source: EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/sample/tinet_app_config.h@ 439

Last change on this file since 439 was 331, checked in by coas-nagasima, 6 years ago

prototoolに関連するプロジェクトをnewlibからmuslを使うよう変更・更新
ntshellをnewlibの下位の実装から、muslのsyscallの実装に変更・更新
以下のOSSをアップデート
・mruby-1.3.0
・musl-1.1.18
・onigmo-6.1.3
・tcc-0.9.27
以下のOSSを追加
・openssl-1.1.0e
・curl-7.57.0
・zlib-1.2.11
以下のmrbgemsを追加
・iij/mruby-digest
・iij/mruby-env
・iij/mruby-errno
・iij/mruby-iijson
・iij/mruby-ipaddr
・iij/mruby-mock
・iij/mruby-require
・iij/mruby-tls-openssl

  • Property svn:eol-style set to native
  • Property svn:mime-type set to text/x-chdr;charset=UTF-8
File size: 18.2 KB
Line 
1/*
2 * TINET (TCP/IP Protocol Stack)
3 *
4 * Copyright (C) 2001-2012 by Dep. of Computer Science and Engineering
5 * Tomakomai National College of Technology, JAPAN
6 *
7 * 上記著作権者は,以下の (1)~(4) の条件か,Free Software Foundation
8 * によって公表されている GNU General Public License の Version 2 に記
9 * 述されている条件を満たす場合に限り,本ソフトウェア(本ソフトウェア
10 * を改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改変・再配布(以下,
11 * 利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
12 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
13 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
14 * スコード中に含まれていること.
15 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
16 * 用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
17 * 者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
18 * の無保証規定を掲載すること.
19 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
20 * 用できない形で再配布する場合には,次の条件を満たすこと.
21 * (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
22 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
23 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
24 * 害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
25 *
26 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
27 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,その適用可能性も
28 * 含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェアの利用により直
29 * 接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,その責任を負わない.
30 *
31 * @(#) $Id$
32 */
33
34#ifndef _TINET_APP_CONFIG_H_
35#define _TINET_APP_CONFIG_H_
36
37/*
38 * インターネットプロトコルファミリーのサポート
39 *
40 * Makefile で指定しても良い
41 */
42
43/*#define SUPPORT_INET4 TCP/IP,IPv4 */
44/*#define SUPPORT_INET6 TCP/IP,IPv6 */
45/*#define SUPPORT_TCP TCP */
46/*#define SUPPORT_UDP UDP */
47
48/*データリンク層のネットワークインタフェースを選択する */
49/*いずれか一つだけ選択できる。 */
50
51/*#define SUPPORT_PPP PointtoPointProtocol */
52/*#define SUPPORT_LOOP LocalLoopBack */
53/*#define SUPPORT_ETHER Ethernet */
54
55/*#define SUPPORT_MIB MIB(SNMP) */
56
57/*
58 * TCP/IP に関する定義
59 */
60
61/* TCP に関する定義 */
62
63/*
64 * TCP 通信端点の送受信ウィンドバッファの省コピー機能
65 * 注意: Makefile で指定している。
66 */
67/*#define TCP_CFG_RWBUF_CSAVE_ONLY*/
68 /* TCP 通信端点の受信ウィンドバッファの省コピー機能のみ有効にする。 */
69/*#define TCP_CFG_RWBUF_CSAVE*/
70 /* TCP 通信端点の受信ウィンドバッファの省コピー機能を有効にする。 */
71/*#define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_ONLY*/
72 /* TCP 通信端点の送信ウィンドバッファの省コピー機能のみ有効にする。 */
73/*#define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE*/
74 /* TCP 通信端点の送信ウィンドバッファの省コピー機能を有効にする。 */
75
76/*
77 * TCP 通信端点の受信ウィンドバッファの省コピー機能の、
78 * 受信ウィンドバッファキューの最大エントリ数。
79 * ただし、正常に受信したセグメントも破棄するため、再送回数が増加する。
80 * また、指定しないと制限しない。
81 */
82/*#define TCP_CFG_RWBUF_CSAVE_MAX_QUEUES 2*/
83
84/*
85 * TCP 通信端点の送信ウィンドバッファの省コピー機能で、
86 * 送信ウィンドバッファに使用するネットワークバッファのサイズ。
87 */
88
89#ifdef USE_TCP_MSS_SEG
90
91#ifdef SUPPORT_INET6
92
93#define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_MAX_SIZE (IF_HDR_SIZE + IPV6_MMTU) /* 最大サイズ */
94
95#else /* of #ifdef SUPPORT_INET6 */
96
97#ifdef SUPPORT_INET4
98#define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_MAX_SIZE (IF_HDR_SIZE + IP4_MSS) /* 最大サイズ */
99#endif
100
101#endif /* of #ifdef SUPPORT_INET6 */
102
103#else /* of #ifdef USE_TCP_MSS_SEG */
104
105#define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_MAX_SIZE IF_PDU_SIZE /* 最大サイズ */
106
107#endif /* of #ifdef USE_TCP_MSS_SEG */
108
109#define TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_MIN_SIZE 0 /* 最小サイズ */
110
111/*
112 * TCP のノンブロッキングコール機能
113 */
114
115#ifdef UNDEF_TCP_CFG_NON_BLOCKING
116#undef TCP_CFG_NON_BLOCKING
117#endif
118
119/*
120 * MAX_TCP_SND_SEG: 送信セグメントサイズの最大値
121 *
122 * 相手から MSS オプションでセグメントサイズを指定されても、
123 * この値で、セグメントサイズを制限できる。
124 */
125
126#ifdef USE_TCP_MSS_SEG
127
128#ifdef MAX_TCP_SND_SEG
129#undef MAX_TCP_SND_SEG
130#endif
131
132#ifdef SUPPORT_INET6
133
134#define MAX_TCP_SND_SEG TCP6_MSS
135
136#else /* of #ifdef SUPPORT_INET6 */
137
138#ifdef SUPPORT_INET4
139#define MAX_TCP_SND_SEG TCP_MSS
140#endif
141
142#endif /* of #ifdef SUPPORT_INET6 */
143
144#endif /* of #ifdef USE_TCP_MSS_SEG */
145
146/*
147 * DEF_TCP_RCV_SEG: 受信セグメントサイズの規定値
148 */
149
150#ifdef USE_TCP_MSS_SEG
151
152#ifdef DEF_TCP_RCV_SEG
153#undef DEF_TCP_RCV_SEG
154#endif
155
156#ifdef SUPPORT_INET6
157
158#define DEF_TCP_RCV_SEG TCP6_MSS
159
160#else /* of #ifdef SUPPORT_INET6 */
161
162#ifdef SUPPORT_INET4
163#define DEF_TCP_RCV_SEG TCP_MSS
164#endif
165
166#endif /* of #ifdef SUPPORT_INET6 */
167
168#endif /* of #ifdef USE_TCP_MSS_SEG */
169
170/*
171 * タスクからの Time Wait 状態の TCP 通信端点分離機能
172 *
173 * Time Wait 状態の TCP 通信端点のエントリ数を指定する。
174 * 指定しないか、0 を指定すると、
175 * タスクから Time Wait 状態の TCP 通信端点を分離する機能は組込まない。
176 */
177#if defined(USE_TCP_MSS_SEG)
178#define NUM_TCP_TW_CEP_ENTRY 3
179#else
180#define NUM_TCP_TW_CEP_ENTRY 6
181#endif
182
183/*
184 * TCP ヘッダのトレース出力機能
185 */
186//#define TCP_CFG_TRACE
187
188/*
189 * トレース出力対象のリモートホストの IPv4 アドレス
190 * IPV4_ADDRANY を指定すると、全てのホストを対象とする。
191 */
192#define TCP_CFG_TRACE_IPV4_RADDR IPV4_ADDRANY
193
194/*
195 * トレース出力対象のリモートホストのポート番号
196 * TCP_PORTANY を指定すると、全てのポート番号を対象にする。
197 */
198#define TCP_CFG_TRACE_RPORTNO TCP_PORTANY
199//#define TCP_CFG_TRACE_RPORTNO UINT_C(7)
200
201/*
202 * トレース出力対象のローカルホストのポート番号
203 * TCP_PORTANY を指定すると、全てのポート番号を対象にする。
204 */
205#define TCP_CFG_TRACE_LPORTNO TCP_PORTANY
206//#define TCP_CFG_TRACE_LPORTNO UINT_C(7)
207
208/*
209 * ITRON TCP/IP API、TCP の拡張機能
210 */
211//#define TCP_CFG_EXTENTIONS
212
213/*
214 * TCP_CFG_URG_OFFSET: 緊急データの最後のバイトのオフセット
215 *
216 * -1: BSD の実装、緊急ポインタは、緊急データの最後のバイトの次のバイトを差す。
217 * 0: RFC1122 の規定、緊急ポインタは、緊急データの最後のバイトを差す。
218 */
219
220//#define TCP_CFG_URG_OFFSET -1
221//#define TCP_CFG_URG_OFFSET 0
222
223/* UDP に関する定義 */
224
225/*
226 * UDP のノンブロッキングコール機能
227 */
228
229#ifdef UNDEF_UDP_CFG_NON_BLOCKING
230#undef UDP_CFG_NON_BLOCKING
231#endif
232
233/*
234 * ITRON TCP/IP API、UDP の拡張機能
235 */
236//#define UDP_CFG_EXTENTIONS
237
238/* IPv6 に関する定義 */
239
240#ifdef SUPPORT_PPP
241
242#define NUM_IN6_STATIC_ROUTE_ENTRY 0
243#define NUM_IN6_REDIRECT_ROUTE_ENTRY 0
244
245#endif /* of #ifdef SUPPORT_PPP */
246
247#ifdef SUPPORT_LOOP
248
249#define NUM_IN6_STATIC_ROUTE_ENTRY 0
250#define NUM_IN6_REDIRECT_ROUTE_ENTRY 0
251
252#endif /* of #ifdef SUPPORT_LOOP */
253
254#ifdef SUPPORT_ETHER
255
256#define NUM_IN6_STATIC_ROUTE_ENTRY 0
257#define NUM_IN6_REDIRECT_ROUTE_ENTRY 1
258
259#endif /* of #ifdef SUPPORT_ETHER */
260
261/* IPv4 に関する定義 */
262
263#ifdef SUPPORT_PPP
264
265#if 1
266#define IPV4_ADDR_LOCAL MAKE_IPV4_ADDR(192,168,1,21)
267#else
268#define IPV4_ADDR_LOCAL MAKE_IPV4_ADDR(0,0,0,0) /* 相手に割り当ててもらう場合 */
269#endif
270
271#if 1
272#define IPV4_ADDR_REMOTE MAKE_IPV4_ADDR(192,168,1,31)
273#else
274#define IPV4_ADDR_REMOTE MAKE_IPV4_ADDR(0,0,0,0) /* 相手に割り当ててもらう場合 */
275#endif
276
277#define NUM_IN4_STATIC_ROUTE_ENTRY 1
278#define NUM_IN4_REDIRECT_ROUTE_ENTRY 0
279
280#endif /* of #ifdef SUPPORT_PPP */
281
282#ifdef SUPPORT_ETHER
283
284#ifdef DHCP4_CLI_CFG
285
286#define IPV4_ADDR_LOCAL MAKE_IPV4_ADDR(0,0,0,0)
287#define IPV4_ADDR_LOCAL_MASK MAKE_IPV4_ADDR(0,0,0,0)
288#define IPV4_ADDR_DEFAULT_GW MAKE_IPV4_ADDR(0,0,0,0)
289
290#else /* of #ifdef DHCP4_CLI_CFG */
291
292#define IPV4_ADDR_LOCAL MAKE_IPV4_ADDR(172,25,129,200)
293#define IPV4_ADDR_LOCAL_MASK MAKE_IPV4_ADDR(255,255,255,0)
294#define IPV4_ADDR_DEFAULT_GW MAKE_IPV4_ADDR(172,25,129,140)
295
296#endif /* of #ifdef DHCP4_CLI_CFG */
297
298#define NUM_IN4_STATIC_ROUTE_ENTRY 3
299#define NUM_IN4_REDIRECT_ROUTE_ENTRY 1
300
301#endif /* of #ifdef SUPPORT_ETHER */
302
303#ifdef SUPPORT_LOOP
304
305#define NUM_IN4_STATIC_ROUTE_ENTRY 1
306#define NUM_IN4_REDIRECT_ROUTE_ENTRY 0
307
308#endif /* of #ifdef SUPPORT_LOOP */
309
310/*
311 * データリンク層 (ネットワークインタフェース) に関する定義
312 */
313
314/*
315 * イーサネットに関する定義
316 */
317
318/*
319 * PPP に関する定義
320 */
321
322#define HDLC_PORTID 1 /* HDLC(PPP)に用いるシリアルポート番号 */
323
324/*#define PPP_IDLE_TIMEOUT (180*NET_TIMER_HZ)*/
325 /* 切断までのアイドル時間、 */
326 /* 切断しない場合はコメントアウトする。 */
327
328/*#define PPP_CFG_MODEM モデム接続の場合はコメントを外す。 */
329
330#define MODEM_CFG_INIT "ATE1&D0&S0\\V0\\Q1S0=1"
331 /* モデム初期化文字列 */
332 /* NTT DoComo モバイルアダプタ 96F 用 */
333 /* E1: エコーバックあり */
334 /* &D0: ER信号無視 */
335 /* &S0: DR信号常時 ON */
336 /* \V0: リザルトコード TYPE 1 */
337 /* \Q1: XON/XOFF フロー制御 */
338 /* S0=1: 自動着信リング回数 = 1 回 */
339
340#define MODEM_CFG_PHONE_NUMBER "090-xxxx-9242"
341
342 /* 自構成情報の規定値 */
343#define DEF_LCP_LOCAL_CFGS (LCP_CFG_MRU|LCP_CFG_ACCM|LCP_CFG_MAGIC|\
344 LCP_CFG_ACCOMP|LCP_CFG_PCOMP|LCP_CFG_PAP)
345
346 /* 相手に許す構成情報の規定値 */
347#define DEF_LCP_REMOTE_CFGS (LCP_CFG_MRU|LCP_CFG_ACCM|LCP_CFG_MAGIC|\
348 LCP_CFG_ACCOMP|LCP_CFG_PCOMP|LCP_CFG_PAP)
349
350/*
351 * 認証に関する定義
352 */
353
354#define AUTH_CFG_CLIENT /* 認証クライアントモードの時はコメントを外す。 */
355#define AUTH_CFG_SERVER /* 認証サーバモードの時はコメントを外す。 */
356
357#define AUTH_LOCAL_USER "h8" /* 自ホストへのログイン認証ユーザ名 */
358#define AUTH_LOCAL_PASSWD "3048f" /* 自ホストへのログイン認証パスワード */
359#define AUTH_REMOTE_USER "pen3" /* 相手へのログイン認証ユーザ名 */
360#define AUTH_REMOTE_PASSWD "600MHz" /* 相手へのログイン認証パスワード */
361
362/*
363 * ARP に関する定義
364 */
365
366/*#define ARP_CFG_CALLBACK_DUPLICATED*/ /* IP アドレス重複検出コールバック関数を */
367 /* 定義する場合はコメントを外す。 */
368
369/*
370 * ICMPv4/v6 に関する定義
371 */
372
373#ifdef USE_PING
374
375#define ICMP_CFG_CALLBACK_ECHO_REPLY /* ICMP ECHO 応答を受信したとき呼出すコールバック関数を */
376 /* 定義する場合はコメントを外す。 */
377
378#endif /* of #ifdef USE_PING */
379
380/*
381 * ネットワークバッファに関する定義
382 */
383
384#ifdef SUPPORT_ETHER
385
386/*
387 * イーサネットの場合のネットワークバッファ数の割り当て
388 */
389
390/*
391 * 64 オクテット
392 *
393 * IPv4 でのみ割り当てる。
394 *
395 * IPv6 では、TCP 制御セグメント(CSEG、SDU なし)サイズの
396 * ネットワークバッファ(IF + IPv6 + TCP = 74)以下の
397 * ネットワークバッファは不要である。
398 */
399
400#ifdef NUM_MPF_NET_BUF_64
401#undef NUM_MPF_NET_BUF_64
402#endif
403
404#ifdef SUPPORT_INET4
405#define NUM_MPF_NET_BUF_64 2
406#else
407#define NUM_MPF_NET_BUF_64 0
408#endif
409
410/*
411 * CSEG(IF + IP + TCP)
412 *
413 * IPv6 でのみ割り当てる。
414 *
415 * MBED Ethernet Controler のディバイスドライバ(if_mbed)の最低割当て長は、
416 * イーサネットフレームの最短長である 60(CRC の 4 オクテットを除き、
417 * 更にアラインして 62)オクテットである。
418 * 従って、IPv4 では、CSEG サイズのネットワークバッファ
419 * (IF + IPv4 + TCP = 54)は不要である。
420 */
421
422#ifdef NUM_MPF_NET_BUF_CSEG
423#undef NUM_MPF_NET_BUF_CSEG
424#endif
425
426#ifdef SUPPORT_INET6
427#define NUM_MPF_NET_BUF_CSEG 2
428#else
429#define NUM_MPF_NET_BUF_CSEG 0
430#endif
431
432/*
433 * 128 オクテット
434 *
435 * IPv4 で、TCP MSS(IP MSS、IF + 576 オクテット)の
436 * ネットワークバッファを割り当てる場合、
437 * 128 オクテットのネットワークバッファは割り当てない。
438 */
439
440#ifdef NUM_MPF_NET_BUF_128
441#undef NUM_MPF_NET_BUF_128
442#endif
443
444#if defined(USE_TCP_MSS_SEG)
445#define NUM_MPF_NET_BUF_128 0
446#else
447#define NUM_MPF_NET_BUF_128 1
448#endif
449
450/*
451 * 256 オクテット
452 *
453 * IPv4 で、TCP MSS(IP MSS、IF + 576 オクテット)の
454 * ネットワークバッファを割り当てる場合、
455 * 256 オクテットのネットワークバッファは割り当てない。
456 */
457
458#ifdef NUM_MPF_NET_BUF_256
459#undef NUM_MPF_NET_BUF_256
460#endif
461
462#if defined(USE_TCP_MSS_SEG)
463#define NUM_MPF_NET_BUF_256 0
464#else
465#define NUM_MPF_NET_BUF_256 1
466#endif
467
468/*
469 * 512 オクテット
470 *
471 * IPv4 で、TCP MSS(IP MSS、IF + 576 オクテット)の
472 * ネットワークバッファを割り当てる場合、
473 * 512 オクテットのネットワークバッファは割り当てない。
474 */
475
476#ifdef NUM_MPF_NET_BUF_512
477#undef NUM_MPF_NET_BUF_512
478#endif
479
480#if defined(USE_TCP_MSS_SEG)
481#define NUM_MPF_NET_BUF_512 0
482#else
483#define NUM_MPF_NET_BUF_512 1
484#endif
485
486/*
487 * TCP MSS(IP MSS、IF + 576 オクテット)
488 *
489 * ・IPv4 でのみ割り当てる。
490 * ・送受信ウィンドバッファの省コピー機能が有効で、
491 * 省コピー API を使用するときは、+1 割り当てる。
492 */
493
494#ifdef NUM_MPF_NET_BUF_IP_MSS
495#undef NUM_MPF_NET_BUF_IP_MSS
496#endif
497
498#if defined(SUPPORT_INET4) && defined(USE_TCP_MSS_SEG)
499
500#if (defined(TCP_CFG_RWBUF_CSAVE) || defined(TCP_CFG_SWBUF_CSAVE) || \
501 defined(TCP_CFG_RWBUF_CSAVE_ONLY) || defined(TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_ONLY)) && defined(USE_COPYSAVE_API)
502#define NUM_MPF_NET_BUF_IP_MSS 3
503#else
504#define NUM_MPF_NET_BUF_IP_MSS 2 /* IF + 576 オクテット */
505#endif
506
507#else /* of #if defined(SUPPORT_INET4) && defined(USE_TCP_MSS_SEG) */
508
509#define NUM_MPF_NET_BUF_IP_MSS 0 /* IF + 576 オクテット */
510
511#endif /* of #if defined(SUPPORT_INET4) && defined(USE_TCP_MSS_SEG) */
512
513/*
514 * 1024 オクテット
515 *
516 * TCP MSS のネットワークバッファを割り当てる場合、
517 * 1024 オクテットのネットワークバッファは割り当てない。
518 */
519
520#ifdef NUM_MPF_NET_BUF_1024
521#undef NUM_MPF_NET_BUF_1024
522#endif
523
524#if defined(USE_TCP_MSS_SEG)
525#define NUM_MPF_NET_BUF_1024 0 /* 1024 オクテット */
526#else
527#define NUM_MPF_NET_BUF_1024 1 /* 1024 オクテット */
528#endif
529
530/*
531 * TCP MSS(IPV6 MMTU、IF + 1280 オクテット)
532 *
533 * ・IPv6 でのみ割り当てる。
534 * ・送受信ウィンドバッファの省コピー機能が有効で、
535 * 省コピー API を使用するときは、+1 割り当てる。
536 */
537
538#ifdef NUM_MPF_NET_BUF_IPV6_MMTU
539#undef NUM_MPF_NET_BUF_IPV6_MMTU
540#endif
541
542#if defined(SUPPORT_INET6) && (defined(USE_TCP_MSS_SEG) || defined(USE_IPV6_MMTU))
543
544#if (defined(TCP_CFG_RWBUF_CSAVE) || defined(TCP_CFG_SWBUF_CSAVE) || \
545 defined(TCP_CFG_RWBUF_CSAVE_ONLY) || defined(TCP_CFG_SWBUF_CSAVE_ONLY)) && defined(USE_COPYSAVE_API)
546#define NUM_MPF_NET_BUF_IPV6_MMTU 3 /* IF + 1280 */
547#else
548#define NUM_MPF_NET_BUF_IPV6_MMTU 2 /* IF + 1280 */
549#endif
550
551#else /* of #if defined(SUPPORT_INET6) && (defined(USE_TCP_MSS_SEG) || defined(USE_IPV6_MMTU)) */
552
553#define NUM_MPF_NET_BUF_IPV6_MMTU 0 /* IF + 1280 */
554
555#endif /* of #if defined(SUPPORT_INET6) && (defined(USE_TCP_MSS_SEG) || defined(USE_IPV6_MMTU)) */
556
557/*
558 * IF 最大 PDU サイズ
559 *
560 * ・TCP MSS のネットワークバッファを割り当てる場合、
561 * IF 最大 PDU サイズのネットワークバッファは割り当てない。
562 * ・送受信ウィンドバッファの省コピー機能が有効で、
563 * 省コピー API を使用するときは、+1 割り当てる。
564 */
565
566#ifdef NUM_MPF_NET_BUF_IF_PDU
567#undef NUM_MPF_NET_BUF_IF_PDU
568#endif
569
570#ifdef USE_TCP_MSS_SEG
571
572#define NUM_MPF_NET_BUF_IF_PDU 0
573
574#else /* of #ifdef USE_TCP_MSS_SEG */
575
576#if (defined(TCP_CFG_RWBUF_CSAVE) || defined(TCP_CFG_SWBUF_CSAVE)) && defined(USE_COPYSAVE_API)
577#define NUM_MPF_NET_BUF_IF_PDU 9
578#else
579#define NUM_MPF_NET_BUF_IF_PDU 8
580#endif
581
582#endif /* of #ifdef USE_TCP_MSS_SEG */
583
584/*
585 * 65536 オクテット
586 *
587 * ・NET_BUF_CFG_LONG_LEN を定義したときのみ割り当てる。
588 */
589
590#ifdef NET_BUF_CFG_LONG_LEN
591
592/* IPv6 用 */
593
594#ifdef NUM_MPF_NET_BUF6_65536
595#undef NUM_MPF_NET_BUF6_65536
596#endif
597
598#if defined(USE_TCP_MSS_SEG)
599#define NUM_MPF_NET_BUF6_65536 0
600#else
601#define NUM_MPF_NET_BUF6_65536 2
602#endif
603
604#else /* of ifdef NET_BUF_CFG_LONG_LEN */
605
606#define NUM_MPF_NET_BUF6_65536 0
607
608#endif /* of ifdef NET_BUF_CFG_LONG_LEN */
609
610#endif /* of #ifdef SUPPORT_ETHER */
611
612/*
613 * DNS サーバに関する定義
614 */
615
616/* DNS サーバの IP アドレス */
617
618#if !defined(DHCP6_CLI_CFG)
619
620#define IPV6_ADDR_DNS_INIT \
621 {{{ UINT_C(0xfd), UINT_C(0x90), UINT_C(0xcc), UINT_C(0xe5), \
622 UINT_C(0x25), UINT_C(0xf6), UINT_C(0xff), UINT_C(0x81), \
623 UINT_C(0x02), UINT_C(0xa0), UINT_C(0x24), UINT_C(0xff), \
624 UINT_C(0xfe), UINT_C(0x56), UINT_C(0xc5), UINT_C(0xd6) }}}
625
626#endif /* of #if !defined(DHCP6_CLI_CFG) */
627
628#if !defined(DHCP4_CLI_CFG)
629#define IPV4_ADDR_DNS MAKE_IPV4_ADDR(172,25,129,140)
630#endif
631
632/* DOMAIN 名 */
633
634#if !(defined(DHCP4_CLI_CFG) || defined(DHCP6_CLI_CFG))
635#define RSLV_CFG_DNS_DOMAIN_NAME_STR "jo.tomakomai-ct.ac.jp"
636#endif
637
638/*
639 * DHCP クライアントに関する定義
640 */
641
642/* DHCPv6 の動作モードの設定 */
643
644#define DHCP6_CLI_CFG_MODE DHCP6_CLI_CFG_STATELESS
645//#define DHCP6_CLI_CFG_MODE DHCP6_CLI_CFG_STATEFULL
646
647#endif /* _TINET_APP_CONFIG_H_ */
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.