source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/cfv2/m52235evb/tinet_sys_config.h@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 5.5 KB
Line 
1/*
2 * TINET (TCP/IP Protocol Stack)
3 *
4 * Copyright (C) 2001-2006 by Dep. of Computer Science and Engineering
5 * Tomakomai National College of Technology, JAPAN
6 * Copyright (C) 2007 by KURUSUGAWA Electronics Industry Inc, JAPAN
7 *
8 * 上記著作権者
9は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
10 * によってå…
11¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
12 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
13 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
14å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
15 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
16 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
17 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
18 * スコード中に含まれていること.
19 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
20 * 用できる形で再é…
21å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
22å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
23 * 者
24マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
25 * の無保証規定を掲載すること.
26 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
27 * 用できない形で再é…
28å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®æ¡ä»¶ã‚’満たすこと.
29 * (a) 再é…
30å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
31マニュアルなど)に,上記の著
32 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
33 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
34 * 害からも,上記著作権者
35およびTOPPERSプロジェクトをå…
36è²¬ã™ã‚‹ã“と.
37 *
38 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
39お
40 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
41 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
42 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
43 *
44 * @(#) $Id: $
45 */
46
47#ifndef _TINET_SYS_CONFIG_H_
48#define _TINET_SYS_CONFIG_H_
49
50/*
51 * データリンク層 (ネットワークインタフェース) に関する定義
52 */
53
54/*
55 * NIC (NE2000 互換) に関する定義
56 */
57
58#define NUM_IF_FEC_TXBUF 2 /* 送信バッファ数 */
59#define NUM_IF_FEC_RXBUF 1 /* 送信バッファ数 */
60
61
62#define TMO_IF_FEC_GET_NET_BUF 1 /* [ms]、受信用 net_buf 獲得タイムアウト */
63 /* [s]、 送信タイムアウト */
64#define TMO_IF_FEC_XMIT (2*IF_TIMER_HZ)
65
66/*#define IF_ED_CFG_ACCEPT_ALL マルチキャスト、エラーフレームも受信するときはコメントを外す。*/
67
68/*
69 * イーサネット出力時に、NIC で net_buf を開放する場合に指定する。
70 *
71 * 注意: 以下の指定は、指定例であり、if_ed では、
72 * 開放しないので、以下のコメントを外してはならない。
73 */
74
75/*#define ETHER_NIC_CFG_RELEASE_NET_BUF*/
76
77/*
78 * FEC に関する定義
79 */
80#define FEC_BASE_ADDRESS (IPSBAR + 0x001000) /* FECのレジスタベースアドレス */
81#define PHY_BASE_ADDRESS (IPSBAR + 0x1E0000) /* EPHYのレジスタベースアドレス */
82#define FEC_PHY0 (0x00)
83
84#define INHNO_FEC_XINF 87
85#define INHNO_FEC_XINB 88
86#define INHNO_FEC_UN 89
87#define INHNO_FEC_RL 90
88#define INHNO_FEC_RINF 91
89#define INHNO_FEC_RINB 92
90#define INHNO_FEC_MII 93
91#define INHNO_FEC_LC 94
92#define INHNO_FEC_HBERR 95
93#define INHNO_FEC_GRA 96
94#define INHNO_FEC_EBERR 97
95#define INHNO_FEC_BABT 98
96#define INHNO_FEC_BABR 99
97#define INHNO_EPHY 100
98
99#define TBIT_FEC_XINF 23
100#define TBIT_FEC_XINB 24
101#define TBIT_FEC_UN 25
102#define TBIT_FEC_RL 26
103#define TBIT_FEC_RINF 27
104#define TBIT_FEC_RINB 28
105#define TBIT_FEC_MII 29
106#define TBIT_FEC_LC 30
107#define TBIT_FEC_HBERR 31
108#define TBIT_FEC_GRA 32
109#define TBIT_FEC_EBERR 33
110#define TBIT_FEC_BABT 34
111#define TBIT_FEC_BABR 35
112#define TBIT_EPHY 36
113
114/*
115 * JSP-1.4.2 以降では、割込みハンドラの登録方法が変更され、
116 * 割込みプライオリティ・レベルを設定する必
117要がある。
118 */
119#define FEC_INT_LEVEL 5
120#define FEC_INT_PRI 7
121
122/*
123 * 割込みハンドラ実行中の割込みマスクの値
124 *   他の割込みをマスクするための設定
125 *   自分と同じレベルの割込み要求をブロックするため、
126 *   上記の割込み要求レベルより1つ高いレベルに設定する。
127 */
128#define if_fec_handler_intmask (FEC_INT_LEVEL+1)
129
130#ifndef _MACRO_ONLY
131
132#if TKERNEL_PRVER < 0x1042u /* JSP-1.4.2 以前 */
133
134/*
135 * JSP-1.4.2 以前では、IPM をエラーが発生しないように定義する。
136 */
137
138typedef UINT IPM;
139
140#else /* of #if TKERNEL_PRVER < 0x1042u */
141
142#define fec_ena_inter(ipm) chg_ipm(ipm)
143
144#endif /* of #if TKERNEL_PRVER < 0x1042u */
145
146/*
147 * 関数
148 */
149
150#if TKERNEL_PRVER < 0x1042u /* JSP-1.4.2 以前 */
151
152extern void fec_ena_inter (IPM ipm);
153
154#endif /* of #if TKERNEL_PRVER < 0x1042u */
155
156extern IPM fec_dis_inter (void);
157extern void fec_bus_init (void);
158extern void fec_inter_init (void);
159
160#endif /* of #ifndef _MACRO_ONLY */
161
162#endif /* _TINET_SYS_CONFIG_H_ */
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.