source: EcnlProtoTool/trunk/asp3_dcre/include/queue.h@ 439

Last change on this file since 439 was 321, checked in by coas-nagasima, 7 years ago

文字コードを設定

  • Property svn:eol-style set to native
  • Property svn:mime-type set to text/x-chdr;charset=UTF-8
File size: 5.7 KB
Line 
1/*
2 * TOPPERS Software
3 * Toyohashi Open Platform for Embedded Real-Time Systems
4 *
5 * Copyright (C) 2000 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
6 * Toyohashi Univ. of Technology, JAPAN
7 * Copyright (C) 2006-2011 by Embedded and Real-Time Systems Laboratory
8 * Graduate School of Information Science, Nagoya Univ., JAPAN
9 *
10 * 上記著作権者は,以下の(1)~(4)の条件を満たす場合に限り,本ソフトウェ
11 * ア(本ソフトウェアを改変したものを含む.以下同じ)を使用・複製・改
12 * 変・再配布(以下,利用と呼ぶ)することを無償で許諾する.
13 * (1) 本ソフトウェアをソースコードの形で利用する場合には,上記の著作
14 * 権表示,この利用条件および下記の無保証規定が,そのままの形でソー
15 * スコード中に含まれていること.
16 * (2) 本ソフトウェアを,ライブラリ形式など,他のソフトウェア開発に使
17 * 用できる形で再配布する場合には,再配布に伴うドキュメント(利用
18 * 者マニュアルなど)に,上記の著作権表示,この利用条件および下記
19 * の無保証規定を掲載すること.
20 * (3) 本ソフトウェアを,機器に組み込むなど,他のソフトウェア開発に使
21 * 用できない形で再配布する場合には,次のいずれかの条件を満たすこ
22 * と.
23 * (a) 再配布に伴うドキュメント(利用者マニュアルなど)に,上記の著
24 * 作権表示,この利用条件および下記の無保証規定を掲載すること.
25 * (b) 再配布の形態を,別に定める方法によって,TOPPERSプロジェクトに
26 * 報告すること.
27 * (4) 本ソフトウェアの利用により直接的または間接的に生じるいかなる損
28 * 害からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを免責すること.
29 * また,本ソフトウェアのユーザまたはエンドユーザからのいかなる理
30 * 由に基づく請求からも,上記著作権者およびTOPPERSプロジェクトを
31 * 免責すること.
32 *
33 * 本ソフトウェアは,無保証で提供されているものである.上記著作権者お
34 * よびTOPPERSプロジェクトは,本ソフトウェアに関して,特定の使用目的
35 * に対する適合性も含めて,いかなる保証も行わない.また,本ソフトウェ
36 * アの利用により直接的または間接的に生じたいかなる損害に関しても,そ
37 * の責任を負わない.
38 *
39 * $Id$
40 */
41
42/*
43 * キュー操作ライブラリ
44 *
45 * このキュー操作ライブラリでは,キューヘッダを含むリング構造のダブル
46 * リンクキューを扱う.具体的には,キューヘッダの次エントリはキューの
47 * 先頭のエントリ,前エントリはキューの末尾のエントリとする.また,キ
48 * ューの先頭のエントリの前エントリと,キューの末尾のエントリの次エン
49 * トリは,キューヘッダとする.空のキューは,次エントリ,前エントリと
50 * も自分自身を指すキューヘッダであらわす.
51 */
52
53#ifndef TOPPERS_QUEUE_H
54#define TOPPERS_QUEUE_H
55
56#ifdef __cplusplus
57extern "C" {
58#endif
59
60#include <t_stddef.h>
61#include <t_syslog.h>
62
63/*
64 * キューのデータ構造の定義
65 */
66typedef struct queue {
67 struct queue *p_next; /* 次エントリへのポインタ */
68 struct queue *p_prev; /* 前エントリへのポインタ */
69} QUEUE;
70
71/*
72 * キューの初期化
73 *
74 * p_queueにはキューヘッダを指定する.
75 */
76Inline void
77queue_initialize(QUEUE *p_queue)
78{
79 p_queue->p_prev = p_queue;
80 p_queue->p_next = p_queue;
81}
82
83/*
84 * キューの前エントリへの挿入
85 *
86 * p_queueの前にp_entryを挿入する.p_queueにキューヘッダを指定した場
87 * 合には,キューの末尾にp_entryを挿入することになる.
88 */
89Inline void
90queue_insert_prev(QUEUE *p_queue, QUEUE *p_entry)
91{
92 p_entry->p_prev = p_queue->p_prev;
93 p_entry->p_next = p_queue;
94 p_queue->p_prev->p_next = p_entry;
95 p_queue->p_prev = p_entry;
96}
97
98/*
99 * キューの次エントリへの挿入
100 *
101 * p_queueの次にp_entryを挿入する.p_queueにキューヘッダを指定した場
102 * 合には,キューの先頭にp_entryを挿入することになる.
103 */
104Inline void
105queue_insert_next(QUEUE *p_queue, QUEUE *p_entry)
106{
107 p_entry->p_prev = p_queue;
108 p_entry->p_next = p_queue->p_next;
109 p_queue->p_next->p_prev = p_entry;
110 p_queue->p_next = p_entry;
111}
112
113/*
114 * エントリの削除
115 *
116 * p_entryをキューから削除する.
117 */
118Inline void
119queue_delete(QUEUE *p_entry)
120{
121 p_entry->p_prev->p_next = p_entry->p_next;
122 p_entry->p_next->p_prev = p_entry->p_prev;
123}
124
125/*
126 * キューの次エントリの取出し
127 *
128 * p_queueの次エントリをキューから削除し,削除したエントリを返す.
129 * p_queueにキューヘッダを指定した場合には,キューの先頭のエントリを
130 * 取り出すことになる.p_queueに空のキューを指定して呼び出してはなら
131 * ない.
132 */
133Inline QUEUE *
134queue_delete_next(QUEUE *p_queue)
135{
136 QUEUE *p_entry;
137
138 assert(p_queue->p_next != p_queue);
139 p_entry = p_queue->p_next;
140 p_queue->p_next = p_entry->p_next;
141 p_entry->p_next->p_prev = p_queue;
142 return(p_entry);
143}
144
145/*
146 * キューが空かどうかのチェック
147 *
148 * p_queueにはキューヘッダを指定する.
149 */
150Inline bool_t
151queue_empty(QUEUE *p_queue)
152{
153 if (p_queue->p_next == p_queue) {
154 assert(p_queue->p_prev == p_queue);
155 return(true);
156 }
157 return(false);
158}
159
160#ifdef __cplusplus
161}
162#endif
163
164#endif /* TOPPERS_QUEUE_H */
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.