source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/h8/cpu_config.c@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 10.5 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2004 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 * Copyright (C) 2001-2010 by Industrial Technology Institute,
9 * Miyagi Prefectural Government, JAPAN
10 * Copyright (C) 2001-2004 by Dep. of Computer Science and Engineering
11 * Tomakomai National College of Technology, JAPAN
12 * Copyright (C) 2003-2004 by Katsuhiro Amano
13 *
14 * 上記著作権者
15は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
16 * によってå…
17¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
18 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
19 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
20å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
21 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
22 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
23 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
24 * スコード中に含まれていること.
25 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
26 * 用できる形で再é…
27å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
28å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
29 * 者
30マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
31 * の無保証規定を掲載すること.
32 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
33 * 用できない形で再é…
34å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
35 * と.
36 * (a) 再é…
37å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
38マニュアルなど)に,上記の著
39 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
40 * (b) 再é…
41å¸ƒã®å½¢æ…
42‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
43 * 報告すること.
44 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
45 * 害からも,上記著作権者
46およびTOPPERSプロジェクトをå…
47è²¬ã™ã‚‹ã“と.
48 *
49 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
50お
51 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
52 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
53 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
54 *
55 * @(#) $Id: cpu_config.c,v 1.18 2007/03/23 07:22:15 honda Exp $
56 */
57
58#include "jsp_kernel.h"
59#include "check.h"
60#include "task.h"
61
62#include <hw_serial.h>
63
64/*
65 * プロセッサ依存モジュール(H8用)
66 */
67
68#ifdef SUPPORT_CHG_IPM
69/*
70 * タスクコンテキストでの割込みマスク
71 */
72volatile UB task_intmask = 0;
73#endif /* SUPPORT_CHG_IPM */
74
75/*
76 * 非タスクコンテキストでの割込みマスク
77 */
78
79volatile UB int_intmask = 0;
80
81/*
82 * 割込みネストカウンタ
83 */
84
85volatile UB intnest = 0;
86
87/*
88 * CPUロック状æ…
89‹ã‚’表すフラグ
90 *  TRUE :CPUロック状æ…
91‹
92 *  FALSE:CPUロック解除状æ…
93‹
94 */
95volatile BOOL iscpulocked = TRUE;
96
97/*
98 * タイマのプライオリティレベル設定用のデータ
99 * 本来はhw_timer.hに記述するべきだが、そうすると
100 * hw_timer.hをインクルードしたファイルですべて実体化されて
101 *   メモリ領域を占有してしまうため、実体はここに記述する。
102 */
103const IRC TIMER_IRC = {(UB*)SYSTEM_TIMER_IPR,
104 SYSTEM_TIMER_IP_BIT,
105 SYSTEM_TIMER_IPM
106 };
107
108/*
109 * ベクタテーブルの初期化(for RedBoot)
110 */
111#ifdef REDBOOT
112
113/* VECTOR_TABLE_ADDRはsys_config.hで定義する */
114extern void vector(void);
115
116static void
117copy_vector_table(void)
118{
119 UW n;
120 UW *dst = (UW *)VECTOR_TABLE_ADDR; /* ベクタテーブルコピーå…
121ˆ */
122 UW *src = (UW *)vector; /* ベクタテーブルコピーå…
123ƒ */
124 TMP_VECTOR tmp_vector;
125
126 load_vector(&tmp_vector);
127 for (n = 0; n < VECTOR_SIZE; n++) {
128 *dst = JMP_OPECODE | (*src); /* jmp命令の付加 */
129 ++dst;
130 ++src;
131 }
132 save_vector(&tmp_vector);
133}
134#endif /* of #ifdef REDBOOT */
135
136/*
137 * プロセッサ依存の初期化
138 */
139
140#ifndef H8IPRA_INI
141#define H8IPRA_INI 0
142#endif /* H8IPRA_INI */
143
144#ifndef H8IPRB_INI
145#define H8IPRB_INI 0
146#endif /* H8IPRB_INI */
147
148void
149cpu_initialize(void)
150{
151 /*
152 * CCR のUIビットを割り込みマスクビットとして使用する。
153 *  SYSCR.UE←0
154 */
155 bitclr((UB*)H8SYSCR, H8SYSCR_UE_BIT);
156
157 /*
158 * すべての割込みプライオリティをレベル0にする
159 *
160 *  ・モニタやスタブが割込みを使用する場合
161 *    H8IPRA_INIとH8IPRB_INIを定義して、設定内
162容を保持する。
163 *    IERレジスタはカーネル側で変更していないので、そのままで
164 *    よい。
165 */
166 sil_wrb_mem((VP)H8IPRA, H8IPRA_INI);
167 sil_wrb_mem((VP)H8IPRB, H8IPRB_INI);
168
169 SCI_initialize(SYSTEM_PORTID);
170
171#ifdef REDBOOT
172 copy_vector_table();
173#endif /* of #ifdef REDBOOT */
174}
175
176/*
177 * プロセッサ依存の終了処理
178 */
179
180void
181cpu_terminate(void)
182{
183}
184
185#ifdef SUPPORT_CHG_IPM
186/*
187 * 割込みマスクの変更
188 *
189 * IPMに設定できる値としてIPM_LEVEL0、IPM_LEVEL1、IPM_LEVEL2がマクロ
190 * 定義されている。
191 *
192 *
193 * IPM_LEVEL0:レベル0 すべての割込みを受け付ける
194 * IPM_LEVEL1:レベル1 NMIおよびプライオリティレベル1の割込みのみを
195 *            受け付ける
196 * IPM_LEVEL2:レベル2 NMI以外の割込みを受け付けない
197 *
198 * IPM がレベル0以外の時にも,タスクディスパッチは保留されない.IPM は,
199 * タスクディスパッチによって,新しく実行状æ…
200‹ã«ãªã£ãŸã‚¿ã‚¹ã‚¯ã¸å¼•ãç¶™ãŒ
201 * れる.そのため,タスクが実行中に,別のタスクによって IPM が変更さ
202 * れる場合がある.JSPカーネルでは,IPM の変更はタスク例外処理ルーチ
203 * ンによっても起こるので,別のタスクによって IPM が変更されることに
204 * よって,扱いが難しくなる状況は少ないと思われる.IPM の値によってタ
205 * スクディスパッチを禁止したい場合には,dis_dsp を併用すればよい.
206 */
207SYSCALL ER
208chg_ipm(IPM ipm)
209{
210 ER ercd = E_OK;
211
212 LOG_CHG_IPM_ENTER(ipm);
213 CHECK_TSKCTX_UNL();
214 CHECK_PAR( (ipm == IPM_LEVEL0) || (ipm == IPM_LEVEL1) || (ipm == IPM_LEVEL2) );
215
216 t_lock_cpu();
217 task_intmask = ipm;
218 t_unlock_cpu();
219
220 exit:
221 LOG_CHG_IPM_LEAVE(ercd)
222 return(ercd);
223}
224
225/*
226 * 割込みマスクの参ç…
227§
228 */
229SYSCALL ER
230get_ipm(IPM *p_ipm)
231{
232 ER ercd = E_OK;
233
234 LOG_GET_IPM_ENTER(p_ipm);
235 CHECK_TSKCTX_UNL();
236
237 t_lock_cpu();
238 *p_ipm = task_intmask;
239 t_unlock_cpu();
240
241 exit:
242 LOG_GET_IPM_LEAVE(ercd, *p_ipm);
243 return(ercd);
244}
245
246#endif /* SUPPORT_CHG_IPM */
247
248/*****以下、å…
249±é€šéƒ¨ã¨ã®ã‚¤ãƒ³ã‚¿ãƒ¼ãƒ•ã‚§ãƒ¼ã‚¹ã«å«ã¾ã‚Œãªã„部分*********/
250
251/*
252 * 未定義割込み発生時のエラー出力
253 *   登録されていない割込みが発生すると呼び出される
254 *
255 *  スタック構造
256 *   +0:er0
257 *   +4:er1
258 *   +8:er2
259 *  +12:er3
260 *  +16:er4
261 *  +20:er5
262 *  +24:er6
263 *  +28:crr
264 *  +29:pc
265 *  +32〜:割込み前に使用されていたスタック領域
266 */
267
268/*
269 * 割込み発生直前のスタックポインタまでのオフセット
270 */
271#define OFFSET_SP 32u
272
273void cpu_experr(EXCSTACK *sp)
274{
275 UW sp2, pc, ccr, tmp;
276
277 sp2 = (UW)sp + OFFSET_SP;
278 tmp = sp->pc;
279 ccr = (tmp >> 24u) & 0xffu; /* 上位1バイト */
280 pc = tmp & 0x00ffffffu; /* 下位3バイト */
281
282 syslog(LOG_EMERG, "Unexpected interrupt.");
283 syslog(LOG_EMERG, "PC = 0x%08x SP = 0x%08x CCR = 0x%02x",
284 pc, sp2, ccr);
285 syslog(LOG_EMERG, "ER0 = 0x%08x ER1 = 0x%08x ER2 = 0x%08x ER3 = 0x%08x",
286 sp->er0, sp->er1, sp->er2, sp->er3);
287 syslog(LOG_EMERG, "ER4 = 0x%08x ER5 = 0x%08x ER6 = 0x%08x",
288 sp->er4, sp->er5, sp->er6);
289 while(1)
290 ;
291}
292
293
294/*
295 * HEWのI/Oシミュレーション
296 *  要検討:アドレス幅
297に依存。現状は24ビットアドレスを想定して実装
298
299 */
300#ifdef HEW_SIMULATOR
301
302/* 機能コード(2バイト) */
303#define GETC 0x0111
304#define PUTC 0x0112
305
306/* HEWのI/Oシミュレーション機能呼び出し */
307void hew_io_sim(UH code, void *adr);
308
309void hew_io_sim_putc(char c)
310{
311 UB buf = (UB)c; /* バッファ */
312 UB *parmblk = &buf; /* パラメータブロック */
313 UB **p = &parmblk; /*   ・そのå…
314ˆé ­ã‚¢ãƒ‰ãƒ¬ã‚¹ */
315 UH code = PUTC; /* 機能コード */
316
317 hew_io_sim(code, p);
318}
319
320extern BOOL hew_io_sim_snd_chr(char c);
321
322BOOL hew_io_sim_snd_chr(char c)
323{
324 hew_io_sim_putc(c);
325 return TRUE;
326}
327
328extern INT hew_io_sim_rcv_chr(void);
329
330INT hew_io_sim_rcv_chr(void) {
331 UB buf; /* バッファ */
332 UB *parmblk = &buf; /* パラメータブロック */
333 UB **p = &parmblk; /*   ・そのå…
334ˆé ­ã‚¢ãƒ‰ãƒ¬ã‚¹ */
335 UH code = GETC; /* 機能コード */
336
337 hew_io_sim(code, p);
338 return(buf);
339}
340
341#endif /* HEW_SIMULATOR */
342
343/*
344 * システム文字出力å…
345ˆã®æŒ‡å®š
346 */
347#ifdef HEW_SIMULATOR
348#define CPU_PUT_CHAR(c) hew_io_sim_putc(c)
349
350#else /* HEW_SIMULATOR */
351#define CPU_PUT_CHAR(c) SCI_wait_putchar(SYSTEM_SCI, c)
352
353#endif /* HEW_SIMULATOR */
354
355void
356cpu_putc(char c)
357{
358 if (c == '\n') {
359 CPU_PUT_CHAR('\r');
360 }
361 CPU_PUT_CHAR(c);
362}
363
364/*
365 * local_memcpy
366 *
367 * 標準 C ライブラリの memcpy と同じ、低水準コピー関数
368 * リンク時にエラーが発生するため、名前を変えている。
369 * また、リンクスクリプトの最後の行に
370 *
371 * PROVIDE(_memcpy = _local_memcpy);
372 *
373 * を追加した。
374 *
375 * eepmov.w命令を使う方が効率的だが、データ転送中は(長い時間)
376 * 割込み禁止になってしまうので、使用していない。
377 */
378
379void *
380local_memcpy (void *out, const void *in, size_t n)
381{
382 char *o = out;
383 const char *i = in;
384
385 while (n > 0) {
386 *o = *i;
387 ++o;
388 ++i;
389 --n;
390 }
391 return out;
392}
393
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.