source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/h8-renesas/hsb8f3048bf25/sys_config.h@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 8.5 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2004 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 * Copyright (C) 2001-2007 by Industrial Technology Institute,
9 * Miyagi Prefectural Government, JAPAN
10 * Copyright (C) 2001-2004 by Dep. of Computer Science and Engineering
11 * Tomakomai National College of Technology, JAPAN
12 *
13 * 上記著作権者
14は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
15 * によってå…
16¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
17 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
18 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
19å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
20 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
21 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
22 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
23 * スコード中に含まれていること.
24 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
25 * 用できる形で再é…
26å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
27å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
28 * 者
29マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
30 * の無保証規定を掲載すること.
31 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
32 * 用できない形で再é…
33å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
34 * と.
35 * (a) 再é…
36å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
37マニュアルなど)に,上記の著
38 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
39 * (b) 再é…
40å¸ƒã®å½¢æ…
41‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
42 * 報告すること.
43 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
44 * 害からも,上記著作権者
45およびTOPPERSプロジェクトをå…
46è²¬ã™ã‚‹ã“と.
47 *
48 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
49お
50 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
51 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
52 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
53 *
54 * @(#) $Id: sys_config.h,v 1.7 2007/03/23 07:58:33 honda Exp $
55 */
56
57/*
58 * ターゲットシステム依存モジュール(北斗電子 HSB8F3048BF25用)
59 *   カーネル内
60部で使用する定義
61 *    データ型、マクロ、関数のプロトタイプ宣言
62 *
63 * このインクルードファイルは,t_config.h のみからインクルードされる.
64 * 他のファイルから直接インクルードしてはならない.
65 */
66
67#ifndef _SYS_CONFIG_H_
68#define _SYS_CONFIG_H_
69
70/*
71 * カーネルの内
72部識別名のリネーム
73 */
74
75#include <sys_rename.h>
76
77/*
78 * ユーザー・コンフィギュレーション情
79報の定義
80 */
81#include <user_config.h>
82
83
84/*
85 * ターゲットシステムのハードウェア資源の定義
86 */
87
88#include <h8_3048f.h>
89
90/*
91 * 起動メッセージのターゲット名
92 */
93
94#define TARGET_NAME "Hokuto Electronic H8/3048F-ONE STARTER KIT"
95
96
97#ifndef _MACRO_ONLY
98
99/*
100 * ターゲットシステム依存の初期化
101 */
102
103extern void sys_initialize(void);
104
105/*
106 * ターゲットシステムの終了
107 *
108 * システムを終了する時に使う.ROMモニタ呼出しで実現することを想定し
109 * ている.
110 */
111
112extern void sys_exit(void);
113
114/*
115 * ターゲットシステムの文字出力
116 *
117 * システムの低レベルの文字出力ルーチン.ROMモニタ呼出しで実現するこ
118 * とを想定している.
119 */
120extern void sys_putc(char c) throw();
121
122#endif /* _MACRO_ONLY */
123
124/*
125 * SOFTWARE_TERM_HOOKマクロ:atexitの処理
126 *  処理関数の外部定義があれば、その関数名をSOFTWARE_TERM_HOOK
127 *  マクロとして定義する。
128 */
129/* 今回は定義なし */
130
131
132/*
133 * (1) シリアルポートの設定
134 * (2) タイマーの設定
135 * (3) 外部アドレス空間制御
136 */
137
138/*
139 * SCI å…
140±é€šå®šæ•°ã€ãƒžã‚¯ãƒ­
141 */
142
143 /* SCI をクローズする前の待
144ち時間の計算に使用する。*/
145#define H8_MIN_BAUD_RATE 9600ul
146
147/*
148 * SYSTEM 用 SCI の設定値
149 */
150 /* システムログを出力するシリアルポート番号 */
151#define LOGTASK_PORTID SYSTEM_PORTID /* user_config.h */
152
153/* 設定レジスタのベースアドレス */
154#define SCI_PORT1_BASE H8SCI0
155
156/* プライオリティレベル設定用のデータ */
157#define SCI_PORT1_IPR H8IPRB
158#define SCI_PORT1_IPR_BIT H8IPR_SCI0_BIT
159
160#define SCI_PORT1_SMR 0u
161 /* 送受信フォーマット */
162 /* 調歩同期式 */
163 /* キャラクタレングス:8ビット */
164 /* パリティなし */
165 /* ストップビットレングス:1 */
166 /* クロックセレクト(分周比):1 */
167
168#define INHNO_SERIAL_IN IRQ_RXI0
169#define INHNO_SERIAL_OUT IRQ_TXI0
170#define INHNO_SERIAL_ERR IRQ_ERI0
171
172
173#if TNUM_PORT == 2
174
175#define SCI_PORT2_BASE H8SCI1
176
177/* プライオリティレベル設定用のデータ */
178#define SCI_PORT2_IPR H8IPRB
179#define SCI_PORT2_IPR_BIT H8IPR_SCI1_BIT
180
181#define SCI_PORT2_SMR 0u
182 /* 送受信フォーマット */
183 /* 調歩同期式 */
184 /* キャラクタレングス:8ビット */
185 /* パリティなし */
186 /* ストップビットレングス:1 */
187 /* クロックセレクト(分周比):1 */
188
189#define INHNO_SERIAL2_IN IRQ_RXI1
190#define INHNO_SERIAL2_OUT IRQ_TXI1
191#define INHNO_SERIAL2_ERR IRQ_ERI1
192
193#endif /* of #if TNUM_PORT == 2u */
194
195/*
196 * タイマの設定
197 */
198
199#define SYSTEM_TIMER H8ITU0
200
201#define SYSTEM_TIMER_CNT (SYSTEM_TIMER + H8TCNT)
202#define SYSTEM_TIMER_TCR (SYSTEM_TIMER + H8TCR)
203#define SYSTEM_TIMER_TIOR (SYSTEM_TIMER + H8TIOR)
204#define SYSTEM_TIMER_IER (SYSTEM_TIMER + H8TIER)
205#define SYSTEM_TIMER_IFR (SYSTEM_TIMER + H8TSR)
206#define SYSTEM_TIMER_TSTR H8ITU_TSTR
207#define SYSTEM_TIMER_GR (SYSTEM_TIMER + H8GRA)
208
209#define SYSTEM_TIMER_STR H8TSTR_STR0
210#define SYSTEM_TIMER_STR_BIT H8TSTR_STR0_BIT
211#define SYSTEM_TIMER_IE H8TIER_IMIEA /* interrupt mask */
212#define SYSTEM_TIMER_IE_BIT H8TIER_IMIEA_BIT
213#define SYSTEM_TIMER_IF H8TSR_IMIFA /* match flag */
214#define SYSTEM_TIMER_IF_BIT H8TSR_IMIFA_BIT
215
216#define INHNO_TIMER IRQ_IMIA0
217
218#define SYSTEM_TIMER_TCR_BIT (H8TCR_CCLR0 | H8TCR_TPSC1 | H8TCR_TPSC0)
219#define SYSTEM_TIMER_TIOR_BIT (0u)
220
221/* プライオリティレベル設定用のデータ */
222#define SYSTEM_TIMER_IPR H8IPRA
223#define SYSTEM_TIMER_IP_BIT H8IPR_ITU0_BIT
224
225/*
226 * I/Oポート DDRの初期値
227 * h8_sil.cのDDRアクセスルーチンで使用する。
228 * ポート7はå…
229¥åŠ›å°‚用のため、省略している。
230 */
231#define H8P1DDR0 0xffu /* アドレス・バス */
232#define H8P2DDR0 0xffu /* アドレス・バス */
233#define H8P3DDR0 0u /* データ・バス  */
234#define H8P4DDR0 0u /* データ・バス  */
235#define H8P5DDR0 0x0fu /* アドレス・バス */
236#define H8P6DDR0 0u
237#define H8P8DDR0 H8P8DDR_CS1 /* P83をCS1に設定 */
238#define H8P9DDR0 0u
239#define H8PADDR0 0u
240#define H8PBDDR0 0u
241
242/*
243 * SYSCRの初期値
244 * $SYSディレクトリでSYSCR_SYSとして定義する内
245容
246 *  ビット6-4 STS:スタンバイ・タイマ・セレクト
247 *  ビット2 NMIEG:NMIエッジ
248 */
249#define SYSCR_SYS 0u
250
251
252#endif /* _SYS_CONFIG_H_ */
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.