source: anotherchoice/tags/jsp-1.4.4-full-UTF8/config/armv4/_common_lpc2388/hw_timer.h@ 26

Last change on this file since 26 was 26, checked in by ykominami, 10 years ago

initial

File size: 5.2 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS/JSP Kernel
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems/
4 * Just Standard Profile Kernel
5 *
6 * Copyright (C) 2000-2003 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
7 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
8 * 2003 by Advanced Data Controls, Corp
9 * 2009 by Suikan
10 *
11 * 上記著作権者
12は,以下の (1)〜(4) の条件か,Free Software Foundation
13 * によってå…
14¬è¡¨ã•ã‚Œã¦ã„ã‚‹ GNU General Public License の Version 2 に記
15 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
16 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再é…
17å¸ƒï¼ˆä»¥ä¸‹ï¼Œ
18 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
19 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
20 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
21 * スコード中に含まれていること.
22 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
23 * 用できる形で再é…
24å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œå†é…
25å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨
26 * 者
27マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
28 * の無保証規定を掲載すること.
29 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
30 * 用できない形で再é…
31å¸ƒã™ã‚‹å ´åˆã«ã¯ï¼Œæ¬¡ã®ã„ずれかの条件を満たすこ
32 * と.
33 * (a) 再é…
34å¸ƒã«ä¼´ã†ãƒ‰ã‚­ãƒ¥ãƒ¡ãƒ³ãƒˆï¼ˆåˆ©ç”¨è€…
35マニュアルなど)に,上記の著
36 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
37 * (b) 再é…
38å¸ƒã®å½¢æ…
39‹ã‚’,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
40 * 報告すること.
41 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
42 * 害からも,上記著作権者
43およびTOPPERSプロジェクトをå…
44è²¬ã™ã‚‹ã“と.
45 *
46 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者
47お
48 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
49 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
50 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
51 *
52 */
53
54/*
55 * CPU依存タイマモジュール(CQ-FRK-NXP-ARM用)
56 * TIMER3を使用
57 */
58
59#ifndef _HW_TIMER_H_
60#define _HW_TIMER_H_
61
62#include <s_services.h>
63#include "lpc2388.h"
64
65
66
67
68/*
69 * タイマ割込みの割込み番号
70 */
71#define INHNO_TIMER INHNO_TIMER3
72
73#ifndef _MACRO_ONLY
74
75/*
76 * タイマ値の内
77部表現の型
78 */
79typedef UW CLOCK;
80
81/*
82 * タイマ値の内
83部表現とミリ秒・μ秒単位との変換
84 * TIMER_CLOCK はターゲットボード毎に設定
85 */
86#define TO_CLOCK(nume, deno) (LP2388_SYSTEM_TIMER3_CLOCK/1000 * (nume) / (deno))
87#define TO_USEC(clock) ((clock) * 1000 / TIMER_CLOCK)
88
89/*
90 * 設定できる最大のタイマ周期(単位は内
91部表現)
92 */
93#define MAX_CLOCK ((CLOCK) 0xffffffff)
94/*
95 * タイマの現在値を割込み発生前の値とみなすかの判断
96 */
97#define GET_TOLERANCE 100
98#define BEFORE_IREQ(clock) \
99 ((clock) >= TO_CLOCK(TIC_NUME, TIC_DENO) - GET_TOLERANCE)
100
101/*
102 * タイマの起動処理
103 *
104 * タイマを初期化し,周期的なタイマ割込み要求を発生させる.タイマー3とマッチレジスタ0を使う。
105 * 外部で定義されるPCLK (Hz)をクロックå…
106¥åŠ›ã¨ã—て使う。
107 */
108Inline void
109hw_timer_initialize()
110{
111
112 /*
113 * タイマ関連の設定
114 */
115 /* タイマ停止およびリセット */
116 T3TCR = 0x0002;
117 /* 割込みのクリア */
118 T3IR = 0x0001; /* MR0割り込みのクリア */
119
120 T3CTCR = 0; /* PCLKのエッジを数える。キャプチャå…
121¥åŠ›ã¯ç„¡è¦– */
122 T3PR = 0; /* PCLKのエッジをすべて数える。プリスケールなし */
123 T3MR3 = (LP2388_SYSTEM_TIMER3_CLOCK/1000) -1; /* 1mSごとにマッチさせる */
124 T3MCR = 0x3 << 9; /* MR3S:R:I = 0:1:1。マッチしたらカウンタをリセットし、割り込みをかける */
125
126 T3TCR = 1; /* TIMER3をカウント開始にする */
127
128 /* タイマー割り込みを有効にする */
129 VICIntEnable = 1<< INHNO_TIMER;
130}
131
132/*
133 * タイマ割込み要求のクリア
134 */
135Inline void
136hw_timer_int_clear()
137{
138 /* 割込みのクリア */
139 T3IR = 1<<3; /* MR3マッチの割り込みをクリアする */
140}
141
142/*
143 * タイマの停止処理
144 */
145Inline void
146hw_timer_terminate()
147{
148 /* タイマ停止およびリセット */
149 T3TCR = 0x0002;
150 /* 割込みのクリア */
151 T3IR = 0x0001; /* MR0割り込みのクリア */
152}
153
154/*
155 * タイマの現在値の読みだし
156 *
157 * 割込み禁止区間中で呼び出すこと.
158 */
159Inline CLOCK
160hw_timer_get_current(void)
161{
162 return(T3TC);
163}
164
165Inline BOOL
166hw_timer_fetch_interrupt(void)
167{
168 return(T3IR & (1<<3)); /* MR3 がマッチしていたら真 */
169}
170
171#endif /* _MACRO_ONLY */
172#endif /* _HW_TIMER_H_ */
173
174
175
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.