類の定義
56 */
57
58/*
59 * 起動メッセージのターゲット名
60 */
61#define TARGET_NAME "Linux"
62
63/*
64 * CPU と _setjmp/_longjmp ライブラリの実装
65に依存する定数の設定
66 *
67 * JMPBUF_PC: jmp_buf 構造体中で,PC の値をå…
68¥ã‚Œã‚‹å ´æ‰€ã®ã‚ªãƒ•ã‚»ãƒƒãƒˆ
69 * JMPBUF_SP: jmp_buf 構造体中で,SP の値をå…
70¥ã‚Œã‚‹å ´æ‰€ã®ã‚ªãƒ•ã‚»ãƒƒãƒˆ
71 *
72 * STACK_MERGIN: スタックポインタの初期値を,スタック領域の上限 (確保
73 * した領域の次の番地) からど れだけ離すか.スタックポインタが指す番
74 * 地から使い始めるプロセッサの の場合には,これを使ってスタックポイ
75 * ンタの初期値を上限から下げる.また,longjmp した後に,スタックポイ
76 * ンタより上の番地を アクセスする可能性がある場合には,これを使って
77 * マージン領域を確保する.
78 *
79 * SIGSTACK_MERGIN: シグナルスタックをプロセススタック上に取る時のマー
80 * ジン.スタートアップルーチンが使うためのスタック領域.
81 */
82
83#if defined(i386) | defined(_i386_) | defined(__i386__)
84
85#define JMPBUF_PC JB_PC
86#define JMPBUF_SP JB_SP
87#define STACK_MERGIN 4
88#define SIGSTACK_MERGIN 8192
89
90#else /* i386 */
91
92#error not supported.
93
94#endif /* i386 */
95
96/*
97 * シグナルスタックの変更に sigaltstack を使う
98 */
99#define USE_SIGALTSTACK
100
101/*
102 * スタックエリアの取得/返却関数を mprotect を使うものに差しかえる
103 */
104#define USE_MPROTECT_STACK
105
106
107
108#ifdef _BSD_SERIAL_
109#undef RAW /* 衝突するシンボルの定義を抹消 */
110#undef ECHO
111#endif /* _BSD_SERIAL_ */
112
113
114/*
115 * システムタスクに関する定義
116 */
117#define CONSOLE_PORTID 1 /* コンソール用に用いるシリアルポート番号 */
118#define LOGTASK_PORTID 1 /* システムログを出力するシリアルポート番号 */
119#define LOGTASK_STACK_SIZE 8192 /* ログタスクのスタックサイズ */
120
121#ifndef _MACRO_ONLY
122/*
123 * ターゲットシステム依存の初期化
124 */
125extern void sys_initialize(void);
126
127/*
128 * ターゲットシステムの終了
129 *
130 * システムを終了する時に使う.ROMモニタ呼出しで実現することを想定し
131 * ている.
132 */
133extern void sys_exit(void);
134
135/*
136 * ターゲットシステムの文字出力
137 *
138 * システムの低レベルの文字出力ルーチン.ROMモニタ呼出しで実現するこ
139 * とを想定している.
140 */
141extern void sys_putc(char c);
142
143#endif /* _MACRO_ONLY */
144#endif /* _SYS_CONF_ */
145
146
147
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.